PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

大抵の人は泣きます。そして男性に比べ、女性のほうが頻繁に泣く傾向にあります。[1] 女性が泣いている状況に直面したら、この記事を参考になぐさめましょう。 配偶者や友人、職場の同僚など、相手との関係にかかわらず、泣いている人をなぐさめるという行為は、あなたとその人との繋がりを深め、両者の気分を和らげる役に立ちます。[2]

方法 1 の 2:
配偶者や親しい友達をなぐさめる

  1. 1
    状況を把握する 悲しみにくれている、ストレスを感じている、体調がすぐれない、歓喜に包まれているなど、女性には泣く理由が無数にあります。[3] 話かける前に状況を把握し、あなたがなぐさめ役として相応しいかどうか判断しましょう。下記の状況にある場合、なぐさめるのは控えたほうが賢明です。
    • あなた自身が相手と同じ状況に影響を受けている(相手が泣いているのと同様の理由から、あなたも気分を損ね、動揺と困惑に見まわれている)ようであれば、力を貸す役として相応しいとは言えません。このような場合は、あなたと相手の両者がその問題に対処できるよう、知り合い関係に助けを求めましょう。[4]
    • 科学的にも明確な答えは出ていませんが、恐怖や悲しみと同様、喜びに包まれた時にもこらえきれずに泣く人がいます。友人や恋人が嬉し泣きをしているようであれば、なぐさめるのではなく、祝福の言葉をかけるのが最適です![5]
    • あなたとの喧嘩が原因で相手が泣いている場合は、口論を再発させないよう、なぐさめの言葉をかける前に、あなた自身が落ち着きを取り戻す必要があります。
  2. 2
    なぐさめる決断をする 特別な理由でもない限り、泣いている女性を見かけたら、なぐさめる努力をしましょう。泣いている時に無視をされると、女性は精神的にかなりのダメージを受けるものです。[6] なぐさめるという行為は、相手が泣いている状態から回復するのをはやめるだけでなく、その人との関係を強める役にもたちます。[7]
  3. 3
    良き聞き手になる これはいくら強調しても足りないほど大切なことです。泣くという行為は重要な意思疎通の方法です。注意深く話に耳をかたむけ、相手が何を伝えようとしているか理解しましょう。[8] 口頭で同意するなど、アクティブリスニング(積極的傾聴)の技法を使って対応しましょう。相手の話を遮らないように気を付ける必要があります。相手が感情を解放させるのを見守り、そばで寄り添うことに徹すれば、最良の聞き手になれるでしょう。
    • なぐさめるという行為は、相手の感情を変えるためにするものではないことを覚えておきましょう。
    • 話題を自分の話にすり替えないよう、細心の注意を払いましょう。中心人物はあくまでも相手であって、あなたではありません。あなたであれば異なった行動をとるとしても、その人が悲しんだり、なぐさめを必要としていることは否定されるべきではありません。[9]
    • 「もし僕だったら」や「○○を試してみたら?」、また「僕にもそういうことがあったけど、そこまで気にしなかったよ」というような言い回しは避けましょう。
  4. 4
    痛みを過小評価したり、泣き止むように促さない 苦痛な出来事が原因であるとしても、涙が前向きな効果を生むことが多くあります。泣くという行為には悲しみやストレスを感じている人の身体的な痛みを緩和し、精神的にも安心感をもたらす効果があります。[10] 感情をため込むと悲しみから回復できなくなります。気まずさを感じるかもしれませんが、相手が必要なだけ泣くのに任せましょう。そのほうが相手の気持ちも軽くなるはずです。
    • 一般的に命令的や否定的な言葉をかけるのは避けたほうが賢明です。「泣かないで」や「悲しむことじゃないよ」や、「そこまで酷くないよ」というような言い回しは避けましょう。
    • 問題に対するあなたの答えを披露しても、相手をなぐさめる役には立ちません。その人が何をするべきか、そして避けるべきかなど、早急に自分の考えを述べる欲望は抑えましょう。その人が置かれた状況や、解決策を熟知していることを主張してはいけません。相手は自分を無価値な人物であると感じてしまいます。
    • 深刻な不安症やうつ病を患っている場合は、泣く行為が気分を楽にするどころか、逆に悪化を招くことがあります。[11] 精神疾患が原因で泣いているようであれば、相手をなぐさめて支えになるとともに、必要な治療を受けるよう、病院の受診を勧めましょう。
  5. 5
    悲しみに同意する 相手の痛みが正当であることを認め、その人が置かれた状況を理解し、気の毒に思うことを示しましょう。[12] 下記の言い回しを参考にしましょう。
    • 「それは酷い。大変だったね」
    • 「それは辛いでしょう。わかるよ」
    • 「それは苛立つね。気の毒に」
    • 「とても複雑な問題のようだね。君が動揺するわけだよ」
    • 「そんなことがあったの。かわいそうに」
  6. 6
    言葉を使わずになぐさめる 泣いている時、なぐさめの言葉をかけられるよりも、なぐさめの「仕草」に安心感を抱きやすい人もいます。その状況に相応しい表情を顔に浮かべてうなずく、目をみつめる、身体を乗りだすというようなしぐさは、相手を心配していること、そして大切に思っていることを示す役に立ちます。[13]
    • ティッシュを差し出す行為は、優しさと解釈される場合もありますが、 泣くのをやめるように促しているサインとも受け取れます。その人がティッシュを探している、もしくは実際に頼まれないかぎり、ティッシュは差し出さないようにしましょう。
  7. 7
    相手の身体に触れるべきか判断する スキンシップに癒される人もいれば、不安感を覚える人もいます。[14] 相手がハグに好反応を示すタイプの人物であれば、ハグを申し出ましょう。ハグには徐々にストレスを軽減する効果があります。[15] 手を握る、肩に触れる、髪をなでる、額にキスをするのもよいでしょう。相手との境界線、そしてその人の好みを考慮に入れた上で判断を下しましょう。相手の意思にしたがい、スキンシップを拒否するようであれば、ただちに引き下がりましょう。
    • 相手の身ぶりに注意を払うと、スキンシップを快く受け入れているかどうか判断できます。視線を避ける、こぶしを握り締める、腕や足を組むというような身構えた姿勢は、体に触れるのを止めるように要求しているサインと受け取って間違いありません。[16]
  8. 8
    状況を避けようとしない 大抵の人は泣いている人を目の前にすると気まずさを覚えるものです。そして何を言ったらよいのか分からないまま、とりあえず相手をはげましたり、その場から素早く立ち去ろうとする傾向があります。それでは状況を悪化させるだけです。適切な言葉が見つからないようであれば、「大丈夫?僕に何かできることはない?」といような言葉をかけ、あなたが相手を気にかけていることを示しましょう。それにより相手の気持も落ち着くかもしれません。
  9. 9
    問題の解決方法ではなく、サポートを申し出る 泣いている人を目の前にすると、相手に良かれと思い、問題を解決することに気を奪われがちになりますが、相手があなたの助けを望んでいるとは限りません。また、あなたの考えに反し、まったく別のことを必要としている可能性もあります。状況を悪化させることだけは避けなくてなりません。問題の解決に走る衝動は抑え、その人が悲しみや苦痛に向き合う力になりましょう。[17]
    • いつでも力になることを相手に伝えましょう。ただし押しつけがましくならないように注意する必要があります。相手にとってのサポートとは、単に「話を聞いてもらう」だけのことかもしれません。聞き役に徹するという行為は、誰かをなぐさめるさいに最も効果的な方法であると言われています[18]
    • 助けを必要としているかどうか自由回答式(具体的な答えを促す質問 )の質問をしましょう。例えば、「僕に何かできることはない?」「その状況を変える力になりたいのだけど、何か僕にできるようなことを思い付かない?」というような質問をきっかけに、相手がどのようなサポートを必要としているか確認しましょう。
    • 時には悲しみや怒りに飲み込まれ、自分がどのようなサポートを必要としているか言葉にできない人もいます。そのような場合は具体的なアイデアををいくつか挙げてみましょう。例えば、アイスクリームを食べに出かける、もしくは、後ほど相手の家で一緒に映画を見るなど、相手を元気づけるのに役立ちそうなアイデアを提案し、その人が前向きな反応を示すかどうか様子をみましょう。[19]
  10. 10
    必要であれば問題に介入する 問題解決を優先するべきではありませんが、あなたの具体的な行動が相手の痛みの軽減につながることもあります。あなたが問題を解決でき、そして相手もそれを望むようであれば、助力を申し出ましょう。
    • 例えば、相手が仕事関係のことでストレスを感じているようであれば、仕事に集中する時間を増やせるよう、多めに家事を受け持つことを申しでましょう。友人と喧嘩をして泣いているのであれば、仲直りの方法について一緒に考えましょう。
  11. 11
    様子を伺う その出来事があってから数日から数週間の間は、相手が無事に過ごしているか、時々様子を伺いましょう。素早く立ち直ることもあれば、悲しみが癒えるまで長い時間を要する場合もあります。この期間中に受ける気遣は大きな救いをもたらします。立ち入った質問は控え、コーヒーを飲みに誘ったり、元気にしているか聞きましょう。普段より頻繁に電話かけるのもよいかもしれません。
  12. 12
    自分自身のケアをする 相手に共感するのは大切なことですが、それによりあなた自身が気分を害したり、落ち込んでしまうこともあります。自分自身にも目を向け、必要であれば誰かに助けを求めましょう!
    広告

方法 2 の 2:
知人や同僚をなぐさめる

  1. 1
    共感を示す 一般的に人は親しい人の前で泣く傾向にあり、他人、同僚、そして単なる知り合いの前では涙を我慢するものです。あまり親しくない女性があなたの前で泣いているようであれば、その人はかなり動揺しており、同情を求めている可能性があります。苛立ちやうろたえ、そして恐怖を感じているような印象を相手にあたえないように注意しましょう。共感を持って対応することが大切です。[20]
  2. 2
    思うように泣かせる 相手が実際にあなたにそばにいて欲しいようであれば、そのまま泣かせましょう。無理に泣くのを止めさせたり、元気をだすように促してはいけません。泣くという行為は自然、かつ健康な身体的反応であり、ストレスや苦痛を軽減する役に立ちます。[21]
    • 職場で涙を見せるのは「職業倫理に反する振るまい」でも何でもないことを覚えておきましょう。誰だって泣くことはあります。それがいつか職場で起きても不思議ではありません。[22]
    • 相手がきまりの悪さを感じているようであれば、「泣いても大丈夫だよ」や「生身の人間なんだから泣くのは恥ずかしいことじゃないよ」など、安心感をあたえる言葉をかけましょう。
  3. 3
    話し相手になれることを示す 相手はそれほど親しくないあなたに、詳しい事情までは打ち明けないかもしれませんが、それでも話の聞き手として役立つことはできます。 下記の言い回しを参考に、相手に問いかけてみましょう。そして好意的な姿勢で対応し、相手が望むなら喜んで話し相手になることを示しましょう。[23]
    • 「僕が単なる同僚なのはわかっているけど、君さえよければ友達として話を聞くよ。どうしたの?」
    • 「何か問題があるなら言ってね。必要ならいつでも話を聞くからね」
    • 「僕にできることはない?仕事のことじゃなくても構わないよ。喜んで聞くから言ってみて」
  4. 4
    アクティブリスニングの技術を取り入れる 相手が自分の置かれた状況について語りはじめたら、アクティブリスニングの技術を用いて話に集中していることを示しましょう。アクティブリスニングでは、話を遮らない、助言をしない、相手の言葉や意味を確認するため以外に質問をしない、そして目を合わせることなどが重要とされています。[24]
  5. 5
    職業人として相応しい態度を保ちつつ、親身な対応をする 1人の人間として相手を心配する気持ちを示すべきではありますが、同僚としての境界線を超えてはいけません。この出来事が解決したのちも、仕事仲間としての関係を続けなくてはならないことを覚えておきましょう。
    • 例えば、相手からの要求がないかぎり、ハグを申し出るのは良案とは言えません。勤務時間外に電話をかけて様子を伺いたいなら、相手がそれについてどう思うか、あらかじめ確認しましょう。
  6. 6
    仕事に関する助力を申し出る その同僚は仕事上のストレス、もしくは個人的な問題が原因で仕事に集中できずに泣いている可能性があります。どちらにせよ、あなたが仕事関係のことでサポートできる立場にあるなら、問題の解決に力をかしましょう。[25]
    • 例えば、その同僚は休憩を必要としているかもしれません。困難な課題を乗り切れるよう、作業計画を立てる手伝いを申し出てみましょう。
    • 泣いている人を目の前にすると、相手のことを思い、事態の収拾に気を奪われがちになりますが、相手が助けを必要としていない限り、行動を起こすのは控えましょう。助けを望んでいない、もしくはあなたがが考えていることとは別のサポートを必要としている可能性もあります。出過ぎたことをして状況を悪化させるのだけは避けなくてはなりません。
    • 個人的な事情に深く関わらないようにしましょう。個人的な問題の解決に使命を感じる必要はありません。また、その人のことをよく知らないのであれば、問題を解決しようとしてはいけません。話の聞き役となり、安心感を与え、仕事関係の問題に話題を集中させましょう。
    • あなたがどうしても問題解決の力になれないようであれば、それをわび、かわりに相手の力になれる人を知っているなら、その人に相談して協力を仰ぐように勧めましょう。
    広告

ポイント

  • どのような状況にあっても、泣いている女性が最も必要とするのは、「話を聞いてくれる耳」と「第三者からの共感」です。夕食の準備をする、コーヒーを奢る、また映画に連れ出したりするのも有益なアプローチですが、あなたにできる最善のサポートは、相手のそばで注意深く話に耳を傾けることです。
  • 泣くという行為は周囲の人に気まずさを与えますが、その気まずさを乗りこえ、愛情と心配りを必要としている相手の支えになりましょう。
  • 泣き止ませるのが目的ではありません。泣くという行為は意思表示の方法であることを覚えておきましょう。[26]
広告

注意事項

  • 一般的に泣くという行為は健康的な身体反応ですが、不安症、恐怖症、またはうつ病のような、深刻な精神疾患のサインである場合もあります。相手が頻繁に泣き、泣いたあとでも安堵感を得られないようであれば、専門家に相談することを勧めましょう。
  • 泣いている人をなぐさめるのは、健康的で思いやりのある、前向きな行為ですが、精神的な負担を招く原因にもなります。誰かをなぐさめている最中、またそのあとに気分の動揺を感じるようであれば、自分自身に目を向け、誰かに助けを求めましょう。
広告

関連記事

泣かないようにする泣かないようにする
嫉妬心を消す嫉妬心を消す
他者に依存しない他者に依存しない
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
子供の自閉症を見分ける子供の自閉症を見分ける
甘いものへの欲求を抑える甘いものへの欲求を抑える
チャクラを開くチャクラを開く
親から離れない子供に対処する親から離れない子供に対処する
心を浄化する心を浄化する
自傷跡を隠す自傷跡を隠す
アダルトビデオ鑑賞と自慰を徐々にやめるアダルトビデオ鑑賞と自慰を徐々にやめる
興奮を鎮める興奮を鎮める
毒親の心理的虐待に対処する毒親の心理的虐待に対処する
孤独死の対策孤独死の対策
広告

このwikiHow記事について

Connell Barrett
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Connell Barrett. リレーションシップエキスパートのコネル・バレットは、2017年にニューヨーク市にて自身で開設した恋愛コンサルティングサービス「Dating Transformation」のエグゼクティブコーチ、そしてデートアプリ「The League」のデートコーチを務めています。Dating Transformationでは、Authenticity (信頼性)、Clarity(明晰さ)、 Expressiveness(表現力)を柱としたA.C.E. Dating Systemをもとに恋愛に関するアドバイスを提供しています。その業績はコスモポリタン、The Oprah Magazine、そしてTODAY (テレビ番組)で取り上げられました。
このページは 401 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告