フェイスパックは肌を元気にする手軽な手段です。自分へのご褒美にもなります。様々な種類のパックが売られていて(自分で作ることも可能です)、それぞれに異なる効果があります。フェイスパックを正しく使うためには、まず洗顔を行い、毛穴もできるだけ開いた状態にしましょう。次に注意深くパックをつけていきます。また、パックを行う際はいくつか必要な材料や道具もあります。少しの時間と工夫だけで、肌が健康になり輝くような見た目になるでしょう。

パート 1 の 3:
必要なものを用意する

  1. 1
    肌の状態を確認する 市販されているパックには複数の種類があります。自分で作る場合はさらに種類が豊富になります。まずは鏡を使って肌の状態を確認し、どのような効果のパックが必要なのかを考えましょう。保湿ですか?それともべたつきを改善することですか?ニキビの症状を和らげたいのでしょうか?肌の老化が気になっていますか?どのような目的のパックを用いるのかが決まったら、それに適した製品を購入するか手作りしましょう。[1]
  2. 2
    パックを準備する パックを用意するには、既製品を購入するか自分で手作りするかの二通りの方法があります。市販のパックを使うのであれば、パッケージに記載されている使用方法の通りに準備をしましょう。(例えば、クレイパックの場合は水やアップルサイダービネガーと混ぜ合わせる等の手順が含まれます。)パックを手作りするのであれば、必要な材料を用意して作り方(レシピ)通りに合わせていきましょう。
    • 手作りパックには、卵白、アボカド、牛乳、オートミールといった身近な食品が用いられます。自分に適したレシピを見つけましょう。
    • 市販のパックは、あらゆる肌のトラブル、肌のタイプに特化した製品があります。成分を確認し、お好みの製品を見つけましょう。[2]
  3. 3
    刷毛を用意する フェイスパックを塗る際は柔らかい刷毛があると良いでしょう。例えば、絵筆、ヘアカラー用の刷毛などが適しています。フェイスパックだけのために1本購入しましょう。使用後は毎回しっかりと洗いましょう。[3]
    • その他にもボウル、さらにフェイスタオルを用意しておきましょう。
  4. 4
    キュウリを切る(お好みで) キュウリを薄く切って目元を覆っても良いでしょう。マスクをつけてくつろいでいる間に目元が休まり、腫れぼったさも和らぎます。[4]
    • キュウリがない場合、生のジャガイモも効果的です。[5]
  5. 5
    材料を冷蔵庫で冷やす パックをする直前まで材料は冷蔵庫で保管しましょう。これは傷みやすい食品を用いる場合、特に重要です。市販のパックを使う場合でも冷やしておくと、ひんやりとして気持ちよく、肌に良い場合もあります。[6]
    • 実際に使用する1時間前から冷蔵庫に入れておくと冷却効果が高まります。
    広告

パート 2 の 3:
肌を整える

  1. 1
    洗顔する パックをする前に、しっかりと洗顔しましょう。お気に入りの洗顔剤でメイクや汚れ、油分を落としましょう。ぬるま湯で洗いましょう。洗顔後は保湿剤をつけないよう注意しましょう。[7]
  2. 2
    角質を除去する 前回に角質を除去してから日数が空いている場合、パックをする前にスクラブなどを行うと良いでしょう。角質が除去されることで、パックの成分の浸透が良くなります。
    • 市販のスクラブ剤を使用することも可能です。
    • 挽いたコーヒー豆、あるいは砂糖を洗顔剤に混ぜて使っても良いでしょう。
    • スクラブ剤は濡れた肌に用い、最後にぬるま湯で洗い流すようにしましょう。
  3. 3
    毛穴を開く 毛穴が開いた状態でパックをすると効果が高まります。事前に温かいシャワーを浴びておくのが最も簡単な方法です。[8]
    • シャワーの代わりに、フェイスタオルを温水(肌に快適な温度)に浸し温かいうちに顔を覆っても良いでしょう。
    • 熱湯の入ったボウルの上に顔を持っていき、1~2分間、湯気にあてても良いでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
パックをつける

  1. 1
    パックをつける 絵筆(あるいはその他の柔らかい刷毛)または指を使ってパックを顔に均等につけていきましょう。刷毛がなく、指を使って塗る場合は、事前に手を洗い清潔な状態で行うようにしましょう。均等に、滑らかに塗るようにしましょう。目や唇を避けましょう。首までパックを伸ばすことを忘れずに![9]
  2. 2
    薄く切ったキュウリを目元にあてる(お好みで) パックをしたら薄く切ったキュウリ(またはジャガイモ)を目元にあて、ゆっくりとくつろぎましょう。照明を消しても良いでしょう。[10]
  3. 3
    タイマーをセットする 使っているパックの種類と肌のタイプよって待機時間は異なります。平均として15分を目安としましょう。タイマーを設定してくつろぎましょう。[11]
    • クレイパックを使う場合は、クレイが完全に乾くまで待たないようにしましょう。少し水分が残っている間に剥がすことが大切です。[12]
    • 市販のパックを使っている人は、パッケージに記載されている使用方法を読み時間を確認しましょう。
  4. 4
    パックを外す 必要な時間が経過したら、ぬるま湯とフェイスタオルで優しくパックを拭き取りましょう。強くこすらないよう注意しつつ髪の生え際と顎の下から顔の中心に向かって拭き取っていくようにしましょう。[13]
  5. 5
    化粧水と保湿剤をつける コットンを使って、顔と首元に化粧水をつけましょう。毛穴が閉じることで、パックの成分を閉じ込める効果があります。次に少量の保湿剤をつけましょう。[14]
    • 保湿剤はつけすぎないようにしましょう。せっかくさっぱりとした毛穴が詰まってしまいます。[15]
  6. 6
    週1回パックをする クレイパックの場合、使用頻度が高すぎると肌荒れの原因となるので注意が必要です。肌の汚れを落とすうえで非常に効果が高いので、肌に負担をかけないように、クレイパックの使用は週1回で良いでしょう。
    • 乾燥肌の人は、クレイパックの使用頻度を週1回からさらに減らしましょう。
    • オイリー肌の人は、クレイパックを週1回以上使用しても良いでしょう。
    広告

ポイント

  • パックを拭き取った後は、顔を冷水で洗いましょう。ただし、冷たすぎないように注意しましょう。冷水で洗うことで毛穴の状態と血液循環が良くなります。
  • 手作りのパックを用いる際は、新鮮なものを毎回作るようにしましょう。
  • パックにエッセンシャルオイルを混ぜると栄養価が増します。
  • サロンでネイルケアやハンドケアを受けたあとは爪床が清潔なので、指でパックを塗るのに適しています。

広告

必要なもの

  • 手作り、または市販のパック
  • 刷毛またはアプリケーター
  • フェイスタオル
  • キュウリまたはジャガイモ
  • 化粧水と保湿剤

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

自傷跡を隠す

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

顔の角質を除去する

How to

白い肌を手に入れる

How to

アニメ中毒を克服する

How to

体毛を減らす

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

胸を小さくする

How to

肌を黒く焼く

How to

1ヶ月で痩せる
広告

このwikiHow記事について

Ashley Adams
共著者
認定美容師
この記事の共著者 Ashley Adams. アシュリー・アダムスは、イリノイ州の認定美容師で、ヘアスタイリストです。2016年にジョン・アミーコ美容専門学校にて認定資格を取得。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 412 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告