無礼な上司がいると、気持ちよく生産的に仕事をするのは難しいかもしれません。幸いなことに、自分の力量のなさを感じても実際はそうでありません。状況改善のためにもっと上の立場の人と話すことになるとしても、無礼な上司とうまくやっていくためにできることがたくさんあります。気難しい上司にうまく対処する際に使って役立つ手段や対策を以下にまとめました。

方法 1 の 12:
平静さを保つ

  1. 1
    否定的な反応をしないようにする 上司の無礼な態度や言葉に、言い返したりイライラしたりする衝動を抑えましょう。どんな時でも、その場を激しい勢いで立ち去ったり怒ったりしないようにします。そのかわりに、できるだけ平静さを保つようにします。[1]
    広告

方法 2 の 12:
笑顔で前向きに対応する

  1. 1
    好意的に返す とびきり明るい笑顔を見せて、上司の無礼な態度に愛想よく対応します。あなたの肯定的なエネルギーだけでも十分に上司が自分の振舞いを見直すきっかけとなるでしょう。[3]
    • 例えば、「これはいつもの仕事よりかなり早く仕上げる必要がある」といったことを上司が言ったら、「問題ありません。これを最優先させます」と答えると良いでしょう。
    • 皮肉的な印象を与えないようにします。前向きになって落ち着くことにひたすら集中しましょう。

方法 3 の 12:
不満を共有する

  1. 1
    相手の感情を認めると悪状況を回避できる 無礼な態度が単に仕事上のストレスや不満によるものだと理解していることを上司に示します。自分も不満に思うと伝え、上司が険悪なムードを抜け出せるようにしましょう。本当はあなたが理解者だと気づいた上司のムードがよくなるかもしれません。[4]
    • 「このことについて不満になる気持ちが本当によくわかります」や「なぜこれがとてもストレスになるのかよく理解できます」などと言ってみることができます。
    広告

方法 4 の 12:
当面の問題を解決することに焦点を当てる

  1. 1
    無礼な態度の原因と思われることについて解決策を提案してみる 協議中の懸念や問題に対して、潜在的な解決策を探っていることを上司に伝えます。あなたが解決できそうな懸念事項を取り上げ、負のエネルギーが向かう先を変えます。あなたに無礼な態度を取り続けるかわりに、目の前の役割に再び集中するようになるでしょう。[5]
    • 例えば、「このプロジェクトに関する情報をまだ顧客に送っていないのではないか?」と上司に言われたら、「再確認して先方がまだ受け取っていない場合は、直ちに送付します」と答えることができます。
    • 上司が会社全体の問題についてあなたに不満をぶつけてきたら、「それは問題ですね。新しい方針を作成すると、全員同じ見方ができるかもしれません」というふうに答えて、矛先が他に向かうようにしましょう。

方法 5 の 12:
一歩下がって態度を評価する

  1. 1
    上司が意図的に無礼にしているかどうか考える 元々他人に不愛想だったりせっかちだったりする人がいます。一息おいて、上司が本当に無礼なのか、自分がそう感じているだけなのか考えてみましょう。物事を客観的に、感情を抜きにして観察してみましょう。上司が話したり行なったりしたことを勘違いしている可能性があります。[6]
    • 上司がメールで「これは今週中に必要だ」と言ってきたら、本当に急いでいて、即必要なものなのかもしれません。
    • 上司が無礼であることに確信がある場合でも、再度確かめてから対処方法を決めると良いでしょう。
    広告

方法 6 の 12:
上司の視点から物事を考える

  1. 1
    イライラしている理由を理解するために上司の立場になってみる 上司が対応している仕事について考えてみます。上司が受けているかもしれないプレッシャーについて考えてみましょう。それを言い訳にしてはいけませんが、無礼だと思える態度を取る理由が理解できるかもしれません。[7]
    • 上司の目線でみることによって、気持ちを抑えて、上司の言葉や行動にがっかりさせられるのを避けるのが簡単になるかもしれません。

方法 7 の 12:
できれば面と向かって話し合うようにする

  1. 1
    誤解や勘違いを避けるのに役立つ メール、Slack(スラック)というメッセージアプリ、仕事で使うその他のテキスト送信では、簡単に語調や意図が失われがちです。仕事に関する問題は上司とできるだけ対面で話し合うようにしましょう。そうすることで、上司がどのように言っているのか、本当に無礼なのか、よりきちんと読み取ることができます。[8]
    • 上司が送ってきたメールの語調が無礼であると感じたら、意図的なものかどうかをより正確に把握するために実際に会って様子を見ましょう。
    広告

方法 8 の 12:
上司に注意を払う

  1. 1
    真剣に聞いていないように見えるので沈黙しないようにする 上司があなたに対して無礼な態度を取っている場合は、ただ座って我慢するのはやめましょう。あなたが注意して聞いていないか、真剣に受け止めていないように見えるかもしれないからです。上司が話している時は上司を見て、質問されたら答えましょう。[9]
    • 例えば、「この報告書を今日送るように言ったのに、私が依頼したたった1つのことすらできなかった。聞いていなかったのかな。本当にやる気があるのかな」と上司から言われた場合は、「はい、お聞きしました。でもそこまでできませんでした」と答えることができます。
    • 無礼な人に対応するのはおそらくとても難しくて苛立たしいものですが、態度を閉ざしたり精神的に追い詰められたりしないことが大切です。

方法 9 の 12:
自分を弁護する

  1. 1
    度を過ぎない程度に少し言い返す 上司があなたを積極的に見下す場合は、ただぶつぶつ言ったり耐え忍んだりしてはいけません。聞かれたことに答えて、自分の立場を説明しましょう。上司が言うことに反対ならば、それを伝えましょう。失礼な態度を取ったり、言い合いになったりしてはいけませんが、自分の立場を主張することを怖がらないようにしましょう。[10]
    • 「どうしてこれができなかったのか理解できない。そんなに難しいことかな」と上司に言われたら、「難しいことではありません。私が十分に依頼されたことを理解していなかったのかもしれません」と答えることができます。
    • 「プロジェクトがまだ完成していない?どうして何かを時間通りに仕上げることができないのかな」と上司が間違ったことを言ったら、「来週金曜日までに必要だと言われたので、まだ時間があると思っていました」と言うことができます。
    広告

方法 10 の 12:
上司と1対1で話す

  1. 1
    上司が自分の行為に気づいてさえもいない可能性がある 上司が無礼な態度を続ける場合は、話し合いを申し入れます。最近上司が取った無礼な態度やコメントについて考えましょう。[11] 話し合いをする時に持ち出せるように、その時の態度やコメントを正確に覚えておきます。上司に「あなたの態度に苦痛を感じており、それが仕事の業績に影響しているので、態度を改めていただきたいです」と伝えます。[12]
    • 「時間がある時に、オフィスで少し話せますか」と言ってみましょう。
    • 「前回のミーティングのときにスタッフ全員の前で注意され、とても居心地が悪い思いをしました」と伝える練習をしても良いでしょう。
    • 「自分の仕事をきちんとしたいと思っています、でも人を見下すような態度を取られると、集中するのが難しくなります」とも言うことができます。
    • 鏡の前で話す内容を練習すると、予行練習になり役立つかもしれません。

方法 11 の 12:
上司の態度を詳細に記録する

  1. 1
    苦情届を提出しなければならない際に記録が役立つかもしれない 上司が非常に気難しく、頻繁に失礼な態度を取る場合は、すべての出来事を記録していきましょう。個人的に言われたことをその都度文書に残し、あなたの意見を整理して書き記しておきましょう。[13]
    広告

方法 12 の 12:
あまりにも深刻な場合は人事課に相談

  1. 1
    上司の態度がいかに仕事に影響しているのか説明する 上司に申し入れても態度が一向に良くならない場合は、部長や人事課担当に話に行く妥当な時期かもしれません。[14] ただし人事課は社員よりも会社を守ることに注力を注ぐことを念頭に置いておきましょう。したがって反論できないような証拠を揃えて、上司の無礼な態度の裏付けを準備します。[15]
    • 人事課に行くのは大げさに見えるかもしれませんが、すべて試みた場合は、これが唯一残された手段でしょう。

ポイント

  • 万が一に備えて、上司が送ってきた無礼な態度のメールやメモの控えを用意します。
  • 上司の態度が失礼に当たるかどうか判断できなければ、同僚の意見を聞いてみましょう。
広告

注意事項

  • 解雇される可能性があるので、上司を怒鳴りつけたり脅したりしてはいけません。
広告

関連記事

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
男性から好意を持たれているか知る男性から好意を持たれているか知る
落ち込んでいる彼女を慰める落ち込んでいる彼女を慰める
陰口を叩く人に対処する陰口を叩く人に対処する
誕生日のお祝いに応える誕生日のお祝いに応える
車椅子を利用している人と接する車椅子を利用している人と接する
馬鹿にされたとき言い返す馬鹿にされたとき言い返す
より良い人になるより良い人になる
好きな男性に自分の存在をアピールする好きな男性に自分の存在をアピールする
かっこいいあだ名を考えるかっこいいあだ名を考える
非常識な人に対処する非常識な人に対処する
ウインクをするウインクをする
女性を持ち運ぶ女性を持ち運ぶ
失礼な人に対処する失礼な人に対処する
広告

このwikiHow記事について

Frank Blaney
共著者 ::
認定太極拳・気功術講師
この記事の共著者 : Frank Blaney. フランク・ブラネイは15年以上の指導経験を持つ気功術と太極拳の認定講師です。太極拳の素晴らしさを広めるべくガイドブック「太極拳-始めよう!簡単スタートアップガイド」を出版。柔道の有段者(黒帯2段)でもあり企業、非政府組織、そして地域コミュニティーを対象に自己管理、セルフパフォーマンス、対立解決の方法を指導を行っています。カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校にて交渉学、紛争解決学、平和構築学の修士号を取得。
カテゴリ: 社交関係
このページは 95 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告