涙を流すふりをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:感情から呼び戻す製品を利用して強制的に涙を出す9 出典

涙を流す必要がある場面を演じている場合でも、誰かの興味を引きたい場合でも、泣くふりができる能力は役に立つものです。涙を流すことで人々は共感し、あなたの話を信用するようになります。人を操るためにうそ泣きをすべきではありませんが、涙を流すためには感情を呼び戻したり、人工的な製品を利用して涙が早く出るように促すことが可能です!

1
感情から呼び戻す

  1. 1
    実際もしくは想像での悲しい状況を思い浮かべる 悲しかった時のことを考えて、その時に抱いた感情を思い出しましょう。実生活の場面から感情を呼び戻せない場合や、個人的な体験によって感情的になりすぎてしまうことを恐れている場合は、悲しくなれるシナリオを創作するか、以前に涙した映画の一場面を思い出しましょう。[1]
    • 悲しい感情を持つために思い浮かべられる例は、ペットや親しい人の死、恋しく思っている人や物に関する記憶、最悪な破局の場面などです。
    • 演技のために泣くふりをする場合は、演じている役柄の人物が経験していることに関する状況を見つけましょう。
    • 涙を流そうと努力するよりも、自分が得たい感情に集中しましょう。自分に涙を流すように言い聞かせている時は、その瞬間に感じるべき感情よりも、涙を流すべきだという結果に集中している状態です。そうではなく、体、呼吸、表現に集中しましょう。
  2. 2
    目を大きく見開いた状態にする 目が開いた状態を維持すると、目が乾いて体が涙を作り出そうとします。誰かと「目の見開きコンテスト」で競争するつもりで、できる限り長く目を開いた状態に保ちましょう。涙が出ていない状態で、どうしても瞬きをしたくなった場合は、指で目を押さえて開いたままにしましょう。[2]
    • 目の辺りを手で仰いで目を素早く乾燥させ、涙が多く出るよう促しましょう。
    • 時として目を半分閉じた状態にすると、目尻に涙が溜まり始める場合もあります。
    • 目を開いている際、有害なものが入らないようにします。何かが目に飛んでくる可能性を避けるためにも、涙を流す練習は屋内で実践しましょう。
  3. 3
    浅く呼吸をする 実際に泣いている多くの状況では、ストレスにより呼吸が2倍になったり、過呼吸になることがあります。泣くふりをするには、速くて浅い呼吸をして過呼吸状態を再現します。本当に泣いているように見えるだけでなく、体が涙を作り出すのに役立ちます。[3]
    • 落ち着くためには、徐々に深呼吸をしましょう。
    • 過呼吸がひどくなると、正常な量の酸素が血液に流れにくくなります。この方法は、涙を流し始める際に短時間で一気に行える時だけ実行するようにしましょう。
  4. 4
    悲しい表情を作る 実際に涙を流す時に、どんな表情になるかを思い浮かべましょう。眉をひそめて眉間にシワを寄せながら唇を震わせ、感情を再現しましょう。鏡の前で練習し、過剰な演技になっていないか、もしくは嘘っぽく見えないかを確認しましょう。[4]
    • 泣けるシーンを含む、お気に入りの映画を見て、俳優が泣き崩れる場面でどのような表情をしているかを確認しましょう。俳優達の表情を真似してみましょう。
  5. 5
    テクニックを組み合わせて涙を流す 鏡の前で全ての方法を同時に試し、涙を数滴でも無理やり絞り出せるかどうかを試しましょう。一回目で成功しなくても、涙が出せるようになるまで毎日練習を続けましょう。[5]

2
製品を利用して強制的に涙を出す

  1. 1
    涙を流す状況を作り出す最も簡単な方法は、目尻に目薬をさす 地元の薬局で潤滑点眼液か人工涙液を購入しましょう。目薬を直接目にさすか、両目の目頭付近の皮膚に塗ります。涙を流すふりをする直前に目薬を使いましょう。[6]
    • 目薬は、すぐに頬を伝い落ちるため、切羽詰まった状況でのみ、使うようにしましょう。
  2. 2
    しばらく泣いていたかのように見せるには、目の下にワセリンを塗る ワセリンを目の下に薄く、そして頬の上部にも塗りましょう。ワセリンを塗ると顔が光って濡れているように見えるため、しばらく泣いていたかのような演出ができます。[7]
    • 目に直接ワセリンが入ると激しい炎症を引き起こす可能性があるため、目に入らないよう注意しましょう。万が一、誤ってワセリンが目に入ってしまった場合は、冷水で目を洗い流しましょう。
  3. 3
    メントール製品を目のすぐ下に塗り、本物の涙を出す ヴィックス・ヴェポラッブなどのメントール入り製品を購入し、指か綿棒で慎重に目の下に塗ります。メントール中の化学物質が目を僅かに刺激し、涙が作り出されます。また、こうすると目が赤みを帯び、腫れているように見えるため、実際に泣いているような目に見えます。[8]
    • ヴェポラッブ製品は、地元の薬局にて購入可能です。
    • 製品が目に入ると激しい炎症を引き起こす可能性があるため、目に入らないように注意しましょう。万が一、製品が目に入った場合は、即洗い流しましょう。
  4. 4
    目を押さえて開いた状態で人に息を吹きかけてもらい、自然な涙を作り出す 両目を開けた状態で、片目ずつ誰かに息をひと吹きしてもらいましょう。人に息を吹きかけてもらう際に瞬きをしてしまうようであれば、強制的に指で目を開いた状態に保ちましょう。[9]

ポイント

  • 十分な水分をとりましょう。体内に水分が無ければ、涙を出すことは不可能です。
  • 悲しい音楽を聴き、泣ける感情を作り出しましょう。
  • さらに激しく泣くには、人生における非常に悲しい瞬間を思い浮かべましょう。
  • 実際に涙が出せるようになるには、亡くなった愛する人のことを思い浮かべましょう。

注意事項

  • メントール製品が目に入らないように注意しましょう。メントール製品によって視力が永久的な損傷を被る場合があります。
  • 頻繁に実行してはいけません。誰かを操ることを普段から目的として、泣くふりをしている場合は特にです。人々はそのことに感づき、あなたが泣くふりをして人を操ろうとしている事実に気づくでしょう。
  • 大事に思っている人たちを操るために、泣くふりをしてはいけません。あなたが泣くふりをしていることに気づいた途端に、信用を失うでしょう。

必要なもの

  • 目薬
  • ワセリン
  • メントールを含む製品

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 演劇・舞台

他言語版:

English: Fake Cry, Español: fingir el llanto en menos de 10 segundos, Italiano: Simulare il Pianto, Deutsch: Falsches Weinen, Français: faire semblant de pleurer, 中文: 假哭, Русский: притвориться, что вы плачете, Português: Fingir que Está Chorando, Bahasa Indonesia: Menangis Palsu, Nederlands: Doen alsof je huilt, ไทย: แกล้งร้องไห้, Tiếng Việt: Khóc giả vờ, 한국어: 우는 연기하는 방법, العربية: افتعال البكاء, हिन्दी: रोने का ढोंग करें

このページは 162 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?