流産の症状を知る方法

共同執筆者 Lacy Windham, MD

この記事には:症状を知る医師の診察で受ける検査を知る将来の妊娠を考える

流産とは妊娠22週になる前に妊娠が終わることを言います。妊娠したことに気づく以前に流産することもあるので、確率を正確に知るのは不可能です。ただし、妊娠に気付いた後のケースに限れば、流産の割合は妊娠のおよそ10~20%位です。[1][2] 流産の疑いがあれば直ちに医療機関で診察を受けましょう。

パート 1
症状を知る

  1. 1
    組織、液体、血の塊などを膣から排出したら、直ちに医師に連絡するか救急外来に行きます。流産の可能性があります。[3] 妊娠の周期や出血量に応じて医師が判断し、救急外来を勧めるか、通常の外来時間を待つように指示します。
    • 胎児かもしれない組織を排出した場合は、清潔で封のできる器などに入れ、医師の診察を受ける時に持参します。
    • 組織を持参するというのは奇妙に感じるかもしれませんが、医師が検査をして胎児組織か判断できます。
  2. 2
    血が染みたり膣から出血すると、流産の危険があります。また、出血しても流産しない場合も多くあります。しかし、万が一のためにも直ちに医師に連絡して、救急外来に行くべきか判断を仰ぐのが賢明です。[4]
    • 腹部が痙攣することもあります。腹部が強く引っ張られるような感覚がすることもあります。強い腹痛があれば、直ちに医師の診察を受けましょう。
  3. 3
    腰痛にも注意します。腰痛、腹部の不快感や痛みは出血しなくても、流産の症状の可能性があります。[5][6]
    • 鎮痛薬を服用する前に必ず医師に連絡をします。
  4. 4
    敗血性流産の症状に気づきます。子宮感染症により起こる流産です。母体も極めて危険な状態で、直ちに治療する必要があります。症状は次の通りです。[7][8]
    • 膣から排出される液体が悪臭を放つ
    • 膣からの出血
    • 発熱と悪寒
    • 腹部の痙攣や痛み

パート 2
医師の診察で受ける検査を知る

  1. 1
    検診を受けます。流産かどうかを判断するために医師によっていくつかの検査やテストが行われます。[9]
    • 医師は超音波検査をして子宮内に胎児が存在するかを確認します。胎児が確認できれば、超音波検査で順調に成長しているかを見ます。また、胎児が一定の大きさになると心拍を確認することもできます。
    • 内診して子宮頸部の広がりを確認することもあります。
    • 血液検査でホルモンの状態を調べます。
    • 排出した組織を持参した場合は、医師が検査をして胎児組織であるか判断します。
  2. 2
    診断結果を理解します。いくつかの可能性があります。[10][11]
    • 「切迫流産」とは流産する恐れのある症状があることを意味します。切迫流産のすべてが流産になるわけではありません。腹部の痙攣や出血があっても子宮頸部が開いていなければ切迫流産と診断されることがあります。
    • 医師が流産を防ぐ措置をとれない場合「進行性流産」と診断されます。子宮頸部が開いていて、胎児を排出するために子宮が伸縮している状態です。
    • 胎児組織をはじめ、子宮の内容物がすべて排出されたときに完全流産となります。
    • 「不完全流産」は胎児組織の一部や胎盤などが膣から排出されていない状態です。
    • 「 稽留流産」は胎児が死亡しているにも関わらず、胎児や胎盤を排出していない状態です。
  3. 3
    切迫流産と診断されたら医師の指示に従います。すべての切迫流産が流産になるわけではありません。しかし、状態によっては流産を防ぐのが難しい場合もあります。医師による指示は[12]
    • 症状が治まるまで安静にする
    • 運動をしない
    • セックスを控える
    • 万が一に備えて、高度な治療をすぐに受けられない地域に旅行しない
  4. 4
    流産の後、子宮の内容物が排出していない場合の処置について知る。医師がどのような処置を行うかは、患者の選択を尊重して判断されるでしょう。[13]
    • 子宮内に残留している内容物が自然に排出されるのを待つ方法があります。長ければ1か月かかることもあります。
    • 内容物の排出を促す薬を服用する方法もあります。この方法は早く、1日で終わることもあります。薬は経口投与や直接膣に挿入します。
    • 感染症の症状があれば、子宮を拡張して組織を取り除く処置がとられます。
  5. 5
    流産を経験したら、体が回復するまでゆっくり待ちます。体の回復は比較的早く、数日で健康になるでしょう。[14]
    • 翌月に生理が始まります。これは、すぐにまた妊娠する可能性があることを意味しています。妊娠を望まなければ避妊しましょう。
    • 膣組織が回復するまでに2週間かかります。回復するまでは、セックスやタンポンの使用を控えましょう。
  6. 6
    精神的に回復するのをゆっくり待ちます。出産予定日近くに死産を経験するのと同じ位の深い悲しみを流産で経験するという研究結果があります。悲しみに向き合い、支えてくれる人と話す時間を持つことが大変重要です。
    • 信用のおける家族や友人の支援を受けましょう。
    • 相互支援団体などを探します。
    • 流産を経験したほとんどの女性は、その後健康な妊娠をしています。流産したからといって子供を持てないということではありません。

パート 3
将来の妊娠を考える

  1. 1
    流産のよくある原因を知ります。胎児の発達が原因で流産することが多くあります。流産の原因は胎児の遺伝子構造や、母体の健康状態によるものなどがあります。[15][16]
    • 胎児の遺伝性疾患。遺伝子に起因する、または特定の卵子や精子に異常があった場合
    • 母親の糖尿病
    • 感染症
    • 母体のホルモンバランスの乱れ
    • 甲状腺の疾患
    • 子宮や子宮頚部の障害
  2. 2
    できるだけ将来の流産のリスクを減らします。すべての流産を防止できるわけではありませんが、流産のリスクを大きくしてしまう要素があります。[17][18]
    • 喫煙
    • 飲酒 アルコールは流産しなくても胎児に取り返しのつかない害を及ぼします。
    • 違法薬物 妊娠中や妊娠を希望している場合は違法薬物を避けましょう。また、市販の薬やハーブなどの治療薬も医師に相談せずに服用してはいけません。
    • 糖尿病
    • 肥満または低体重
    • 生殖器官、特に子宮や子宮頚部の障害
    • 環境有害物質
    • 感染症
    • 免疫疾患
    • ホルモンの乱れ
    • 羊水検査や絨毛採取などの侵襲的出生前検査
    • 女性が35歳を超えると流産のリスクが高くなります。
  3. 3
    流産の原因にならないものを知ります。通常の状況下では、次のことは流産の原因になりません。ただし、医師から異なる指示があれば、そちらに従いましょう。[19]
    • 適度な運動
    • 安全なセックス。感染症を避けます。
    • 環境的有害物質や感染性因子、化学薬品、放射線などに触れる可能性が高くなる場合を除いて、働くことは流産の原因になりません。

出典

  1. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001488.htm
  2. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/pregnancy-loss-miscarriage/basics/definition/con-20033827
  3. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/pregnancy-loss-miscarriage/basics/symptoms/con-20033827
  4. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001488.htm
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/pregnancy-loss-miscarriage/basics/symptoms/con-20033827
  6. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001488.htm
  7. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/pregnancy-loss-miscarriage/basics/complications/con-20033827
  8. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001488.htm
  9. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/pregnancy-loss-miscarriage/basics/tests-diagnosis/con-20033827
続きを 表示する… (10)

記事の情報

カテゴリ: 妊娠期

他言語版:

English: Know the Signs of Miscarriage, Español: reconocer las señales de un aborto espontáneo, Português: Identificar Sinais de um Aborto, Italiano: Riconoscere i Segni di un Aborto Spontaneo, Deutsch: Die Anzeichen einer Fehlgeburt erkennen, Русский: определить симптомы выкидыша, Français: connaître les symptômes d'une fausse couche, 中文: 判断自然流产的迹象, Bahasa Indonesia: Mengenali Tanda‐Tanda Keguguran Kandungan, Tiếng Việt: Nhận biết Dấu hiệu Sảy thai, العربية: معرفة علامات الإجهاض, ไทย: รู้สัญญาณการแท้งบุตร, Nederlands: De tekens van een miskraam herkennen, 한국어: 유산의 신호를 인지하는 방법

このページは 212 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?