日常生活の中で洗濯を欠かすことはできません。清潔な服は見た目や香りを良くするだけでなく、衣類が良好な状態に保たれます。ただ、単純に洗濯機に放り込み洗う他にも様々な工夫を施し、より安全に、そして効果的に洗濯をこなすことができる、ということに気がついていない人が多いというのも事実です。例えば、まず洗濯する前に洗濯物を仕分けてみましょう。仕分けることで衣類が傷みにくくなり、よりしっかりと、そして効率的に洗うことができるようになります。[1] 分類の方法を決めて手順全体の無駄を無くすと、仕分けも楽になります。

パート 1 の 2:
洗濯物を種類別に分ける

  1. 1
    衣類を1枚ずつ確認する 大量の洗濯物が溜まっている時は、1枚ずつ確認して仕分けると良いでしょう。丁寧に確認することで、例えば赤い靴下が白物に混ざり台無しになるといった事態を防ぐことができます。また、タグの洗濯表示にも目を通しましょう。
    • 初めて洗濯する衣類は洗濯表示を確認しましょう。仕分けながら再度タグを確認し、見落としていることがないか、他の衣類と混ぜて洗濯することができるかといった点をに注意しましょう。
    • 仕分け済みの衣類も洗濯機に入れる際に再度1枚ずつ確認すると良いかもしれません。
  2. 2
    色別に分ける 分類する項目の1つ目は色です。色別に分けることで洗濯中の色移りを防ぎましょう。混ぜて洗うと、白物や薄い色合いの衣類が台無しになる恐れがあります。[2]
    • 白、薄い色、濃い色に分けてみましょう。[3] 白い衣類には例えば靴下、下着、Tシャツ、その他のしっかりとした白のコットンの衣類などが含まれます。薄い色とは、例えばピンク、ラベンダー、ライトブルー、ライトグリーン、黄色などを指します。最後に、濃い色にはグレー、黒、紺、赤、紫の衣類が含まれます。
    • デニムはそれだけで分けておきましょう。デニムだけで洗うことも、濃い色の衣類と一緒に洗うこともできます。
  3. 3
    衣類の重さ別に分ける 異なる繊維や質感の布地が混ざり合っていないか確認しましょう。色別に分類した後に、さらに衣類の素材や重さ別に分けていくことで、かなり多くの失敗を避けることができます。例えば、デリケートな衣類が破損したり別の衣類にまとわりついてしまうことをが防げるでしょう。[4] また、乾燥機機能も用いる際は、重さの近い衣類でまとめることで乾燥にかかる時間が短縮されるだけでなく、乾き方も均等になります。[5]
    • デリケートな衣類は色別に分けましょう。下着、ストッキング、洗濯可のシルクなど、洗濯機の強いかくはんを避けたい衣類がこれに当てはまります。[6]
    • 糸くずが出やすいものと糸くずがつきにくいものに分けましょう。例えば、タオルとコーデュロイ素材の衣類は一緒に洗うべきではありません。[7]
    • さらに細かく分類する余裕がある場合は、合成繊維と天然繊維に分けましょう。糸くず移りをより徹底的に防ぐことができます。[8]
    • 重い衣類と軽い衣類に分けましょう。例えば、重量のあるコットンのボトムスと薄いTシャツは分けましょう。繊維の重い生地によって、より軽く繊細な衣類がこすれ、傷んでしまう恐れがあります。[9]
  4. 4
    泥汚れの酷い衣類は分けておく 泥が付着しているもの、染みがついているものは別に分けておきましょう。こうした衣類は染みの前処理や、洗濯機の別のコース(普通の衣類には強すぎるコース)に設定して洗う必要があるかもしれません。また、泥や染みが汚れていなかった衣類に移ってしまうことを防ぐ目的もあります。[10]
    • 染みや泥汚れは染み抜き剤で前処理を行ってから洗濯を行いましょう。染みが移りにくくなります。
  5. 5
    さらに細かく分ける 徹底的に分類して効果的に洗濯をしたいという場合は、分類した衣類をさらに細かく分けてみると良いでしょう。例えば、タオルや寝具は衣類よりも重みがあります。また、赤ちゃん用の服は他の衣類よりも色が薄い傾向があります。このように細かく分類することで、衣類や洗濯物を破損から守ります。[11]
    広告

パート 2 の 2:
洗濯の無駄を省く

  1. 1
    戦略的に分類する かなり手がかかる作業のように感じられるかもしれませんが、洗濯物の仕分けは必ずしも大変なものではありません。習慣的に衣類を分類しておきましょう。洗濯をする頻度にもよりますが、ランドリーバスケットに衣類を入れる時に分類したり、洗濯機に入れる時に分類するなど、自分なりのやり方を決めておくと便利です。
    • 1週間の間に複数回、洗濯を行うのであれば、ランドリーバスケットに放り込む際にあらかじめ衣類を分類しておきましょう。毎週1~2回の洗濯で済んでいる場合、あるいは1人暮らしの場合は、洗濯機に入れるタイミングで仕分けたほうが手間を省けるかもしれません。[12]
  2. 2
    分類しやすいランドリーバスケットを購入する 1週間の間に複数回洗濯を行う人や、分類のしやすさを重視したいという人は、複数のバスケットが連なって取り付けられているランドリーワゴンの購入を検討しましょう。仕分けと洗濯の手間がかなり省けます。[13]
    • どのように分類するのかをはっきりと把握したうえでランドリーワゴンを購入しましょう。他tぺば、白物、色物、濃い色の3種類に分けようと決めていれば、バスケットの数も自ずと決まります。
    • ホームセンターなどでランドリーワゴンを探してみましょう。必要な数のバスケットが含まれているものを見つけましょう。2つから6つ、時には7つのバスケットに分けることができる製品が販売されています。
  3. 3
    自分でランドリーワゴンの代わりを用意する ランドリーワゴンを買わずに済ませたいのであれば、家にあるアイテムを利用して手作りしましょう。手作りの仕組みも購入する既製品と同じように効果的で、洗濯の手間がかなり省けます。
    • 箱、買い物袋、あるいは収納ボックスなどを集めましょう。これらの容器1つにつき1種類の衣類をまとめます。
    • 個別のランドリーバスケットを購入するのも良いでしょう。洗面所の床に並べ、それぞれどのような衣類を入れるバスケットなのかが分かるようにラベル分けしておきます。あるいは、白、薄い色、濃い色のバスケットを揃えておいても良いかもしれません。その他にも「急いで洗う必要がある衣類」のためのバスケットも用意しておくと便利です。[14] このような工夫をしておくと、自分だけでなく家族にも分かりやすいでしょう。
    • 別の方法として、家族1人に1つバスケットを割りあて、それぞれの寝室に置いておくこともできます。この方法を取る場合、色や素材、汚れ方によって分けることはできなくなりますが、仕分けの手間が省けます。1人1人に色の異なるバスケットを割りあてると、さらに楽になります。
  4. 4
    洗濯ネットを使う デリケートな衣類や靴下も洗濯しなければならないので、専用の洗濯ネットを家族1人1人に用意しておきましょう。ネットに入れることでデリケート衣類や靴下が混ざったり紛失してしまうこともなくなります。[15]
    • デリケート衣類や靴下は色や素材(重み)が異なることが多いので、個別にネットを用意しておきましょう。
    • 洗濯ネットを買わずに済ませたいのであれば、チャック付きの枕カバーで代用してみましょう。[16]
    • 靴下はバラバラにならないよう、仕分けの時に1足ごとにまとめて留めておきましょう。
    • メッシュ素材のシンプルな洗濯ネットが適しています。洗濯中に中身が出てしまわないよう注意しましょう。洗濯ネットはホームセンターやスーパーマーケットなどで購入できます。
  5. 5
    可能な時はまとめて洗う 量がは少ないものの、すぐに洗わなければならない洗濯ものがある場合は、他の洗濯物をまとめて洗うと良いでしょう。組み合わせを考えてまとめて洗うことができると電気代、水道代、そして洗剤の節約になります。
    • 一緒に洗っても問題のない洗濯物同士であることが前提です。例えば、デリケートな衣類とデニムジーンズは分けて洗った方が良いでしょう。その一方で、デニムジーンズと濃い色のタオルであれば、どちらも重みのある素材なので、まとめて洗うことができます。
    • 素材の異なる衣類や異なるコースで洗う必要のある衣類は取り出しましょう。デニムジーンズと色の濃い洗濯物という組み合わせの場合、Tシャツや色の薄い衣類は分けましょう。
    広告

専門家 Q&A

  • どのようにして洗濯物の色分けをすべきでしょうか?

似た色同士を洗濯するというのが鉄則です。また、冷水でしか洗うことのできない素材の衣類と高温で洗うことのできる衣類を一緒に洗ってしまうと、縮みや色褪せの原因となります。

  • どのような色なら一緒に洗うことができますか?

洗濯物を仕分ける際は、暗い色の衣類、薄い色の衣類、白物に分けて洗いましょう。

  • 洗濯物は仕分けたほうが良いのですか?

はい。かなりの違いが現れます!分けずに洗うと色移りしてしまいます。例えば、新品の黒シャツと白のシーツを一緒に洗うと、シーツの白が灰色になるでしょう。

ポイント

  • バスタオル、キッチンタオル、寝具は分けて洗うと洗濯の効果が高まります。例えば、タオルはタオルだけで洗うことで、糸くずが衣類に移ることを防ぐことができます。
  • 量が少ないため異なる衣類をまとめて洗う必要があるという時は、最も優しい洗いのコースに設定することが一般的に推奨されています。
  • 衣類を仕分ける際にポケットの内側も確認しましょう。この手間を省いてしまうと、ポケットに残っていたものも一緒に洗濯してしまい、衣類や洗濯機本体の破損につながる恐れがあります。
  • 洗濯する頻度を上げたいと考えている人は、より小さなランドリーバスケットに取り替えると良いかもしれません。小さければ満杯になるのも早いので、必然的に洗濯回数が増えます。

広告

注意事項

  • チャック、ボタン、ホックは全て閉めた状態で洗濯をし、衣類の破損を防ぎましょう。
  • 色物衣類は何度も洗濯をすることで色褪せていきます。落ちた色が他の衣類に移ることもあります。
  • ポリエステルのように染みがつきやすい素材もあります。洗濯ラベルを読み、こうした素材が用いられた洗濯物と泥汚れがついている洗濯物は分けて洗ったほうが良いでしょう。
広告

関連記事

How to

噛んだファスナーを直す

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

ジーンズを伸ばす

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

防犯タグを外す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

色あせた服を復活させる

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

スウェットシャツを縮ませる

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

ラルフローレンの偽物を見分ける

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

衣類のゴムを伸ばす
広告

このwikiHow記事について

Susan Stocker
共著者 ::
自然派ハウスクリーニング専門家
この記事の共著者 : Susan Stocker. スーザン・ストッカーはシアトル州随一のエコフレンドリーなハウスクリーニングサービス会社、「Susan’s Green Cleaning」の経営者で、ビジネス改善協会の2017年度倫理・公正の灯賞を受賞しました。同社は卓越したカスタマーサービス、また公正な賃金制度と従業員の福利厚生、そして環境に配慮した清掃手法で知られています。
カテゴリ: 衣服
このページは 114 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告