PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

大叔母が編んでくれたセーターが世界一と言っていいほど格好悪かった、友人が買ってくれたCDが大嫌いなバンドのCDだったという経験があるでしょう。他にも、新品のピンクと緑の水玉のネクタイが気に入ったという一言を子供が期待して待っている状況に直面したり、古くから近所に住んでいる親しい友人から10足目の痒くなる素材の緑の靴下を受け取る場合があるかもしれません。ほぼ全ての人々がいつかは気に入らないプレゼントを受け取るものですが、プレゼントを贈る人の気分を害してもよいというわけでありません。

パート 1
パート 1 の 4:
適切な発言をする

  1. 1
    感謝の気持ちを伝える プレゼントがどのようなものであっても感謝の言葉が必要です。贈り主の目を見て、別の状況で感謝の意を示す時のように率直に伝えましょう。[1]
    • 「ありがとうございます!本当にうれしいです」などと伝えるとよいかもしれません。
    • プレゼントを贈ってくれた親切心や寛大さに対してコメントしてもよいでしょう。「すごく高価なプレゼントですね!」または「本当に親切ですね!」などと伝えましょう。
  2. 2
    プレゼントを贈ってくれた心配りに対して反応する 一生使うことのない、または全くほしいと思わなかったものに対して感謝の気持ちを示す際に作り笑いをするのが困難な場合は、その背後にある心配りに対して感謝する努力をしましょう。相手の心からの思いやりに対する感謝の言葉をいくつか伝えることはどんな状況でもできるはずです。
    • 「ありがとうございます!本当に気の利いたプレゼントですね!」
    • 「私のことを考えてくれて本当に嬉しい!」
  3. 3
    相手の気持ちに感謝する 相手がプレゼントを贈ってくれた理由を考え、その理由に対して感謝しましょう。贈り主のプレゼントの選択が悪かったとしても、少なくともそれなりの理由があったのでしょう。
    • 「私がチョコレート好きなこと、覚えていてくれたのね!」
    • 「すごくカラフルな靴下、ありがとうございます。足が冷えやすくて、いつも足を温めているのをご存じだったんですね」
    • 「CDありがとう!いつもCDコレクションを増やしたいと思っているのよ」
  4. 4
    質問をする 贈り主にプレゼントに関する質問をして相手の考えを聞いてみましょう。こうすると今後そのプレゼントを使用するかしないか、または使用頻度などに関する話題からうまく話を逸らせることができます。購入した場所や相手も同じものを持っているか、どのように使用するのが最適か(該当する場合)などについて聞いてみます。一般的に、気に入らないプレゼントに対処する状況では自分よりも相手に会話を主導してもらいましょう。[2]
    • 「このCD、あなたも持ってる?どの曲が一番好き?」
    • 「このような靴下は今まで見たことないですね。どこで買ったんですか?同じ靴下、持っていますか?」
    • 「こんなセーターは確実に持ってません。編むのにどのくらい時間がかかったんですか?いつから編み物をしているんですか?」
  5. 5
    嘘をつくのに抵抗がなければ嘘をつく 善意のある人の感情を傷つけないために小さな嘘をつく行為に精神的に負担を感じなければ、プレゼントが気に入っている旨を伝えましょう。プレゼントに関して落胆した気持ちを贈り主に伝えるよりも小さな嘘をつくほうが、大抵の人々は礼儀正しいと感じるものです。
    • 一方で大きな嘘をつくのは避けましょう。プレゼントが気に入った旨を伝えるのはよいですが、過去最高のプレゼントだと伝えたり毎日使う約束をしてはいけません。
    • 嘘をつかない場合、プレゼントが全然気に入らないと伝えることだけは避けましょう。
    • 「ありがとうございます!本当に素敵なプレゼントですね」
    • 「素晴らしいです、ありがとうございます!どこで見つけたんですか?」
  6. 6
    相手と親しい間柄であれば事実を伝える プレゼントをくれた人があなたのことをよく知っている人で非常に気の合う間柄であれば、相手に問い詰められた場合には素直に事実を伝えましょう。そのことに関して一緒に笑えるはずです。
    • 悪趣味なプレゼントもらうのは大したことではありませんが、嘘をつくと大問題になる場合があります。
  7. 7
    問題を先送りする 好みのプレゼントではない事実を贈り主に気付かれた場合、本当にプレゼントが気に入っているのか、またはいつ使う予定なのかという質問を相手がし始めるかもしれません。小さな嘘をつくか、相手の質問に答えずに済むように相手の質問に対してさらに質問を返してその場をしのぎましょう。
    • 可能であれば、そのプレゼントを最大限に活用するにはいつ、どうすればよいかという提案を相手から引き出しましょう。そして確実にそうする旨を素早く伝えてから次の話題に移りましょう。
    • 明らかに悪意のあるプレゼントの場合は冷静さや敬意を表す必要はありません。相手にプレゼントを返し、自分は受け取らない旨を伝えるのを恐れてはいけません。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
感情的に反応する

  1. 1
    即座に反応する プレゼントを開けたらすぐに贈り主に感謝の気持ちを伝えましょう。プレゼントを開けて一旦動きが止まると、落胆したように見えてしまいます。
  2. 2
    視線を合わせる 贈り主に感謝の気持ちを伝える際は相手の目を見ましょう!プレゼントが気に入らない場合、そのアイテムを見ながら喜ぶ表情をまともに作るのは難しいでしょう。一方で、どんな時でも贈り主の顔を見て感謝することはできるものです。
  3. 3
    可能であれば笑顔を見せる 喜ぶふりが上手であれば、プレゼントを用意してくれた人に対してにこやかな笑顔や心からの笑顔を見せましょう。相手はあなたを喜ばせたかったのだという事実を思い出せば、笑顔が作りやすいかもしれません!その気持ちだけでも贈り物なのです。ある程度自然に笑顔が作れる場合のみ、笑いましょう。
    • 無理やり笑ってはいけません!作り笑いに見えてしまいます。
  4. 4
    感謝の気持ちをハグで示す 喜ぶふりが上手ではない場合でも、表情や落胆を隠しつつ感謝を表すには贈り主にハグをするのも1つの案です。相手とハグをするような親しい間柄であれば、プレゼントを開けてから即座にハグをしましょう。
    • ハグには嘘偽りがありません。プレゼントの背後にある愛情に感謝している気持ちを伝えられる愛のこもった方法です。
  5. 5
    自然に振る舞う 興奮したふりをする必要はありません。代わりにプレゼントを贈ってあなたを喜ばせようとしている贈り主の優しさや真心を思い起こします。「相手はこれを自分に贈って喜ばせたかったんだ」と心の中で思いましょう。
    • 可能であれば笑顔を作りましょう。嬉しいふりをするのが下手な場合は、感謝するだけにしましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
プレゼントの対処法を考える

  1. 1
    お礼のカードを送る 受け取るプレゼント全般に対する適切なアドバイスとしては、気に入らないプレゼントに対して礼状を送ることは特に重要です。贈り主が礼状を受け取ることにより、プレゼントに対するあなたの感情に関して相手が抱いている不安感(または贈り主がそのプレゼントを贈ったことへの不安感)が一部(もしくは全て)消え去るでしょう。プレゼントを受け取ってから1週間程度経過してから礼状を送りましょう。プレゼントを受け取る時と同様に、プレゼントそのもののことよりもプレゼントの背後にある思いやりに対する感謝を伝えましょう。プレゼントを受け取った後にそのアイテムをどのように使用したかなどの詳細は特定せず、「楽しんでいます」以上のことは恐らく伝えないほうがよいでしょう。[3]
    • 「自宅に来ていただき、一緒に時間を過ごせて嬉しかったです。私のために何時間もかけてセーターを編んでくださり、感謝しています。本当にありがとうございました」
    • 「先日の夜に来てくれて嬉しかった気持ちを伝えたかった。わざわざ私のためにプレゼントを探しに行ってくれて感謝してる。CDコレクションに新しいCDが加わって嬉しい」
  2. 2
    受け取ったプレゼントを別の誰かに贈る プレゼントを即座にどうにかしたいと真剣に考えている場合は、いつでも誰かに渡すことができます。一方で注意が必要で、人に見つからないようにしなければなりません。最初から自分の気持ちに正直であったとしても、既に受け取ったプレゼントを他に誰かに渡す行為はイメージが悪く、不誠実であると考えられています。少なくともそのプレゼントを心から気に入ってくれる相手に渡せるように確認しておきましょう。このような状況下における唯一の自己防衛策は、そのプレゼントを本当に有効活用してくれる人に渡したと正直に断言することです。それができないのであれば、チャリティーショップなどに寄付しましょう。
  3. 3
    時間が解決するのを待つ 一般的に、プレゼントを贈る場面に伴う不安やぎこちなさはその瞬間特有のものです。やがてプレゼントが与える影響に感謝するようになり、本当に大切なのは気持ちだということを悟る人が多いでしょう(そうなるべきです)。最初から自分の気持ちに正直ではなかったとしても、後にそのことについて問い詰められた場合に感情を打ち明けることを恐れてはいけません。
    • プレゼントを一生懸命選んでくれたものの、好みに合わなかった旨を相手に伝えましょう。相手がその発言を聞いた時に驚くのと同じくらい自分も驚くふりをしましょう。
    • 気楽な雰囲気になるように努力し、プレゼントを受け取ったことを後悔しているようには絶対に見せてはいけません。どのような状況でも、気持ちのこもった無駄なプレゼントは何も受け取らないよりもよいはずです。
    • 相手にプレゼントを戻したほうがよいか聞いてみましょう。相手がほしかったものや相手が使用できるものであれば、使ってもらえるように提案してみましょう。大半の人は礼儀として断る可能性が高いですが、その場合は受け入れるしかありません。プレゼントを押し付けると失礼な人に見えてしまうため、絶対にしてはけません。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
気に入らないプレゼントを繰り返し受け取る可能性を避ける

  1. 1
    ほしいものリストを準備する 誕生日や冬休みなど、プレゼントを受け取るには適切な機会のためにほしいものリストの作成を検討しましょう。実際にリストに書きだす必要はありませんが、自分が希望するものを把握しておきます。家族や友人がどうしてもあなたに何かを買ってあげたいと思っている場合には、本当にほしいものを大げさに伝えましょう。悪趣味なプレゼントを避けることだけを強く望んでいるのであれば、安価で手に入れやすいものを提案してみましょう。
    • 「前回もらったCDをまだ聞いている途中なの。クリスマス前に○○(アーティストの名前)の新曲がリリースされるんだけど、すごく楽しみ」
    • 「頂いた靴下、とても気に入って家でいつも履いています。でも実はどうしても気になる靴があって、確か○○デパートで売っているみたいなんですよね」
  2. 2
    素敵なプレゼントの見本を示す 自分の知り合いの中で常に悪趣味なプレゼントを贈る人に対しては、その人がほしいものを探す努力をしてみましょう。「何かほしいものはありますか?」と聞くのを恐れてはいけません。相手が遠慮したり「何でも構いません」などと言えば、さらに問い詰めてみます。誰にでもほしいものが何かあるはずで、それが何かを探りましょう。この行為により期待できるのは、次に相手がプレゼントを贈る際にあなたのその努力を見習うかもしれないということです。
  3. 3
    はっきりと伝える 相手の悪趣味なプレゼントが改善されない場合は、確実に不要なプレゼント専用の部屋が必要になる前に、相手に何かを伝えるべき時期が来ているのかもしれません。贈り主のことを十分知っている間柄で、相手の気分を害することなく説明できる状況が望ましいでしょう。相手をよく知らない場合は、少々理不尽であっても相手の気分を害してしまう恐れがあることを覚悟しておきましょう。プレゼントを受け取って少し間を空けてから相手に近づき、正直に「このプレゼントはあまり自分には合わないと思う」と伝えましょう。
    • 「私が音楽好きなこと知ってると思うけど、この音楽はあまり私の好みじゃなくて・・・。○○(音楽の種類)のほうが好きなの」
    • 「私にこれを編んでくださって本当に嬉しいです。でも手持ちの服と組み合わせが合うかどうか心配です」
    • 「正直に伝えたほうがいいと思うんですが、頂いた靴下に合う手持ちの服が全くないんです。プレゼントは本当にありがたいんですが、このタイプの靴下が今後増えても使い道が全くないんです」
    広告

注意事項

  • 贈り主が非常に親しい人、または頻繁に合う人であれば、プレゼントに対する考え方に関して正直になるのが恐らく最善策でしょう。
  • もらったものを他の誰かに贈ることにした場合は、別の友人グループの人か生活の場が違う人に渡しましょう。最初にプレゼントをくれた人との接触の可能性が低い人に贈りましょう。
広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
こっそりとコンドームを買うこっそりとコンドームを買う
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ティーン
このページは 463 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告