年齢や性別に関係なく毛穴の黒ずみは悩みのタネでしょう。黒ずみは肌の余分な皮脂や角質、細菌が毛穴につまったものです。[1]最も理想的なお肌のお手入れ方法は、毛穴の黒ずみができる前に予防することです。でもどんなに完璧なお手入れをしていても、直ちに対処しなければならない黒ずみができてしまうことがあります。

パート 1 の 3:
 歯磨き粉で毛穴の黒ずみをとる

  1. 1
    正しい歯磨き粉を選びましょう。必ず利用目的に合った歯磨き粉を選ぶようにしましょう。 ジェル状のものではなく、白いペースト状のものを選びましょう。[2]ホワイトニング効果のあるものや知覚過敏用の歯磨き粉ではなく、一番普通のタイプのものを選ぶようにしましょう。 ミント味が良いかもしれません。
    • この「歯磨き粉方式」は、日常生活に役立つアイディアを提案するDIYの専門家たちや、一般の人たちには人気がありますが、専門医は推奨していません。歯磨き粉で毛穴の黒ずみやニキビが改善されるのは、皮脂などがたまった毛穴を乾燥させて、汚れを取り除きやすくする成分が含まれているからです。しかし、ご存知のように、歯磨き粉には他にもたくさんの成分が含まれており、それが肌アレルギー等の問題を引き起こす可能性があるのです。[3]専門医はこの方法を推奨しないということを念頭に置き、自己判断で試してみましょう。心配であれば、なるべく余分な成分が入っていないものを選んでみるのも良いでしょう。
  2. 2
    顔を洗い歯磨き粉を塗りましょう。いつも通りの手順で、ぬるま湯で顔を洗い乾かします。歯磨き粉を鼻やアゴなどの黒ずみが気になる部分に重ねてつけましょう。歯磨き粉を完全に乾かします。乾いたら、毛穴の黒ずみを取るために歯磨き粉で肌を優しくこすりましょう。 もう一度顔を洗い乾かしましょう。[4]
    • 指の代わりに、オリーブオイルやアーモンドオイルをふくませた布で歯磨き粉を顔に塗るのも良いでしょう。布を使い、歯磨き粉で肌を数分間マッサージします。[5]
  3. 3
    さらなる効果のために歯磨き粉に塩を加えてみましょう。普段通りの手順で洗顔をして乾かしましょう。同量の歯磨き粉と塩を混ぜた混合ペーストを作ります(ペーストが硬すぎる場合は少量の水を加えて柔らかくしましょう)。顔にペーストを塗り、5~10分置きます。毛穴の黒ずみを取るように優しくペーストでマッサージしてから洗い流します。[6]顔を乾かしたら化粧水などでいつも通りにお手入れをし保湿しましょう。
    • この工程の間、常に肌が乾燥しないように注意しましょう。
    • 塩のかわりに重曹を使っても良いでしょう。
    • 保湿をする前に氷で顔をなぞり、毛穴を閉じて細菌が入らないようにすると良いでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
毛穴の黒ずみを予防する

  1. 1
    一日二回洗顔をしましょう。毛穴の黒ずみやニキビの数が多い場合はサリチル酸を含んだ洗顔料を使用してみるのも良いでしょう。[7]洗顔料を使う前には、毛穴が開くように必ずぬるま湯で顔を流しましょう。[8]洗顔の後は必ず保湿をしましょう。[9]
    • 洗顔前にさらに毛穴を開かせたい場合は、お湯から出る蒸気を顔にあててみましょう。
    • たくさん汗をかいた後は必ず洗顔しましょう。[10]
  2. 2
    一週間に一度は肌の余分な角質を取りましょう。角質除去を行いすぎると肌がヒリヒリするかもしれません。一週間に一度から始めてみましょう。[11]肌への刺激が強過ぎなければ回数を増やしても良いでしょう。
  3. 3
    なるべく顔を手で触らないようにしましょう。手は色々な物に触れているので、顔を触ると油や汚れ、細菌などが毛穴に入ってしまいます。[12]なるべく髪の毛も顔に触れないようにしましょう。髪の毛の油が肌に付着し、毛穴が詰まる原因になります。[13]
  4. 4
    日焼け止めを毎日使用しましょう。保湿をする際、全身の紫外線対策を怠らないようにしましょう。一年を通して、顔には日焼け止め効果が含まれている保湿剤を使用しましょう。[14]
  5. 5
    油が入っていないオイルフリーまたはミネラルメイクアップを使用しましょう。クリーム状の化粧品よりも粉末状のパウダー化粧品の方が良いでしょう。[15]就寝前には必ずメイクを落しましょう。[16]
    • 気が付かないうちに細菌や汚れがたまるブラシなどのメイク道具を定期的に洗浄することも忘れないようにしましょう。ぬるま湯と中性洗剤で洗いましょう。
  6. 6
    水をたくさん飲みましょう。水分補給は肌にとても大切で、たくさんの水を飲むことが肌に潤いを与える一番の近道です。[17]
    広告

パート 3 の 3:
歯磨き粉を使わずに毛穴の黒ずみを改善する

  1. 1
    卵の白身でマスクを作ってみましょう。通常の洗顔をして顔を乾かしましょう。卵を割り、黄身と白身をわけて小さいボウルに入れます。ハケで白身を顔に塗ります。白身を塗った上にティッシュやトイレットペーパーなどをのせます。白身が乾くまで待ち、二度目の白身を塗りその上にまた紙をのせます。これを三回まで繰り返します。完全に乾いたらマスクを剥がします。卵が残らないように顔を再び洗い乾かします。[18]
    • 大さじ2杯のオート麦と大さじ3杯のヨーグルトを混ぜてマスクを作る方法もあります。お好みでレモン汁を小さじ1~2 杯加えても良いでしょう。このマスクをつけているのは5分以内とし、冷たい水で洗い流しましょう。
    • 赤が好きであれば、トマトでマスクを作ることができます。潰したトマトで数分間顔をマッサージし、さらに15分間置いてから洗い流します。
  2. 2
    ハチミツと牛乳で毛穴黒ずみ除去シートを作りましょう。小さじ1杯の牛乳と大さじ1杯のハチミツを耐熱容器に入れ、5~10分電子レンジで温めます。混ぜたものがペースト状になったら冷まします。ペーストをハケで顔に塗り、乾いた清潔な布をその上にのせます。ペーストを完全に乾かします。布をはがし、残ったものを冷たい水で洗い流します。[19]
    • 牛乳の代わりに小さじ1杯のシナモンを小さじ1杯のハチミツと混ぜても良いでしょう。 この場合も材料をペースト状になるまでしっかりと混ぜますが、温める必要はありません。 この場合は3~5分置いて布をはがしましょう。
  3. 3
    毛穴の引き締めにレモンを使いましょう。洗顔をしていつものお手入れをします。生のレモンを絞り、しぼり汁を小さな容器に入れましょう。寝る直前にコットンでレモン汁を顔につけましょう。朝に洗顔をして普段通りの保湿をします。[20]
    • 容器に入れたレモン汁は冷蔵庫で約一週間保存できます。
    • レモン汁だけでは肌への刺激が強すぎる場合は、顔につける直前に水を加えましょう。
    • レモン汁小さじ3杯にシナモン小さじ1杯を混ぜたものを同じように使用しても良いでしょう。一晩つけておきましょう。
    • レモン汁小さじ4杯と牛乳大さじ2杯を混ぜる方法もあります。これは顔に塗ってから約30分間放置して洗い流します。一晩つけたままにはしないようにしましょう。
  4. 4
    重曹で洗顔をしてみましょう。重曹と水をペースト状になるように混ぜます。指で円を描くように顔に塗り込みます。洗い流してからいつも通りの保湿をしましょう。[21]
    • 重曹の代わりに小さじ1杯の砂糖と小さじ1杯のオリーブオイルまたはレモン汁を混ぜたものでも良いでしょう。これで顔を1分間ほどマッサージして洗い流します。
  5. 5
    市販の毛穴の黒ずみを取る商品を試してみましょう。ニキビや毛穴の黒ずみ対策の製品がたくさん市販されています。こういった製品には一般的にレチノール、ビタミンC、ティーツリーオイルなどの成分が含まれます。もしかしたらお気に入りのメーカーの毛穴黒ずみ対策商品がみつかるもしれません。[22]
    広告

ポイント

  • 毛穴の黒ずみの悩みは女性だけのものではなく男性にも当てはまります。男性でも洗顔や保湿などの普段からのお手入れは大切です!毛穴の黒ずみ対策は、どれも男性でも使用できます。
  • 指で黒ずみを取るのは避けましょう。
  • 誘惑に負けそうになるかもしれませんが、黒ずみを指で押し出すのは我慢しましょう。
  • 毛穴のつまりを軽減する、エクスフォリエーターのような化粧品の代わりに、重炭酸塩や食塩を使ってみましょう。

広告

注意事項

  • 人それぞれ肌のタイプや敏感さが違います。すべての方法がいつでも、誰にでも効果的とは限りません。かゆみ、ひりつき、湿疹などの副作用が出た場合は即座に使用を中止しましょう。症状がすぐに収まらない場合は病院で受診しましょう。
  • ニキビのお悩みがある場合は、皮膚科で処方された治療のみを使用しましょう。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む26人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,873回アクセスされました。
このページは 6,873 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告