PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

注射や血液検査は、健康的な生活を送るうえで避けられません。様々な薬品の投与、血液検査、ワクチン接種では注射を使います。注射針や痛みに対する恐怖心があると不安が大きくなってしまう人も少なくありません。この記事で方法では、注射の痛みを減らす方法を紹介します。

パート 1
パート 1 の 3:
注射の前の準備

  1. 1
    どこに注射をするかを知る 注射の前の準備は、どこに注射をするかによって異なります。ワクチンなどの注射は主に上腕に打ちますが、抗生物質の注射は背中や臀部に打つことがあります。注射を受ける前に医師や看護師にどこに注射を打つのかを聞き、その場所に応じた準備をします。
  2. 2
    注射を打つ部位をさすって圧迫する 注射をする場所がわかったら、針を刺す場所をさすって圧迫します。こうすることで、その部分に注射針の刺激が加わることを体に知らせることができ、処置室で注射を受ける際に、刺さった時の衝撃を少なくすることができます。病院に向かう車やバスの中など、注射を打つ少し前に行います。[1]
    • 注射を受ける前に、注射を打つ場所に氷を3分以上当てるか、病院で麻酔クリームを塗ってもらうよう頼みます。事前に自宅で行ってもよいでしょう。
  3. 3
    待合室で準備する 待合室では、痛みを紛らわすために、次のような方法を試して注射に備えます。
    • ストレスボールを握ります。ストレスボールを使うと筋肉が緩み、注射に備えることができます。
    • 音楽、ポッドキャスト、ラジオなどを聞きます。待合室ではヘッドフォンをつけることができない場合もありますが、事前に音楽を聞くと気分を紛らわすことができるため、恐怖心が和らぎます。[2]
    • 雑誌や本を読みます。音楽を聞くより本を読んだ方が気持ちが落ち着く場合は、待合室で面白くて気が紛れるような物語や記事を読むと気持ちの安定に役立ちます。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
注射を受ける

  1. 1
    別のことを考える 注射されることを考えたり意識したりすると余計に痛みを感じやすくなるものです。注射を打っている間は別のことを考えると痛みをできるだけ小さくできます。
    • どこか別の場所にいると思い込みます。南国で日光浴をしている場面や友達とコーヒーを飲んでいる場面を想像します。注射を受ける前に気分が良くなる場面をたくさん思い浮かべて、その中にいる自分を想像します。
    • 別の体の部分に意識を向けます。別の部分に注射が打たれると想像します。別の場所が痛くなると予想しているため、実際に注射が打たれる場所の痛みは小さく感じます。[3]
    • 詩や歌詞を口ずさみます。頑張って覚えた詩や歌詞があるという人は、それを役に立てましょう。自分のエネルギーと集中力を、注射のことではなく、お気に入りのフレーズや言葉を思い出すことに専念します。
    • ちょうど医師や看護師と話をしている途中であれば、注射が打ち終わるまでそのまま会話を続ければ、気を紛らわすことができます。会話の内容はどんなものでも構いません。相手の話を聞くだけでも効果的です。
  2. 2
    注射針を見ない 注射針を見ると痛みを強く感じやすくなります。最近の科学的研究では、注射針を見ずに注射された方が痛みが少ないという経験的証拠が示されています。注射を受ける時は注射針を見ないようにしましょう。目を閉じるか、目をそらします。[4]
  3. 3
    息を止める 注射の前と注射の最中は、数秒間、息を止めます。息を止めると血圧が上がり、神経の感度が鈍くなります。痛みを少なくする効果はわずかなものですが、他の方法と組み合わせば、さらに痛みを小さくすることができます。[5]
  4. 4
    恐怖心を抑える 針、注射、痛みに対する恐怖心から嫌悪感や不安を感じると、注射が余計に気になってしまいます。実際、針が怖いと思うことはごく普通のことです。怖いと思っているは自分だけではなく、こうした恐怖心は普通のことなのだと知ることで、注射の際に気分を落ち着かせることができます。[6]
  5. 5
    筋肉を緊張させない 筋肉が緊張していると、特に筋肉注射をする際は、痛みを強く感じます。このため、注射を受ける時は体の力を抜きます。恐怖を感じている時は体が緊張してしまうものです。次のような方法を試してみましょう。
    • 深く息を吸って10秒間息を止めた後に吐き出すといった呼吸法を注射の直前に行うと効果的です。
    • 「注射は痛くない」と思うのではなく、「これから注射を受けるんだ」と思いましょう。「これから注射を受ける」と思うことで、避けられないことを受け入れる気持ちになります。すると、不安による緊張がなくなり、体の力を抜くことができます。[7]
  6. 6
    看護師に不安な気持ちを伝える 注射を受ける前に不安な気持ちを看護師に伝えます。医療従事者は患者の希望に応えようとするはずです。
    • 看護師が局所麻酔のクリームを塗ってくれることもあります。このクリームを注射部位に塗ると感覚が麻痺し、痛みを減らすことができます。このクリームは効くまで1時間程かかるため、予約する際に伝えておきましょう。
    • 看護師は上手に患者の気をそらせたり、落ち着かせたりする方法を知っています。恐怖心を事前に伝えておけば、こうした方法で対応してくれるかもしれません。[8]
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
注射後の手当て

  1. 1
    注射後に温かいおしぼりを当てる 注射後、数時間から翌日にかけて注射した所に違和感を感じることがあります。こうした症状がある場合は、ぬるま湯で絞ったおしぼりを注射した所に当てます。痛みが和らぎ、すぐに楽になるはずです。
  2. 2
    注射した所をマッサージする マッサージをすると注射の成分が分散し、筋肉がほぐれます。
    • マッサージをしてはいけない注射が2つあります。ヘパリンとエノキサパリンの注射は、注射後にマッサージをしてはいけません。痛みやあざが悪化することがあります。
  3. 3
    イブプロフェンやアセトアミノフェンを服用する 注射後の痛みがひどくなる原因は、炎症が起きるためです。市販の抗炎症薬を服用すれば、痛み、腫れなどの不快な症状が和らぎます。[9]
  4. 4
    注射をした部位を動かして使う 腕や肩など注射を受けた部位は、ゆっくり動かしたり、動かさないようにしたりしがちですが、そうすると逆に痛みが治まりにくくなります。特に腕に注射をした場合は、動かすことで血流が増えるため、平常時に戻りやすくなります。[10]
    広告

ポイント

  • 注射の予約の日は、忙しく過ごすようにするとよいでしょう。注射の心配から気をそらすことができます。不安が大きくなると、筋肉が緊張して痛みを強く感じやすくなります。
  • 注射を受ける前に気持ちを落ち着かせましょう。待合室では、深呼吸をしたり、音楽を聞いたり、ストレスボールを握ったりして過ごします。
  • 腕に注射をした場合は、注射をする前に腕を振ったり動かしたりして筋肉を緩めます。
  • 息を止め、医師や看護師に注射が終わるまでの時間を数えてもらいます。
  • 付き添いの人がいれば、その人の手を握ります。
  • 注射を受けることを誰か(お父さんかお母さん)に話します。「そんなことをして意味があるの?」と思うかもしれませんが、誰にも言わなければ注射が終わるまでずっとビクビクしながら過ごすことになるかもしれません。両親や友人は上手に元気づけてくれます。
  • 注射針を見てはいけません。針を見ると怖くなり、筋肉が緊張するため痛く感じます。
  • 事前に水をたっぷり飲んでおくと痛みを減らすことができます。体の水分が満たされ、肌が潤います。恐怖心などストレスを感じると飲食量が少なくなりやすいため、十分に水分補給をしましょう。
  • 注射を受けたり、注射のことを考えたりして失神したことのある人は、注射を受ける時に看護師に伝えて、ベッドに横になって受けます。
  • どんな状況でも、注射の前後、注射の最中は、絶対に注射針を見てはいけません。また、両親には注射の予定日の2日前までは予定を伝えないよう頼んでおきます。注射があることを知ってしまうと、注射の準備の予定が狂い、心配する時間が長くなるだけです。
広告

注意事項

  • 以前に受けた注射のことを思い出すはやめましょう。興奮して恐怖心が高まります。ただし、人によっては、以前に注射を受けた時に嫌な記憶がどのように薄れていったか、または、注射はそれほど大したことはなかったと思い出す方が楽だと感じる人もいます。
  • 注射後48時間以上は注射した所の痛みは続きます。発熱、寒気、めまいなど治療が必要な反応が現れた場合は、医師に相談しましょう。
広告

このwikiHow記事について

Chris M. Matsko, MD
共著者 ::
家庭医(かかりつけ医)
この記事の共著者 : Chris M. Matsko, MD. クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州ピッツバーグ在住の元内科医です。25年以上にわたって医学研究を続け、コーネル大学最優秀指導者賞を受賞しました。テンプル大学にて栄養科学の学士号を取得後、同大学医学部にて2007年に医学博士号を取得。2016年にha この記事は1,505回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 1,505 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告