毛穴の黒ずみは実際には皮膚上に開いたニキビで、顔だけでなく、体のどの部分にもできます。毛穴の黒ずみを取り除くのはストレスのたまる作業です。毛穴の黒ずみをどうにかしたいと思っているのなら、この記事でご紹介する効果的な処置法をいくつか試して、肌を改善するとともに、毛穴の黒ずみを事前に予防しましょう。現在行っているスキンケアをほんの少し変えるだけで、夢のような美しい肌を手に入れることができます。

方法 1 の 4:
肌にダメージを与えない

  1. 1
    毛穴の黒ずみを押し出したり潰したりしない 毛穴の黒ずみを指で取り除こうとすると、実際には汚れや細菌を毛穴に押し込んでしまい、すでに詰まった毛穴がさらに悪化します。難しいことかもしれませんが、肌には極力触れず、何があっても力任せに黒ずみを押し出そうとしてはいけません。皮膚に痕が残ってしまう恐れがあります。
  2. 2
    市販の黒ずみ除去用器具を使うのはやめましょう。最近は、自宅でできる黒ずみ除去用の器具を扱っている店舗がたくさんあります。しかし、こうした器具には細菌が繁殖しやすく、皮膚に痕が残る可能性もあります。金属製の器具の使用は専門家に任せて、自宅では洗顔料と角質除去剤で対処しましょう。
  3. 3
    研磨剤入りの角質除去剤を使わない 敏感肌の人が強力な角質除去剤を使うと肌に過剰な刺激を与え、毛穴の黒ずみの悪化を招きます。角質除去剤の使用時に痛みを感じるようなら、使用を中止して、もう少し肌に優しい洗顔料に変えましょう。スクラブ洗顔料で肌に問題が生じる場合は、肌に優しい角質除去剤としてオートミールを使ってみるのもよいでしょう。
  4. 4
    1日2回の洗顔を心がける 朝晩2回の洗顔で肌を清潔に保ちましょう。洗顔前には必ずメイクを落とします。毎回の洗顔の後には肌に優しい顔専用の保湿剤を使い、毛穴の黒ずみの原因となる皮脂の過剰な分泌を防ぎましょう。
  5. 5
    枕カバーを洗濯する 夜中に眠っている間に、枕カバーには垢や皮脂が付きます。枕カバーは最低でも週に1回は洗濯して、布地に蓄積した汚れを落とすことで毛穴の黒ずみを防ぎましょう。
  6. 6
    顔を触らない たとえ毛穴の詰まりを押し出そうとしなかったとしても、顔に触るだけで手から細菌が移ります。手は体中で一番汚れた場所で、手が毛穴の黒ずみの原因になるケースがよくあります。肘をついたり、常に顔の皮膚を触るのはやめましょう。
    広告

方法 2 の 4:
毛穴の黒ずみを取り除く洗顔法

  1. 1
    はちみつとシナモン はちみつは天然の抗生物質で、開いた毛穴から汚れを取り出します。はちみつ大さじ1とシナモン小さじ½ を混ぜ合わせて、濡れていない顔にそれを指で塗ります。3分ほど円を描くようにマッサージしてから、ぬるま湯で洗い流します。はちみつシナモンパックを顔につけ始める前に、必ず手を洗いましょう。
  2. 2
    卵白パック 卵白には毛穴を引き締める作用があり、毛穴に詰まった汚れを取り出して、肌を美しくすべすべにします。卵2個から卵黄を取り除き、卵白を薄く顔に塗ります。2分程度乾かしてから、残りの卵白をさらに塗ります。この状態で10-15分(または、卵白が乾いてツルツルになり、肌のつっぱりを感じるまで)待ちます。最後にぬるま湯で顔から卵白を洗い落とします。
  3. 3
    クレイ(泥)パック 美容パック用の様々な粉末クレイが販売されています。どのクレイにも、皮脂の詰まった毛穴を乾燥させて不要な汚れを取りのぞく作用があります。粉末クレイ大さじ1を十分な量のリンゴ酢で溶き、ペーストを作ります。それを顔に塗って、手触りで乾いたと分かるまで約10-15分ほど待ちます。最後にぬるま湯で洗い流しましょう。[1]
  4. 4
    オートミールとヨーグルト ヨーグルトに含まれる乳酸とオートミールの肌鎮静作用が混ざり合うと毛穴の黒ずみを防ぐパックになります。ヨーグルト大さじ3、オートミール大さじ2、レモン果汁数滴、オリーブオイル数滴を混ぜ合わせてペースト状にします。指でよくかき混ぜてから、黒ずみが気になる部分にそのペーストをつけていきます。10分ほど待ってからぬるま湯で洗い落しましょう。
  5. 5
    フェヌグリークのペースト そうです。フェヌグリークです。フェヌグリークの葉を少量の水と一緒にミキサー(または、フードプロセッサー)で混ぜてペーストを作ります。フェヌグリークには他にも数多くの効能がありますが、毛穴の黒ずみにも効果があることが実証されています。フェヌグリークのペーストを顔に塗り、10分ほどそのままにして、最後にぬるま湯で洗い流します。
  6. 6
    ターメリック(うこん)とミント どちらも既にキッチンに買い置きがあるかもしれませんが、ターメリックとミントには毛穴の汚れを取り除く効果があります。まず、ミントティーを淹れて冷ましたら、そのミントティー大さじ2とターメリックの粉末小さじ1を混ぜて、顔に塗ります。10分ほどそのままにしてから、ぬるま湯で洗い流します。
  7. 7
    エプソム塩(硫酸マグネシウム)の自家製クレンジング剤 エプソム塩とヨウ素の混合剤は抗菌作用を持ち、毛穴の黒ずみ解消に役立ちます。エプソム塩大さじ1とヨウ素を数滴加えたお湯を混ぜます。しばらく置いてからよくかき混ぜて、エプソム塩をお湯に完全に溶かしましょう。脱脂綿を使ってこの液体を顔に塗ります。全体に乾くのを待ってから、清潔なぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。
    広告

方法 3 の 4:
毛穴掃除のための角質除去

  1. 1
    レモンと塩の角質除去剤 レモンの洗浄効果と塩のスクラブ効果で毛穴の奥まで浸透した汚れを取り除きます。ヨーグルト大さじ1にレモン汁と塩小さじ1、はちみつ少量を加えます。黒ずみができやすい部分にこれをスクラブとして使い、2-3分擦ったらぬるま湯で洗い流します。
  2. 2
    自家製緑茶スクラブ 緑茶は美味しい飲み物であるだけでなく、肌をさっぱりさせる効果も持ちます。緑茶には栄養成分がふんだんに含まれていて、そのスクラブは肌に抗酸化物質を供給しながら汚れを落とします。なるべく細かい茶葉を水とよく混ぜて、スクラブとして顔に使いましょう。スクラブ後にそのまま2-3分おいても構いません。最後にぬるま湯で洗い流します。
  3. 3
    重曹 重曹は日常生活の中で多目的に使える万能な物質です。天然のクレンザーであるだけでなく、きめの細かい重曹は肌の古い角質を取り除きます。重曹を少量の水と混ぜてペーストを作り、顔全体を円を描くようにこのスクラブでこすります。特に黒ずみが気になる部分には重曹と水のペーストを直接塗り、ペーストが乾くまで5-10分ほど待ってから洗い落しましょう。
  4. 4
    コーンミールと液体せっけん コーンミールを普段使っている液体洗顔剤と混ぜると、角質除去用の研磨剤になります。コーンミール小さじ1をお気に入りの洗顔剤と混ぜ合わせて、円を描くように顔全体をやさしくマッサージします。この時、強くこすりすぎて思いがけず肌にダメージを与えてしまわないように注意しましょう。最後にぬるま湯でコーンミールと洗顔料を洗い流します。
  5. 5
    牛乳とナツメグ これはおそらく最も香りのよい方法でしょう。牛乳の乳酸とナツメグの粗い粒子が毛穴の黒ずみを素早く落としますが、痛みは全く感じません。牛乳大さじ1に十分な量のナツメグを加えてペースト状にします。このペーストを顔に塗りながら優しくこすって汚れや角質を落とします。最後にぬるま湯でしっかりと洗い流します。[2]
  6. 6
    市販の角質除去剤 自家製の角質除去剤を作るのが面倒だという人は、地元のドラッグストアや化粧品専門店で角質除去用の製品を探しましょう。こうした製品を定期的に使用して、毛穴を掃除し、しつこい毛穴の黒ずみを取り除きます。角質除去の必要性やその頻度は肌のタイプによって異なります。脂性肌や混合肌は週に3-5回を目安に、乾燥肌や敏感肌は週1回を限度にしましょう。普通肌の人は角質除去を毎日行ってもかまいません。肌タイプにかかわらず、角質除去はやさしく行い、やり過ぎに注意しましょう。肌に過剰な刺激を与えると更なる肌問題の原因になりかねません。
    広告

方法 4 の 4:
エステ施術と薬品による処置

  1. 1
    毛穴パック この製品は細長い綿布の裏に強力な粘着剤がついたもので、顔に貼って乾かして使います。製品に記載された使用方法どおりに、毛穴の黒ずみが気になる部分を水で濡らして毛穴パックを貼ります。パックが乾くまで15分ほど待ってから素早くパックをはがして黒ずみを毛穴から引き出します。この方法は即座に効果が表れますが、長期的な効果を得るためには前述の方法も同時に行っていく必要があります。
  2. 2
    塗って剥がすタイプのパック サリチル酸を含むジェルが古い角質と毛穴の汚れを溶かします。サリチル酸入りの剥がすタイプのパックを地元のドラッグストアで購入するか、エステサロンなどで専門家による施術を受けましょう。毛穴の黒ずみが気になる場所にパックを薄く塗り、乾くのを待ってから剥がします。
  3. 3
    マイクロダーマブレージョン これは特殊なエステ処理で、特別なブラシと薬用クレンザーを使って古い角質細胞を取り除きます。この処置はたいていの場合はエステサロンや皮膚科でしか受けることができませんが、化粧品専門店の中には自宅でこの処置ができる製品を販売しているところもあります。効果を実感するためには、この処置を定期的に受ける必要があります。
  4. 4
    レチノール配合洗顔剤 レチノールを配合した洗顔剤は肌によいビタミンAを豊富に含んでいます。ビタミンAには肌細胞の成長を助けて皮脂の蓄積を防ぐ作用があります。レチノール入り洗顔料やクリームはドラッグストアなどで販売されています。普段の洗顔のほかにレチノール配合洗顔料での洗顔を週に2-3回加えると、毛穴の黒ずみを防ぐことができます。
  5. 5
    エステサロンでの施術 自宅で器具を使って毛穴の掃除をすると、肌にダメージを与える可能性がありますが、エステサロンでも同様にすぐに効果の表れる毛穴の黒ずみ処理をしてもらえます。皮膚科の医師やエステティシャンに様々なタイプのエステ施術について尋ね、自分の肌に最も適した処置を受けましょう。毛穴の黒ずみを取り除く処置を2-4週間おきに受けると、長期的な改善が見込めるでしょう。[3]
    広告

ポイント

  • 上記のどの方法を行う場合にも、事前に蒸しタオルや蒸気を直接顔に当てて毛穴を開き、毛穴の奥まできれいにできるようにしましょう。
  • 毛穴の黒ずみを無理やり押し出そうとすると、毛穴の詰まりが悪化してニキビができる恐れがあります。なるべく顔を触らないようにしましょう。また過剰な洗顔やスクラブの使用も肌によくありません。洗顔後は必ず保湿しましょう。
  • 毛穴の黒ずみが半年以上も消えない時には皮膚科で診察を受けたほうがよいでしょう。
  • 毛穴の掃除や角質除去の方法では毛穴の黒ずみはすぐには改善せず、時間がかかります。毛穴の黒ずみを完全に解消するには、自分の肌に最も適した方法を数か月間毎日続ける必要があります。
  • 顔を触りたくなるのはやまやまですが、なるべく触らないようにしましょう。
  • 毛穴の詰まりを解消する洗顔料とスクラブで1日2回は洗顔しましょう。顔を清潔に保つことができます。
  • 皮膚科医はしつこい毛穴の黒ずみには錠剤や軟膏を処方してくれるかもしれません。
  • ハンドタオルを湿らせて、電子レンジに1分半ほどかけます。少し冷ましてから顔に当てます。これで毛穴が開き、ニキビ治療の効果が増大します。処置後に顔に冷たい水をかけて毛穴を閉じ、汚れが毛穴に入るのを防ぎましょう。
  • 髪が顔にかからないように気をつけて、身体を常に清潔に保ちましょう
  • 脂肪分の多い食品の摂取は控えましょう。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

お酒の臭いを消す

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む98人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は10,058回アクセスされました。
このページは 10,058 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告