歯痛を止める方法

この記事には:歯痛の応急処置(簡単な方法)天然療法医師による治療出典

歯痛は歯髄と呼ばれる極めて敏感な歯の中心部分の炎症によって起こります。これは、虫歯、歯への衝撃、感染症など、様々な原因によって引き起こされます。この記事では、家庭での歯痛緩和法と、歯科医師の診断を受けるタイミングについてご説明します。

1
歯痛の応急処置(簡単な方法)

  1. 1
    痛み止めを使う アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は即効性があり、殆どの軽度の歯痛に効き目があります。歯のずきずきとした痛みは、食時、会話、睡眠の大きな妨げになり、痛みが大きい場合は治療も困難になります。市販の痛み止めや抗炎症薬でまずは応急処置をしましょう。
    • 製品に記載されている用法・用量を必ず守るか、医師の指示に従って服用してください。
    • タイレノールも優れた市販の痛み止めです。
  2. 2
    氷嚢を当てる 密封式保存袋に氷を入れて、布かペーパータオルを巻いて、痛みのある歯、もしくはそのすぐ外側の頬の部分に直接当てがってください。冷気が痛みを緩和します。
    • 氷を直接歯に当てることはやめましょう。炎症を起こしている歯は熱や冷気にとても敏感になっていることが多いので、痛みがより強くなる恐れがあります。
  3. 3
    痛みのある箇所を麻痺させる 市販の痛み止めジェルを購入しましょう。このタイプの痛み止めには患部に直接塗ることで痛みを数時間緩和する効果があります。
  4. 4
    お口の清掃をしっかりする 歯の間に挟まった食べかすが、虫歯や歯肉炎の痛みを悪化させていることがあります。この場合、お口の中をキレイにすることが歯痛の緩和に大きく貢献するでしょう。
    • デンタルフロスの使用 デンタルフロスを歯の付け根まで引き下げて、前後に動かしながらしっかりと汚れを掻き出しましょう。
    • 患部への歯磨き もし痛みの原因が歯肉炎だった場合、歯磨きは一番効果的なアプローチです。数分間、痛みのある部分に集中して歯磨きを行ってください。痛みが和らぐまで続けると良いでしょう。
    • 洗口液の使用 お口の清掃の終わりには、洗口液(マウスウォッシュ)を使って、掻き出した食べかすを洗い流してください。
    • 継続しましょう。以上の手順を1日2回行い、痛みが治まるまで歯磨きを続けてみてください。
  5. 5
    海塩でうがいをする 歯痛の原因が歯への衝撃や軽度の炎症の場合、放っておいても勝手に治ることがありまが、治癒を早めるために、温かい水にスプーン一杯分の海塩を加えたうがい液を作ります。塩が溶け切ったら、できたうがい液を口に含んで、患部を洗浄するようにしっかりとゆすいでください。痛みが消えるまで、毎日数回繰り返します。

2
天然療法

  1. 1
    クローブオイルの塗布 これは歯痛が自ずから消失するまでの間、痛みを和らげる効果があると言われている民間療法です。一日に数回、痛みが取れるまで、何滴かのクローブオイルを患部に塗布してください。クローブオイルは殆どの薬局で入手できます。
  2. 2
    アルコールの使用 これも古くから伝わる民間療法ですが、恐らく問題の根本的な解決にはなりません。しかし、歯をぶつけたことや軽度の感染症によって引き起こされた、数日で引いてしまうような一時的な痛みの場合には有効な手段です。ウィスキーかウォッカを綿球(コットンボール)に浸して、痛みのある歯に当ててください。
  3. 3
    過酸化水素水(オキシドール)を用いた清掃 この方法では、患部を清潔にし、痛みを取り除くことが期待できます。使用後はよく口をゆすいでください。また過酸化水素水は絶対に飲み込まないように注意しましょう。
    • 綿棒を過酸化水素水の溶液によく浸します。
    • 患部にたっぷり塗布してください。
    • 以上の手順を繰り返します。
  4. 4
    指圧は歯痛に迅速な効果があります。親指を使って、もう一方の手の甲の親指と人差し指の付け根の交わる部分にあるツボを押します。二分間くらいで充分でしょう。このツボを刺激することによって、エンドルフィンと呼ばれるストレスや痛みに対抗するホルモンが脳内に分泌されます。
  5. 5
    オイルプリング(インドの自然療法であるアーユルヴェーダで用いられる、オイルを使った口内洗浄) 大さじ一杯のココナッツオイルを口に含んで、15~20分程、くちゅくちゅ音をたてるようにゆすいでください。この方法を用いると口内の有害な雑菌を減らすことができるという説があります。オイルで口をゆすぐことによって、雑菌がオイルに「絡め捕られる」ためです。雑菌だけではなく、プラーク(歯垢)の除去も期待できます。15分から20分程したら、ゴミ箱の中に吐き出してください。せっかく除去した雑菌等を摂取することになってしまうので、飲み込まないでください。また排水溝に吐き出すと詰りの原因になるので、これも避けたほうがよいでしょう。

3
医師による治療

  1. 1
    歯科医の診断を受けるタイミング 歯の痛みの原因が虫歯や重度の細菌感染である場合、放っておいて勝手に治るとういことはありません。痛みと共に下記の症状がある場合は、歯科医師の診察を受けてください。
    • 熱と寒気 これは重い感染症の兆候かもしれません。[1]
    • 膿が出ている これもまた感染症の兆候であり、放置して悪化させるのは望ましくありません。[2]
    • 痛みがひどくなる これは虫歯が毎食ごとに悪化している可能性があります。
    • 親不知に痛みがある 親不知の生え方によっては、他の歯を圧迫するケースがあるため、抜歯する人が多くいます。
    • 唾液を飲み込むことや呼吸が困難 
  2. 2
    歯に詰め物をする もし虫歯のせいで神経が露出していて痛みがある場合、歯科医師の判断によっては露出部分に詰め物を被せて歯神経を過剰な刺激から保護するという治療を行なうことがあります。 [3]
  3. 3
    根管治療を受ける 歯性腫瘍(歯髄への細菌感染によって引き起こされる重度の炎症)がある場合、根管治療を受けることになります。これは歯科医師の手で歯の中に溜まった膿を除去する治療です。この治療には大きな痛みが伴うため、緩和の目的で事前に局所麻酔が施されます。
  4. 4
    抜歯 歯の状態によっては、もう修復が不可能な場合があり、その時は歯を抜くしか手段がありません。乳歯に限って言えば、遅かれ早かれ自ずから抜けてしまうものなので、たいていの場合は抜歯が選択されます。[4]
    • 大人が抜歯を受ける場合は義歯・ラミネートべニアなどによって審美性を回復させるケースが多くあります。
    • 親不知は基本的に抜歯による治療が行なわれます。ただし親不知はサイズが大きいため、全身麻酔を用いる場合もあります。回復には一週間近くかかるでしょう。

ポイント

  • 歯磨きの回数を増やしてお口の中を清潔に保ち、健康な歯を維持しましょう。
  • 歯に痛みがある時は、リンゴやナッツなど固いものを食べるのを控えましょう。
  • 100%のバニラエクストラクトも歯痛に効くとの説があります。痛みのある歯とその周辺の歯ぐきに塗ると効果が期待できます。
  • 洗口剤は歯を磨く前ではなく、後に使ったほうが効果があります。
  • 液状カプセルに入った消炎鎮痛薬に針で穴を開けて、中身を綿棒の上に少し絞り出し、虫歯の穴に付けてみましょう。瞬間的に痛みが治まります。味は美味しいとはとても言えませんが、歯の痛みよりは遥かにマシです。
  • 虫歯の予防のためにデンタルフロスを毎日使いましょう。
  • 生姜にも痛みを和らげる作用があります。数時間に一杯、生姜茶を飲むと痛みが治まるでしょう。
  • とにかく歯医者に行ってください。好むと好まざるにかかわらず、あなたの歯を治せるのは歯科医師しかいません。
  • 氷嚢を歯に直接あてがうのも効果的です。しかし歯を温めるのは逆に症状を悪化させるかもしれません。
  • リステリンなどのマウスウォッシュで19分間、口をゆすいだ後に、患部に外部から布を当てがってください。もちろん完治はしませんが、多少痛みを抑えることが期待できます。
  • 綿棒にオリーブオイルを染み込ませて、痛みのある歯に塗布してください。痛みの緩和に多少効果があるかもしれません。
  • クローブオイルやクローブの実には鎮痛作用があります。
  • つべこべ言わずに歯科医に行きましょう。
  • 口の中の痛い部分を特に意識しながら、水に溶かしたアスピリンでうがいをしてみてください。痛みが耐え難い場合は、うがい液をそのまま飲み込んでしまっても構いません。
  • 痛みのある部分にアルコールを塗って、2,3分間置いてください。痛みが若干和らぐことでしょう
  • 甘いものを食べ過ぎないように。甘いものは健康に悪い上に、虫歯を引き起こす原因です。

注意事項

  • 塩を飲み込まないように注意してください。


記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む90人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 睡眠と夢

他言語版:

English: Cure a Toothache, Español: aliviar el dolor de muelas, Português: Curar Dor de Dente, Deutsch: Zahnschmerzen heilen, Italiano: Curare il Mal di Denti, Français: soigner une rage de dents, Nederlands: Tandpijn genezen, Русский: избавиться от зубной боли, 中文: 治疗牙疼, Čeština: Jak léčit bolest zubu, Bahasa Indonesia: Menyembuhkan Sakit Gigi, हिन्दी: दांतदर्द का निवारण करें, العربية: علاج ألم الأسنان, Tiếng Việt: Chữa Đau răng, 한국어: 치통 다스리는 법, Türkçe: Diş Ağrısı Nasıl Giderilir

このページは 11,148 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?