カビ臭い服が好きな人はいませんが、洗濯する時間や能力、忍耐力がない場合もあります。しかし、洗濯せずにカビ臭さをなくす方法はたくさんあるので、心配はいりません。この記事を読み、好きな方法を選んでカビ臭さをなくしましょう。洗濯する必要はありません。

1
ホワイトビネガーをスプレーする

  1. シンプルですが効果的な方法です。スプレーボトルに水とホワイトビネガーを1対1の割合で入れましょう。 スプレーボトルを軽く振り、よく混ぜます。衣類にスプレーして、着る前に1日ほど干して乾かしましょう。こうすると、ホワイトビネガーのにおいが消えます。[1]
    • ホワイトビネガーで生地が傷むのが心配なら、目立たない部分に少量スプレーして反応を確認しましょう。
    • 必ずホワイトビネガーを水で薄めて使いましょう。薄めないと、カビ臭さはなくなっても酢のにおいが残るかもしれません。
    • 衣類のシミや変色の原因となる可能性があるため、リンゴ酢を使うのはやめましょう。
    広告

2
ウォッカを使う

  1. 乾いたらウォッカのにおいは消えるので心配はいりません。無香料のウォッカを薄めずにスプレーボトルに入れましょう。衣類にスプレーして、ウォッカのにおいが消えるように干して乾かします。[2]
    • 衣類全体にスプレーしたくなければ、カビ臭い部分(脇の下など)にだけスプレーしても良いでしょう。
    • 嫌なにおいがつかないように、無香料のウォッカを使いましょう。また、砂糖が含まれているウォッカを使うと服がべたつく可能性があるので、注意が必要です。

3
エッセンシャルオイルを使う

  1. エッセンシャルオイルの香りでカビ臭さを抑えます。 スプレーボトルに水をいっぱいまで入れ、好みのエッセンシャルオイルを数滴加えます。この甘い香りの水を衣類にスプレーして、乾かしましょう。[3]
    • 好みのエッセンシャルオイルを使用できますが、カビ臭さを抑えるにはラベンダーやグレープフルーツ、レモンなどのエッセンシャルオイルが効果的です。
    • エッセンシャルオイルを入れすぎると香りが強烈になり、取り除きにくくなるので注意が必要です。スプレーボトルを水で満たし、エッセンシャルオイルを数滴加えて使いましょう。
    広告

4
レモン果汁を使う

  1. 特にカビ臭い部分にはレモン果汁を使いましょう。レモンには臭いの原因となる細菌を殺す作用があり、衣類にレモンの爽やかな香りが残ります。スプレーボトルに水を入れ、レモン果汁を数滴加えましょう。衣類の脇の下や股間など、特にカビ臭い部分にスプレーします。着る前に、干して乾かしましょう。[4]
    • レモン果汁を薄めずに使うと、衣類が変色したりシミになったりするかもしれません。スプレーボトルを水で満たし、レモン果汁を数滴加えて使いましょう。

5
重曹で臭いを吸収する

  1. 重曹は、カビ臭さを吸収します。 カビ臭い衣類を大きなビニール袋に入れ、重曹を振りかけましょう。重曹が衣類の隅々まで行き渡るように袋をよく振り、10分間放置します。衣類を取り出してブラシで重曹を払い落としたら、カビ臭さはもうありません![5]
    • 重曹と水を混ぜ合わせてドロッとしたペーストを作り、特にカビ臭い部分に塗っても良いでしょう。重曹が固まるまで放置して、ブラシで払い落とします。
    広告

6
洋服ブラシやソファブラシを使う

  1. 臭いを閉じ込めている綿ぼこりや糸くず、毛玉、髪の毛を取り除きましょう。ペットの毛や乾燥機の綿ぼこりが衣類に付いていると、嫌な臭いがするかもしれません。洋服ブラシなどで衣類を払い、表面に付着しているものを取り除きましょう。[6]
    • 洋服ブラシやソファブラシは、デパートやホームセンター、ネットショップなどで販売されています。
    • 臭いを吸収させるために重曹を使った場合は、衣類にブラシをかけて重曹と表面に付着しているものを取り除いても良いでしょう。

7
ファブリックスプレーを使う

  1. カビ臭さをなくして、衣類に良い香りを加えます。様々な香りのファブリックスプレーがあります。カビ臭い衣類にスプレーし、干して乾かしましょう。こうすると、嫌な臭いがなくなり、良い香りが残ります。[7]
    • 使用したスプレーの香りが残るので、好きな香りのスプレーを選びましょう。
    広告

8
数時間冷凍する

  1. 冷やすと、臭いの元となる細菌が死滅します。大きな冷凍用保存袋に衣類を入れ、密封しましょう。冷凍庫に入れ、数時間冷やして消臭します。保存袋を取り出し、衣類が解凍したら消臭完了です。[8]
    • 冷凍庫から取り出したばかりの衣類は、少し硬いかもしれません。着る前に数分おくと柔らかく戻るでしょう。

9
乾燥機を使う

  1. 衣類と柔軟剤シート、タオルを乾燥機に入れて、カビ臭さをなくしましょう。柔軟剤シートを使うと衣類に良い香りが付き、タオルは湿気と嫌な臭いを吸収します。柔軟剤シートとタオル、衣類を乾燥機に入れ、10分ほど乾燥させましょう。[9]
    • 乾燥機を使うと、衣類のシワもなくなります。
    広告

10
干す

  1. カビ臭さが自然に消えるように、衣類を干しましょう。最も簡単にカビ臭さをなくす方法は、服をハンガーにかけてクローゼットの外に干すことかもしれません。1日ほど干せば、カビ臭さは魔法のように消えるでしょう。[10]
    • 服を脱いだら、クローゼットにしまう前に風を通すと良いでしょう。臭いの元となる細菌によってカビ臭が発生するのを防ぎます。

11
日当たりが良い場所に干す

ポイント

  • 保存している衣類が良いにおいになるように、香り付きのタンスシートを使ってみましょう。
広告

注意事項

  • ホワイトビネガー、ウォッカ、レモン果汁などの液体を使う前に、衣類の洗濯表示を確認しましょう。生地の損傷や変色を防ぐために、デリケートな衣類やドライクリーニングのみの衣類には液体を使わないほうが無難です。 
広告

関連記事

銅製品の汚れを落とす
紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
キャンドルの蝋を落とす
嘔吐物で汚れたソファを消臭する嘔吐物で汚れたソファを消臭する
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
濡れたカーペットを乾かす
ソファに付着した尿をきれいにするソファに付着した尿をきれいにする
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
服についたワセリンを落とす服についたワセリンを落とす
ステンレス冷蔵庫のへこみを直すステンレス冷蔵庫のへこみを直す
ゴムを洗うゴムを洗う
タワーファンを掃除するタワーファンを掃除する
プラスチックに付いた塗料を落とすプラスチックに付いた塗料を落とす
広告

このwikiHow記事について

Ahmed Mezil
共著者 ::
清掃業者
この記事の共著者 : Ahmed Mezil. 清掃業者のアフマド・メジルは、カナダの南オンタリオを拠点とする清掃サービス会社「Hellamaid」のCEOです。清掃業界での経験は4年以上。ウォータールー大学にて機械工学学士号、トロント大学にて機械工学修士号を取得。オンタリオ州の専門技術者資格保持者。同社のスタッフは身元保証、保険加入済み。家屋清掃、新築清掃、商業施設の清掃、大掃除、家屋やビルの消毒を専門としています。
カテゴリ: 掃除
このページは 258 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告