PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

伴侶を選ぶということは大きな決断なので、決して軽く考えるべきではありません。相手をを選ぶ際は多くのことを自問し、自分が何を求めているのかを明確にすることが不可欠です。幸せな関係を築くうえでのあなた自身の役割や責任も理解し、理想としている関係を築くことができるかは自分次第であるという点を認識しましょう。ありのままの自分を受け入れ、お互いの家族とも関係を築く努力をしましょう。考え方の違いや、将来的に問題になりそうな懸念点があれば必ず結婚をする前に話し合いましょう。

パート 1
パート 1 の 4:
自分の要求を満たす

  1. 1
    自分が何を求めているのかを明確にする 自分が相手に求める要素を考えてみましょう。男性のどのような点を素敵だと思うのか、どのようにして二人の時間を楽しみたいのかといった点についても考えましょう。考えた内容を一覧にして、子供や宗教といった妥協することのできない点も書き出してみると良いかもしれません。どのような男性とこれからの人生を築いていきたいのかを思い描きましょう。
    • 現在付き合っている男性がいる場合は、自分の気持ちに正直になり、この関係で本当に良いのか、あるいは心の奥では他の人が現れることを待っているのではないか、じっくり考えましょう。
  2. 2
    ありのままの自分になる ありのままの自分でいられるということがはっきりと分かってから結婚をするようにしましょう。自分の長所や欠点などを把握しましょう。結婚相手に選ぶ人は、自然体で一緒にいられる人であることが大切です。あなたの良い点(優しさやユーモアなど)を引き出すことのできる相手を見つけましょう。相手の男性に相応しい人になるために変わらなければならないと焦っているのであれば、その人は結婚すべき相手ではないのかもしれません。[1]
    • 批判や嘲笑を恐れずに自分の考えや気持ちを自由に伝えることができると良いでしょう。
    • 相手の関心を引くために別人のように変わらなければならないのであれば、それは理想的な状態ではありません。
    • 真剣交際をする気持ちが本当にあるのか考えましょう。長い人生の中で今どのような位置に立っていますか?今すぐにでも結婚する覚悟はありますか?2~3年後ですか?結婚する前に達成したいと思っていた目標はありませんか?結婚に何を求めているのかを充分に理解していますか?
  3. 3
    自分を優先する 自分の目標や達成したいことをまず考えましょう。そして、相手はあなたの目標や夢を叶えるために支えになってくれるような人であるか、自分自身に問いかけてみましょう。結婚相手となる人は、これから様々な領域で成長していくあなたを見守り応援する役割を担うことになります。例えば、あなたが今後海外で暮らしたいと思っているのであれば、その決断を支持し一緒に来ることができるような人を探しましょう。
    • あなたの目標や夢を応援してくれる人を探しましょう。
  4. 4
    相手に結婚願望があるのか確かめる 結婚願望がなさそうな男性と付き合っている場合は、相手が考えを変えることを期待して待たない方が賢明です。伴侶として相応しい男性を探しているのであれば、結婚願望のある男性と交際するようにしましょう。徐々に真剣交際に発展していっている時は、相手の今後の目標や夢について尋ねてみましょう。その未来図に結婚が含まれていない場合は、その理由を聞いてみましょう。
    • 相手が結婚をする気になるまで既に何年も待っているという人は、一度相手と真剣に話し合い、自分の希望を伝えましょう。
    • こうした話し合いをして結婚について尋ねることを恐れる必要はありません。また、答えを聞くことが怖いからという理由で、この話し合いを先延ばしにしないようにしましょう。結婚願望について尋ねるのは重要です。あなた自身がいつか結婚をしたいと真剣に考えているのであれば、相手も同じ意見なのか確かめましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
現実的な問題について考える

  1. 1
    二人の相性について考える 相性について考える際は、二人の間に何らかの共通点があるかどうかが最も大切です。それは、自由な時間の過ごし方や趣味であったり、恋人と過ごす時間が好きだという思いかもしれません。伴侶となる人について考える時は、どのような要素で相手とつながりを持ちたいのかをはっきりと自覚しましょう。[2]
    • 二人ともキャンプが趣味、あるいはどちらも既に子供がいるなど、どのような共通項でも良いので、将来の結婚相手となる人物と強くつながれることができる要素を見つけましょう。信仰や家族を大切にする姿勢といった場合もあります。
  2. 2
    問題の対応方法を比べる 問題が発生した際の対処の仕方は人によって異なります。腹を立てて声を荒げる人もいれば、問題に向き合うことを避ける人、あるいは問題が生じればその場で対処したり妥協する人もいるでしょう。ただし、相手がどのような方法で問題に対処しているかという点よりも、お互いの対処方法が似ているかどうかが重要となります。[3]
    • あなた自身がどのように対処しているのかについても考え、対処法が似ている人、あるいはお互いの対処方法を補い合うことができる人を相手として選ぶようにしましょう。相手の方法が自分と異なっていても協力して解決することが大切です。
    • 問題を一緒に解決することで、恨みを抱くことなく、お互いをより深く知ることができるでしょう。
  3. 3
    信仰の違いについて話し合う 宗教が自分にとって重要である場合は、同じ宗教を信仰している人を見つけましょう。異なる宗教の相手と結婚すると二人の関係に影響し、将来的に問題が生じる恐れがあります。自分の信仰が将来の結婚や自分の家族にどのように関わる可能性があるのか考えましょう。相手も同じ宗教を信仰しているということが重要なのであれば、改宗と破局の二択を軸にして話し合う必要があります。宗教の違いが二人の関係や二人の子供に及ぼす影響について率直に話し合いましょう。[4]
    • 信仰や価値観における合意点を見つけましょう。相手の宗教を受け入れ、学ぼうとする姿勢を示しましょう。[5]
  4. 4
    金銭感覚について話し合う 自分の金銭感覚について考え、感覚が似ている人を見つけましょう。かなりしっかりと節約して貯金を続けているのであれば、同様に節約派の相手を見つけましょう。お金が原因となって起こる問題は多々あり、結婚生活が上手くいかなくなる最大要因にもなりかねません。相手の金銭感覚もをなるべく早い段階で把握しておくようにしましょう。
    • 銀行口座を分けるのか、共同口座を持つのかといった点に関する自分の考えをはっきりさせておきましょう。負債の返済、貯蓄、そしてお金の分割について計画を立てておきましょう。
  5. 5
    家族ぐるみの関係を築く 将来の結婚生活における自分の家族の役割も考えておきましょう。結婚後の生活でも変わらず家族と関わっていきたいのであれば、同じ価値観を持つ相手を選びましょう。義理の家族とは極力関わり合いたくない人、一緒に過ごしても全く苦にならない人など様々です。少なくとも、あなた自身が相手の家族にあたたかく迎えられ受け入れられたように感じ、自分の家族も相手に対して同じように接していれば理想的でしょう。[6]
    • 元々自分の家族との関係が上手くいっておらず、相手の家族と、より親しくなりたいと思っている人は、実家の近くに住み両親や兄弟姉妹と仲の良い男性を探しましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
相手の振る舞いを観察する

  1. 1
    感情も打ち明けられる相手か見極める 感情の面でもつながりを築くことのできる相手なのか見極めましょう。将来の結婚相手であるのに、頼まなければ関心を向けてくれないのでは問題です。また、妻である自分の優先順位が友人よりも低く感じられる状態も望ましいものではありません。必要なだけの関心が自分に向けられ、感情面でもつながっている安心感があることが大切です。[7]
    • 何でも打ち明けられて、理解してくれていると感じられる相手を探しましょう。
    • 例えば、困難な状況に直面した時、あるいは喜ばしいことがあった時に、お互いが寄り添えるような関係が健全と言えるでしょう。
  2. 2
    友人関係や家族関係を観察する 相手の友人関係や家族との関係も話題にしてみましょう。長期的に付き合いを続けることができ、幼馴染みがいるような人が良いでしょう。彼がどのように周囲の人間と向き合っているかという点にも気を配りましょう。例えば、問題が生じた際にどのように対応しているのか、周囲の人をどのように支えているのか、あるいは大切な人にどれほど深く関わることができる人物であるのかを観察しましょう。[8]
    • 人間関係のいざこざを多く抱えていたり、友人や家族との連絡を断ったことがある人であれば、なぜそうなり、このようなことが何度も起こるのかを尋ねてみましょう。
  3. 3
    一緒に変わる決意をする 結婚する相手は、5年後、10年後、あるいは50年後も今のまま変わらないという保証はありません。相手も、あなた自身も変わっていくので、心の準備をしておきましょう。二人とも肉体的、精神的、そして感情的な変化を遂げていくでしょう。例えば、二人の間に子供が誕生するなどの大きな転換期を迎える場合は、別々ではなく一緒に変わっていきましょう。
    • 正しい結婚相手を見つけたいのであれば、相手は変化にどれほど柔軟に対応することができるか、あなたと距離を置くのではなく寄り添うことができるのかを見極めましょう。彼自身の人生に変化が訪れた時に彼はどう対応するか観察し、長期的にどのように対応するであろうか見極めましょう。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
健全な関係を築く

  1. 1
    責任感を持つ 結婚相手として相応しい男性を見つけたいと考えているかもしれませんが、自分自身も未来の夫にとって相応しい伴侶となることを忘れないようにしましょう。関係が上手くいかない時に相手を責めることは簡単です。ただし、相手を変えることは出来ません。変えられるのは自分のみです。相手を「相応しい」か「相応しくない」かの二択の枠組みの中でのみ判断しようとすると、あなた自身の責任に関する部分が抜け落ちてしまいます。自分が理想とする関係が築けるかどうかは自分次第なのです。[9]
    • 相手を責めずに自分の感情に責任を持ち、相手も同様に振舞っているか観察しましょう。鬱憤がたまってしまった場合は、状況を変えるために自分から気持ちを述べるか何らかの行動を起こしましょう。
  2. 2
    短所も受け入れる 交際の早い段階から、完璧な男性と結婚するなど現実的ではないということを認識しましょう。相手には何らかの短所があり、それがあなたの癪に障ることもあるでしょう。結婚する前に、気になったりイラっとさせられる要素を把握しておきましょう。例えば、家庭生活(部屋をちらかす)やライフスタイル(友達と遊んでばかりいる)でのぞかせる一面に困らされるかもしれません。あなたを苛立たせる相手の短所は、結婚をしたからといって魔法がかかったようにある日消えてなくなることはありません。むしろ、悪化するかもしれません。[10]
    • 様々な点で意見が食い違うこともあるでしょう。相手を変えたいと考えるのではなく、ありのままを受け入れられるようになりましょう。
    • 自分にも短所があるということを忘れてはいけません。自分の短所もいずれ明るみに出るので覚悟を決めましょう。
  3. 3
    警告を無視しない 何らかの問題を抱えている相手に恋をしてしまったとしましょう。例えばアルコール中毒や薬物の使用といった深刻なものかもしれません。このような場合は一旦冷静になりましょう。感情を一旦脇に寄せ、より論理的な考え方に切り替えます。重大な問題を避けていたり、見落としていないか自問しましょう。問題が突然消えてなくなることを期待しても無駄です。この関係がどのような結末を迎える可能性があるのかを現実的に考えましょう。[11]
    • 物事が勝手に好転することはありません。例えば、相手の男性が暴力的であったり、中毒といった問題を抱えているのであれば、結婚すれば変わるなどと思ってはいけません。慎重になりましょう。
    広告

ポイント

  • 正しい相手を「選ぶ」というよりも、誰かを自分の人生の一部にするのだと考え、その人がどのような人間であってほしいかを思い描いてみましょう。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

Klare Heston, LCSW
共著者 ::
医療ソーシャルワーカー
この記事の共著者 : Klare Heston, LCSW. クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 700 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告