歌の上達には、日々の練習が不可欠です。プロのレッスンにはかなりの効果を期待できますが、レッスンを受けられない場合でも、独学で学ぶことができます。上手に歌えるようになるまでには時間がかかりますが、今回紹介するステップに従って練習すれば、すぐに成果が表れるはずです。アドバイスを参考にしながら、歌を上達させていきましょう。

パート 1 の 3:
基本から始める

  1. 1
    呼吸法の練習から始める 呼吸法を練習することで、音程と音の長さをコントロールできるようになります。歌手は、深く呼吸をすることで、安定した良く伸びる声で歌うことができるのです。[1]
    • 喉を開く練習をしましょう。リラックスして、陸に上がった魚のように顎を開きます。そうすることで、顔の筋肉を少しずつほぐしていきましょう。
    • ウォーミングアップの前に以下の呼吸法を試してみましょう。
      • かなり重い空気を吸い込んでいるイメージで、空気を深く吸い込みます。
      • 吸い込んだ空気をおへその下の横隔膜まで落とします。息を吐いて、同じように数回深呼吸を繰り返しましょう。
    • 枕に入っているような軽い羽を用意し、自分の息で羽をジャグリングするような感覚で、羽を浮かせる練習をしてみましょう。[2] 少しずつ高度を上げ、かなりの高さまで羽を吹き上げられるようになったら、その高さで羽を浮かせておけるように練習しましょう。
      • 羽根を浮かせようとして、肺を傷めないように気をつけましょう。横隔膜から息を吐くようにします。
  2. 2
    ウォーミングアップをする 声帯は上腕二頭筋などと同じ筋肉なので、激しい運動の前にはストレッチが必要です。ウォーミングアップには様々な方法があります。[3]
    • ハミングでも、声を出して歌っても構いません。無理のない音域で、できるだけ高くしたり、低くしたりしてみましょう。高音域では声帯が長く伸び、低音域では声帯が縮みます。音域を上げたり下げたりしながら歌うことで声帯が伸縮し、よりしなやかになるのです。[4]
    • メジャースケールの練習をしてみましょう。まずは真ん中のCの音からスタートします。スタートの音を半音ずつ下げていき、その後上げていきましょう。実際に歌う前なので無理をせず、ゆっくりと声を出していきます。ウォームアップを続けることで、音階のすべての音をはっきりと出すことができるようになります。[5]
      • まずはC-D-E-F-G-F-E-D-Cから始めて、スタートの音を半音ずつ上げ下げしていきましょう。
  3. 3
    自分の声域を見つける 自分の声域とは、自分が出せる最も低い音から最も高い音の間にあたる、基準となる音域のことです。古典的なスケール(ネットで検索すれば簡単に見つかります)をいくつか歌ってみて、きれいに音が出なくなる一番低い音と一番高い音を見極めましょう。[6]
    • ウォーミングアップをして、喉を温めてからハミングします。できるだけ音を低くしていきましょう。ハミングでもクリアに聞こえる一番低い音が、自分の声域の一番下の音になります。次にできるだけ音を高くしていきましょう。3秒間キープできる一番高い音が、声域の一番上の音です。[7]
    • 声域は日によって少しずつ変わるものです。特に体調が悪かったり、疲れていたりすると変化しやすいので注意しましょう。[8]
  4. 4
    ボイスレコーダーで録音しながら好きな曲を歌ってみる 音楽のボリュームを押さえ、自分の声がきれいにレコーダーで拾えるようにしましょう。歌い終わったら、音を外さずに歌えているかどうかを確認します。併せて以下の項目についてもチェックしましょう。
    • 単語、特に母音をはっきり発音できていますか?最初のうちは、おおげさなくらいはっきりと発音し、練習を重ねてきれいな発音にしていきましょう。[9]
    • 正しく呼吸できていますか?かなり長く音を伸ばさなくていけないハードなパートもあります。そうしたパートもきれいに歌い上げるためには、しっかりとした呼吸法を身につける必要があるでしょう。
  5. 5
    水をたくさん飲む ぬるま湯を飲むと声帯が緩む効果があります。体が水分を吸収するのには時間がかかるため、歌う直前には乳製品やスムージーなど、どろどろした濃い飲み物は避けましょう。[10]
  6. 6
    毎日練習する 呼吸法の特訓、ウォーミングアップ、録音して歌う練習を毎日繰り返しましょう。自分の声のよくない部分をしっかり聴いて、コツコツと修正を重ねます。1つの曲を完璧に歌えるようになるまでに、数週間は練習する必要があるかもしれません。
    広告

パート 2 の 3:
様々な発声法を覚える

  1. 1
    鼻の使い方を覚える 鼻は体の伝響板です。上手に歌うためには、時々鼻にかかるような声を出す必要があります。ただし、鼻声にはならないよう、喉を大きく開いて、舌が邪魔にならないようにしましょう(母音を発音する際には、下の歯の裏に触れて舌が少し前に出ます)。鼻声はカントリーミュージックや一部のR&B・ゴスペルなどで採用されていますが、魅力的に聞こえないこともあります。[12]
  2. 2
    音に厚みを出すための「カバーリング」を身につける 喉を開き、鼻声を抑えることで、よく響き丸みのある音が出ます。これが「カバーリング」という歌い方です。ただし、やり過ぎると気の抜けた音が出たり、濁った音になったりするので注意が必要です。
  3. 3
    母音をきれいに歌う練習をする 横隔膜を使って発声しましょう。子音ではなく、母音を意識して歌います。
    • 歌うときに首の筋肉を使わないようにしましょう。首はまっすぐにし、リラックスした状態を保つようにします。
    • 母音を発声するときに、口の奥が開いた状態になるように練習しましょう。口の奥を閉じた状態で「ng」の音を出します。次に、歯医者さんで口を開ける時のように「あー」という音を出しましょう。これで口の奥が開いた状態になります。
  4. 4
    高音を出す練習をする 高音はケーキでいうアイシングのようなもので、必ずしも出せる必要はありませんが、きれいな高音が出せるのは素晴らしいことです。自分の音域を把握してれば、どの高音が出て、どの高音が出ないのかもわかっているでしょう。まだきれいに出せない音についてはしっかり練習し、完璧に出せるようになりましょう。[13]
    • ジャンプしているイメージで高音を出しましょう。トランポリンの上で跳ねているイメージでも、単に空中に向かってジャンプしているイメージでも、どちらでも構いません。一番高い音がジャンプの最高点と重なるイメージで声を出します。口は開けたままで、しっかりと呼吸をしましょう。高音だからといって声を大きくする必要はありません。
  5. 5
    呼吸法の練習を続ける 呼吸法のトレーニングは継続しましょう。呼吸法が身につけば、発声のトレーニングも楽になります。
    • 息を吸ってシューっと吐く呼吸法[14] を練習します。一定の調子で均一にシューっと音を出しながら息を吐くトレーニングをし、一定の調子で息を吐けるようになりましょう。
      • 4秒息を吸って、4秒一定の調子でシューっと音を出しながら息を吐く。
      • 6秒吸って、12秒シューっと吐く。
      • 2秒吸って、10秒シューっと吐く。
      • 4秒吸って、16秒シューっと吐く。
      • 2秒吸って、16秒シューっと吐く。
      • 4秒吸って、20秒シューっと吐く。
      • 2秒吸って、20間シューっと吐く。
    広告

パート 3 の 3:
成果を披露する

  1. 1
    地元の歌唱コンクールに参加する コンクールに参加してどの程度の実力なのかを客観的に判断しましょう。歌の練習を始めて3か月未満で、正式なトレーニングを受けていない場合にはハードルが高い挑戦かもしれません。それでもやってみたいと思うなら挑戦しましょう。
    • 本気で歌手を目指しているのであれば、大勢の人の前で歌うことやストレスの多い状況で歌うことにも慣れなければなりません。誰もいない自分の寝室で歌うことと、何十人あるいは何百人もの前で歌うことは全く別物です。
  2. 2
    本気でスキルアップを目指す場合は、良いボイストレーナーを探す ボイストレーナーは、リアルタイムで的確なフィードバックをくれるだけでなく、歌い方のヒントやコツも教えてくれます。あなた用の練習プランを作り、あなたが自分で設定した目標を達成できるようにサポートしてくれるでしょう。本気で歌手になりたいと思っている人にとって、ボイストレーナーは必要不可欠な存在です。
  3. 3
    自信がついたら、アカペラで歌を披露してみる YouTubeに動画をアップしましょう。「低評価」をはるかに上回る量の「高評価」がつくはずです。
    広告

ポイント

  • ボイストレーナーが見つからない場合や、人前では恥ずかしくて1曲通して歌うことができないという場合もあるでしょう。そうした場合は、あなたの歌を聞くのが好きな人や歌が好きな友達と一緒に練習してみましょう。友達に家まで来てもらい、狭い空間で5〜6ヶ月ほど練習を続ければ、かなりの効果があるはずです。
  • 息を吐く時には力まないようにしましょう。息は自然に流れ出てきます。
  • いつでも思い立った時に、正しい呼吸法の練習をするようにしましょう。正しく呼吸をすることで長く歌えるスタミナもつきます。
  • 姿勢を崩さず、まっすぐに良い姿勢で座りましょう。母音をはっきりときれいに発声することができます。
  • 音を外さないようにしましょう。主旋律に他の音が重なるとハーモニーのようになります。試しに主旋律に合わせて歌ってみましょう!音が外れていなければ、主旋律と重なり、自分の歌声が大きく響いて聞こえます。歌う際は大声で話すときのイメージで発声し、しっかりと息を吸ったり吐いたりすることで声を大きく響かせましょう。
  • 自分の歌声をYouTubeに投稿するのが不安なら、友達の意見を聞いたり、人前で歌う機会を増やしたりして不安を払拭していきましょう。感想については、批判的なものではなく、褒め言葉だけを信じるようにします。
  • 舌を歯の後ろ側に押し付けるのではなく、下の歯の上に寝かせて、舌を突き出すようにしてみましょう。良い声を出すためには、顎をリラックスさせておくことが大切です。
  • 呼吸法の練習では、正しく呼吸できているかを確かめるためにおなかの上に手を置きます(この方法は瞑想の際にもよく行われます)。男性の場合は、ベルトをきつめに締めて押し付けるようにしてもよいでしょう。
  • 上手に歌えるようになるために最も大切なのは、練習することです。我流でも毎日歌い続けることが、実力派の歌手への近道となるでしょう。

広告

注意事項

  • 歌う前に牛乳を飲まないようにしましょう。口や喉が粘液でねばねばになってしまいます。
  • タバコを吸ってはいけません。肺と喉がダメージを受けてしまいます。呼吸をするためにも歌うためにもこの両方は大切です!
  • 最初のうちは長時間歌いすぎないようにしましょう。声帯は筋肉であり、筋力や敏捷性を高めるためには鍛える必要があります。
  • 喉のつかえを取るために音を立てて激しく咳き込むと、喉を傷めるので気をつけましょう。
  • 長時間歌うときは、はちみつ入りの咳止めシロップを飲んだり、甘いのど飴を舐めたりするとよいでしょう。
  • 歌詞カードを持って歌うのはやめましょう。見た目の印象も曲のイメージも損なわれてしまいます。顔を上げて周囲を見渡しながら歌うようにしましょう。ただし、人の視線や表情は気にしないようにします。
広告

必要なもの

  • マイクが内蔵されている、あるいはマイクを接続できるタイプのレコーダー(カラオケ機器があればなおよい)
    • マイクの品質が良ければ、MP3プレーヤーの録音機能を利用してもよいでしょう。
  • ポータブルCDプレーヤーやMP3プレーヤー(好きな歌手の曲や覚えたい曲を聴くため)
  • 練習する曲の歌詞カード
  • 歌詞カードを置く譜面台(またはやる気のある助っ人)

関連記事

How to

インスタグラムで写真に音楽を付ける

How to

MP3プレーヤーに音楽をダウンロードする

How to

iPhoneまたはiPadでSpotifyの次に再生される曲を削除する

How to

自分の歌声を見つける

How to

K Popの練習生になる

How to

声域を確認する

How to

Spotifyで音楽をダウンロードする

How to

有名な歌手になる

How to

ピアノなしでピアノの練習をする

How to

iPhoneから音楽を削除する

How to

カリンバの演奏

How to

横隔膜を使って歌う

How to

歌手になる

How to

歌が上手くなる
広告

出典

  1. http://www.bbc.com/sing/learning/breathing.shtml
  2. http://www.dummies.com/how-to/content/breathing-basics-for-singing.html
  3. http://www.bbc.com/sing/learning/warmingup.shtml
  4. Amy Chapman, MA. ボーカル・スピーチコーチ. 専門家インタビュー. 18 October 2019.
  5. http://www.howtosingsmarter.com/major-scale/
  6. https://www.thoughtco.com/how-to-find-your-vocal-range-2994125
  7. Amy Chapman, MA. ボーカル・スピーチコーチ. 専門家インタビュー. 18 October 2019.
  8. Amy Chapman, MA. ボーカル・スピーチコーチ. 専門家インタビュー. 18 October 2019.
  9. http://www.bbc.com/sing/learning/articulation.shtml

このwikiHow記事について

Amy Chapman, MA
共著者 :
Amy Chapman, MA
歌唱コーチ
この記事の共著者 Amy Chapman, MA. エイミー・チャップマンはCCC-SLP(認定言語聴覚士)の資格を保有するボーカルセラピスト、そしてボーカルコーチです。これまで認定言語聴覚士として、プロのボーカリストを対象に、ボーカルスキルを最大限に引き出すサポートを行ってきました。カリフォルニア大学ロサンゼルス校を始め、南カリフォルニア大学、チャップマン大学、カリフォルニア州立工科大学ポモナ校、カリフォルニア州立大学フラートン校、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校と、カリフォルニア州にある数々の大学にて、声の最適化、演説、声帯の管理、そして音声治療についての講義を行っています。Lee Silverman Voice Therapy、Estill、 LMRVTにてトレーニングを終了、 米国スピーチ・ヒアリング連盟に所属。
カテゴリ: 音楽
このページは 171 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告