着るものを選んで、鏡で髪型を3度チェックし、いつもと同じように少しだけ遅れてパーティーに現れるあなた。だけど会場に足を踏み入れて、もしそこに特別な人がいたらどうしますか?あなたはどんな行動をとるでしょうか?一番良いのは単純に楽しむこと、そして好きな相手との距離を縮めることです。相手が自分のことをどう思っているのかわからない人にとっては、相手の気持ちを確かめる絶好の機会でもあります。もし、その夜に相手と一緒に帰れなくても、気にすることはありません。こうしたことには時間がかかるものなのです!

方法 1 の 12:
会場の全体の様子を把握する

  1. 1
    パーティーの会場に足を踏み入れたら、全体の雰囲気を感じ取りましょう。数分かけて会場を歩き、みんなに挨拶して回ります。これで、一番盛り上がっているのはどこかわかり、少し安心できるはずです。初めてで雰囲気が掴めないパーティーの場合は、1人、2人の友達と一緒に誰もいない場所に陣取り、しばらくの間、参加している他の人たちの様子を観察しましょう。[1]
    • パーティーのホストと知り合いの場合、できれば会場に着いた段階で、初めて会う他の参加者に紹介してほしいと頼んでみましょう。最初のきっかけを作ってもらえれば、そのパーティーに溶け込んでいきやすくなるはずです。
    • 参加するパーティーに、数人しか知り合いが来ないことがわかっている場合、ほんの少しだけ遅れて行くとよいでしょう。最初の一人にならずに済みますし、パーティーが本格的に始まってみんなが盛り上がる前に会場に入れるはずです。
    広告

方法 2 の 12:
少し一人でパーティーを楽しむ

  1. 1
    気になる相手のことは(一旦)忘れて楽しみましょう。友達とおしゃべりしたり、スナックをつまんだり、大人ならお酒を飲んだりして過ごします。少しの間、楽しむことに意識を向けましょう。気になる相手があなたに近づいてきたり、自然な流れで話ができたりしたら、それはそれで素敵なことです!ただ、そうでない場合でも、焦ってその人を探しまわる必要はありません。あなたがパーティーを楽しんでいる姿は、相手の目にも魅力的に映るでしょう![2]
    • 他にもいくつかのメリットがあります。一つは、他の人と話すことで会話のリズムが身につくことです。後で気になる相手に話しかけるときにも、かなりスムーズに社交的な態度で接することができるでしょう。また、好きな人に話しかけなければならないというプレッシャー抜きで、パーティーを楽しむ時間を持つことで、自然とリラックスしてくるはずです。.
    • 好きな人を無視しろと言っているのではありません。相手と話し始めて、うまくいっているなら、そのまま会話を続けましょう。相手が存在しないかのように振舞うのではなく、あなたがパーティーを楽しんでいるということを印象付けることが大切です。[3]

方法 3 の 12:
酒は飲んでも飲まれるな

  1. 1
    楽しむ程度ならよいのですが、だらだら飲んでいるとすぐに酔ってしまいます。飲酒できる年齢であれば、1~2杯は飲んでも構いません。ただし、パーティーの前には何か食べておき、お酒の合間に水やソフトドリンクも飲むようにしましょう。[4] また、飲み過ぎは禁物です。酔ってふらついている人は素敵には見えませんし、酔っているときの言動は自分で思っているほどスムーズではありません。[5]
    • すでに十分飲んでいる場合でも、まったく飲んでいない場合でも、他の人に無理矢理お酒を飲まされないようにしましょう。プラスチックのコップに水を入れて、それを小道具として持っているようにします。中身が水だとは誰も気づきません。
    • 20歳になっていなければ、飲酒を強要される心配をする必要はないかもしれません。20歳未満で、こうしたことを心配する必要がある場合でも、未成年で飲酒をするのは決してかっこいいことではないことを頭に置いておきましょう。好きな人にアピールするためだけに、危険なことや違法なことに手を出すことはありません。
    広告

方法 4 の 12:
笑顔で目を合わせる

  1. 1
    パーティーの間中、ボディランゲージで気になる相手に気持ちをアピールしましょう。ただし、パーティーの間、相手に付きまとうようなことをしてはいけません。相手がそばにいなくても、気持ちを通わせることはできます。相手が大勢の友達と笑っているときに、部屋の向こう側から視線を送って、目を合わせられるかどうか試してみましょう。トイレに行くときに会場内ですれ違ったら、にっこりと笑いかけるようにします。さりげないヒントを与え続けることで、相手がそれに応えてくれたり、あなたの気持ちを汲み取ってくれたりするはずです。[6]
    • 誰に対しても親切な態度で接するのは大切なことですが、好きな相手に対してだけ、あえて笑顔を見せたり、ハグしたり、心を開いてみせたりすれば、相手は自分を特別な存在だと感じるはずです。
    • ちょっとしたボディランゲージによるシグナルが、相手に伝わっていないと感じても、あまり深く考えないようにしましょう。微妙なサインに気づけない人もいるのです。

方法 5 の 12:
相手が一人でいるときに近づいて話しかける

  1. 1
    気になる相手が一人でいたら、話しかけるチャンスです。友達がトイレに行っているなどの理由で相手が一人になっていたら、その瞬間を見計らって近づいてみましょう。そのときに何をしていようとも一旦やめて、笑顔で相手に歩み寄ります。[7] 相手は、気まずそうに一人で立っている自分を助けに来てくれたあなたに、感謝するはずです。これにより、もっと親しく話をするチャンスが生まれるでしょう。[8]
    • 「パーティー楽しんでる?」「パーティーのホストとはどういう知り合いなの?」など定番の一言で話しかけましょう。気楽な調子で歩み寄って「やあ!」と言うだけでも構いません。
    • まだ相手のことをよく知らないのであれば、「やあ、僕は(あなたの名前)!今まであまり話す機会がなかったね、調子はどう?」などと話しかけてみましょう。
    • すでに相手のことをよく知っている場合は、普段と同じように話をしましょう。まずは親しくなること、そして(あなたが望んでいるなら)相手と交際できるように努力を続けることが大切です。
    広告

方法 6 の 12:
自分のグループに相手を誘う

  1. 1
    一対一で話したくない場合は、グループに加わるよう相手に促しましょう。相手の方から歩み寄ってきて、あなたたちのグループに加わるのはややハードルが高いかもしれません。またあなたの方でも、一人で好きな相手に話しかけに行くのはちょっと緊張するでしょう。そんなときは、一緒に話をしようと、相手に声をかけて呼び寄せてみましょう。これは、相手と一緒に過ごし、もっとよく知り合うことができる、かなりリスクの低い手段です。[9]
    • 恋する相手を前にしてしどろもどろになってしまう場合は、会話の大半を友人に任せてもよいでしょう。

方法 7 の 12:
相手のグループに加わるチャンスを探す

  1. 1
    グループでの会話に入っていくことは悪いことではありません。好きな人が他の2〜3人とグループでいて、楽しそうに笑っていたら、そのグループに近づいていってみます。おもしろい冗談が聴こえてきたり、何かコメントできることがあったりしたら、自分から話しかけてみましょう!あるいは、シンプルに「やあ、みんな!調子どう?」と軽めのノリで割って入っていっても構いません。周囲に他の人がいることで、かえって気になる相手と話しやすくなる場合もあります。[10]
    • そのグループで話している人を一人も知らない場合は、共通の友人に頼んで会話に引き込んでもらいましょう。
    • 気になる相手が誰かとより深い会話をしているように見えたり、あなたの知らない人と話をしていたりして、タイミングが合わない場合もあります。そんな時はただひたすら待ちましょう。チャンスは必ずやってくるはずです。
    広告

方法 8 の 12:
飲み物を取ってきたり、相手を褒めたりする

  1. 1
    素敵な言葉をかけて緊張を解いていきましょう。話をするシチュエーションに持ち込めたら、相手に何か飲むか聞いてみます。グループで話している場合は、好きな相手に尋ねた後、他の人にも何か必要なものがないか尋ねるようにします。また、相手にポジティブな褒め言葉をかけ、「知り合えて嬉しい」と伝えてみましょう。これにより、会話を明るい方向に進めることができます。[11]
    • 褒め言葉はシンプルにし、下ネタは言わないように気をつけましょう。例えば、「君と知り合えてうれしいよ!その服素敵だね」「今夜、君に出会えてよかったよ。つまらない夜になるかもしれないと思っていたら、君が現れたんだ!」などと言ってみます。
    • 飲酒可能な年齢ではない場合、ソフトドリンクやサイダーを取ってくると申し出ましょう!

方法 9 の 12:
イチャイチャしてみる

  1. 1
    二人の馬が合って、良い流れになってきたのを感じたら、ちょっとイチャイチャしてみましょう。アイコンタクトをとり、相手に笑いかけます。[12] 相手が冗談を言ったら、(たとえすごくおもしろいわけではなくても)笑ってあげましょう。少し軽いノリでからかったり、適度に相手の肩を押したりしてもよいかもしれません。相手の肩をさすったり、ハーフハグをしたりしてもよいでしょう。自信たっぷりに相手の発するシグナルに応え、相手のムードに合わせていきましょう。[13]
    • ダンスパーティであれば、相手をダンスフロアに誘いましょう!特にダンスがうまくなくても、二人一緒なら楽しめるはずです。
    広告

方法 10 の 12:
パーティゲームに誘う

  1. 1
    好きな相手と一緒にゲームを楽しむことは、つながりを深めるのにかなり効果的な方法です。キッチンでビアポン大会をするにせよ、地下室でマリオカートをするにせよ、相手とゲームで遊ぶことで、一緒に楽しい時を過ごせるでしょう。たとえ相手がゲームに興味を示さなくても、あなたが声をかけてくれたことは心に残るはずです![14]
    • 好きな人と一緒に遊べる楽しいパーティーゲームとして、ジェンガ、テレビゲーム、ボードゲーム、トランプなどが挙げられます。
    • 二人が敵対するチームになるなど、ゲームで競い合うことになる場合もあります。そんな時にはちょっとした軽口を叩くことで、すべてを語らずに、相手への好意を示して楽しみましょう。例えば、「ああ、あなたは知らないだろうけど、私はビアポンの達人なの。だからもうあなたの負けよ」と笑顔で言ってみます。相手はきっとメロメロになるでしょう![15]

方法 11 の 12:
自分らしさを忘れない

  1. 1
    自分らしくない振舞いをしても、好きな相手に見抜かれてしまうでしょう。[16] もしうまくいったとしても、相手にはウソの自分ではなく、ありのままの自分を好きになってもらいたいはずです!どんなときも、本当の自分を忘れないようにしましょう。「かっこ悪い」姿を見られてしまう場合もあるかもしれませんが、人間というのは、作り物より本物に心を動かされるものです。[17]
    • 他の人にどう思われるかを気にすればするほど、自分自身も楽しくなくなっていきます。自分にプレッシャーをかけずに、パーティーを楽しみましょう。
    広告

方法 12 の 12:
自分にプレッシャーをかけすぎない

  1. 1
    リラックスして過ごすのはとても大切なことです。パーティーというのは本来楽しいものであるはずですし、好きな人と一緒に過ごすのも楽しいことのはずです。素敵な時間にしようと張り切りすぎると、かえって消耗してしまうかもしれません。誰かを喜ばせたり、良い所を見せようとしたりすることにエネルギーを使いすぎず、ただただ楽しみましょう。[18]
    • 気になる相手と特に進展がなかったり、相手が友達と楽しく過ごしていたりするようなら、彼らのことは気にせずに、あなたも友達と楽しい時間を過ごしましょう。[19]

関連記事

友達に利用されているかどうかを知る友達に利用されているかどうかを知る
親友を失ったことを乗り越える親友を失ったことを乗り越える
友人に嫉妬されているかを知る友人に嫉妬されているかを知る
最高の親友になる最高の親友になる
いじめられている人を助けるいじめられている人を助ける
女の子と両想いかどうかを確かめる女の子と両想いかどうかを確かめる
親友を取り戻す親友を取り戻す
本当の友達と見せかけの友達を見分ける本当の友達と見せかけの友達を見分ける
自尊心の低い人を助ける自尊心の低い人を助ける
女性と友達になる女性と友達になる
人の信頼を取り戻すために説得する人の信頼を取り戻すために説得する
友人に謝る友人に謝る
友達と話す友達と話す
オンラインで友達を作るオンラインで友達を作る
広告

このwikiHow記事について

Cher Gopman
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Cher Gopman. ニューヨーク市に拠点をおくデートコーチング会社「NYC Wingwoman LLC」では、出会いの仲介、出会いの場でサポート役を務める女性の派遣、個別コーチング、そして週末ブートキャンプを提供しています。設立者のシェール・ゴップマンは認定ライフコーチの資格を保有する、元精神科看護師です。その業績はInside Edition、 Fox、ABC、VH1、そしてThe New York Postで取り上げられました。
このページは 72 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告