水を節約する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 10 出典

この記事には:屋内で使用する水の節約バスルームでの節水洗濯場やキッチンでの節水屋外での節水ガーデニングの際の節水仮想水の節約

地球の表面の70%は水で覆われています。しかし、人間が直接使用できる清潔な水は、そのうちのわずか3%にすぎません。[1] たとえ降雨量の多い地域であっても、集積した水を利用するには、濾過・汲み上げ・加熱・再処理という一連の作業が必要となり、日々膨大なエネルギーが費やされています。しかしながら一方で、生活の中でいくつかの節水対策をすることで、洗浄脅迫の人から汲み取り式トイレの信奉者まで、あらゆる人々が公平に水を使用することができます。現在、一般的な4人家族の水の使用量は、1日平均450リットル、1年で164,000リットルにもなります。ぜひ以下の方法に従って、節水に取り組みましょう。

パート 1
屋内で使用する水の節約

  1. 1
    まずは水道水の節約から始めましょう。歯磨き、シェービング、手洗い、食器洗いなどの最中は、蛇口や給水栓を閉めておきましょう。シャワーの最中も同様です。体を濡らして石鹸を付けている間は、水を流す必要はありません。石鹸を洗い流す際は、石鹸を落とすのに十分な時間だけ栓を開きましょう。シャワーヘッドの後ろから節水バルブを取り付けておけば、コックを開閉することなく、水温を保ったまま再び水を出すことができます。
    • 水温が上がるのを待つ間、給水器や水道またはシャワーから出る冷水を容器に溜めておきましょう。容器に溜まった水は、庭の水撒きに使ったり、トイレの水を流した後に便器のタンクに入れましょう。
    • 温水タンクの水は、冷水タンクの水に比べて、多くの沈殿物やサビを含んでいるでしょう。しかし、適切に処理をすれば飲み水として使うこともできます。除菌フィルターなどで濾過した水をボトルに入れて冷蔵庫で冷ましておけば、安全に飲むことができます。
  2. 2
    水道管をチェックして水漏れがないかを確かめましょう。特にトイレや各給水栓の水漏れには要注意です。水漏れを発見したら、直ちに修理しましょう。トイレの水漏れは、1日100リットルから、場合によっては、2000リットルもの水を浪費します!

パート 2
バスルームでの節水

  1. 1
    節水式のシャワーヘッドや給水栓、またはエアレーターを取り付けましょう。通常これらの装置は安価で購入できます(シャワーヘッドは2000~3000円ほど、エアレーターであれば600円程度で済むでしょう)。単にネジ留めするだけで、これらの装置が水圧や水の流れを制御し(設置する際はモンキーレンチが必要になるかもしれません)、従来のシャワーに比べて、水の使用量を半分に減らすことができます。
  2. 2
    シャワーの時間を短縮しましょう。風呂場にタイマーやアラーム時計、またはストップウォッチを持ち込んでシャワーの時間を減らしましょう。あるいは、シャワーの最中に音楽を掛けながら、何曲でシャワーを済ませられるのか、挑戦してみるのも良いでしょう。毛剃りはシャワールームの外で行うか、あるいは、毛剃りの最中はシャワーを止めましょう。
    • できれば浴槽に浸からずにシャワーで済ませましょう。浴槽にお湯を張ると、100リットルもの水を使うことになります!代わりにシャワーを使えば、概ね3分の1程度の使用量で済みます。
    • 節水バルブはシャワーヘッドの真後ろにフィットするものを取り付けましょう。節水バルブは安価で、ネジで取り付けることができます。体を濡らす必要のある時だけバルブを開きましょう。その後、石鹸を付けている間バルブを閉じておけば、水温を保つことができます。再びバルブを開いて石鹸を洗い流しましょう。
  3. 3
    風呂や洗濯、または食器洗いで使った水は取っておいて、庭の水撒きに使いましょう。可能であれば洗濯機にホースをつないで、使った水を庭へ排出できるようにしましょう。浴槽の水を再利用する場合は、手動式のサイフォンポンプを使えば水を別の容器に移すことができます。食器を手洗いする際は、タライに向けて水を流し、タライに溜まった水を後で庭に撒きましょう。
    • 水温が上がるのを待つ時は、その都度バケツや缶、あるいはピッチャーといった容器に冷水を溜めて再利用しましょう。
    • 集めた水が清潔であれば(例えば、水温を調節する際に溜めた水)、デリケートな衣類を手洗いする際にも使うことができます。
    • また、野菜や果物を洗う際に使った水や、パスタや卵をボイルする際に使った水も溜めておきましょう。
    • 一度洗浄作業に使った水を庭に撒く場合は、環境に優しい石鹸や洗剤を使いましょう。
    • 植物の水やりに使っても大丈夫かどうかわからない場合は、トイレの洗浄水として再利用しましょう。便器にそのまま流し込むか、あるいは(沈殿物がなければ)、水を流す際にタンクに入れても良いでしょう。
  4. 4
    トイレの水を節約しましょう。水の入ったペットボトルをタンクに沈めておけば、一回に流す水の量を減らすことができます。あるいは、ペットボトルに、水ではなく、小石や砂を入れておけば確実に沈めることができるでしょう。 また、給水栓に節水ノズルを取り付けるのも有効です。[2]
    • ただし、すべてのトイレが、少ない水量で効率よく機能するわけではありません。節水対策を施す前に、トイレの種類をチェックしましょう。[3]
    • 特に小石や砂の入ったペットボトルを沈める際は、キャップがしっかりと閉まっていることを確認しましょう。タンクの中で小石や砂が漏れ出しては大変です。
    • 節水式のトイレに買い替えましょう。節水式のトイレは、一回の洗浄につき6リットル以下の水量でしっかりと機能します。レビューを参考にして、良質な製品を購入しましょう。
  5. 5
    大小切り替え式のトイレにしましょう。大小で水量を切り替える水洗トイレであれば、余分な水を節約することができます。水量は切り替えボタン(またはレバー)を使って調節します。
    • 自宅のトイレを切り替え式にするキットも販売されています。簡単な装置を取り付けるだけで、それまでの水を夥しく浪費していたトイレを節水式に変えることができます。INAXやTOTOといったメーカーのウェブサイトを当たってみましょう。節水化キットの効果はてきめんで、水道代の節約にもなります。
  6. 6
    トイレは適切な使い方をしましょう。いつも大量に水を流す必要はありません。小の時は半分で、大の時はしっかり流しましょう。また、トイレをゴミの処理に使用してはいけません。トイレの水を流すたびに、みなさんは最大9リットルもの清潔な水を消費しています。他の目的でトイレを使用することは、水の浪費以外の何物でもありません!

パート 3
洗濯場やキッチンでの節水

  1. 1
    洗濯機は高性能のものに取り換えましょう。古くからある円筒式の洗濯機は一回の洗濯で150~170リットルもの水を使います。平均的な4人家族の場合、年間約300回の洗濯を行います。高性能のドラム式(横向きに回転するタイプ)であれば、一回の洗濯に使う水の量は50~100リットルで済みます。1年で計算すると、従来の洗濯機に比べて、11,400~34,000リットルの節約が可能になります。
  2. 2
    洗濯や食器洗いは、いっぱいまで溜まってから行いましょう。洗濯機は衣類が満タンになってから回しましょう。今履いているズボンを明日も履きたい、などという理由で洗濯機を使用してはいけません!最近の洗濯機であれば、メモリー機能を使って洗う時間を短縮したり、すすぎの回数を減らすことができます。そうすれば、水だけでなく電気の節約にもなります!これは食器洗い機にも当てはまります。食器をいっぱいまで溜めてからスイッチを入れましょう。もちろん、あふれるほど溜めてしまうと十分な洗浄ができなくなるので注意しましょう。
    • 食器洗い機に入れる前に、食器の水洗いは避けましょう。大きな食べ滓をゴミ箱や生ゴミ処理機に捨てるだけで十分です。事前の洗浄をせずに食器がきれいにならない場合は、食器洗い機を適切な方法で使っているか、器機の手入れは行き届いているか、そして正しい食器洗い機用の洗剤を使っているかを確かめましょう。
    • 特に最近の性能の高い食器洗い機は、内部で同じ水を繰り返し循環させるため、手洗いに比べて水の使用量を抑えることができます。新しい食器洗い機を購入する際は、電気と水両方の使用量をチェックしましょう。
    • また、つぎに洗濯機を購入する際は慎重に選びましょう。ドラム式は、円筒式に比べて、はるかに水の使用量を抑えることができます。
    • 洗濯用洗剤は、一回の洗濯で衣類をきれいにできるものを選びましょう。
  3. 3
    洗濯の回数を減らしましょう。そのためには家族全員で洗い物を減らす必要がありますが、それは同時に、時間の節約にもなり、洗濯機による衣類へのダメージを抑えることにもつながります。よほど汚れていたり、匂いがひどい場合でない限り、衣類を洗濯する必要はないでしょう。
    • 使ったタオルは物干しにでも架けて空気乾燥させましょう。次の洗濯までに、何度か使えるはずです。家族一人一人が自分のタオルを持っておくと良いでしょう。必要とあれば、色違いのタオルを人数分用意しておきましょう。
    • 衣服は次の洗濯までに一回以上は着用しましょう。特に就寝の直前にシャワーを浴びれば、パジャマは何日か続けて着ることができるはずです。靴下や下着は毎日変える必要がありますが、スラックスやジーンズ、そしてスカートは次の洗濯までに何度か着用しましょう。トレーナーやセーターはTシャツやタンクトップの上から着用し、その都度、内側の衣類だけを変えましょう。
    • 日中に服を着替えるのは避けましょう。塗装やガーデニングといった、衣服が汚れる作業をする際は、あらかじめ作業服を用意しておき、それを次の洗濯までに何度か着用して作業をしましょう。できれば、そういった作業は、普段シャワーを浴びる時間の直前に行うのが理想です。そうすれば、他の衣服を用意する必要もなく、後で再びシャワーを浴びる必要もありません。
  4. 4
    フードディスポーザーを使うのは極力控えましょう。食べ物の残骸を処理するディスポーザーは多くの水を使います。基本的に、ディスポーザーはまったく不必要といって良いでしょう。食べ物の残り滓は、流しの排水口に捨てるのではなく、生ゴミ入れや堆肥容器に入れましょう。[4]

パート 4
屋外での節水

  1. 1
    水量計を設置しましょう。きっとみなさんは、今現在あまりにも多くの水を使用していることに驚かれるでしょう。水量計(水道メーター)を取り付けることで、水の使用量を把握し、意識的に水の浪費を減らすことができるでしょう。
    • すでに自宅に水量計が設置されている場合は、水量カウンターの読み方を覚えておきましょう。水漏れを始め、多くの問題を見つけることができます。メーターの数値を確認したら、1、2時間ほど水を一切流さずに待ちましょう。その後、もう一度メーターの数値を見てみましょう。数値が変化していれば、どこかに水漏れがあるということです。
    • 通常水量計には小さなホイールまたはギアが付いていて、少しでも水の流れがあれば急速に回転してメーターの数値を変化させます。すべての蛇口を閉めているにもかかわらず、ホイールが動いているということは、水漏れがある証拠です。
    • 水量計が地下埋設の場合は、上の瓦礫を取り除いてメーターを見てみましょう。数値が見えにくい時は、霧吹きなどを使って表面の土を洗い流しましょう。
  2. 2
    自宅のプールにはカバーをしましょう。そうすることで、水の蒸発を防ぐことができます。地域によっては、プールの水抜きや水の取り換えに関して厳しい制限が設けられています。季節によっては、禁止されることもあるでしょう。改めて、水は貴重な資源であることを肝に銘じましょう。
  3. 3
    水は時間を決めて使用しましょう。庭のスプリンクラーや屋外の蛇口または給水栓にタイマーを設置しましょう。安価な自動タイマーを購入して、ホースと蛇口の間に取り付けましょう。あるいは、電子制御のタイマーをスプリンクラーや灌漑設備に取り付けて水量を管理することもできます。水が庭土に最も浸み込みやすい時間帯にタイマーを合わせて放水弁を開閉すれば、日々効率の良い水撒きができるでしょう。
    • 植物によっては、水やりの時間が不定期な場合もあります。自らの手で水やりをする場合は、水を流す前にキッチンタイマーをセットして、適切な時間に水やりをしましょう。あるいは、常にホースを手元に置いておきましょう。
    • 季節に合わせて、スプリンクラーや灌漑設備のタイマー設定を変えましょう。湿度が高く涼しい気候では、庭の水撒きはほとんど必要ないはずです。
    • 過剰な水撒きは禁物です。土は時間をかけて水を吸収します。土がしっかりと水を吸収するまで、つぎの水撒きをしてはいけません。芝生から舗装路へ水が流れ出る場合は、水撒きの時間を短くするか、または、一回の水撒きを2度に分け、土が水を吸収するまで待ちましょう。
  4. 4
    スプリンクラーおよび灌漑設備は入念に手入れしましょう。タイマー制御の灌漑設備の場合は、作動している間に点検しましょう。ヘッドやパイプが壊れていれば直ちに修理しましょう。また、意図した場所に向かって放水しているかどうかを定期的に確認しましょう。
  5. 5
    車は芝生の上で洗いましょう。トリガー式ノズルが付いたホース、またはバケツを使って洗車をしましょう。水を使わないスプレータイプの洗車用ワックスも販売されていますが、かなり高価な製品になります。
    • 洗車の回数を減らしましょう。少しの期間であれば、日常の埃や汚れは、堆積したところで、車に損傷を与えるほどのものではありません。
    • できれば、コイン洗車場やガソリンスタンドで洗車をしましょう。多くの場合、自宅での洗車に比べて、水の使用量を減らすことができるでしょう。また、洗車場では使用した水を集めて適切に濾過しています。
    • 環境に優しい洗浄剤を使いましょう。そうすれば、洗車に使った水を芝生や庭の水撒きに再利用できます。
  6. 6
    自宅の車道や舗装路をホースで洗浄してはいけません。箒、くま手、またはリーフブロワーで落ち葉やゴミを掃いた後は、雨が降るのを待ちましょう。ホースでの洗浄は水を無駄に使うだけで、まったく意味がありません。

パート 5
ガーデニングの際の節水

  1. 1
    水を有効に使って芝生の手入れをしましょう。必要な箇所にだけ水を撒きましょう。また、降雨の少ない時期でない限り、芝生に水を撒く必要はありません。トリガー式ノズルの付いたホースやじょうろで水撒きをすれば、水の使用量を抑えることができます。また、雨水を溜めて、植物の水やりや、芝生または庭の水撒きに使いましょう。
    • 庭や芝生の水撒きは夜に行いましょう。夜間に水撒きをすれば、日光による余分な水分の蒸発もなく、庭土は長い時間をかけて水を吸収することができます。
    • 植物の水やりは深い位置で行うことで、回数を減らしましょう。深い位置で水やりをすると、植物は深く根を張ることができ、それに従って、水やりの頻度を減らすことができます。芝は他の植物に比べて、それほど深く根を張るわけではありませんが、それでも、深い位置での水やりで十分に生長することができます。
    • 最小限の水量で深く水やりをするには、「点滴灌漑」または「局所灌漑」の設備を使い、時間をかけて水やりをするという方法があります。中でも、最も単純なのはソーカーホースを使う方法です。その他にも、農作業用のドリップテープや、エミッターノズルの付いたホースを使う方法もあります。水撒き用のスプリンクラーとは違い、点滴灌漑では水分が蒸発する心配はありません。また、植物の枝葉を常に乾燥させておくことで、病気の危険を最小限にすることもできます。地中に埋めたドリップテープは、水を根の隅々まで効率よく行き渡らせます。ちなみに、これらの灌漑システムを適切に使用するには、水に酸を加えて、カルシウムや鉄分がエミッターの放水口に堆積するのを防ぐ必要があります。
  2. 2
    芝はある程度の高さになるまで育てましょう。芝は短いうちに刈り取ってはいけません。芝刈り機の刃は高い位置に設定しておきましょう。あるいは、単に芝刈りの回数を減らすだけでも良いでしょう。そうすれば、再び短い芝を育てるために、多くの水を使う必要もありません。
    • 芝の栽培を止めるか、または芝生の規模を減らしましょう。芝生の傍に他の植物を植えるか、または芝生の範囲を縮小しましょう。他の園芸植物やコケを始めとする地被植物の栽培に比べて、芝生の管理には多くの水が必要となります(もちろん、入念な手入れも必要です)。
    • 降雨量の少ない地域にお住まいのみなさんは、自宅の庭に芝を植えるのは避けたほうが賢明です。代わりに、お住まいの地域の自生植物を植えれば、それほど面倒な手入れや水やりをする必要はないでしょう。
  3. 3
    植物は適切な方法で植えましょう。サイズの小さい樹木は大きな木の下に植えましょう。それによって、水分の蒸発を防ぎ、直射日光に弱い若木に日影を提供することもできます。さらに、木陰に花壇を作ることもできます。
    • 自生種であれば、その地域の降雨量にしっかりと適応できるため、頻繁に水やりをする必要もありません。
    • お近くの苗床に連絡を取り、節水式のガーデニングについて相談しましょう。
    • その植物の栽培に必要な水量を把握しておきましょう。必要以上の水やりは禁物です。
    • 同じ水量を必要とする植物は、同じ区画に植えましょう。必要な水量に応じて植物を分類し、種類ごとに一カ所にまとめて栽培しましょう。そうすれば、庭にあるすべての植物に効率よく水やりができます。
    • 溝や窪みを利用しましょう。低くなった場所を掘り返すことで、植物の根の層だけに水が行き渡るようにしましょう。根の周辺の土はそのままにしておきましょう。
    • 地下灌漑式の苗床を使いましょう(例えば、ゴミバケツや素焼き鉢を使って苗床を自作することができます)。
  4. 4
    庭に根覆いをして湿気を維持しましょう。理想的な根覆いとして、干し草、厩肥、木屑、樹皮、新聞紙などがあります。多くの場合、根覆いは無料で、あるいは安価で入手することができます。有機物質の根覆いには、土の分解を促進して雑草の発生を抑える働きがあるため、庭の土壌を著しく改善することができます。 [5]

パート 6
仮想水の節約

日常生活の中でこの問題について深く考えている人は少ないかもしれません。しかしながら、私たちが普段口にする食べ物の生産には多くの水が使われています。仮想水とは、そういった水のことです。できる限り、生産過程で消費された水が少ない製品を購入しましょう。[6]

  1. 1
    みなさんが、知らず知らずのうちに、どの程度の仮想水を消費しているのかを調べてみましょう。食料品や工場製品の製造に掛かる水の量を紹介しているサイトがいくつかあります。
  2. 2
    水を節約したタンパク質を摂取しましょう。例えば、牛肉は生産過程で最も水を消費する食品の一つです。一方、羊の肉または鶏肉は最も水の消費の少ない食品といえます。[7]
  3. 3
    水を飲みましょう。他の飲料、例えばワイン、紅茶、ソーダ、ジュースは生産の過程ですでに大量の水を使用しています。[8]
  4. 4
    加工食品の摂取を控えましょう。当然、食品を精製する際にも水が使われます。できる限り、生鮮食品を購入して調理すれば、余計な水を使わずに済みます。[9]
  5. 5
    買い物の量を減らしましょう。一枚のTシャツを製造するのに2700リットルもの水が使われます。紙500枚当たりの仮想水の使用量は5000リットルに上ります。製品の購入量を減らすとともに、ひとたび購入した製品を再利用し、リサイクルするのは環境対策の基本です。水の節約もその一環であることは言うまでもありません。[10]
    • 何度でも再利用できる製品を使いましょう。使い捨ての紙皿ではなく、陶磁器の皿を使いましょう。買い物の際は、ビニール袋ではなく、布の袋を使いましょう。

ポイント

  • 地域にもよりますが、節水器具の設置に際して、払い戻しがないかを確かめておきましょう。自治体によっては、節水政策の一環として、例えば、節水式トイレの購入時にいくらかの払い戻しが行われる場合があります。また、節水式のシャワーヘッドやエアレーターを無償または格安で提供している自治体もあります。
  • 水不足の地域にお住まいのみなさんは、定められた水の使用量および給水制限について必ず理解しておきましょう。
  • 洗剤、自動車のオイル、蛍光灯、電池、化学肥料といった有害物質はしかるべき方法で廃棄しましょう。直接水の節約につながるわけではありませんが、生活用水の安全性を確保するためにも、有害物質を適切に廃棄することは非常に大切です。
  • 積極的に家族やルームメイトを誘って、水の節約に協力してもらいましょう。
  • 洗濯機から排出した水は洗車に使うことができます。果物や野菜を洗った水はガーデニングに再利用しましょう。
  • 簡単な水の収集法として、水温が上がるのを待つ間、シャワーの水をプラスチック製のミルク容器や水差しなどに溜めておくと良いでしょう。最低でも2リットルの容器を使いましょう。

注意事項

  • 排水をガーデニングに再利用する際は、使用している石鹸や洗剤が植物にとって安全であるかどうかを確かめましょう。ちなみに、排水を作物の栽培に使うのは禁物です。
  • 地域によっては、水利権に関する法律(日本では河川法)によって、雨水の収集が禁止されている場合があります。事前にお住まいの地域や国の法律を確認しておきましょう。
  • 雨水を収集する際は、使用する器具が「防蚊部材」で加工されているかどうかを確認しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Save Water, Italiano: Risparmiare Acqua, Español: ahorrar agua, Deutsch: Wasser sparen, Português: Economizar Água, Français: économiser de l'eau pour gagner de l'argent et sauver la planète, Русский: экономить воду, 中文: 节约用水, Čeština: Jak šetřit vodou, Nederlands: Water besparen, Bahasa Indonesia: Menghemat Air, العربية: توفير الماء, हिन्दी: पानी बचाएँ (पानी बचाने के उपाय, Save Water), ไทย: ประหยัดน้ำ, 한국어: 물 절약하는 법, Tiếng Việt: Tiết kiệm Nước

このページは 8,149 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?