気になっている人をデートに誘う方法

この記事には:相手について知る誘う場について考える相手を誘う出典

誰かに恋をしていませんか?その人をデートに誘いたいと思っていませんか?実際に誘う前に、相手について少し知っておきましょう。また、多少はあなたに興味をもってくれているのかどうかも探りましょう。気持ちを落ち着け、大胆に行動しましょう。恐れずに挑戦してみましょう。

1
相手について知る

  1. 1
    気になっている相手に話しかける すでにお互いを知っているとデートにも誘いやすくなります。また、相手も「イエス」と言ってくれる可能性が高まります。まず単純な会話から始めてみましょう。気軽に話しかけ、自己紹介をしましょう。
    • 例えばクラスメートが相手なのであれば、宿題について話してみたり、分からないところを助けてくれないか尋ねてみましょう。同じクラブのメンバーであれば、そのクラブの活動に関する話をしてみましょう。
    • 相手に関することも質問しましょう。今日はどんな1日だったのか、週末は何か楽しい計画のがあるのかなどを聞いてみましょう。難しくないはずです。
  2. 2
    仲良くなる 大親友にならなくてはいけない訳ではないので、自分に関する全てのことを打ち明ける必要はありません。ただし、友情関係にはある程度の信頼が求められます。また、色々と話していくことで相手もあなたのことが、より分かるようになるでしょう。クラスに向かう道を一緒に歩いたり、グループで一緒に遊んでみましょう。お互い相性が良いのであれば、相手もあなたに恋心を抱くようになるかもしれません。[1]
  3. 3
    自分を偽らない 相手の前で自分を偽らないようにしましょう。実際とは異なる印象のうえに成り立つ関係は好ましいものではないだけでなく、恐らく続きません。嘘をついても、いつかは明らかになるでしょう。誰かを真似して格好をつけても、相手を居心地の悪い気持ちにさせるだけかもしれません。自分を偽るのはやめましょう。
    • 自分に正直になり望む通りに行動していると、自分の言動に情熱が生まれます。こうした熱意に惹かれる人は少なくありません。
  4. 4
    回りくどい方法をとらない 例えば、相手の電話番号を尋ねたいのであれば、別の場所で調べたり誰かに聞くのではなく、本人に直接尋ねましょう。どのような週末を過ごしたのか気になっているのであれば、Facebookの投稿を読んでみるのではなく、シンプルに質問してみましょう。相手を追い回したり偶像化させても健全な関係に発展することはありません。[2]

2
誘う場について考える

  1. 1
    直接誘う これは非常に大切なポイントです。電話やビデオチャットなどで誘うのは良いですが、テキストメッセージで誘うのは控えましょう。特に恋をしている相手であれば、テキストメッセージやインスタントメッセージの方が緊張せずやり取りを行いやすいかもしれませんが、直接誘った方が断然ロマンチックでしょう。あまり親密になりたくない相手なのであれば、テキストメッセージで誘っても構いません。ただ、気になっている相手をこのように誘った場合、好印象を残すことはできないでしょう。[3]
  2. 2
    自然に振舞う どちらも他の用事がない時に誘いましょう。ストレスを感じていたり、急いでいないタイミングを選びましょう。可能であれば、2人ともくつろぐことができる場所、かつ普段からよく会ったり、見かけたりする場所を選ぶと良いでしょう。できる限り円滑にそして気軽な雰囲気で誘いましょう。
  3. 3
    2人きりのタイミングを探す 誘う際は大勢の前でなく2人きりのほうが簡単でしょう。1対1の場面で自分の気持ちを伝えることに苦労する人は少なくありません。自分が注目される状況にある場合は尚更です。気になっている相手と2人きりになることがあまりないという人は、その機会を作り出す必要があります。すでに友達同士、少なくとも普段から言葉を交わす仲であれば2人きりになることもあまり不自然に感じられないでしょう。[4]
    • 例えば、散歩に誘ってみましょう。朝の登校時間、授業の休み時間などに声をかけ、周辺を歩きましょう。少しの間2人きりになれるよう、「少し2人で話せる?」あるいは「次の講義の場所まで一緒に行かない?」といった要領で声をかけてみましょう。
    • 他の友人がいる前で誘わないように気をつけましょう。恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。あるいは、このようなことは他の人の前で話したくないと思っているかもしれません。単に気まずい雰囲気に耐えられなかったからという理由で断られる可能性もあります。
  4. 4
    気軽な話から始める すでに2人きりで話をしている時に誘えると尚良いでしょう。開口一番、相手を誘わなければならないわけではありません。まずは、どんな1日だったのかを尋ね、冗談を言い、相手の話を聞くなどして、その場の雰囲気を作りましょう。双方が居心地よく、くつろいだ状態になるのを見計らいましょう。
  5. 5
    適したタイミングを待つ よく練られた計画でも壁にぶつかることはあります。2人きりで下校しようとしたのに、他の友達も便乗してしまったということもあるでしょう。焦りは禁物です。翌日また誘うタイミングをうかがうことができたにも関わらず今日焦ったことで気まずい雰囲気を作ってしまうと、取り返しがつかないかもしれません。「誘うなら今だ」と思える時に誘いましょう。

3
相手を誘う

  1. 1
    大胆になる 好きな相手に気持ちを伝えるのは簡単ではありません。緊張して汗をかいたり、手が震えるかもしれません。恐怖も感じるかもしれません。それでも勇気を出して伝えることができると、気持ちがずっと楽になるでしょう。「もし誘わないままでいたら後悔するだろうか」と自問してみましょう。「イエス」なのであれば、誘いましょう。
    • 冷たい水の中に飛び込む状況を想像してみましょう。1日中、外から水をじっと見ていたり、つま先で冷たさを確認したり、どんなに冷たいのだろうか想像していても良いですが、迷いを捨てて飛び込んでしまうことも可能です。その瞬間、泳ぐこと、状況に自分を適応させること、無事に水から出ることに焦点が移ります。
    • どうしても誘えないのであれば、誘う口実を考えてみましょう。「金曜日までに誘わないとその日の夜のパーティーに一緒に行けない」といった要領で自分にきっかけを与え、ためらっていた気持ちを払いのけて行動しましょう。
  2. 2
    率直かつ誠実に伝える 回りくどいことはせず自分の気持ちをシンプルに伝えましょう。とても緊張するかもしれませんが、物事がかなり単純化されます。「単刀直入に言うね。君のことが好きで、デートに誘いたいんだけど、どう?」と聞いてみましょう。
  3. 3
    特定のプランを提示する 曖昧に誘わないようにしましょう。また、まだデートにも行っていない段階で彼氏あるいは彼女になってくれるよう頼むことも控えましょう。まず、安価に楽しむことのできるデートを計画しましょう。映画、ハイキング、観劇、あるいは学校の行事などが良いでしょう。2人きりで出かけたいという意図が伝わると、相手も「これはデートだ」ということに気がつくはずです。それでもまだ、恋人同士になるかどうかを決めなければならないというわけではありません。
    • 学校のダンスイベント(米国のプロムなど)がせまっている時は、相手を誘いましょう。自分の気持ちを伝える最高の機会です。ただし、このような場合でも、2人の間で明確な同意がない限りはペアで出席したからといって「付き合っている」ことにはなりません。
  4. 4
    焦らない 相手をデートに誘いましょう。初めてのデートはそれ以上でもそれ以下でもありません。つまり、これまでにも既に2人でデートをしていて、恋人同士になってほしいと伝えようと考えている場合、状況は大きく異なります。単に気になっている相手、ということなのであれば、自分にプレッシャーを与えずにゆっくりと関係を深めていきましょう。
  5. 5
    「ノー」という答えも尊重する 相手を誘い断られとしても、その意思を尊重しましょう。フラれても粘り強く誘うことと、相手にしつこく付きまとい、悩ませ、不快な思いをさせることには大きな違いがあります。他にも相手候補はいます。常識のある態度で接しましょう。

ポイント

  • 断られた時は、何度もしつこく誘わないようにしましょう。相手の意志を尊重し前に進みましょう。
  • 相手を誘う際は、相手に不快な思いをさせないように気を配りましょう。相手のことを気にかけているという様子を示しましょう。
  • 気味の悪い行動は控えましょう。変な人だと思われてしまいます。
  • デートに誘うだけでも色々と悩むので、特別なイベントに誘うという時は、さらに気をつけるべき点やコツを調べてみましょう。
  • 恋人となる可能性のある相手は他にもいるということを忘れないようにしましょう。
  • 断られる可能性は常につきまといます。つまりリスクが伴います。ただ人生にリスクはつきものです。
  • 自分らしく振舞いましょう。自分を偽っていると、毎日人格が異なっているような印象を与えていることもあります。不誠実だと受け取られ相手が遠ざかっていくかもしれません。
  • 断られた時、実は相手はあなたのことが気になっているにも関わらず何らかの事情で「イエス」と言えないという可能性もあります。両親が厳しくて交際ができない、デートすることであなたとの友人関係が崩れてしまうことを心配していたり、あるいは単純に内気な性格なのかもしれません。このような可能性がある場合は理由を探ってみましょう。ただし、 「ノー」という返事は常に尊重しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む61人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Ask Out Your Crush, Español: invitar a salir a la persona que te gusta, Русский: пригласить на свидание того, в кого вы влюблены, Português: Chamar Seu Pretendente para Sair, Deutsch: Deinen Schwarm um eine Verabredung bitten, Français: inviter son amoureux à sortir, Bahasa Indonesia: Mengajak Gebetanmu Berkencan, Nederlands: Je vlam mee uit vragen, العربية: دعوة فتاة تعجبك للخروج معك في موعد عاطفي, 中文: 向暗恋的人提出约会的邀请, Italiano: Chiedere di Uscire alla Persona per Cui Hai una Cotta

このページは 106 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?