シミができやすい肌や脂性肌のお手入れのために、可能な限りの方法全てを既に試した場合には、次に炭パックを試してみましょう!活性炭がどの程度肌に効果的かを判断するには、さらなる研究が必要ではあるものの、炭パックを使うと、黒ニキビや産毛を効果的に取り除くことができます。肌のパッチテストを行い、反応を確認してから、顔のシミができやすい箇所に炭パックを塗り、乾燥させます。その後ゆっくりとパックを剥がして洗い流してから、肌を保湿しましょう。

パート 1 の 2:
炭パック前に顔の状態を整える

  1. 1
    高品質の炭パックを選ぶ 有名なスキンケアブランドや化粧品ブランドの炭パックを購入しましょう。活性炭、アロエベラなどの鎮静作用のあるもの、および肌を落ち着かせる効果のあるエッセンシャルオイルが含まれている炭パックを選びましょう。[1]
    • 自家製の炭パックを作る場合は、強力接着剤の使用は避けましょう。強力接着剤には、パックが硬くなる原因である材料が含まれているため、パックをはがす際に肌を痛めてしまうことになります。
  2. 2
    肌のパッチテストを行い、反応を確認する 自家製の炭パックを作る場合でも、市販のパックを購入する場合でも、顔に塗る前にアレルギー反応や炎症が出ないかどうかを確認するため、肌のパッチテストを行いましょう。少量のパックを頬か手首の内側に塗ります。10分間待ち、炎症反応が出るかどうかを確認します。[2]
    • アレルギー、または炎症の反応には、赤み、腫れ、じんましん、痒みなどが含まれます。
  3. 3
    必要に応じて髪を束ねる パックをしている間に髪が顔にかかる心配がある場合は、ヘアゴムで髪を後ろに束ねましょう。こうすると、髪が炭パックに貼り付くのを防ぐことができます。
  4. 4
    洗顔し、角質を除去してからパックを塗る 肌に優しいお気に入りの洗顔クレンザーを使い、肌を洗いましょう。洗顔により、肌の汚れや脂分が落ち、パック前の肌の準備が整います。毛穴を開くには、パックを塗る前に肌に優しい角質除去剤を使用して洗い流します。[3]
    広告

パート 2 の 2:
炭パックを顔に塗る

  1. 1
    顔に炭パックを塗って広げる 小さめのボウルに10円硬貨大のパックを絞りだします。清潔なブラシをパックにつけ、肌に均一に塗って広げます。顔全体に塗るか、シミができやすい箇所だけに塗ってもよいでしょう。ニキビや黒ニキビがある場合は、鼻と額の間のTゾーンをに塗ると効果的です。[4]
    • 幅広で平たいファンデーション用のブラシを使うか、パックを塗るための専用ブラシを使いましょう。ブラシが無ければ、清潔な指先でパックを塗ります。
    • シミができやすい箇所に炭パックを塗る際は、炎症を避けるため、出来る限り優しく塗りましょう。
  2. 2
    目や唇付近にパックを塗らないようにする 目や唇付近の皮膚はデリケートなため、周辺に炭パックを塗ってはいけません。鏡の前に立ち、パックを塗るようにしましょう。鏡を見ながら行うと、パックを塗っている箇所を確実に把握することができます。[5]
  3. 3
    7〜10分間待つ パックが完全に乾燥し、肌の突っ張りや痒みが感じられるでしょう。パックにより不快感や痛みが感じられる場合は、10分間経つのを待たずに洗い流すべきです。[6]
  4. 4
    炭パックをはがす パックの下から始め、ゆっくりと顔の上に向かってはがします。Tゾーンにだけパックを塗った場合は、鼻の側面付近からはがし始め、額に向けてはがします。[7]
  5. 5
    パック使用後は、洗い流して保湿する 顔に黒い炭パックが少量残っている場合は、低刺激性クレンザーで肌を洗い、冷水で洗い流しましょう。毛穴を詰まらせない低刺激の保湿剤を塗り、肌を自然乾燥させます。[8]
  6. 6
    炭パックの使用頻度は、隔週もしくはそれ以下にする 肌の炎症を避けるため、吹き出物やシミができた場合のみ、炭パックを使用するようにしましょう。炭パックは、顔の最上層の皮膚および毛を除去してしまうため、次に炭パックを使用するまでの間隔を最低2週間はあけるようにしましょう。[9]
    • 湿疹がある場合や敏感肌の場合は、炭パックを使うと肌にダメージを与える場合があるため、使用を避けましょう。
    広告

必要なもの

  • 小さめのボウル
  • メイク用ブラシ
  • 炭パック 
  • 低刺激性クレンザー
  • 顔用保湿剤
  • 低刺激性角質除去剤
  • ヘアゴム

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

女性が立ち小便をする

How to

お酒の臭いを消す

How to

埋没毛を処理する

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

ひび割れて痛む唇を治す

How to

ペニスを洗う

How to

タンポンを使用する

How to

カミソリ負けを早く治す

How to

重曹でニキビを治す

How to

手指消毒剤を作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 787 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告