滑らかで艶やかな髪を手に入れる方法

この記事には:通常のケア髪の奥までケアする最高の結果を得るために

正しく髪をケアし、シャンプー後のスタイリングを適切に行えば、髪を滑らかで艶やかにすることができます。髪の自然な脂を取り去ってしまうものではなく、髪を柔らかく保つ製品を使うことから始めましょう。髪を切れ毛にしたり、脆くしたり、縮れさせてしまうのではなく、強く保つための方法でスタイリングしましょう。また、特別な場合は、ドライヤーやストレートアイロンを使うことで、髪をさらに艶やかにすることもできます。

1
通常のケア

  1. 1
    髪を洗うときは、冷たい水を使いましょう。氷のように冷たい水で髪を洗うことは難しいかもしれませんが、滑らかで艶やかな髪を手に入れたいのなら、できる範囲で、冷たさにも耐えましょう。冷水を使うと毛幹が横倒しになり、乾くときに髪の見た目を滑らかで艶やかにします。お湯には逆の作用があり、縮毛や乾燥の原因になります。
    • 冷水のシャワーを浴びるのが無理なら、シャワーはお湯で浴びて、髪は別に洗いましょう。
  2. 2
    毎日ではなく、一週間に2、3回だけ髪を洗うようにしましょう。髪を柔らかく滑らかに保つためには、天然の皮脂で潤わせることが必要です。この皮脂とは、髪を強く保つために頭皮から分泌される脂分のことです。毎日洗髪してしまうと、髪に栄養を与える脂分が、髪を柔らかくする前に洗い流されてしまうのです。毎日の洗髪の結果として、髪は滑らかで艶やかになる代わりに、乾燥し、バサバサになってしまいます。
    • 自分に合った洗髪の習慣を見つけましょう。一週間に2回から3回洗髪する人もいますが、髪が特に脂ぎりやすい場合は、一日おきに洗う人もいます。
    • 髪を洗わない日はドライシャンプーを使用して、見た目を清潔にしておきましょう。
  3. 3
    硫酸塩不使用のシャンプーを使用しましょう。硫酸塩は、食器用洗剤、洗濯用洗剤などの多くの洗剤に含まれています。硫酸塩は油や油脂を洗い去るのに効果的ですが、髪には刺激が強すぎるため、使用すればダメージを与えてしまいます。
  4. 4
    保湿効果のあるコンディショナーを使用します。コンディショナーは髪を潤し、もつれをなくすことで、髪を滑らかで艶やかに保ちます。重みで髪を下げてしまうことなく、髪を滑らかに保つコンディショナーを探してみましょう。シリコンを含まないコンディショナーが最良です。シリコンは髪に蓄積されるので、しばらくすると髪がくすんで見えてくるようになります。
    • 洗い流さないコンディショナーは、乾燥しバサバサになりやすい髪に大変役立ちます。洗い流さないコンディショナーを付けることで、髪を縮れさせる原因となるドライヤーの風や湿度に対する保護層が、一つ多くなるのです。
  5. 5
    髪が濡れているときは、目の大きな櫛を使いましょう。髪が濡れているときは、ブラシではなく、櫛で優しく髪を梳かすようにすると、髪が切れたり痛んだりするのを防ぐことができます。濡れている髪は刺激に弱くなっていますが、目の大きな櫛を使えば問題を起こすことなく、髪のもつれを解くことができます。まずは毛先から梳かし始めて、根元の方へ櫛を動かして行きましょう。こうすれば髪を引き抜かずに済みます。
  6. 6
    乾いた髪には、猪毛のブラシを使いましょう。このタイプのブラシは、人毛に似た質感を持つ天然の猪の毛でできています。このブラシを使えば頭皮の皮脂が毛先まで行き渡るので、髪全体がこの脂の栄養を吸収できるようになります。猪毛のブラシでブラッシングすることで、髪の深部までケアするトリートメントと同じくらい効果的に、髪を滑らかで艶やかにすることができるでしょう。
    • しかし、濡れた髪をブラッシングしてはいけません。そうすれば髪が切れる可能性があります。
    • 猪毛のブラシか、自然な頭皮の脂分を髪に行き渡らせるために特別に作られたブラシだけを用いましょう。プラスチック製毛のブラシでは猪毛と同じような効果は期待できず、髪を痛めることもあります。

2
髪の奥までケアする

  1. 1
    縮毛用の美容液を使用しましょう。この製品は薬局で販売されており、乾燥してバサバサになりやすい髪が縮れてしまうのを防止するのに効果があります。シャワーの後に髪を撫でるように付けるか、日中に髪が縮れてきた場合は、乾燥した髪に付けます。
  2. 2
    アルガンオイルを試してみましょう。このオイルはモロッコに生息している木から作られています。このオイルは特に回復力を有するとして知られており、髪を滑らかで、強く健康に保つのに役立ちます。このオイルは軽いので、洗い流さないコンディショナーとして髪に使用できます。シャンプーした後のまだ湿っている髪に、少量のオイルを撫でるように付けましょう。特に毛先に付けるようにします。
    • 根元にたくさんオイルを付ける必要はありません。髪の根元は、髪の他の部分よりも早く頭皮が分泌する自然な脂を得ることができるからです。
  3. 3
    ココナッツオイルでトリートメントをしましょう。一週間に一度このトリートメントを行い、柔らかく滑らで輝きのある髪を手に入れましょう。大さじ1杯程度のココナッツオイルを髪に付け、櫛で根元から毛先まで梳かし、髪に満遍なく行き渡らせるようにします。その後、髪をシャワーキャップやラップで覆い、1時間から一晩置いて、オイルを髪に馴染ませてから、2、3回シャンプーをして全てのオイルを流します。髪が乾いたときには、効果を実感できることでしょう。
    • ココナッツオイルは室温で固体化するため、髪に付ける前に温めるようにしましょう。
    • 精製されていないココナッツオイルを使うようにしましょう。精製されていないココナッツオイルの方が、精製されているものよりもはるかに美容用途に適しています。
  4. 4
    オリーブオイルで髪の調子を整えましょう。大さじ1杯のオリーブオイルを髪に付けて梳かし、シャワーキャップかラップで髪を覆います。1時間置いてオイルを髪に浸透させ、キャップを外し、2、3回シャンプーしてオイルを流し去ります。その後は通常通り髪を乾かしましょう。
  5. 5
    卵の白身でヘアマスクをしましょう。卵の白身はコンディショナーの代わりとして用いることができ、使えばたちまち柔らかく、輝いた髪が手に入ります。卵2個を白身と黄身に分け、白身だけをボウルに入れて泡だてます。シャワー中に、髪を濡らし、この泡だてた白身を付け、必ず根元から毛先まで櫛で梳かします。そのままシャワータイムにするべきことを済ませ、髪を濯いで白身を流し去りましょう。
  6. 6
    蜂蜜とバナナのヘアマスクを試してみましょう。蜂蜜は髪色を明るくし、髪を滑らかで柔らかくします。バナナには保湿効果があります。大さじ1杯の蜂蜜とバナナを潰して混ぜ合わせます。シャワー中に、髪を濡らし、この蜂蜜とバナナのマスクを付け、根元から毛先まで櫛で梳かします。シャワータイムの間、マスクを付けたままにしておき、最後にシャンプーで流し去ります。
  7. 7
    市販のコンディショナーを使用しましょう。栄養のあるオイルを含んだ、髪の深部までケアするコンディショナーを探してみましょう。シリコンは髪に蓄積され、髪が重くなり下がってしまうので、シリコンを含まないものが良いでしょう。取扱説明書に従って使用します。週に一度こうしたコンディショナーを使用することで、次第に髪が輝き、滑らかになるでしょう。

3
最高の結果を得るために

  1. 1
    髪をブローします。髪に熱を与えると、髪は柔らかく艶やかになります。ロールブラシを使って、髪を少量の束ずつ、根元から毛先までゆっくりブラシを動かしながら梳かします。こうしてブラシで髪を梳かしながら、髪にドライヤーを当てます。これを数回繰り返し、髪の束が乾いたら、次の束に移ります。
    • 髪を熱から守るための製品を使用すれば、髪を滑らかで艶やかに見せることができるでしょう。
    • 髪が乾燥し脆くなるので、毎日ブローしてはいけません。特別な場合だけにしましょう。
  2. 2
    ストレートアイロンを使用する。格別に滑らかで艶やかな髪にしたいなら、髪をストレートアイロンで伸ばすことを検討してみましょう。まず髪をブローし、ストレートアイロンを温めたら、部分ごとにストレートにしていきます。アイロンを使う前には、必ず各部分の髪を櫛で梳かすようにします。
    • ストレートアイロンを使いすぎると、髪を傷めます。髪をどうしても滑らかにしたいときにだけ、使用するようにしましょう。
    • 美容室でストレートパーマをかけることも検討してみましょう。地元の美容室で、ストレートパーマをかけられるところがないか探してみましょう。
  3. 3
    定期的に髪を切り整えましょう。乾燥してバサバサになった毛先部分を切ると、全体的に軽く、滑らかで柔らかい髪に見えるようになります。4ヶ月ごとに髪を切り、髪の状態を整え、滑らかな見栄えを維持しましょう。
  4. 4
    髪の深部までケアする本格的なトリートメントをしてもらいましょう。本格的なトリートメントを提供している美容室はたくさんあります。このようなトリートメントは、特別なオイルと、髪に浸透し施術後の髪を艶やかに保つ成分で作られています。良質なココナッツオイルを使ってトリートメントをすることで同じような効果を得ることができますが、プロによる施術を受けたい場合は、地元の美容室で尋ねてみましょう。

ポイント

  • 髪を触りすぎると縮毛の原因になるので、気をつけましょう。髪本来の力に任せ、自然に輝かせるようにしましょう。
  • 就寝時に、髪を三つ編みにしてはいけません。顔と同じように、髪も息をする必要があります。また、三つ編みで髪が縮れたり、ウェーブがかかったようになってしまいます。
  • アロエが乾くのを待つ間に、1/4カップのココナッツオイルを溶かします。シャワーを浴びている間に、髪にココナッツオイルをかけましょう。
  • 髪が濡れているときは、目の大きな櫛を使いましょう。普通の櫛を使うと髪を傷める恐れがあります。
  • 髪をきつく結んではいけません。
  • レモン果汁を使ってみましょう。フケをとり、髪を滑らかで艶やかに保ちます。
  • 寝るときはシルクの枕カバーを使用しましょう。髪が縮れるのを防ぎ、輝きを与えます。
  • 髪に熱を与えすぎてはいけません。髪を傷める恐れがあります。
  • 滑らかな髪を手に入れたいのなら、冷水で髪を濯ぎましょう。
  • 髪を洗う前に、純度100パーセントのアロエジェルを髪に付けます。根元にも付け、マッサージしましょう
  • 髪に最良とされる、バッファローの骨でできた櫛を使ってみましょう。この櫛で髪を100回梳かせば、髪は健康で艶やかになるでしょう。
  • 縮毛や枝毛を予防するため、プラスチック製の櫛ではなく、木製の櫛を使いましょう。
  • 毎日髪を洗ってはいけません。毎日の洗髪で髪の保湿成分が奪われ、髪が乾燥しゴワゴワになります。
  • まず、櫛を使ってからブラシを使うようにしましょう。
  • 縮れ毛を減らすために、髪は3日に一度洗うようにしましょう。

注意事項

  • 髪を洗いすぎてはいけません。洗いすぎると、自然な脂が失われてしまいます。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む57人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 髪とネイル | ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Have Smooth and Silky Hair, Español: tener un cabello suave y sedoso, Português: Ter um Cabelo Sedoso e Suave, Italiano: Avere Capelli Lisci e Setosi, Русский: сделать волосы гладкими и шелковистыми, Deutsch: Schönes und glänzendes Haar zaubern, Français: avoir des cheveux lisses et soyeux, Čeština: Jak mít hladké a hebké vlasy, Bahasa Indonesia: Memiliki Rambut Lembut Seperti Sutra, العربية: امتلاك شعر ناعم وحريري, Nederlands: Soepel en zijdezacht haar krijgen, ไทย: ทำให้ผมนุ่มลื่นและเงางาม, हिन्दी: मुलायम और रेशमी बाल पाएं, Tiếng Việt: Sở hữu Mái tóc Mượt mà và Óng ả, 中文: 使秀发如丝般顺滑, 한국어: 부드럽고 윤기 있는 머리카락 가꾸는 방법, Türkçe: Pürüzsüz ve İpeksi Saçlara Nasıl Sahip Olunur

このページは 490 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?