衣類から毛羽立ちや毛玉を除去するには、サンディングスポンジ、カミソリ、マジックテープなどの家庭用品を利用することができます。また、ウールコーム、電動毛玉取り器、セーターストーンなどの毛玉取り用品を購入して利用することもできます。 毛羽立ちや毛玉の発生を防ぐには、衣類を裏返してから洗濯機に入れ、衣類に優しい手洗いコースやドライコースなどで洗い、ハンガー干しまたは平干しで乾かします。

方法 1 の 3:
家庭用品で毛羽立ちや毛玉を除去する

  1. 1
    サンディングスポンジを利用する サンディングスポンジで衣類を擦ると、毛羽立ちや毛玉が取れます。
  2. 2
    ハサミで切り取る 毛羽立ちや毛玉の数や大きさによっては、ハサミで切り取ることができます。衣類を平らな場所に置き、一方の手で毛羽立ちをひとつひとつ引っ張りながらハサミで切り取りとっていきます。あるいは、衣類の内側に手を入れて、ピンと引っ張りながら、毛羽立ちを丁寧に切り取るのもよいでしょう。
    • ハサミを衣類に近づけた状態のまま、衣類を傷つけないように、丁寧かつ慎重に切り取りましょう。
    • 眉用の小さなハサミは、通常のハサミに比べて先端が尖っておらず、細かい作業に適しています。眉用ハサミを使えば、衣類を傷つけないように作業しやすくなります。[1]
  3. 3
    カミソリを使う 衣類を平らな場所に置き、使い捨てカミソリを手に取ります。空いている方の手で、毛羽立っている箇所をピンと引っ張ります。こうして引っ張ることで、誤って布を切ってしまうことを防げます。衣類の下から上に向かってさっとなでるように、カミソリを滑らせていきます。[2] 初めはできるだけ軽く当てるようにして、必要に応じて力をかけましょう。
    • 衣類に毛玉がついている場合は、テープで取り除きましょう。指先を閉じて、梱包用テープを粘着面を外側にして巻きつけます。大きめのリング状にして巻きつけましょう。[3] 粘着面を衣類に押し当てて、毛玉を取り除きます。付着した毛玉や繊維くずで粘着力が低下したら、テープを交換しましょう。手元に梱包用テープがない場合は、マスキングテープを切って使ってもよいでしょう。
    • 毛羽立ちを効率的に除去できるように、必ず新品の鋭利なカミソリを使いましょう。刃にジェルや石鹸がついているカミソリは、衣類をさらに毛羽立たせる可能性があるため、使わないようにしましょう。
  4. 4
    マジックカーラーを使う マジックカーラーはとても柔らかいため、ウールやカシミアなどのデリケートな衣類から毛羽立ちを取るのに最適です。[4] 衣類を平らな場所に置いてピンと引っ張り、毛羽立っている箇所にカーラーを平らに当てます。カーラーを衣類の上に向かって優しく転がすと、毛羽立ちがカーラーに絡め取られます。当てた箇所の毛羽立ちがなくなるまで転がし続けましょう。他にも毛羽立っている箇所があれば、そこにカーラーを当てて同様に転がします。
  5. 5
    マジックテープを利用する[5]  マジックテープも毛羽立ちや毛玉の除去に利用できます。靴や財布についているマジックテープを使えるか検討してみましょう。マジックテープのフック側(チクチクしている面)を衣類の毛羽立っている箇所に当てたら、優しく剥がします。毛羽立ちや毛玉がなくなるまで、これを繰り返しましょう。
    • デリケートな衣類(カシミアやウールなど)にマジックテープを当てると、傷つけてしまう恐れがあるため、この方法を用いないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 3:
毛玉取り用品を購入する

  1. 1
    ウールコームを購入する ウールコームは、毛玉取り専用の小さくて歯が細かい櫛です。髪用の櫛と異なり、ウールコームの歯には、小さくて細かいという特徴があります。衣類をピンと引っ張って、毛羽立ちや毛玉がある箇所をウールコームで優しくとかします。衣類を傷つけないように気をつけましょう。
  2. 2
    電動毛玉取り器を使う 電動毛玉取り器は、他の毛玉取り用品よりも高価ですが、他の製品よりも、効率的かつ速やかに毛羽立ちや毛玉を取り除くことができます。衣類を平らな場所に置いたら、毛玉取り器に電池を入れて衣類に当て、小さく円を描くように動かします。初めはできるだけ軽く当てるようにして、必要に応じて力をかけます。毛玉や毛羽立ちがなくなるまで毛玉取り器を当て続けましょう。取れた毛玉や繊維くずは毛玉取り器に取りつけられているケースに溜まります。ケースが一杯になったら、空にしましょう。
  3. 3
    セーターストーンを使う セーターストーンは、セーターの毛羽立ちや毛玉を取り除くために作られた石です。平らな場所に衣類を置き、セーターストーンを毛羽立ちや毛玉のある箇所に当て、そのまま優しく擦ります。衣類を横切るようにセーターストーンを動かして、集まった繊維くずや毛玉を指やテープを使って取り除きましょう。
    広告

方法 3 の 3:
毛羽立ちや毛玉の発生を予防する

  1. 1
    毛羽立ちにくい衣類を選ぶ 混紡繊維の生地は、他の素材の生地よりも、毛羽立ちや毛玉が発生しやすい生地です。混紡繊維とは、天然繊維と合成繊維を組み合わせて作った繊維であり、摩擦によって毛羽立ちやすいという欠点があります。とりわけ、3、4種類の繊維を組み合わせた素材の生地には、この欠点が顕著に現れます。[6]
  2. 2
    きつく編まれたセーターを選ぶ 購入する前に生地を確認しましょう。セーターの場合は、ゆるく編まれたものの方が、きつく編まれたものよりも毛羽立ちや毛玉が発生しやすくなります。[7]
  3. 3
    衣類を裏返しにする 洗濯前に衣類を裏返しにしておきましょう。こうすることで、洗濯中に同じ生地同士が擦れるだけで、他の生地(洗濯物)とは擦れにくくなるため、目立つ毛羽立ちを防ぐことができます。また、衣類の収納時にも、裏返してハンガーにかけたり、畳んだりするとよいでしょう。[8]
  4. 4
    優しく洗う 洗濯機で洗う際には、手洗いコースやドライコースを選びましょう。こうしたコースは、短時間でやさしく洗うため、衣類同士の摩擦を低減します。
    • セーターなどの毛羽立ちや毛玉が発生しやすい衣類は、手洗いを検討しましょう。手洗いは最も衣類に負担をかけない洗濯方法です。手洗い専用の洗剤を探して、流しやバスタブで洗いましょう。[9]
  5. 5
    乾燥機の使用を避ける 洗濯した衣類を乾燥機で乾かすことは極力控え、ハンガーにかけるなどして自然乾燥させましょう。こうすることで、衣類同士の摩擦を減らして、毛羽立ちや毛玉ができるのを防ぐことができます。[10]
  6. 6
    液体洗剤を使用する 粉末洗剤は、溶けながら衣類と擦れ合います。そのため、洗濯中に毛羽立ちや毛玉が発生しやすくなります。液体洗剤は、衣類と擦れ合わないため、デリケートな衣類にとって最も優しい洗剤です。[11]
  7. 7
    定期的に洋服用のブラシやリントローラーをかける デリケートなセーターなどには、必ず定期的に洋服用のブラシやリントローラーをかけて、毛羽立ちを防ぎましょう。定期的にブラシやリントローラーをかけることで、毛玉になるのを防ぐことができます。[12]
    広告

関連記事

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

ヘアピンでドアの鍵を開ける

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ガラスの傷を取る

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

木に防水加工をする

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒューズをチェックする

How to

バラを種から育てる

How to

家の中の食べ物が焦げた臭いをとる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む33人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は18,064回アクセスされました。
このページは 18,064 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告