服にアイロンをかけると、しわが伸びて、服の見栄えがよくなります。アイロンをかけなくても着られる服はたくさんありますが、アイロンがけの必要のある服もあるでしょう。アイロンの使い方を誤ると、やけどをしたり、生地を台無しにしたりする可能性があるので、気を付けて使用しましょう。

方法 1 の 2:
アイロンがけの準備をする

  1. 1
    アイロンをかけてもよい衣服かどうか確認します。アイロンの取り扱いについてはタグを確認しましょう。タグにアイロンをどの設定にすればよいか記載されていない場合は、布地の素材の記載を確認しましょう。大抵の場合、アイロンの温度設定は、ウール、コットン、ポリエステルなど、素材の種類によって異なります。

    低温: アセテート、レーヨン、シルク、ウール(レーヨンとシルクの場合は、アイロンをかける前に裏返します。ウールの衣服の場合、衣服とアイロンの間に湿らせた布を敷きます)

    中温: ポリエステル(アイロンをかける前に少し湿らせます)

    高温: 綿(アイロンをかける前に少し湿らせます)

  2. 2
    アイロンをかける場所を整えます。可能であればアイロン台を使用しましょう。アイロン台は、ダメージを受けずに熱と湿気を吸収するように設計されています。アイロン台が手元にない場合は、テーブルやカウンターのような平らで頑丈な面を使用します。可燃性の高い場所ではアイロンをかけないようにしましょう。
  3. 3
    アイロンに水を入れます。アイロンにスチーム機能がある場合は、水を入れる給水口があります。アイロンの上部にある取り外し可能な大きな水タンクを探しましょう。縁の近くまでろ過水を注ぎます。[1]
    • 必ずろ過水を使用しましょう。アイロン内部にカルシウムが蓄積し、蒸気の噴出口が詰まるのを防ぐことができます。
  4. 4
    衣服を置きます。衣類がボード上で完全に平らになるように配置します。しわがないことを確認しましょう。しわにアイロンをかける場合は、しわになった線を手で伸ばします。[2]
    広告

方法 2 の 2:
アイロンをかける

  1. 1
    アイロンを温めます。温度調整のダイヤルを生地に最も適した設定に回します。温度を選択すると、金属部分が温まり始めます。熱くなるまで、ほんの何秒か待つだけです。[3]
    • 温度設定は、多くの場合生地の種類に応じて記載されています。たとえば、綿は高熱と蒸気によく反応しますが、合成繊維は、そのような高温にさらされると溶けたり縮まったりすることがあります。不適切な設定は使用しないようにしましょう。
    • 低温から始めて、徐々に温度を上げていきましょう。複数の衣服にアイロンをかける場合は、アイロンの設定温度が最も低いものから始めます。そうすれば、アイロンを冷ましてからまたかける必要はありません。[4]
  2. 2
    最初の面にアイロンをかけます。アイロンの熱くて平らな面をしっかりと、そしてゆっくりと布全体にかけ、しわを伸ばします。上手にかけるためには、衣服の自然な折り目やしわを活用していきましょう。[5]
    • 衣服の各部分にそれぞれアイロンをかけます。たとえば、ワイシャツにアイロンをかける場合は、襟からかけ、それから袖口、袖、肩、前立て、そして最後にシャツ本体にアイロンをかけます。[6]
    • 布が過熱しすぎないように、アイロンを衣服の上に直接置いたままにしないようにしましょう。アイロンから目を離すと、火事につながる恐れがあります。
  3. 3
    反対側を伸ばします。それでは、服をひっくり返して反対側にアイロンをかけましょう。しわや折り目が新しい面につかないようにしましょう。
  4. 4
    アイロンをかけたらすぐに衣類を掛けます。衣服を重ねて置いておいたり、広げっぱなしにしていたりすると、しわがついたまま乾いてしまうかもしれません。布はハンガーに掛けて自然乾燥させます。
    広告

ポイント

  • アイロンをかける前に服が乾いた時のために、霧吹きに水を入れて服に吹き付けられるようにしておきましょう。
  • 例えばシャツの袖やズボンの股の部分など、アイロンをかけにくい個所は、少しずつ作業します。

広告

注意事項

  • アイロンから目を離さないようにしましょう。やけどしないように、できるだけ早く電源を切ります。
  • アイロンがテーブルから落ちないようにコードをたるませておきます。
  • やけどを防ぐため、使用していないときはアイロンを直立させておきましょう。
広告

関連記事

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

ジーンズを伸ばす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

色あせた服を復活させる

How to

噛んだファスナーを直す

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

スウェットシャツを縮ませる

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

色褪せた黒の衣類を復活させる

How to

衣服が股に食い込むのを防ぐ
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 55 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告