洗い物をする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 17 出典

この記事には:食器を手洗いする食洗器で洗う鋳鉄のフライパンを洗う記事のサマリー動画

汚れた食器はすぐにシンクに溜まってしまいますが、実は洗い物をするのは簡単です。鋳鉄の調理器具を除けば、ほとんどの食器はシンクで手洗いするか食洗器で洗うことができます。ほんの少しの時間と労力で、溜まった食器が全てピカピカになります!

1
食器を手洗いする

  1. 1
    食べ残しを皿からゴミ箱または生ごみ処理機に移す スプーンやナイフなどで皿に残っている食べ残しをゴミ箱に捨てましょう。ディスポーザーがある場合は、電源を入れて運転させながら、食べ残しを排水口に捨てましょう。[1]

    ポイント:油脂類は固まってパイプを詰まらてしまう恐れがあるため、排水口に捨てないようにしましょう。

  2. 2
    シンクの半分にお湯を張り、食器用洗剤を大さじ1杯(15ml)入れる 手を入れても大丈夫な温度で、なるべく熱いお湯を使いましょう。食器用洗剤が泡立つように、シンクにお湯を注ぎながら大さじ1杯(15ml)の食器用洗剤を入れます。シンクの半分までお湯を注いだら、注ぐのを止めます。[2]
    • 必ずシンクを清潔にしてからお湯を注ぎましょう。
  3. 3
    汚れの程度の小さいものから大きいものへと洗う あまり汚れていない調理器具やコップなどから洗い始めます。それらを洗い終えたら、皿やボウルに取り掛かります。最後に、鍋やフライパン、汚れのひどい調理器具などをお湯につけて洗います。これらを最後に洗うのは、シンクのお湯をかなり汚してしまうためです。[3]
  4. 4
    スポンジやふきんを使ってお湯の中で食器を洗う 食器にこびりついた食べ物が落ちやすくなるように、お湯の中に入れたまま洗いましょう。スポンジやふきんで円を描くように各食器を洗います。食器を洗い終えたら、お湯から取り出して食べ物がこびりついていないかを確認しましょう。[4]
    • 中が見えないほどにお湯が汚れてしまった場合は、一旦排水してから再度注ぎましょう。
    • ナイフを洗う際には、刃を握らないように刃のうしろから洗うようにしましょう。お湯が汚れると中が見えなくなる場合があるため、刃先の鋭いナイフはシンクの中に入れてはいけません。

    ポイント: 焦げた食べ物が付着している食器や鍋があれば、シンクに10~15分間程度つけてから洗うようにしましょう。

  5. 5
    清潔なお湯で洗剤を洗い流す 食器を洗い終えたら、触れる程度に熱いお湯で洗剤の泡を洗い流します。ボウルやコップの内側は必ず何度かすすぎ、洗剤の泡が完全になくなっていることを確かめましょう。[5]
    • 食器に水跡がついてしまう場合があるため、冷水の使用は避けましょう。
    • シンクが2つある場合は、それ以上シンクにお湯が溜まらないように、空いている方のシンクですすぎをしましょう。シンクが1つしかない場合は、食器をすすぎながら排水する必要があるかもしれません。
  6. 6
    水切りカゴか清潔なタオルの上で食器を乾かす キッチンカウンターにある水切りカゴに食器を入れて乾かしましょう。シンクが2つある場合は、片方のシンクで食器を乾かしてもよいでしょう。水切りカゴがない場合は、水が切れるように食器を逆さまにして、清潔なタオルの上で乾かしましょう。30~60分間程度放置して乾かします。[6]
    • 食器を汚れたタオルで拭いて乾かそうとすると、食器に細菌を付着させてしまうだけであるため、自然に乾燥させるのが最適です。

2
食洗器で洗う

  1. 1
    皿にある食べ残しを処分する スプーンなどを使って、皿にある食べ残しや調理器具に付着している食べ物をゴミ箱に捨てます。食洗器が詰まらないように、付着している食べ物をできるだけ取り除きましょう。食器に残った食べ物を取り除いた後は、細かいカスがこびりついてしまう可能性があるため、シンクですすぎ落します。[7]
    • 食べた後すぐに食洗器で洗う場合は、食器をすすぐ必要はありません。
  2. 2
    カップ、熱で溶けるプラスチック容器、ボウルを食洗器のカゴの最上段に入れる カップを食洗器のカゴの最上段にある仕切りの間に置きます。容器類は上面が傾くようにしてカゴに置き、食洗器の運転が終了したときに、上面に水が残らないようにします。[8]
    • 食洗器に入れても大丈夫な食器であるかを全て確認しましょう。さもなければ、食洗器の運転中に、中に入れたものが溶けたり破損したりする恐れがあります。
  3. 3
    皿と調理器具をカゴの最下段に入れる 大きなフライパンはカゴ最下段の横側か後ろ側に置いて、洗剤投入部を塞がないようにします。皿は汚れている面が噴射ノズルの方を向くようにして立てて置きます。鍋やフライパンを入れる際には、内側に水が溜まらないように逆さまにして入れましょう。[9]
    • ほとんどの食洗器のカゴの最下段には、斜めに仕切りがついているため、適切な方向を向くように皿を置くことができます。
    • 食洗器の洗浄水が行き渡らず汚れを落とせなくなってしまうため、食器を重ねて入れないようにしましょう。

    食洗器の使用を避けるべきもの


    ナイフ
    木製品
    ピューター製品
    鋳鉄製品
    クリスタルガラス製品
    磁器 [10]

  4. 4
    スプーンやフォークなどをカゴの最下段やドアにある小物入れに入れる スプーンやフォークなどは、持ち手の部分が小物入れの底に来るようにして入れ、汚れている部分が洗浄されるようにします。調理器具は、それぞれ間隔を取りながら配置して、各器具の表面に水が行き渡るようにします。[11]
    • 食洗器の運転中に柄の長い調理器具が噴射ノズルにぶつかっていないか確認しましょう。ぶつかっている場合は、それをカゴの最上段に平らにして置きましょう。
    • 銀製とステンレス製のカトラリー(ナイフ、フォーク、スプーンなど)は分けて入れるようにしましょう。一緒にして入れると、運転中にぶつかり合った際に銀製のカトラリーにくぼみができてしまう場合があります。
  5. 5
    洗剤投入部に食洗器用洗剤を入れる 食洗器の取扱説明書で洗剤の投入量を確認しましょう。ただし、一般的には大さじ一杯(15ml)の洗剤で洗えます。また、粉末やジェルボールタイプの食洗器用洗剤を利用してもよいでしょう。洗剤投入部に洗剤を入れたら、フタを閉めて洗剤が飛び出ないようにします。[12]
    • 食洗器に泡が残ってしまうため、食器用液体洗剤を使用しないようにしましょう。
  6. 6
    食洗器を運転する 食洗器のドアを閉めて運転コースを選択し、スタートを押します。停止するまで、食洗器を運転させましょう。[13]
    • 通常の汚れのものを洗う場合は、食洗器の標準コースでしっかりと洗えるでしょう。
    • 軽い汚れのものを洗う場合や割れやすいガラス製の食器が食洗器内にある場合は、デリケートコースを選択しましょう。
    • 鍋やフライパンを洗う場合には、パワフルコースを選択しましょう。

3
鋳鉄のフライパンを洗う

  1. 1
    使い終わったらすぐにフライパンに熱湯を注ぐ 鋳鉄のフライパンから料理を出したらすぐに、触っても大丈夫な温度で、なるべく熱いお湯をフライパンの半分まで注ぎます。フライパンはシンクの中ではなくコンロの上に置きます。[14]
    • フライパンをシンクまで運ばなくてもよいように、カップを使って熱湯を注ぎましょう。
  2. 2
    新しいスポンジや毛の硬いブラシで残った食べ物を擦り落とす オーブン用手袋や鍋つかみを使って、利き手と逆の手でフライパンをしっかりとつかみます。すぐに、調理で残った食べ物全てを利き手で擦り落とします。フライパンがきれいになったら、シンクにお湯を捨てます。[15]
    • 表面が剥がれてしまう可能性があるため、洗剤やスチールウールを使わないようにしましょう。
    • お湯が熱すぎる場合は、柄の長いブラシを使うか、トングでスポンジをつかんで洗いましょう。
    • フライパンの錆の原因になる場合があるため、フライパンをお湯や水につけないようにしましょう。
  3. 3
    フライパンをタオルでしっかりと拭く フライパンに細菌を付着させないように、清潔なタオルを使います。水気が残らないようにフライパン全体をしっかりと拭きます。水気が残っている場合は、フライパンが錆び始めるかもしれません。[16]
    • フライパンをコンロの上に乗せて、弱火で10~15分間熱して乾かす方法もあります。
  4. 4
    ペーパータオルでフライパンに植物油を刷り込む 鋳鉄のフライパンに油を刷り込んでおくと、フライパンを良い状態に保ちやすくなります。大さじ1杯(15ml)の植物油をフライパンに垂らして、ペーパータオルで調理面を擦って油で覆いましょう。小さく円を描くように磨いて油を鉄に刷り込みます。20~30分間程度放置して油を乾かしてから、フライパンを片付けましょう。[17]

    ポイント:植物油がない場合は、代わりに大さじ1杯(15ml)の溶かしたショートニングを使用するとよいでしょう。

ウィキハウ動画: 洗い物をする方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

食器を手洗いするには、まず食べ残しを全て処分します。次に、空になった食器を流しに入れ、そこにお湯をためて食器用洗剤を入れます。そして、スポンジか布巾を使い、お湯の中で食器を1枚ずつ洗います。食器を洗い終えたら、洗い残しの食べ物がついていないかをもう一度確認してから、きれいなお湯で食器を洗い流します。最後に、きれいになった食器を水切りラックで自然乾燥させるか、清潔な布巾で拭きましょう。 食器洗い機に食器を並べる方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

ポイント

  • お気に入りの曲やオーディオブックを聴きながら洗い物をすると、作業をより楽めるようになります。
  • 食器が汚れたら、積み重ねておくのではなく、すぐに洗いましょう。

注意事項

  • 鋭いナイフはシンクに入れておかないようにしましょう。さもなければ、自分の手や指を切ってしまうかもしれません。

必要なもの

食器を手洗いする

  • 食器用洗剤
  • スポンジまたはふきん
  • タオル
  • 水切りカゴ

食洗器で洗う

  • 食洗器用洗剤

鋳鉄のフライパンを洗う

  • スポンジまたは毛の硬いブラシ
  • タオル
  • オーブン用手袋または鍋つかみ
  • ペーパータオル
  • 植物油

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Wash Dishes, Français: faire la vaisselle, Español: lavar los platos, Deutsch: Geschirr spülen, Português: Lavar Louça, Nederlands: Afwassen, Italiano: Lavare i Piatti, Русский: мыть посуду, Bahasa Indonesia: Mencuci Piring, العربية: غسل الأطباق

このページは 106 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?