歯茎が後退し始めた場合は、歯周炎や歯肉退縮が起こっているかもしれません。これは、歯とつながっている骨や組織の損傷を引き起こす可能性がある歯周病です。[1] 歯茎に変化があれば、できるだけ早く歯科で診察を受けましょう。同時に、家にあるものを使って歯茎の成長を促すことができます。ただし、ここで紹介する方法の効果を示す科学的証拠は限られているので、試す場合は注意が必要です。慎重に行い、歯磨きやデンタルフロスによるケア、定期的な歯科検診の代わりとしてこの方法を用いるのはやめましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
自家製ペースト

  1. 1
    重曹と水を混ぜる 小さい容器に重曹大さじ3杯と水小さじ1杯を入れて混ぜましょう。かき混ぜながら水を足し、ペースト状に整えます。重曹だけを使うと歯茎や歯に刺激が強すぎるので、水と混ぜ合わせることが重要です。[2]
    • 水の代わりにココナッツオイルやオリーブオイルを重曹と混ぜ合わせても良いでしょう。[3]
  2. 2
    ペーストを歯茎に塗る 指1本でペーストを取り、歯茎に塗りましょう。指で小さい円を描くように歯茎をやさしくマッサージします。指の代わりに柔らかい毛の歯ブラシを使ってもかまいません。
    • 2分間マッサージしましょう。
    • 週に2、3回行います。[4]
    • 歯茎の炎症が悪化した場合はペーストの使用を中止しましょう。
  3. 3
    ハーブペーストを作る ターメリックパウダーと水でペーストを作りましょう。柔らかい毛の歯ブラシで歯茎にペーストを塗ります。歯ブラシでは刺激が強い場合は、歯茎にペーストをつけて指でマッサージしましょう。ペーストをつけたまま数分おき、口をすすぎます。[5]
    • みじん切りにしたセージの葉や乾燥セージ小さじ1/16杯を歯茎に塗っても良いでしょう。 歯茎に塗って2、3分おき、口をすすぎます。
    • ターメリックとセージには抗炎症作用があります。ターメリックは、炎症の軽減だけでなく殺菌にも役立つでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
オゾン化オリーブオイル

  1. 1
    オゾン化オリーブオイルを購入する オゾン化オリーブオイルは、口の中の有害な細菌や微生物に対抗する力が増すように加工されたオリーブオイルです。この加工により、オリーブオイルは緑っぽい色から白色のジェルに変わります。オゾン化オリーブオイルは、Amazonなどのショッピングサイトで販売されています。[6]
    • オゾン化オリーブオイルには、歯茎の傷を治す効果や[7] 歯周病の症状を改善する効果があることが示されています。[8]
    • オゾン化オリーブオイルは冷蔵庫で保存するか、室温で保存する場合は日光が当たらない場所に置きましょう。
    • この方法に効果を感じた人は多くいますが、歯茎の後退を止める唯一の方法は専門家の治療を受けることです。オゾン療法は歯周病の治療に用いられており、嫌気性細菌の殺菌に効果的です。[9]
  2. 2
    歯を磨く 柔らかい毛の歯ブラシとフッ素が含まれていない歯磨き粉を使って歯を磨きます。歯を磨いたら、デンタルフロスで歯垢やゴミを取り除きましょう。[10] オゾン化オリーブオイルを使う前に歯をきれいにしておくとより効果的です。
    • オリーブオイルを使用する前に歯をあまり強く磨かないように注意しましょう。
  3. 3
    歯茎にオゾン化オリーブオイルを塗る 指や歯ブラシで塗り、歯茎を10分間マッサージします。[11] 歯茎にオゾン化オリーブオイルを塗ったら、30分間は食べたり口をすすいだり飲み物を飲んだりしないようにしましょう。[12]
    • オイルで歯を磨いても良いでしょう。
    • 最近心臓発作を起こした人、妊婦、甲状腺機能亢進症にかかっている人、酔っている人、いずれかの臓器に出血がある人は、オゾン化オリーブオイルの使用を控えましょう。[13]
    • 使用の頻度については、製品の使用方法を参考にしましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
オイルプリング

  1. 1
    大さじ1杯の油を口に含む オイルプリングは、口の中の不純物を取り除く方法です。ココナッツオイル、ひまわり油、ごま油、パーム油などを使うことができます。ココナッツオイルが最も一般的に使われていますが、24度以下では固体なのでうがいをしづらいかもしれません。ココナッツオイルを使う場合は、ひまわり油、ごま油、パーム油などの油と混ぜると使いやすくなるでしょう。[14]
    • 5~15歳の子供が行う場合は、1度に使用する油の量を小さじ1杯までに抑えましょう。[15]
    • インドではごま油がよく使われています。ごま油は抗酸化作用が高く、歯と歯茎の強化に効果的だと考えられています。[16]
  2. 2
    油でぶくぶくうがいをする 油が歯と歯茎の隅々まで行き渡るように、10~15分間ぶくぶくうがいをしましょう。油は次第に薄まり、乳白色になります。ぶくぶくうがいをすると酵素が活性化します。うがいをした後の油には細菌が含まれているので、飲み込まないようにしましょう。[17]
    • 1日に10~15分間ぶくぶくうがいをするのが難しければ、5分から始めて徐々に時間を延ばしていきましょう。
    • オイルプリングに最適なタイミングは、朝起きてすぐ、朝食をとる前です。
  3. 3
    歯を磨く 油を吐き出したら、普段通りに歯磨きをして水で口をすすぎましょう。オイルプリングは、普段の歯磨きや口腔ケアの代わりにはなりません。歯磨きや口腔ケアを補完するものとして行いましょう。[18] [19]
    • オイルプリングは、歯垢の付着と蓄積の予防、および口臭の軽減に対して市販の洗口液と同じくらい効果的です。歯垢の蓄積は、歯肉炎(歯茎の炎症)の原因となります。[20]
    • 毎日オイルプリングを行うと、10日以内に歯垢の蓄積が改善するでしょう。
    • オイルプリングは、アメリカ歯科医師会に推奨されていませんが、何世紀にも渡って歯と歯茎のケアに用いられている方法です。ただし、オイルプリングを行う場合でも、歯茎の後退を止めるために歯科で治療を受けましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
日常的な歯茎ケア

  1. 1
    歯茎の後退の原因を知る 歯茎の後退は、様々な原因で起こります。歯科で診察を受け、危険因子を確認しましょう。[21] 歯茎の後退の一般的な原因は次の通りです。
    • 歯周病
    • 硬い毛の歯ブラシを使っている、または歯を強く磨きすぎている
    • 生まれつき歯茎が弱い、または薄い
    • 喫煙、たばこ製品の使用
    • 歯茎の組織の外傷
  2. 2
    1日2回歯を磨く 1日2回、柔らかい毛の歯ブラシで歯をやさしく磨きましょう。歯ブラシを45度の角度で歯茎にあてます。歯ブラシを押しつけずに、前後に小刻みに動かしながら磨きましょう。[22] その後、歯ブラシを歯茎から歯に向かって垂直に下ろすようにして磨きます。歯茎の後退を防ぐ秘訣は、適切な歯茎のマッサージと、歯茎が歯のほうへ成長するように促すブラッシング技術です。
    • 必ず、歯の様々な面を磨きましょう。
    • 3、4か月ごとに歯ブラシを交換しましょう。毛が開いたり変色したりしたらそれ以前に交換します。
    • 最後に舌を磨いて細菌を取り除きましょう。
  3. 3
    毎日デンタルフロスを使う [23] 毎日デンタルフロスを使うようにすると、歯磨きだけでは落ちない歯垢を取り除くことができます。デンタルフロスを45㎝に切り、両手の中指に巻きつけましょう。歯と歯茎との境目をこする際は、「C」の形を作ります。やさしくこすり、歯茎に勢いよくぶつけないようにしましょう。[24]
    • ロールタイプやホルダータイプのデンタルフロス、または歯間ブラシなどを使います。どれが適しているか歯科医師に相談しましょう。
  4. 4
    定期的に歯科で診察を受ける 診察を受ける頻度は、歯と歯茎の健康状態によって異なります。[25] ほとんどの場合、成人は年に1度診察を受ける必要があります。歯科医師は、予防的ケアと口腔内の全体的な健康に焦点をあてて診察を行うでしょう。
  5. 5
    歯周病専門医の診察を受ける かかりつけの歯科医師に集中治療の必要性を指摘されたら、歯周病専門医の診察を受けましょう。専門医は、歯肉退縮に対する専門的な治療や手術を行うことができます。 ただし、このような治療は侵襲的で高額です。
    • 歯肉退縮の治療として、スケーリング(歯垢と歯石の除去)とルートプレーニング(歯周ポケット内部の歯石や歯根の汚染されたセメント質を除去し、歯根を硬く滑らかに整える治療)、および歯肉移植があります。歯科医師が最適な治療法を決めてくれるでしょう。
    広告

関連記事

一日で体重を2キロ減らす一日で体重を2キロ減らす
2週間で10キロ痩せる2週間で10キロ痩せる
好酸球を減らす好酸球を減らす
白血病の兆候に気づく白血病の兆候に気づく
くしゃみを出すくしゃみを出す
一晩で体重を落とす一晩で体重を落とす
自分で抜糸する自分で抜糸する
包皮を伸ばす包皮を伸ばす
低体重の人が体重を増やす低体重の人が体重を増やす
10日間で5kg痩せる10日間で5kg痩せる
人の背中をポキッと鳴らす人の背中をポキッと鳴らす
バレないように家の中でタバコを吸うバレないように家の中でタバコを吸う
副鼻腔をマッサージする副鼻腔をマッサージする
脳への血流を増やす脳への血流を増やす
広告

このwikiHow記事について

Tu Anh Vu, DMD
共著者 ::
認定歯科医
この記事の共著者 : Tu Anh Vu, DMD. ツ・アン・ヴー医師はニューヨーク州ブルックリン市にて歯科医院を経営している認定歯科医です。子供から大人にいたるまで、あらゆる年齢層の患者たちを対象に歯科治療恐怖症を克服する手助けを行っています。カポジ肉腫の治療法発見に関する研究にも取り組んでおり、メンフィス市で開かれたヒンマン学会にて研究論文を発表。ブリンマー大学にて学士号を、ペンシルバニア大学歯内療法学科大学院にて歯学博士号を取得。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 477 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告