無料でビジネスを広告する方法

共同執筆者 Michael R. Lewis

この記事には:インターネット上で宣伝する地域メディアを使うネットワーキング10 出典

マーケティングの専門家はビジネスの総売上高の2パーセントから5パーセントを広告宣伝費に充てたほうがいいと言う。[1] しかし、ビジネスが発展段階にある場合、大々的に宣伝する予算がなかったり、資本を他の分野に集中させていたりするかもしれない。それでも、未来の顧客に自分のビジネスを無料で宣伝することはできる。[2]

1
インターネット上で宣伝する

  1. 1
    ウェブ上でビジネスを宣伝する。インターネットの力を借りて自分のビジネスの認知度を高めよう。インターネット上では宣伝のための資源が無料で利用できて、上手く使えば何百人もの顧客に訴えかけられるかもしれない。
    • 無料でウェブサイトを作成して製品やサービスなどのビジネスについての情報を掲載することもできる。
    • ビジネス用のメールアドレスも重要だ。メールアドレスは無料で作成することができる。ビジネス用のメールには、最後に3、4行ほどの短い署名欄を挿入しよう(メール設定に加える)。 ビジネス用のウェブサイト、フェイスブック、ツイッターなど宣伝になるもののリンクはなんでも含めよう。
  2. 2
    ツイッターを利用するツイッターアカウントは無料で作成できて、顧客に個別に素早く対応できる。[3]
    • ハンドルネームやユーザーネームはできるだけビジネス名に似せて、アカウントにはビジネスメールを登録する。
    • ビジネスロゴをビジネスの象徴として使う。ビジネスロゴがどのツイートにも表示されることで、ブランド力を強化できる。
    • 顧客や家族、友人、憧れのビジネスや自分がビジネスで利用している製品をフォローする。
    • ツイッターでビジネスの宣伝をするツイートを投稿する。それも楽しいツイート、例えば、景品の告知や常連客への感謝などにするとよいだろう。ツイートはフォローしたくなるようなものにしよう。
  3. 3
    [[企業用Facebookページを開設する|フェイスブックを利用する」」。フェイスブックアカウントは無料で作成できて、顧客や他のビジネスと交流を実現する。[4]
    • 景品はフェイスブックページを「いいね」した人を対象に景品を配ろう。その他、アクティビティを「いいね」した人には、メッセージでフェイスブック限定の特別セールを告知しよう。
    • 多くのビジネスが自社のホームページ代わりにフェイスブックページを利用している。これが自分のビジネスにとっていいのかどうかよく考えよう。
  4. 4
    Yelpを利用する。Yelpは消費者がビジネスのレビューを書いたり、勧めたりするサイトだ。[5]
    • Yelpビジネスページを利用して、ビジネス情報やセール情報を投稿したり、顧客満足度を確認したりしよう。
    • ビジネスオーナーの中には、低評価のレビューに対して、Yelpユーザーに直接連絡を取ったり、返事を投稿して打開策を提供したりする人がいる。こうすることで、潜在顧客にビジネスオーナー消費者の反応を真剣に受け止めていることを見せられる。
  5. 5
    グーグルプレイスでビジネスリスティングを作成する。グーグルプレイスでビジネスリスティングを作成すれば、グーグルマップ検索時にビジネス情報が表示されて、消費者がレビューをシェアしたり、ビジネスを評価することができる。この場合、ビジネス専用のGmailアカウントが必要だ。Yahoo!ローカルサーチも同様のサービスを提供している。[6][7]
  6. 6
    無料のオンラインディレクトリを利用する。オンラインディレクトリの多くは、無制限で製品やビジネス、およびサービスを詳細情報と共に上げることができ、潜在顧客が直接売り手に連絡できるように自動的に製品ごとのお問合せフォームを作成する。[8]
    • リスティングを作成する。リスティングとは、自分の企業が提供する製品、ビジネス、サービスのことである。オンラインディレクトリの質がよければ、上げられるリスティングに制限がないため、標的市場にも情報が届きやすくなる。
    • 製品はデータベースに蓄積され、1ページ目に表示される。上げられた商品はすべて24時間後に検索エンジン最適化される。
  7. 7
    自分にふさわしいオンラインコミュニティに加わる。専門性の高い業種を始め、多くの業界には、メンバーが議論や情報交換をするオンラインコミュニティがある。このようなコミュニティに加盟し参画することは、マーケティング上非常に役に立つ。
    • メンバーとの関係作りのためにも、オンラインコミュニティでは活発でいることが重要だ。突発的に参加するだけでは、得る顧客よりも失う顧客の方が多くなってしまう。
    • オンラインコミュニティではあからさまに宣伝をするようではいけない。コミュニティへの参画は他のメンバーにとっても価値のあるものでなければならないが、常にビジネス名、ロゴ、ウェブサイトなどのリンクを挿入した署名欄を付随しよう。

2
地域メディアを使う

  1. 1
    プレスリリースを書く。ビジネスを最近始めたこと、年末はチャリティイベントを支援していること、ちょうど特別企画をまとめ上げたことなどを地域メディアに取り上げてもらえるか話をしてみよう。[9]
    • 新聞社、放送局、ラジオ局に働きかけよう。様々なメディアを利用することで、より多くの潜在顧客に宣伝できる。
    • ビジネス上のたいていの出来事にはプレスリリースを書くことができる。しかし、重要度の低いプレスリリースを送りすぎれば、メディアも飽きてしまうだろう。
  2. 2
    コラムニストに連絡をとる。できるだけ多くのコラムニストと関係を築こう。時には、ネタ探しの途中で、実際に連絡してくるかもしれない。
    • 新聞社にはお買い得情報と新しいビジネスを専門に書くコラムニストがいるところもある。まず最初の接点として連絡してみよう。
    • 自分の顧客が読むような記事を書くコラムニストを探そう。フィッシング用具店を経営している場合、地元のアウトドアコラムニストと連絡をとるとよい。
  3. 3
    チャリティに参加する。特に年末には多くの新聞がチャリティ特集を組む。地域メディアはよくこのようなチャリティイベントを取り上げる。
    • 気取らないチャリティとして、缶詰めや中古品を募り、地域のシェルターや援助団体に寄付してもいい。
    • 新聞や他のメディアにチャリティイベントのことを伝え、自分のビジネスが後援していることも付け加えよう。
    • イベントの邪魔にならない程度に、ビジネスロゴをできるだけ目立つように表示しよう。自分の会社名やロゴの入った掲示板や横断幕、服なども用意してもよい。
    • 更に宣伝効果を高めるために、寄付してくれた顧客には割引を提示しよう。これで、ビジネスとチャリティ両方の歳入増加が見込める。

3
ネットワーキング

  1. 1
    紹介制度を導入する。口コミはビジネスを広げる素晴らしい手段だ。既存の顧客から紹介を得ることで口コミを拡大することができる。
    • 紹介してくれた人には、割引や景品を提示しよう。特製の紹介カードを配って新たな顧客に渡してもらうこともできる。
    • 、紹介制度とその利点を既存の顧客に理解してもらうために、紹介制度を宣伝しよう。
  2. 2
    組合や提携企業を作る。補完的なサービスを提供している他のビジネスと協力して、顧客を紹介し合おう。例えば、自分が温室を販売しているとすれば、肥料を扱っている会社や生花店と手を組むのも一手だ。[10]
    • 相互に有益になるような取引をするために話し合いをしよう。全方面からの支援を強化し、提携を成功に導いてくれる。
    • 組合や提携企業と契約して関係を正式なものにしよう。必要に応じて法的な助言を求めよう。
  3. 3
    地域組織に参加する。商工会議所やサービス団体などの組織は、他のビジネスオーナーや潜在顧客と知り合える素晴らしい場だ。
    • 参加した団体では活動的でいなければならない。ただのメンバーになるより、積極的に参画するメンバーになる方が効果的だ。イベントやミーティングに出席し、より多くの人と話そう。
    • 双方に有益な関係を築こう。自分もそうすれば、相手も顧客を紹介してくれるかもしれない。
    • あからさまに自分のビジネスを宣伝するようなことはやめよう。折に触れてビジネスや専門分野の情報を共有しつつも、加入した団体には貢献しなければならない。
  4. 4
    セミナーやワークショップなどの教育的なイベントを開く。一度に数人を収容できる場所を所有していれば、製品を紹介するためにイベントを開催できる。 例えば、ワイン専門店であればテイスティングのイベントを開催したり、手芸店であれば手芸のワークショップを開催したりといったことだ。

ポイント

  • しつこくビジネスを宣伝することなく、SNSや紙面やセミナーなどで情報や助言を提供することで、顧客の信用を増幅することができる。例えば、花を売っているとしたら、バレンタインデーなどには花言葉を無料で教えるなどしてもいい。
  • 覚えやすい電話番号を登録しよう。フリーダイヤルを取得していなかったとしても、簡単な数字の組み合わせやビジネスに関連した数字の語呂合わせなどを使った電話番号が望ましい。

記事の情報

この記事はMichael R. Lewisが共著しています。 マイケル・R・ルイスは企業幹部(退役済み)、起業家そして投資アドバイザーです。事業と財務の管理者として40年以上の経験があります。

カテゴリ: ビジネス

他言語版:

English: Advertise Your Business for Free, Español: anunciar tu negocio de forma gratuita, Deutsch: Kostenlose Werbung für ein Geschäft, Italiano: Pubblicizzare il tuo Business Gratuitamente, Русский: бесплатно рекламировать свой бизнес, Français: promouvoir son activité gratuitement, Bahasa Indonesia: Mempromosikan Bisnis Anda secara Gratis, Tiếng Việt: Quảng cáo Miễn phí cho Doanh nghiệp, 한국어: 무료로 사업 홍보하는 법, Čeština: Jak dělat zadarmo reklamu vaší společnosti, العربية: الإعلان عن شركتك مجانا, ไทย: โฆษณาธุรกิจของคุณแบบฟรีๆ

このページは 2,767 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?