心機一転、新しいことにチャレンジしてみませんか?新しい国に移住することは、人生の新たな一歩を踏み出すのにぴったりの方法です。ただ、とても困難の伴うことでもあるでしょう。新たな環境で再スタートを切ることは簡単ではありません。それでも、海外で暮らす多くの人が、異国での新しい体験やチャンスを楽しんでいます。移住に関するよくある質問とその回答から、海外移住が自分にとってよい選択かどうかを考えてみましょう。

方法 1 の 11:
海外で新生活を始めるには、どのくらいの資金が必要?

  1. 1
    最低でも半年分の生活費を貯金しておきましょう。移住を決断する前に、各国の平均的な生活費や為替レートなどを調べておきます。実際に移住する前に、金銭面での準備を進めておきましょう。[1]
    • 生活費・家賃・食費などの国ごとの情報は、このサイト https://www.numbeo.com/cost-of-living/rankings_by_country.jsp (英語)で比較しましょう。新しい国での生活費が日本よりも高くなる場合は、移住の前により多く貯金しておく必要があるかもしれません。
    • バミューダ・スイス・ノルウェーのように、生活費が高額な国もあります。経済的に安定した暮らしをしたいなら、マレーシア・アルゼンチン・インドネシアなど、生活費が安く済む国への移住を検討したほうがよいでしょう。[2]
    • コロンビア・カンボジア・インド・チリ・ベトナム・コスタリカでは、米ドルが非常に強いなど、国によって違いがあります。日本円についても調べてみましょう。[3]
    広告

方法 2 の 11:
資金がなくても海外で新しい生活を始める方法はある?

  1. 1
    移住者のための奨励金制度(Incentive Programs)を利用できる国に移住しましょう。信じられないかもしれませんが、移住者が新しい生活を始めるために、逆にお金を払うという移住先も存在します。ギリシャのアンティキティラ島のように、人口を増やしたいと考えているような島などで、こうした制度が取り入れられています。[4] また、チリ・モーリシャス・アイルランドなど、ビジネスを始める移住者に給付金を支給している国もあります。[5] 日本にある各国の大使館に問い合わせて、移住手続きの手順を確認しましょう。
    • アメリカの多くの都市でリロケーションパッケージ(Relocation package)を利用できます。カンザス州のリンカンでは土地を無料で提供していますし、オクラホマ州のタルサでは、移住後にリモートで働く移住者に1万ドルを給付しています。こうしたプログラムの資格要件をしっかり確認してから、移住の計画を立てるとよいでしょう。[6]

方法 3 の 11:
ビザなしで移住できる国はある?

  1. 1
    ほとんどの国で、移住に際してビザが必要になります。ただ、ビザが下りる要件が非常にシンプルな国もあり、そうした国では移住の手続きもとても簡単です。メキシコ・コスタリカ・チェコ共和国などの国では、長期間その国で暮らす移住者向けに、申請の容易なビザを発行しています。日本にある各国の大使館に問い合わせて、自分の条件に合うビザを探してみましょう。[7]
  2. 2
    ノルウェーのスヴァールバル諸島の場合、ほぼビザが必要ありません。スヴァールバル諸島は厳密に言うとノルウェーの一部ですが、大陸からは距離があり、北極点のすぐ下に位置しています。そのため、ビザの要件がかなり緩くなっているのです。それでも、着の身着のままでスヴァールバル諸島に移住することはできません。住宅のほとんどはノルウェーの企業が所有しているため、この地域で生活するためには現地で仕事を見つける必要があります。[8]
    • スヴァールバル諸島で働き口を探す際には、ロングイールビュエンという町に滞在してさまざまな企業と連絡を取るか、ノルウェーの労働福祉局に就職に関する情報を問い合わせましょう。
    広告

方法 4 の 11:
最も安く住める国はどこ?

  1. 1
    中南米なら、生活費が安く済む移住先の候補として、コスタリカ・メキシコ・パナマ・エクアドルなどが挙げられるでしょう。新生活をスタートする際の月々の生活費は、コスタリカが約18万4千円、パナマが約18万1千円、メキシコが約19万4千円、エクアドルが約13万8千円とわずかな金額で済みます。さらに南下しても構わないのであれば、月々の生活費が約11万7千円のコロンビアも有力な選択肢の一つでしょう。[9]
    • これらの国はカップルで移住した場合でも生活費を安く抑えられます!コスタリカ・メキシコ・コロンビアなら月々約22万8千円、エクアドルなら約18万8千円で暮らすことができるでしょう。
  2. 2
    ヨーロッパなら、フランス・ポルトガル・マルタ共和国などが、生活費のかからない移住先として挙げられます。信じられないかもしれませんが、ヨーロッパでも住む場所によっては生活費をかなり安く抑えることができるのです。フランスでも、ノルマンディー・ブルターニュ・トゥールーズ・モンペリエ・ロレーヌ・アルザス・ボルドー・ブルゴーニュ・エクサンプロヴァンスなどは生活費があまりかかりません。また、ポルトガルなら、リスボン・ポルト・アレンテージョ・ベジャ・エヴォラなどはお財布に優しい移住先候補となるでしょう。マルタ島とゴゾ島(いずれもマルタ共和国の一部)も低予算の移住先と言えます。[10]
    • フランスでも月々約22万8千円以下で住むことができ、マルタ共和国なら約28万5千円以下で済みます。ポルトガルの場合は月々の生活費は約23万円です。
    • パートナーと2人なら毎月約28万6千円でポルトガルに住むことができ、フランスの場合は約23万8千円で暮らすことができます。マルタでも月々約28万6千円で生活できるでしょう。
  3. 3
    東南アジアに住みたい人にぴったりの国がマレーシアです。この国では驚くほど生活費が安く抑えられます。実際、マレーシアを拠点にして、休暇を母国で過ごすという人もいるほどです。一人で移住する場合は毎月約19万5千円、二人で移住する場合は約22万9千円あれば快適な暮らしを送れるでしょう。[11]
    • マレーシアではほとんどの人が英語を話すので、マレーシア語を話せるようになる必要はありません。
    • クアラルンプールやペナンなどの都市は、海外移住者に人気です。
    • ほかに安定した収入源がある場合は別ですが、海外で働いて得られる収入は、日本で働いて得ている金額よりも低くなる可能性があります。
    広告

方法 5 の 11:
海外で新生活を始めるために必要なことは?

  1. 1
    パスポートを取得しましょう。パスポートを持っていない場合は、できるだけ早く申請します。有効期限が出発日から半年以上のパスポートが必要です。現在持っているパスポートの有効期限が近い場合は、都道府県の申請窓口で更新手続きを行いましょう。[12]
  2. 2
    入国に必要なビザを申請します。ほとんどの国で、各種ビザ(長期滞在を許可する法的文書)の取得が義務付けられています。[13] 渡航先の国のウェブサイトや大使館で、必要な申請や書類について確認しましょう。
    • チェコ共和国の長期滞在向けの就労ビザ、韓国の英語教師として滞在できるティーチングビザなど、申請手続きがかなり簡単なビザを発行している国もあります。[14]
    • 長期滞在用のビザは、銀行口座に一定額の貯金がある、雇用先が見つかっているといった条件を満たしていないと申請できない場合もあります。必要な条件をすべて満たしているかどうか、大使館に再度確認しましょう。
    • 日本にある各国の大使館に問い合わせて、その国に長期滞在型の永住ビザがあるかどうか聞いてみましょう。オーストラリアのように、こうしたビザを発行している国もあります。[15]
  3. 3
    アパートや家を借りるのは、現地で実際に見てからにしましょう。渡航前に家を決めておきたいと思うかもしれませんが、それはあまりよい考えとは言えません。ネット上の写真や説明だけで、すべてがわかるわけではないからです。最初はホテルやAirbnbに滞在し、実際に家やアパートを見て回るようにしましょう。[16]
    • 実際に見て回ることで、近隣の環境も知ることができます。
    広告

方法 6 の 11:
移住前に他にやっておかなくてはいけないことはある?

  1. 1
    銀行やクレジットカード会社に連絡しましょう。銀行に電話して口座を解約し、クレジットカードの会社にも連絡します。手続きの際に海外に移住することを伝え、将来的に口座がマークされたり、凍結されたりしないようにしましょう。[17]
  2. 2
    海外事務手数料のあまりかからないクレジットカードを作っておきましょう。これまで日本で普通に使っていたカードは、移住先の国で使用すると海外事務手数料が発生します。手数料をたくさん払わずに済むよう、海外事務手数料があまりかからないカードを渡航前に用意しておきましょう。[18]
    • 海外で利用しやすいVISAとMasterCardのカードを揃えておくとよいでしょう。
  3. 3
    重要書類のコピーを取っておきましょう。渡航前に、パスポート・運転免許証・クレジットカードなどのコピーをスキャンしたデータ一式を2セット作ります。1セットは信頼できる友人や家族に預けておき、もう1セットは自分用に保管しておきましょう。万が一、渡航先で強盗に遭った場合、スキャンしておいたこれらのデータがあれば、あなたが誰であるかを証明することができます。[19]
  4. 4
    永住権と市民権の申請をしましょう。永住権を取得すれば、その国に長期間滞在することができます。アメリカやカナダなどの国では、永住権を取得して数年経つと市民権を申請することができるようになります。[20] 永住権や市民権の申請方法は国によって異なるため、詳しい情報は日本にある各国の大使館に問い合わせましょう。
    • 例えば、カナダで市民権を得るためには、すでに永住権を取得していること、すべての税金を申告していること、過去5年間のうち3年間はカナダ国内に居住していること、市民権試験を受けて合格していること、外国語の能力を証明することなどが条件となります。[21]
    • 市民権を取得すると、国外へ追放されることなく、その国に永住することができます。国によっては、選挙で投票したり、政府関連の仕事に応募したりすることも可能になるでしょう。[22]
    広告

方法 7 の 11:
新しいスマートフォンを用意する必要はある?

  1. 1
    SIMフリーのスマートフォンを用意しましょう。これまで使っていたスマートフォンをそのまま持っていっても構いませんが、渡航中には多額のローミング料金がかかります。渡航後に、SIMロックを解除したスマートフォンに現地対応のSIMカードを挿しましょう。これで電話代がかなりお得になるはずです。[23]
    • 現在使用しているスマートフォンのSIMロックを解除しても、単に新しいSIMフリーのスマートフォンを購入してもどちらでも構いません。

方法 8 の 11:
移住前に仕事を決めておく方法はある?

  1. 1
    労働許可証(ワークパーミット)や労働ビザを取得しましょう。大抵の国で、短期の就労ビザ(労働ビザ)は申請書を出せば取得できるはずです。しかし、長期の就労ビザを取得するためには、既に決まった仕事がある状態でなくてはなりません。その雇用主があなたの「スポンサー」となり、直接就労ビザを申請する仕組みになっています。[24]
    • すでに何らかのビザを取得している場合は、日本にある各国の大使館に労働許可証や労働ビザの申請が必要かどうかを問い合わせてみましょう。
    • 短期ビザで滞在した後に長期ビザを申請できるかどうかも、大使館に問い合わせましょう。
    • 短期ビザと長期ビザの期間の長さは、移住先の国によって異なります。例えば、アメリカの場合、一時的な労働ビザで滞在できるのは限られた期間のみですが、合法的な永住者になる申請をすることで、無期限に滞在できるようになる場合もあります。[25]
  2. 2
    国際的な企業に勤めて海外に転勤しましょう。あなたが国際的な大企業に勤めている場合、その企業が上海・シンガポール・ロンドンなどの国際都市にビジネス拠点を持っていることがあります。この場合、上司やマネージャー、人事担当者に、海外転勤の希望を出すことで、すぐにでも海外移住が叶うかもしれません。[26]
    • エデルマン・ジャパン、デロイトトーマツコンサルティング、UBSグループなど、外資系の企業を就職先として検討してみるとよいでしょう。
    • その企業に何年か勤めてからでないと、海外転勤のチャンスを得られない場合もあります。
  3. 3
    新しい言語を学びましょう。海外に移住したいなら、外国語のスキルを磨いておきましょう。移住先の言葉を流暢に話すことができれば、希望者の中で頭一つ抜き出ることができます。[27]
    広告

方法 9 の 11:
移住先に慣れるにはどのくらいの時間がかかる?

  1. 1
    慣れるまでに数年かかる場合もあります。残念ながら、海外移住が容易になる魔法のような方法はありません。カルチャーショックや言葉の壁、その他の困難に適応しながら、その土地に馴染んでいくのには時間がかかります。一日一日少しずつ前進し、だんだんと慣れていきましょう![28]
    • Meetupのようなネットワーキングサイトを利用して、たくさんの人と出会いましょう。移住先で教会などのコミュニティに入れてもらうことで、人間関係を作っていくという方法もあります。[29] ただし、その土地の教会の仕組みなどが日本とは異なる場合、文化の違いに対応できるよう準備する必要があるでしょう。
    • 特にホームシックに陥っている場合、カルチャーショックは最初の大きな壁となります。ゆっくりと新しい土地を探索し、現地で自分の好きなこともしてみましょう。好きなバンドの曲を演奏したり、趣味の集まりに参加したりすることで、よりスムーズに溶け込んでいけるはずです。[30]

方法 10 の 11:
外国に移住するメリットって?

  1. 1
    アイデンティティをよりはっきりと感じられるようになるでしょう。いくつかの研究で、さまざまな人に自分のアイデンティティをどう感じるか質問した結果、海外に住んでいる人のほうが、そうでない人よりも、自分自身のことをより明確にはっきりと理解しているということが明らかになりました。[31]
    • 自分自身についてしっかり理解できていると、自分の将来についても明確で生産的な判断ができるようになるでしょう。
  2. 2
    基本的な生活費を抑えることができます。ただし日々の生活では、さらに家賃や保険、医療費などの費用もかかるため、経済的に不安定になってしまう場合もあるでしょう。幸い、物価がかなり安い国もたくさんあります。家賃・食費・医療費などを含めても、毎月25万1千円以下で済む国などもあるので調べてみましょう。[32]
    • 医療費が非常に安く抑えられる国もたくさんあります。
  3. 3
    日本人で海外に1年以上滞在する(納税者区分で非居住者とみなされる)人の場合、課税の対象額が変わります。日本国民であれば、外国に住んでいても税金を申告しなければなりませんが、課税の対象となるのは国内の所得のみで、国外の所得については課税対象となりません。[33]
    • 国外の所得や控除については、各国の税制度の仕組みに従いましょう。
    広告

方法 11 の 11:
外国で暮らすことのデメリットは?

  1. 1
    家族や友人たちと遠く離れて暮らすことになります。おそらく、そうした大切な人たちと会う機会はほとんどなくなり、誕生日や祝日などの特別な日にも一緒に過ごせなくなってしまうでしょう。インターネットなどを利用することで、距離を縮めることはできるかもしれません。それでも、友人や家族、親戚から遠く離れた地で暮らすことは簡単なことではないでしょう。[34]
  2. 2
    ワークライフバランスの維持が難しくなるでしょう。新しい国に慣れてくるにつれて、もっとあちこちに出かけて探索したくなるものです。ただ、特にフリーランスで仕事をしている人は、パソコンやワークスペースから離れて過ごすことに、罪悪感を覚えるかもしれません。[35]
    広告

関連記事

声を枯らす声を枯らす
双子が生まれる確率を高くする双子が生まれる確率を高くする
空腹感をすぐに抑える空腹感をすぐに抑える
プロラクチン値を下げるプロラクチン値を下げる
乳首の色を薄くする乳首の色を薄くする
自分の死を偽装する自分の死を偽装する
仮病をつかう仮病をつかう
検査なしで妊娠がわかる検査なしで妊娠がわかる
自立した大人になる自立した大人になる
生理不順時に排卵日を特定する生理不順時に排卵日を特定する
心拍数を自然に下げる心拍数を自然に下げる
中性脂肪値を下げる中性脂肪値を下げる
成功するための計画を立てる成功するための計画を立てる
家で一人の時間を楽しむ家で一人の時間を楽しむ
広告
  1. https://www.forbes.com/sites/laurabegleybloom/2021/01/01/quit-your-job-and-live-abroad-in-2021-9-places-so-cheap-you-might-not-need-to-work/?sh=7a78c82f37e9
  2. https://www.forbes.com/sites/laurabegleybloom/2021/01/01/quit-your-job-and-live-abroad-in-2021-9-places-so-cheap-you-might-not-need-to-work/?sh=7a78c82f37e9
  3. https://www.travelandleisure.com/travel-tips/how-to-prepare-to-move-abroad
  4. https://www.travelandleisure.com/travel-tips/how-to-prepare-to-move-abroad
  5. https://www.insider.com/easy-countries-to-move-to-from-usa-visas-immigration-2020-11#all-you-need-to-live-in-montenegro-is-to-own-some-property-or-a-yacht-8
  6. https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/permanent-resident
  7. https://www.forbes.com/sites/alexandratalty/2018/05/31/the-12-things-every-expat-needs-to-do-before-moving-abroad/?sh=7c746a5e6b6b
  8. https://www.forbes.com/sites/alexandratalty/2018/05/31/the-12-things-every-expat-needs-to-do-before-moving-abroad/?sh=7c746a5e6b6b
  9. https://www.nerdwallet.com/best/credit-cards/no-foreign-transaction-fee
  10. https://www.forbes.com/sites/alexandratalty/2018/05/31/the-12-things-every-expat-needs-to-do-before-moving-abroad/?sh=7c746a5e6b6b
  11. https://www.usa.gov/become-us-citizen
  12. https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/canadian-citizenship/become-canadian-citizen/eligibility.html
  13. https://www.newamericanscampaign.org/top-6-benefits-of-citizenship/
  14. https://www.forbes.com/sites/alexandratalty/2018/05/31/the-12-things-every-expat-needs-to-do-before-moving-abroad/?sh=7c746a5e6b6b
  15. https://internationalcenter.umich.edu/abroad/swt/work/work-permit-visas
  16. https://www.uscis.gov/working-in-the-united-states
  17. https://www.forbes.com/sites/alexandratalty/2013/09/13/seven-simple-steps-to-finding-a-job-abroad/
  18. https://www.forbes.com/sites/alexandratalty/2013/09/13/seven-simple-steps-to-finding-a-job-abroad/?sh=7af6e38b705a
  19. https://www.vergemagazine.com/work-abroad/blogs/2438-settling-into-switzerland.html
  20. https://www.bbc.com/worklife/article/20170111-how-do-you-make-friends-in-a-new-country
  21. https://travel.gc.ca/travelling/living-abroad/culture-shock
  22. https://hbr.org/2018/05/how-living-abroad-helps-you-develop-a-clearer-sense-of-self
  23. https://www.forbes.com/sites/forbesfinancecouncil/2020/04/30/hidden-financial-benefits-for-americans-living-abroad/?sh=1feacc4b32f8
  24. https://www.forbes.com/sites/forbesfinancecouncil/2020/04/30/hidden-financial-benefits-for-americans-living-abroad/?sh=1feacc4b32f8
  25. https://www.irishtimes.com/life-and-style/abroad/generation-emigration/living-abroad-you-constantly-weigh-up-the-pros-and-cons-1.2663681
  26. https://www.vergemagazine.com/work-abroad/blogs/2348-pros-and-cons-of-freelancing-abroad.html

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 144 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告