タトゥーを入れたいと思っていたけれども年齢や金銭面の事情でできなかった、あるいは一生残るので決心がつかなかったという経験はありませんか?幸い、フェイクタトゥーであれば多額の出費をしたり自分の理念を曲げることなくタトゥーを楽しむことができます。例えば、油性ペンとベビーパウダー、さらにヘアスプレー、あるいはジェル状のデオドラントを用いて作ることができます。ここで紹介する方法を参考に、油性ペンタトゥーを自作してみましょう!

方法 1 の 2:
ベビーパウダーとヘアスプレーを用いる

  1. 1
    タトゥーのデザインを描く 油性ペンでお好みのデザインを皮膚の上から描きましょう。[1] 複数の色を用いることもできますが、一度描くとしばらく「消えない」ということを念頭に置きましょう。友達の助けを借りて、失敗を防ぐと良いかもしれません。インクが完全に乾くまで待ちます。
  2. 2
    ベビーパウダーをかける 描いたタトゥーの上から、たっぷりとベビーパウダーふりかけ、すりこみましょう。にじんだり汚れないはずです。残ったパウダーをはらいます。[2]
  3. 3
    ヘアスプレーをふきかける スプレー缶をタトゥーから30~40センチほど離して持ちましょう。タトゥーとベビーパウダーにくまなくふきかけましょう。ただし、至る所にふきかけてしまわないよう注意しましょう。スプレーが乾くまで待ちます。[3]
  4. 4
    余剰分を全て拭き取る ティッシュを使って、余分なベビーパウダーとヘアスプレーを拭き取りましょう。ヘアスプレーが乾いていれば、ティッシュでこすってもタトゥーは消えません。この方法で1か月ほど持ちます。[4]
    広告

方法 2 の 2:
ジェル状デオドラントとトレーシングペーパーを用いる

  1. 1
    タトゥーのデザインをトレーシングペーパーに写す 写真などを模写するのであれば、その上にトレーシングペーパーを敷き注意深くなぞっていきましょう。後で腕に乗せた時に平らになるよう作業を行いましょう。模写する必要がない場合でも、お好みのデザインをトレーシングペーパーに直接描きましょう。用いる色の数は自由に増やすことができますが、必ず油性ペンを用いるようにしましょう。
  2. 2
    ジェル状デオドラントを皮膚に塗る タトゥーをする予定の場所にジェル状のデオドラントを塗りましょう。すぐに乾いてしまわないよう、たっぷりと塗りましょう。ただし、厚く塗りすぎると紙が肌に貼りつかなくなるので注意しましょう。[5]
  3. 3
    デザインが描かれている面を下にして貼りつける デザインが描かれている面を下にしてジェルの上から紙を貼りつけましょう。1分ほどしっかりと力を入れて押さえます。こうすることで、デザインが皮膚に転写されます。転写ができたら紙を剥がし、仕上がりを確認しましょう。失敗した場合は、前述の手順を繰り返して修正しましょう。
  4. 4
    ベビーパウダーをふりかける タトゥーの上からベビーパウダーをふりかけ、ジェルの水分をすべて吸収させましょう。このひと手間をかけることでタトゥーの持ちがかなり良くなります。ベビーパウダーを使わないと、2~3日で消えてしまうでしょう。
  5. 5
    余剰分を拭き取る 清潔なティッシュで残っているジェルやパウダーをふきとりましょう。このとき、完全にインクが乾いていることが確認できるまで、タトゥーを強く擦らないように注意しましょう。タトゥーにラップを巻いて寝ると、持ちが良くなります。[6]
    広告

ポイント

  • 修正する際は、清潔なティッシュやトイレットペーパーを使って1~2秒おきに軽くたたき、消毒用アルコールによってタトゥーがさらに損なわれてしまわないよう注意しましょう。
  • タトゥーのデザインを描く途中で失敗してしまった場合はマニキュア除光液で落として修正しましょう。
  • こうしたタトゥーは衣服に触れたり、定期的に入浴すると48時間程で消えてしまいます。衣服の袖にこすれることで2日以内に落ちてしまうでしょう。
  • タトゥーを修正する際は、その都度ヘアスプレーで保護するようにしましょう。新鮮なインクは上から保護されなければ、あっというまに消えてしまいます。
  • インクが滴っているようなデザインやグラデーション効果を目指す場合(あるいは徐々に消えてほしい場合)はボディースプレーをふきかけましょう。タトゥーを流れやすくさせるだけでなく、求めていた通り色褪せさせる効果があります。
  • タトゥーを長持ちさせるために、シャワー中も洗ったりこすったりしないようにしましょう。
  • ベビーパウダーがない場合、コーンスターチ、ゴールドボンド(Gold Bond)ボディパウダーなどで代用することも可能です。
  • 至近距離からヘアスプレーをふきかけてインクが流れてしまった場合は、すばやくふき取ります。綿棒に消毒用アルコールを浸し、余計な水分を落としてから、注意深くこすって不要なインクを取り除きましょう。
  • ティッシュを通してインクが写らないよう、頻繁に新しいものと取り替えましょう。
  • ベビーパウダーやヘアスプレーを用いる前に、油性ペンのインクを乾かし、必要に応じて何層も重ねて、よりリアルに描きましょう。

広告

注意事項

  • アルコールや油性ペンの成分に対して皮膚が過敏に反応することもあるので注意しましょう。


広告

関連記事

How to

タトゥーシールをはがす

How to

ピアスホールが感染しているか見分ける

How to

タトゥーの痛みを和らげる

How to

タトゥーのアフターケア

How to

鼻ピアスを外す

How to

鼻ピアスを両親に内緒にする

How to

自分で鼻ピアスを開ける

How to

化膿したピアスホール(鼻)を治療する

How to

鼻ピアスホールの安定を促し感染症を防ぐ

How to

タトゥーが感染症を起こしていないか確認する

How to

塩を使ってタトゥーを除去する

How to

軟骨ピアスのしこりを改善する

How to

へそピアスの炎症を手当てする

How to

ニップルピアスを消毒する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む44人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,724回アクセスされました。
カテゴリ: タトゥーとピアス
このページは 4,724 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告