浮気症の彼女に対処する方法

共同執筆者 Trudi Griffin, LPC

この記事には:状況を把握する彼女とのコミュニケーション前に進む23 出典

浮気に対処するのは簡単なことではありません。自分の彼女が浮気していることを知ってしまった場合、彼女をもう一度信じて前に進むのは難しく感じるでしょう。このような状況に立ち向かうためにも、彼女との関係が続けるに値するものであるかどうかを慎重に判断し、前に進む上であなたが彼女に期待することをきちんと話し合いましょう。友人やプロのセラピストに気持ちの面でのサポートを得ることも大事です。

パート 1
状況を把握する

  1. 1
    自分自身に疑問を投げかけてみる 浮気されていたことが判明した時、まず最初にするべきことは、相手との関係を見直した上でその関係を続けるべきかどうかの判断を下すことです。できる限り、自分に正直でいるようにしましょう。
    • 過去に彼女から浮気されたことはありますか?人によっては、衝動的に浮気を繰り返してしまう場合もあります。特定の関係に根ざした問題が原因ではなく、彼女自身の内側にある問題(恋人であるあなたとは関連性が低い問題)が浮気行為を助長しているのであれば、その浮気行為を受け入れて前に進むことを考慮しやすいかもしれません。[1]
    • 彼女はなぜ浮気したのでしょうか?浮気に言い訳は通用しないと言う人もいますが、浮気の原因となった事柄には大きな意味が隠されていることも事実です。気持ちの面でも親密になるような、誰かとの長期にわたる浮気行為と比べると、一夜限りの体だけの関係は、まだ許しやすいものだと言えるでしょう。彼女の立場になって、彼女の気持ちを汲んであげるように努力しましょう。[2]
    • 浮気行為が行われた時、あなたと彼女の関係はどんな状態でしたか?ぎくしゃくして、彼女があなたとの関係にあまり幸せを感じていなかった、その事実にあなた自身が気づいていたのであれば、彼女がなぜ浮気したかも比較的理解しやすいかもしれません。お互いのことを当たり前の存在だと思うようになっていませんでしたか?あなたとの関係以外の場所で、感情的な充足を得なければならないような状況に彼女を追いやっていませんでしたか?もしそうだとすれば、その問題は解決することが可能でしょうか、それとも2人は互いに別れを告げて次に進むべきでしょうか?[3]
  2. 2
    強迫的な性的衝動について知る 浮気行為を促す要因についてきちんと知っておくことで、彼女のことを理解し、許す心の余裕が生まれるかもしれません。彼女が昔の恋人に対しても浮気行為を行っていたのであれば、性的衝動とその原因について学んでおきましょう。
    • 「強迫的な性行為」とは、社会規範から逸脱するような性行為の数々を指す言葉です。浮気もこのような行為に含まれます。深く物事を考えずに、個人的なリスクを冒してまで夢中になってしまう行動パターンである場合にのみ、浮気は「強迫的な性行為」だと見なされます。[4]
    • 彼女が昔の恋人に対しても浮気行為を行っていたのであれば、強迫的にそのような行為を行っている可能性は高いと言えるでしょう。一旦気持ちの整理がついたら、自身の性的衝動をコントロールできていると思うかどうか、そして、そのような性行為に快楽を感じるのかどうかを彼女に尋ねてみましょう。彼女の答えが「いいえ」であったとしたら、彼女は精神科治療を必要とする病気を抱えている可能性もあります。[5]
    • ただし、すべての浮気が強迫性のものであるわけではないことを覚えておきましょう。浮気をすぐに病気だと決めつけてしまうことがないよう、慎重に判断する必要があります。2人の関係における問題を理由に彼女が浮気に走った、または、ポリアモリーを信条とするために彼女が「一対一の関係」に興味を持っていない場合、彼女のことを病気だと決めつけてしまうのは無神経な行為だと言えます。あなたが彼女に対し批判的であり、浮気を助長した可能性のある他の問題を無視していると思われても仕方ありません。
  3. 3
    誰かに相談する 浮気されたことに対する感情的ダメージを自分だけで解決するのは容易ではありません。友人や家族に状況を相談して話し合い、自分自身の感情についてより深く理解するよう努めましょう。
    • あなたを批判したりすることのない、信頼のおける友人や家族に相談を持ちかけてみましょう。浮気された事実を伝え、気持ちの面でサポートをしてくれるよう頼みましょう。中には、あなたにアドバイスをしようとする人もいるかもしれません。そういう時には、「まだ自分の感情を整理している段階なので、どのように前に進むかについてのアドバイスは求めていません」と丁重に説明しましょう。[6]
    • 復讐心を持つのはやめましょう。他人に相談してもかまいませんが、彼女の母親や親友、同僚などに、彼女との関係における問題を相談するのはやめておきましょう。彼女と付き合う以前から自分が友人関係などにある人を相談相手に選びましょう。[7]
  4. 4
    オープン・リレーションシップを検討する 「ポリアモリー」を好む人も中にはいます。これは何を意味するかというと、1人のパートナーと関係を構築することを困難に感じ、1人との恋愛関係以外にもセックスや感情的つながりを求めて相手を探す傾向のことです。もしも彼女がこのカテゴリーに入るのであれば、オープン・リレーションシップをあなたが受け入れることができるかどうか考えてみる必要があります。
    • ポリアモリーやオープン・リレーションシップには、様々な形があります。彼氏や彼女との恋人関係以外に、別の誰かと性的関係を持とうとする人、同時進行で性的および感情的結びつきのある関係を複数の相手と持とうとする人など様々です。オープン・リレーションシップを試してみるのであれば、どのような形態のものが自分に最も適しているか考えておきましょう。[8]
    • オープン・リレーションシップを成功させるための鍵はコミュニケーションです。ポリアモリーのコミュニティでは、境界線の引き方、相手を尊重すること、相手に期待する内容などについての話し合いを持つことが重要視されています。恋人とオープンな関係を築きたいのであれば、「自分達にとってオープン・リレーションシップとは何か」 というテーマで、2人の間で十分に話し合うようにしましょう。[9]
    • オープン・リレーションシップという形を取りたくないと思うこともまた、ごく自然なことです。一夫一婦制の話となると、様々な感情が渦巻くものです。オープン・リレーショップという関係性が自分に合わないと感じるのにもかかわらず、そういった恋愛関係を実行に移すと感情的ダメージを受けてしまう可能性があります。あなたと彼女の間で、一夫一婦制に関する考え方が違う様であれば、長期にわたる関係を続けるのは難しいかもしれません。

パート 2
彼女とのコミュニケーション

  1. 1
    お互いに少し距離を置く 彼女が浮気していたことが判明したばかりなら、まだ気持ちの整理がついていないのではないでしょうか?衝撃的な事実が明るみに出てしまった、その時に必要なのは、お互いに少し距離を置くことです。それぞれに1人で気持ちを整理する時間を作りましょう。
    • 彼女が再び浮気することがないように、彼女を自分の近くに居させたいという衝動に駆られるかもしれません。ですが、毎日彼女と顔を合わせながら自分の気持ちの整理をつけるのは簡単なことではありません。[10]
    • 1人の時間を利用して、自分が何を求めているのか考えてみましょう。恋愛関係においてあなたが絶対に妥協したくないと思うことは何ですか?どのような点なら変えてもいいと感じていますか?自分が求めていること、自分にとって必要なことをしっかりと理解して、次に彼女と会う時にはそれを説明できるようにしましょう。
  2. 2
    柔軟な姿勢で正直に話し合う 彼女との間に起きたことについて話し合う必要があります。問題の解決を目指すのかどうか、この点にかかわらず、柔軟な姿勢で正直な気持ちを話し合うことは、けじめをつけるためにも重要なことです。
    • たとえ辛くても、彼女の話をしっかりと聞いてあげましょう。言葉や、言葉以外のジェスチャーなどを使って、あなたが彼女の話に耳を傾けているということを表現しましょう。アイコンタクトを取り、彼女の方に体を寄せて、うなずいたりしながら、言葉が途切れた時には何かコメントを添えましょう。話し合いの場に、ガヤガヤしたカフェを選んだりするのはやめましょう。周りの音がうるさくて、上手くいくはずの話し合いもスムーズに進まなくなってしまうかもしれません。[11]
    • 意味のある質問を投げかけましょう。あなたと彼女の間で争いごとが起きる原因は何でしょうか?がっかりするような気持ちや、辛い気持ちにさせるものは何ですか?どんな理由で幸せを感じ、2人の間の絆が深まりますか?彼女との間のコミュニケーションを改善できるとしたら、どんな方法があるでしょうか?[12]
    • 相手の気持ちを尊重しましょう。この話し合いは、2人にとって辛いものになる可能性があります。節度を持ち、生産的な姿勢で話し合いを持ちましょう。丁寧な言葉使いを心がけましょう。「あなたが」という主語ではなく、「僕は」という主語で話すようにすることで、相手を非難するような言葉の響きを避けることができます。それぞれが順番に話をする機会を持ち、1つの話題ばかりにあまり長く時間をかけることがないようにしましょう。1つの問題について15分以上話し合いが続いているようなら、一旦その話は中断して別の機会に話すようにしましょう。[13]
  3. 3
    必要に応じて、自分自身が変わる覚悟をする 彼女が浮気をした原因、その理由によっては、2人の関係の中で改善すべき点がある可能性もあります。彼女の浮気行為が自分のせいだと思う必要はありませんが、2人の関係を続かせたいのであればそれなりの努力が必要にはなるでしょう。
    • 彼女が浮気した理由をきちんと理解するよう努力しましょう。事実に対峙するのは辛いことですが、2人の関係そのものに何か問題がある可能性は否定できません。2人の関係における共通の目標を見つける必要があります。つまり、定期的にあなた自身のやり方を変える必要が出てくるでしょう。[14]
    • 変化には時間がかかるものです。特定の変化に対応する覚悟ができていたとしても、最初は違和感を感じる可能性もありますし、傷ついた関係性を癒やすのにはそれなりの時間とけじめが必要となります。[15]
  4. 4
    2人の関係の将来をどうするか決める 究極的な話をすれば、彼女の浮気行為を許して前に進むことができるのかどうか、それを決める必要があります。
    • それぞれが必要とするものやそれぞれの欲求が互いに相容れず、その状況に突き動かされてパートナーが浮気行為に走ってしまう場合もあります。彼女の性的欲求や性欲の程度があなたの持っているものと異なるのであれば、単純に見て、あなたと彼女は合わないのかもしれません。あなた自身は一夫一婦制の関係を持ちたいと強く感じていて、彼女はオープン・リレーションシップを求めているのであれば、その関係は潮時かもしれません。[16]
    • 恋愛関係を終わりに導く原因の1つに、倦怠期があります。定期的にパートナーについての新しい事実を知ることは、長く関係を続けるために必要不可欠です。恋愛関係においてお互いが成長しなくなってしまった時、それは2人の関係が上手くいかなくなってしまった証拠だと言えます。パートナーに対して持続的な関心を持てなくなる、または、それぞれに成長が見られなくなってしまうという状況は、2人の関係に未来がないことを示しています。[17]
    • 逆に、それぞれの求める内容を妥協することなく、2人の関係の中に幸せと安心感を感じることができるのであれば、その関係は続けていくことが可能なものだと言えるでしょう。ただし、違和感や信頼関係の欠如を抱えながら前に進むのは、浮気行為を経験した後には決定的な問題となる可能性もあります。2人の関係が元の状態に戻るまでに、随分と時間がかかってしまうでしょう。

パート 3
前に進む

  1. 1
    STD(性感染症)の検査をする 彼女が浮気したのであれば、あなたと彼女がそれぞれに性感染症の検査を受ける必要があります。
    • 浮気行為をはたらいてしまう人は、安全なセックスに対しての慎重さを欠く場合が多いと言えます。病院やクリニックに行って、STD検査を受け、様々な感染症に関するチェックをすることが重要です。[18]
    • 彼女にも検査を受けてもらうよう頼みましょう。2人の間の性行為を再開する前に、あなた自身と彼女の両者が性感染症に罹患していないことを確実にする必要があります。コンドームその他の避妊器具を使用せずに性行為を行っている場合は、特に慎重になるべきです。[19]
  2. 2
    セラピストに相談する 浮気行為の後でも2人の関係を持続させたいのであれば、カップルでセラピーを受けてみるのも良いでしょう。
    • 難しい問題を一緒に解決していくプロセスを、セラピストがサポートしてくれます。辛い話し合いの場を持つ際に、きちんとしたトレーニングを受けたセラピストに同席してもらうことで、穏やかで互いを尊重するやり方で気持ちを伝え合うことができるでしょう。彼女と一対一で話し合う際には尋ねることができなかった浮気に関連する疑問も、セラピストと一緒なら勇気を持って話し合うことができるかもしれません。[20]
    • セラピーを受けることを彼女が躊躇するようであれば、あなた1人でセラピーを受けてみましょう。彼女が参加してくれなくても、あなた自身でいくつかの問題を解決することができるかもしれません。[21]
  3. 3
    新しい関係性を構築する 浮気行為があった後の2人の関係は、以前とは変わってしまうでしょう。あなた自身も彼女も、それぞれにお互いとの新しい関係性を構築する努力をする必要があります。
    • どんな口喧嘩にも、浮気行為があったという事実がしばらくの間はつきまとうでしょう。あなたは、苦々しい気持ちを振り払って前に進めるように意識的に努力をする必要があります。浮気行為に執着することは、健全な恋愛関係の妨げ以外の何ものにもなりません。彼女の浮気行為が頭から離れなくなってしまう状態から抜け出すために、セラピストやカウンセラーが手助けをしてくれるでしょう。[22]
    • ポジティブな姿勢で物事を見るようにしましょう。以前のような曇りのない信頼関係は失われてしまったかもしれませんが、2人は大きな壁を乗り越えてカップルとして恋愛関係を続けているのです。ということは、2人の絆はゆるぎないものだと言えます。これからまた、新しく健全な関係を築いていくチャンスだと考えてみるのも良いかもしれません。[23]

出典

  1. http://psychcentral.com/lib/how-to-heal-from-infidelity/
  2. http://psychcentral.com/lib/how-to-heal-from-infidelity/
  3. http://psychcentral.com/lib/how-to-heal-from-infidelity/
  4. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/compulsive-sexual-behavior/basics/definition/con-20020126
  5. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/compulsive-sexual-behavior/basics/symptoms/con-20020126
  6. http://psychcentral.com/lib/how-to-heal-from-infidelity/
  7. https://www.psychologytoday.com/blog/love-and-sex-in-the-digital-age/201407/dealing-your-partners-infidelity-6-dos-and-donts
  8. http://www.scientificamerican.com/article/new-sexual-revolution-polyamory/
  9. http://www.scientificamerican.com/article/new-sexual-revolution-polyamory/
続きを 表示する… (14)

記事の情報

この記事はTrudi Griffin, LPCが共著しています。 トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーです。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得しています。

カテゴリ: 恋愛関係維持

他言語版:

English: Handle a Cheating Girlfriend, Español: tratar a una novia infiel, Italiano: Trattare una Fidanzata Infedele, Русский: обращаться с девушкой изменщицей, Português: Lidar com uma Namorada Que Está Traindo, Deutsch: Mit einer betrügenden Freundin umgehen, Français: gérer une petite amie infidèle, Bahasa Indonesia: Mengatasi Kekasih yang Berselingkuh (Panduan untuk Pria), Nederlands: Omgaan met een vriendin die vreemgaat, Tiếng Việt: Đối phó với người bạn gái lừa dối

このページは 49 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?