歌手になる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

真実を心得ましょう。全ての時間を歌うことに注ぎ、歌手として大きく成功することを密かに夢見るあなた。そんな夢への道は険しく、あらゆる努力が必要であるということは、おそらくわかっているでしょう。しかし、自分自身の声とスタイルを磨き、必要機材に投資し、小規模であっても観客の前で歌う機会を見つけ、デモCDやその他のツールを利用して自分自身を宣伝することで、プロの歌手になる夢が実現するかもしれません。

パート 1 の 3:
技術を磨く

  1. 1
    歌のレッスンを受ける[1][2] すでに自分こそが次のスターだと確信している人も、今から始めようと思っている人も、ヴォイストレーニングのレッスンは役立つでしょう。コーチに指導してもらうことで、上手に歌うだけでなく、思い通りに歌えるように声をコントロールする方法も学ぶことができます。自分の住んでいる地域で、ヴォイストレーニングの個人レッスンを行っているスクールや講師を探してみましょう。
  2. 2
    ひたすら練習する 歌手にとって声は楽器です。一流になりたければ練習に練習を重ねなければいけません。[3] お風呂場や車の中で歌うのもよし、おじいさんおばあさんに歌ってみせるのもよし、聖歌隊に参加するのもよし、自分の部屋で一人きりで歌うでもよし、とにかく練習に励みましょう。
    • 自分の好きな歌を練習しましょう。ただし、それだけではいけません。異なるスタイルの音楽に挑戦することで学べる技術がたくさんあります。
    • 歌は体で表現する芸術です。音程を合わせようという努力だけでなく、自分自身の体をしっかりと支えるなどし、歌いながら正しく呼吸する練習もしましょう。[4]
    • 練習を重ねるうちに声域や自然に出せる音域、得意なスタイルなど、歌手としての自分の能力や特徴に気付くでしょう。
  3. 3
    学位を取得する[5][6] アイドルになるためには学位や特別な教育は必要ありませんが、歌手として真剣にキャリアを築きたいと考えているのあれば、そのための教育を受けておくと有利に働くこともあるでしょう。音楽やヴォーカルパフォーマンスの分野の学部や修士または博士課程を提供している専門学校や大学はたくさんあります。これらの教育を受けることで自身の知識や経験が深まり、歌手としての質も向上するでしょう。
    • 音楽理論やヴォーカルパフォーマンスの基礎を学ぶだけでなく、経営やマーケティングなどのコースを選択するのも良いでしょう。そうすることで多様な教育を受けることができ、また後々歌手として成功し、音楽業界で自らの地位を確立するための大切な技術を得ることができます。
    • 多くの場合、学校で音楽の学位を取得できる課程を取るためには、オーディションを受けなければなりません。
  4. 4
    楽譜を読めるようになる[7] たとえ美しい声を持っていたとしても楽譜を読めないようであれば、音楽業界でのキャリアを築いていこうとする中で、文字の読み書きができないまま勉強しようとしているようなものです。楽譜を読めるようになっておくことで他のパフォーマーとのコミュニケーションが取れ、自分自身で作曲することができ、そして何より音楽という芸術に対する知識が深まります。学校などで音楽の教育を受けない場合は、独学で楽譜の読み方を学び、リズムやハーモニーのような音楽理論の基礎について理解しておきましょう。
  5. 5
    楽器を弾けるようになる 上手く歌うことができるというのはそれだけで技術となります。しかし、他の楽器の少なくとも基礎的な技術もあれば、もう一歩先へ進めるでしょう。ギターピアノ、ドラムなどの楽器を弾けるようになることで歌の練習にもなり、作曲したり外のミュージシャンたちと意見を交換し合うこともできます。複数の楽器を弾けるようになれば、ライブでの演奏のような様々な機会を得やすくなるでしょう。[8]
    広告

パート 2 の 3:
機会を見つける

  1. 1
    自信をつける 人前で上手く歌うためには、自分自身に自信を持ちカリスマでいなければいけません。[9] 歌手としての自分に自信をつけるためには、場数を踏むしかありません。例えば以下のことに挑戦してみましょう。
    • カラオケで歌う
    • 路上ライブをする
    • タレントショーに参加する
    • コンテストに参加する
    • パーティーや結婚式、式典、家族行事の際など、人前で歌を披露できる機会を見つける
  2. 2
    合唱団などのグループに参加する[10][11] 人前で歌う心の準備が整ったら、グループに参加してみましょう。例えば聖歌隊、学校の合唱団、グリークラブ、コーラスサークル、アカペラ団やキャロル隊などがあります。グループの中で歌うと自分だけがスポットライトを浴びることは難しいかもしれませんが、それでもたくさんのことを学べ、上達にも繋がるでしょう。
    • 興味があれば、グループの指導者にソロパートを歌わせてもらえるように頼んでみましょう。
  3. 3
    自分自身のスタイルを見つける 歌手としての基礎がある程度身についたら、次は自分の個性を磨くことに集中しましょう。柔軟性を身につけると良いスタートを切ることができます。[12] できる限り色々なスタイルを試し、その中で自分自身が楽しめ、上手くパフォーマンスできるものを決めましょう。
    • 歌手やパフォーマーとして何か特別な性質を持っているのであれば、それを伸ばしていきましょう。例えばとても高い音域で歌うことができる、ソウルミュージックにぴったりのしゃがれた歌声をしている、というような特性です。
  4. 4
    自分の曲を書く 歌手、またパフォーマーとして真剣にキャリアを積みたい場合は、自分自身の作品も書きましょう。[13] 自分自身が最も楽しめるスタイルや形式で曲を書くことに集中し、自身の芸術を広げ、伸ばしていく機会を探します。
    • 作詞作曲をしたり、誰かと共作したりすることでお互いを高め合えます。
    • 楽器を弾けるのであれば、最終的には別の楽器で演奏するつもりであったとしてもアイディアを得るためにその楽器を使って作曲してみましょう。
    • 作曲や作詞のためになる、ひらめいたアイディアはノートに書き留めておきましょう。
  5. 5
    目標を定めてとにかく努力する 歌手として成功するためには類まれなる努力が必要です。その中で挫折や拒絶を味わうこともあるでしょう。[14] 根気強さはとても大切です。[15]一夜にして大スターとなった人もいるのは確かですが、ほとんどの歌手は有名になるまでに長い時間をかけ、あらゆる努力をしてきたのです。
    • 自分自身にとっての成功とは何かという定義を持ちましょう。[16]例えば歌手として5年間でこうなっていたい、といった計画を立てましょう。ただし、その計画は少なからず変わることもあるので、変化に寛容でいることも大切です。
    広告

パート 3 の 3:
自分を売り込む

  1. 1
    定期的にライブ演奏をしている場所を見つける できるだけ早く歌手として出演料がもらえる仕事を探しましょう。そうすることでプロとしての経験値が上がります。決して大きな仕事ではなかったとしても、それが何かのきっかけになるかもしれません。
    • 出演料をもらえるライブの例として、クルーズ船、遊園地、クラブや結婚式、パーティーなどでのライブや、コマーシャルソングを歌う、などがあるでしょう。[17]
    • 地元のアーティストのライブや、アーティストのツアーにコーラスとして参加するという選択肢もあるでしょう。[18] つてを手に入れる良い機会になるはずです。挑戦できそうなオーディション情報を調べたり、アーティストに直接連絡を入れてみましょう。
    • 地元のクラブやライブハウスで出演料が出るライブを探しましょう。その際、マネージャーをつけ、機材やデモCDを準備しておくとなお良いでしょう。
    • 歌手としてブレイクするまでの間、歌のレッスンをしたり音楽を教えたり、クラブで出演者のブッキングを担当するなど、歌に関わる仕事をしましょう。[19] 夢を追いかける間の貴重な経験そして貴重な収入になります。
    • 歌手として定期的にライブに出演しお金をもらうことは難しいかもしれません。音楽で生計を立てるのが難しければ、他の種類の仕事を見つけ、空いた時間で歌手としての自分を磨きましょう。[20]
  2. 2
    必要機材を手に入れる 自分のパフォーマンスに必要な機器を持っていれば、ライブに出演できる機会が増えます。音響設備の整っていない場所や、機材持ち込みを好む場所での演奏が可能になります。音楽の機材は高いものもあります。始めたばかりで必ずしも最高級の機材や最新型の機材を揃える必要はありません。ただし、歌手としてのキャリアを真剣に築きたいのであれば、下記のような機材をできる限り早めに揃えておくと良いでしょう。[21]
    • マイク
    • PAシステム
    • ヴォーカルエフェクター
    • その他必要なエフェクト機器
  3. 3
    デモCDを作る オリジナル曲やカバー曲などが完成したら、それらを録音しデモCDを作りましょう。デモCDを作って宣伝することで、ライブに出演したり契約を結んだり、といった機会に繋がるかもしれません。プロのスタジオを使用することもできますが、相当なお金がかかります。家庭用のパソコンやソフトウェアでも、十分な品質のレコーディングを比較的簡単に行えます。[22]
    • デモCDを作るには4曲ほどあれば十分です。もちろんもっと収録しても構いません。出来の良いものを選んで収録しましょう。
  4. 4
    マネージャーをつける マネージャーはライブの出演交渉や宣伝活動、つて作り、契約交渉の手助けをしてくれるため、キャリアと収入アップにつながるでしょう。[23] 近辺でプロのマネージャーを探すか、友達や家族にマネージャーとしての仕事をお願いしてみるのも良いでしょう。
    • プロのマネージャーには、ライブ出演やその他で稼いだお金の何割かを報酬として支払うことになります。必ずお互いが合意した内容を契約書として残しておくようにしましょう。
  5. 5
    デモCDを送る マネージャーに依頼して、完成したデモをクラブやラジオ局、レコード会社などに送付してもらい、自分の作品を聴いてもらえる機会を作りましょう。[24][25] デモCDは自分の戦力となる作品を陳列しているようなものです。一番自信のある作品を一曲目に収録しましょう。[26] デモCDだけでなく、簡潔な自己紹介文を添えた送付書、もしくは歌手としての経験や功績を記載した履歴書のようなものも作成しましょう。
    • 近年は実際のCDではなくオンラインでデモを作成する人もいるでしょう。その場合でも考え方は同じです。
  6. 6
    インターネットを利用する 現代では歌手として成功するためには、インターネットを上手く活用することが大切です。[27] 様々なソーシャルメディア上に公式のプロフィールを掲載する、収録した曲や歌っている動画を投稿する、楽曲の配信やダウンロードサービスのリストに登録するなどしましょう。
    • 音楽を配信して直接収入を得るのは簡単ではありませんが、知名度を上げて観客を増やすきっかけになるかもしれません。
  7. 7
    外見を洗練する 外見の印象は歌手にとってとても重要です。[28] パフォーマーとして、自分自身のイメージと音楽スタイルを表現しているのです。着る服や一つ一つの動作を含めた、パフォーマンスの際のあらゆる見た目の印象は重要です。個性を押し出すだけでなく、観客の心をつかむ格好を意識しましょう。
    • たとえばクラシック音楽を演奏するのであれば、フォーマルな服装で挑むのが自然でしょう。人とは違った印象を与えたいのであれば、Tシャツと破れたジーンズでベートーベンの曲を演奏するという選択肢もあるでしょう。
    • 同様に、オーバーオールとカウボーイハットでゴシックロックを演奏すれば、違和感を抱く観客もいるでしょう。しかし、そのいでたちが逆に注目を集めることもあります。
  8. 8
    とにかく宣伝をする 歌手としての夢をかなえるためには根気強く自分を売り込む必要があります。[29] どんな機会も逃さないようにしましょう。ライブ出演やレコーディングだけでなく、以下のようなことにも挑戦してみましょう。
    • 自分のロゴや名前入りのグッズを作り販売する(Tシャツ、ステッカー、帽子、CDなど)
    • 歌手としての自分の存在を広めるため、宣伝用の資料一式を作成する
    広告

ポイント

  • 大切な楽器である自分の声をいたわりましょう。水をよく飲む、タバコの煙からはなるべく離れる、お酒を飲みすぎない、健康的な食生活を送る、十分な休息をとるなどしましょう。
  • グループを作って一緒にパフォーマンスすれば、ステージ上で一人寂しく緊張や不安を抱えることもありません。

広告

注意事項

  • 音楽の世界でキャリアを築いていく上で、出演交渉を断られたり、オーディションに落ちたりと、拒絶を味わうことも多々あります。それを受け入れられないと感じる人は、別の道を考えた方が良いかもしれません。
広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 2,894 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告