オーブン焼き料理の仕上がりを引き立てる最も簡単な方法のひとつは溶き卵を塗ることです。基本的な溶き卵は、全卵1個に水、生クリーム、牛乳などを最大大さじ1杯(15ml)まで加え、泡だて器で混ぜて作ります。オーブンで焼く前に溶き卵を塗ったり、生地を貼り付けるのに溶き卵を使うことができます。溶き卵の代わりに、オリーブオイル、乳製品、卵の代替品を使うこともできます。何を使っても簡単に溶き卵を調節できるので、オーブン料理が素晴らしく焼きあがるでしょう。

材料

  • 全卵 1個
  • 牛乳、生クリーム、水 小さじ1杯(5ml)~小さじ3杯(15ml)

(パン1斤または、パイ1皿に必要な溶き卵の量)

方法 1 の 3:
溶き卵を混ぜる

  1. 1
    小さなボウルに卵を割り入れます。使用する卵の種類や大きさは自由です。ただし、小さな卵やウズラの卵に比べ、大きな卵を使うと溶き卵を多く作れます。
    • 卵黄だけを使用して塩少々を加えると、色の濃い溶き卵を作れます。塩分で卵黄が柔らかくなるので、塗りやすくなります。
  2. 2
    水をはじめとした好みの液体を小さじ1杯加えます。水のほか、牛乳、生クリーム、豆乳などを好みに応じて使うことができます。液体で卵黄が薄まるので、パイ生地の乾燥を防ぐことができ、オーブンの中で生地がひび割れる心配がありません。溶き卵が濃すぎる場合は、小さじ1杯(5ml)~小さじ2杯(10ml)の液体を足して調節します。[1]
    • 使う液体の種類によって、溶き卵の色味が変わります。例えば、水を使うと無光沢になりますが、牛乳やクリームを使うとつやが出ます。
  3. 3
    溶き卵がよく混ざるまで泡立て器でかき混ぜます。泡立て器やフォークを円を描くように動かして、卵と液体をよく混ぜます。溶き卵を10秒間かき混ぜると、卵黄がほぐれ卵白によく混ざります。
    • 泡立つまでかき混ぜないように気を付けましょう。
  4. 4
    必要に応じて材料を加え、よく混ぜます。ナツメグやシナモンパウダーなどの香辛料を少々加えて、溶き卵に風味をつけたり色を濃く調整できます。塩少々を加えると、焼き料理の表面につやが増し、生地がしっかり貼り付きます。[2]
  5. 5
    必要に応じて、溶き卵を薄めます。パイ生地やパンなど大きく膨らむ生地に溶き卵を塗る場合は、液体をさらに小さじ1杯(5ml)~2杯(10ml)足して溶き卵を薄めると、生地が膨張してもひび割れる心配がありません。[3]
    広告

方法 2 の 3:
卵を使用しない場合の代替品

  1. 1
    牛乳と生クリームを半量づつ配合したクリームや生クリームを使います。溶き卵を使わなくても、焼き料理やパンにつやを出すことができます。牛乳と生クリームを半量づつ配合したクリームや生クリームを塗ると、表面は無光沢な仕上がりになります。[4]
    • 生クリームを塗ると、生地が膨張した際にひび割れやすくなります。
  2. 2
    溶き卵の代わりにオリーブオイルを塗ります。オリーブオイルは卵を使えないビーガンには最適の代替品です。ピュアオリーブオイルを直接パイやパンの表面に塗りましょう。ただし、つやは出るもののオリーブオイルの風味が残るので、甘い焼き菓子の表面に塗るのは控えます。[5]
    • ビーガン対応の溶き卵の代替品として、大豆粉に水小さじ数杯を混ぜて使うこともできます。
  3. 3
    市販の卵代替品を使います。ビーガン対応の卵代替品や卵白と増粘剤を混ぜた代用卵を使いましょう。代用品が液体の場合は直接生地に塗ります。粉状であれば、水を加えてよく混ぜてから塗りましょう。[6]
    広告

方法 3 の 3:
溶き卵を使う

  1. 1
    パンの上に溶き卵を塗ります。料理用刷毛を溶き卵や代替品に浸します。パンの上に均一に塗りましょう。ただし、多く塗りすぎると側面に垂れてしまうので気を付けます。溶き卵がパンの側面に垂れると、パンが型にこびりついてしまいます。パンに切れ目を入れてレシピ通りに焼きます。[7]
    • 溶き卵がパンの底近くに多くたまると、小さな卵焼きが付いたパンになってしまいます。
  2. 2
    焼く前にパイ生地の底に溶き卵を塗ります。パイの底がふやけないように、詰め物を入れる前に生地の底に溶き卵を塗りましょう。パイ生地と同時に溶き卵が過熱され、詰め物の水分がパイの底に浸みるのを防ぎます。[8]
  3. 3
    パイ生地の端を溶き卵で貼り付けます。パイ菓子、詰め物を入れて折りたたんだパイ、サンドイッチクッキーなどを作る際は、まず生地の片面の端に溶き卵を塗ります。次に溶き卵を塗った部分に生地を折ったり重ね、軽く押し付けます。溶き卵が生地を貼り付けます。[9]
    • パイに焼き色を付けずにパリッと仕上げる場合は、卵白と水で作った溶き卵を使います。
  4. 4
    パイの上に溶き卵を塗ります。パイを詰め終わったり、ロールパンやクロワッサンの成形が終わったら、上部表面に溶き卵を塗りましょう。溶き卵を塗ってからすぐに焼くときれいに仕上がります。溶き卵を塗るオーブン料理の例は次のとおりです。
    • 食パン、ロールパン
    • ペーストリー、デニッシュ
    • パイ
    • コーニッシュ・パスティ、エンパナーダ、シェパードパイなどのミートパイ
    • 前菜用のパイ
    • 型抜きクッキー
  5. 5
    溶き卵でシード類、砂糖、生地を固定します。焼き物の上に飾りをつける場合は、まず溶き卵を塗ってから、その上に飾りを振りかけましょう。溶き卵で飾りが密着します。[10]
    • 例えば、パイ生地に溶き卵を塗って、その上に粗い粒状の砂糖を振りかけます。または、パンに溶き卵を塗って、その上にゴマやケシの実を振りかけましょう。
    • パイ生地で飾りを作ってパイの表面に付けるには、飾り用の生地に溶き卵を塗ってから、パイの表面に軽く押し付けると固定できます。
    広告

ポイント

  • 残った溶き卵が生肉や生魚に触れていない場合は、ラップなどで覆い冷蔵庫で保存して、次の日の朝食に使いましょう。

広告

必要なもの

  • 泡立て器又はフォーク
  • 小さいボウル
  • 料理用刷毛
  • 計量スプーン

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。



関連記事

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

ロックキャンディを作る

How to

パン生地の発酵を早める

How to

スモアを作る

How to

アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

ケーキを冷ます

How to

パンのカビを抑制する

How to

チョコチップを溶かす

How to

チーズケーキの焼き上がりを確認する

How to

イーストを予備発酵させる

How to

チョコレートを溶かす

How to

ケーキを作る

How to

焼かないクッキーを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
記事のサマリーX

料理や焼き菓子用の溶き卵を簡単に作るには、ボウルに卵を割り入れ、牛乳、クリームまたは水を小さじ1杯加えます。泡だて器かフォークで、10秒間ほど完全に混ぜ合わせます。料理のレシピに応じて、スパイスや調味料を溶き卵に加えましょう。ペストリーやパンなど、焼いた時に膨らむレシピ用に、もう少し溶き卵の量を増やしたい場合は、水を小さじ1、2杯加えて薄めましょう。 卵なしで溶き卵を作るコツを知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 934 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告