毛穴の黒ずみは、皮膚のあらゆるところにできる小さな染みですが、主に顔にできます。[1] 痛みを伴うこともあるこうした見栄えの悪い小さな染みには、余分な皮脂や角質、角栓、細菌を含む様々な原因があります。[2] 黒ずみは簡単に治すことが出来ますが、複雑な治療を避けるためにも、事前に予防する事が最も大切です。

パート 1 の 2:
肌を清潔に保つ

  1. 1
    定期的に肌を洗浄します。余分な汚れや皮脂を除去するために、定期的に肌を洗浄する事が大切です。そうする事で、毛穴の黒ずみや角栓ができるのを防ぎます。[3]
    • 肌に刺激の少ない中性洗顔料を使用します。[4] サリチル酸の含まれた洗顔料を使用するのもよいでしょう。サリチル酸には、毛穴をきれいに保ち、にきびを防ぐ効果があります。[5]
    • 肌に刺激の少ない洗浄料は、多くの日用品店や薬局で 手に入れることができます。
    • 脂性肌には油分を含まない洗浄料を、また乾燥肌にはグリセリンやクリーム状の洗浄料を使用しましょう。[6]
    • 固形石鹸は、毛穴に成分が詰まる可能性があるので使用しないようにしましょう。[7]
    • ぬるま湯で皮膚を洗浄します。熱すぎるお湯は必要以上に皮脂を落とし、肌に刺激を与えます。[8]
  2. 2
    皮膚を洗い過ぎないようにします。皮膚の洗浄が大切なのと同様に、皮膚を洗い過ぎない事も大切です。何度も洗い過ぎたり、力を入れて洗浄し過ぎると、皮膚を刺激して皮脂が剥がれ落ち、にきびを増やすことになります。[9]
  3. 3
    就寝前には肌に刺激の少ない洗顔料か化粧落としで化粧を全て落とします。[11]
    • 就寝前には、肌に刺激の少ない洗浄料を使用するか、ウォータープルーフの化粧品を使用した場合には、専用の化粧落としを使用して洗います。ほとんどの洗浄料には化粧を落とす効果があります。[12]
    • 月に一度ほど化粧道具や化粧用スポンジを石鹸水で洗浄し、毛穴が詰まる原因となる細菌を除去します。[13]
  4. 4
    激しい運動の後にはシャワーを浴びます。汗をかくと、余分な皮脂と細菌が増え、これらが黒ずみの原因になることがあります。活動的な人は、激しい運動後にシャワーを浴びるようにしましょう。[14]
    • 黒ずみが出来やすい部分は、硬い固形石鹸で洗わないようにします。刺激が少ないpH バランスのとれた皮膚洗浄剤でも、十分に洗浄効果はあります。[15]
    広告

パート 2 の 2:
その他の予防対策

  1. 1
    毎日保湿剤を塗ります。洗顔後には、肌質に合った保湿剤で肌を適切に保湿する事で、黒ずみを予防できます。[16]
    • 脂性肌でも保湿が必要なことがあります。この場合、毛穴を詰まらせない製品を選びます。[17]
    • 皮膚科医またはスキンケアの専門家に相談し、肌質タイプを診断してもらいます。肌質タイプやその必要性に合わせて調合された製品は、百貨店を含む多くの薬局と小売店で購入できます。[18]
  2. 2
    定期的に角質を除去します。古い角質は毛穴を詰まらせて黒ずみの原因となります。定期的に 角質を優しく取り除き、古い皮膚や細菌を落とすことで、毛穴の黒ずみを防ぐことができます。
    • エクスフォリエーター(古い角質を除去する化粧品)は、表皮の除去はできますが、黒ずみを取り除くことが出来るほど毛穴の奥深くまでは浸透できません。[19]
    • 肌に刺激の少ない、合成または天然の同形の粒を含んだエクスフォリエーターを選びます。粒子の荒いスクラブ洗顔料は肌に刺激を与え、黒ずみが増える原因になることもあります。[20] 角質はやわらかい洗浄用タオルもやさしく除去することができます。
  3. 3
    余分な皮脂を吸収します。脂性肌には外用剤を使用して余分な脂分を吸収します。外用剤の使用で脂分を取るだけでなく、黒ずみの原因となる細菌の発生や古い皮膚の生成を防ぐこともできます。[21]
    • サリチル酸または過酸化ベンゾイルを含む市販の治療薬を使用するか、症状が重い場合には、医師に同様の薬を処方してもらいましょう。[22]
    • 週に一度の泥パックは余分な皮脂の吸収や肌の浄化に役立つかもしれません。[23]
    • あぶら取り紙を使い、顔の余分な皮脂を吸収します。[24]
    • 製品を使いすぎて肌を刺激することがないように、医師の説明や製品箱に記載された使用上の注意に必ず従いましょう。
    • 皮脂を吸収する製品は多くの薬局や日用品店で購入できます。また、これらはオンラインの化粧品小売業者から購入する事もできます。
  4. 4
    毛穴を詰まらせないものや低刺激性の化粧品を使用します。保湿剤や日焼け止めなどの化粧品やその他のスキンケア製品を使用する場合、毛穴を詰まらせない製品を選びます。これらの製品には、毛穴の詰まりや肌の炎症を防ぐ効果があります。[25]
    • 毛穴を詰まらせない製品は、ニキビができやすい肌でも検証済みであるため、ニキビ肌の人でも、これ以上ニキビを悪化させたり黒ずみの原因を作るといった心配はなく安心して使えます。[26]
    • 「低刺激性」と記載のある製品は、敏感肌用として検査済みの為、皮膚に刺激を与える事はありません。
    • 化粧品や日焼け止め、保湿剤、化粧水のニキビ用または低刺激性の製品は、種類も豊富です。また、これらは多くの薬局や大手百貨店、オンライン小売業者、日用品店などで購入できます。
  5. 5
    黒ずみはできるだけ指で触らないようにします。毛穴の黒ずみは、つついたり触ったりしてしまいがちですが、こうした衝動は抑えましょう。皮膚に触れたりつついたりすることで、皮脂と細菌が広がり、毛穴の黒ずみが増える原因になります。[27]
  6. 6
    黒ずみが頑固なものや大きいものの場合は、取り除きます。なかなか消えない黒ずみや大きいものは角栓プッシャー(角栓除去用の道具)を使用して安全に取り除くことができます。ただしこの道具はやむを得ない場合にのみ使用します。
    • 角栓プッシャーは多くの薬局やスキンケア製品を取り扱う小売店で購入することができます。
    • 角栓プッシャーを使用する前に必ず皮膚を洗浄し、細菌が広がるのを防ぎます。[29]
    • 角栓プッシャーを使用する前に、温めた布などで1、2分ほど皮膚を温めます。[30]
    • 黒ずみを無理に押し出さないようにします。一度押してみて黒ずみが出てこない場合は、炎症を抑えるためにも2、3日触らずおいておきます。[31]
    • 角栓プッシャーの使用方法に従い、効果的に使用しましょう。
    • 黒ずみの数が多い場合や角栓プッシャーの使用方法がよく分からない場合は、皮膚科医に相談しましょう。病院で、皮膚科医に角栓プッシャーを使用して黒ずみを除去してもらうと、より効果的に黒ずみを取り除くことができます。
  7. 7
    ゆったりとした服を着るようにします。体にぴったりとした服は、服の内側に熱と湿度を溜め、皮膚への刺激や黒ずみの原因になることがあります。ゆったりとした服を着用する事で、皮膚を乾かし快適にして、傷の発生を予防することができます。[32]
    • 汗や水分を吸収して外に逃す機能のある衣類は、皮膚を乾かして小さな染みの発生を防ぎます。
    • 敏感肌の人には、綿のような天然素材の生地がよいでしょう。肌への刺激を避けるためにも、ウールのようなチクチクする素材は避けるようにします。
    • 衣類や肌に接触する枕カバーのような生地類は定期的に洗濯します。洗濯の際には、肌に刺激が少なく毛穴を詰まらせない、低刺激の洗剤を使用します。[33]
  8. 8
    食習慣を徹底的に見直します。栄養バランスの取れた食事は、皮膚に良い影響を与えるという事が証明されています。[34] 不健康な食事や高カロリーで栄養価の低い食べ物を避けると、黒ずみやニキビなどの予防につながります。[35]
    • 脂肪分や糖分の高い 食事は細胞の代謝を遅らせ、黒ずみの原因となる角栓を増やしてしまうことがあります。[36] 揚げ物や甘い物を食べ過ぎないようにしましょう。
    • ラズベリーや人参のようにビタミンAとベータカロチンを多く含む果物や野菜は、細胞の代謝を促し、肌をより健康的にします。[37]
    • クルミやオリーブ油といった必須脂肪酸を多く含む食べ物には、皮膚細胞の保湿効果があります。[38]
    • 不健康な食品は避け、肌の健康を促すビタミンと抗酸化物質が含まれた食品を摂取するようにします。
    • バランスの取れた食習慣には適切な水分摂取も欠かせません。体の健康を保つ為にも、毎日コップ8杯を目安に水を飲むようにしましょう。そうすることで、皮膚を健康的に保つことができるでしょう。[39]
  9. 9
    頑固な毛穴の黒ずみや深刻な症状については、医師又は皮膚科医に相談します。医師や皮膚科医は、あなたの肌に最適な製品を勧めたり、必要な場合にはレチノイドクリームのような、毛穴を清潔に保ち、にきび予防に効く処方を出すことができます。
    • 毛穴の角栓を除去し清潔に保つためのマイクロダーマブレイジョンやケミカルピーリングの治療について、医師や皮膚科医から説明を受けるかもしれません。
    広告

ポイント

  • 電話など肌に触れる物を定期的にきれいにする事で黒ずみは予防できます。



広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

速くヒゲを生やす

How to

そばかすを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

タトゥーシールをはがす

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告
  1. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  2. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  3. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  4. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  6. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  7. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  8. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  9. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  10. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  11. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  12. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  13. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  14. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  15. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  16. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  17. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  18. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  19. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  20. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  21. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  22. http://www.paulaschoice.com/expert-advice/acne/_/blackheads#cause
  23. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  24. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/acne/basics/prevention/con-20020580
  25. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  26. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  27. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  28. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  29. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin
  30. http://www.realsimple.com/beauty-fashion/skincare/does-drinking-water-hydrate-skin

このwikiHow記事について

Laura Marusinec, MD
共著者 ::
学会認定小児科医
この記事の共著者 : Laura Marusinec, MD. マルシネック医師はウィスコンシン小児科病院の小児科医で、病院内の臨床実務評議会に参加しています。1995年にウィスコンシン医科大学医学部にて医学博士号を取得後、1998年に同大学病院小児科にて臨床研修を修了。全米医療ライター協会と小児緊急治療学会の会員です。 この記事は2,068回アクセスされました。
このページは 2,068 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告