歯磨き粉で顔を洗う方法

歯磨き粉はニキビを治す効果がある手作りの治療薬として、よく引き合いに出されます。皮膚科医の間には、歯磨き粉は肌の治療に効果はなくダメージを与えることもあるという同一の見解があります。歯磨き粉は肌を刺激し、赤みが出たり皮がむけたりしかねません。歯磨き粉に含まれる成分の中には肌の乾燥に作用するものもありますが、従来のニキビ治療薬よりも効果があることは立証されていません。歯磨き粉を使用する場合は慎重に使うようにしましょう。[1]

方法 1 の 3:
歯磨き粉を部分的に使用する

  1. 1
    歯磨き粉の成分を確認する 歯磨き粉で顔を洗うつもりなら、まずはチューブに表示されている成分を確認しましょう。歯磨き粉に一般的に含まれている成分の多くは、肌を強く刺激することがあります。
    • ラウリル硫酸ナトリウムやトリクロサン、フッ化ナトリウムが含まれている場合は、使用を再検討しましょう。
    • これらの成分は、とりわけ肌への刺激物として知られています。
    • 炭酸カルシウム、亜鉛などの成分は肌に良い効果があると考えられ、専門家が使用する刺激物を含まないニキビ治療薬に配合されています。[2]
    • 白い練り歯磨き粉は、ジェルタイプの歯磨き粉よりも刺激物が少ないことがあります。
  2. 2
    清潔な肌に少量つける 歯磨き粉を使うと決めたなら、まず肌に合うかテストしましょう。顔の数か所に歯磨き粉を少量つけます。肌が赤くなる、ひどく乾燥する、または変色するなどしたら、歯磨き粉を肌に直接つけて使うのはやめましょう。
    • 悪い反応が出ない場合は、少量をニキビにつけて乾燥させましょう。
    • 綿棒を使って歯磨き粉をつけてもかまいません。指でつける場合は、最初に必ず手を洗いましょう。
    • 歯磨き粉をつけた周りの肌を注意して見ておきましょう。ヒリヒリ痛んできたらすぐに洗い流します。
  3. 3
    洗い流す ニキビに歯磨き粉を使う効果は明確になっておらず、どれくらいの時間塗っておくか特に決まりはありません。一晩中つけたままにする人もいますが、敏感肌の場合は長時間つけていると肌に刺激となることがあります。肌のダメージをできるだけ抑えるため、歯磨き粉を使用する際は慎重に行いましょう。
    • 洗い流す際は、指を円を描くように動かしながらぬるま湯で流しましょう。
    • 顔に冷水をかけ、肌につっぱりや乾燥を感じたら保湿剤を塗りましょう。[3]
    広告

方法 2 の 3:
歯磨き粉で作った洗顔料を使う

  1. 1
    歯磨き粉を水で薄めて洗顔料を作る ニキビの部分だけでなく顔全体を歯磨き粉で洗いたいなら、歯磨き粉で洗顔料を作りましょう。歯磨き粉は肌を刺激することがあるため、歯磨き粉の洗顔料を使うのは一般的には望ましいものではありません。必ず歯磨き粉を肌につけてテストを行ってから使うかどうか検討しましょう。
    • 決まった作り方はありませんが、コップ1杯の水に歯磨き粉を少量絞り出して混ぜましょう。
    • 使用する歯磨き粉の量は小さじ1杯まででよいはずですが、肌への刺激となる量は自分で判断する必要があります。
  2. 2
    顔になじませる 洗顔料ができ上ったら、顔になじませて洗顔しましょう。洗顔料を軽く肌に塗り、チクチクまたはヒリヒリした痛みがないことを確認します。十分な水で洗い流しましょう。手で肌をこすってはいけません。
    • 肌がヒリヒリと痛んだら、すぐに洗い流しましょう。
    • 乾燥、赤み、つっぱり感などを、歯磨き粉がニキビの乾燥に効いている印だと誤解しないようにしましょう。[4]
  3. 3
    洗い流して保湿する 他の洗顔料で洗った時と同じように顔を優しく洗い流し、柔らかいタオルで水分をふき取ります。歯磨き粉は肌を乾燥させ刺激する可能性があるため、歯磨き粉で顔を洗ったあとは顔を保湿するとよいでしょう。必ず手を洗ってから保湿剤を塗るようにします。肌が赤くなったりヒリヒリしたりする場合は、他の洗顔料を使うことを考えましょう。
    広告

方法 3 の 3:
その他の方法

  1. 1
    市販のニキビ治療薬を試す 歯磨き粉にはニキビを乾燥させる作用のある成分が含まれていますが、それ以外の成分が原因で起こり得る刺激を除いたニキビ治療薬が販売されています。歯磨き粉を使うよりも、市販のアクネクリームやジェルを使って過剰な皮脂を取り除いてみましょう。
    • 特に、有効成分として過酸化ベンゾイルまたはサリチル酸を含むニキビ治療薬の使用を検討しましょう。[5]
    • この種の製品は、地元の薬局やドラッグストアで購入することができます。
    • 民間療法を試すよりも正しいスキンケアを行うことが、ニキビ予防ときれいな肌作りへの近道となります。
  2. 2
    医師や皮膚科医に相談する 肌トラブルが続いており、効果が感じられる市販品が見つからない場合は医師や皮膚科医に診てもらいましょう。専門家はあなたの肌の状態をよく見て診断し、最も肌に合う治療薬について指導してくれるはずです。[6]
    • 局所治療クリームや経口薬を処方されることがあります。
    • レチノイド、抗生物質、ジアフェニルスルホンなどの局所治療クリームがよく処方されます。
    • 経口薬の抗生物質が処方される場合もあります。[7]
  3. 3
    ティーツリーオイルを検討する きれいな肌を作るために民間療法にこだわる場合、最適な選択肢の1つとしてティーツリーオイルが挙げられます。ティーツリーオイルはスキンケア用品にしばしば使用され、ドラッグストアや薬局でも購入が可能です。ティーツリーオイルをニキビ治療薬として使用した場合、過酸化ベンゾイルと同等の効果があることを示す研究結果もあります。[8]
    • ティーツリーオイルを綿棒でニキビにつけると、歯磨き粉よりも高い効果があります。
    • また、副作用や肌への刺激が起こりにくいはずです。
    広告

ポイント

  • 歯磨き粉を目の周りに塗らないようにしましょう。
  • お湯またはぬるま湯を使いましょう。
  • 柔らかいタオルを使いましょう。

広告

注意事項

  • ここで紹介している方法は、敏感肌の人には向いていません。
広告

必要なもの

  • タオル
  • 歯磨き粉

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む28人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 700 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告