無線LANホームネットワークはとても便利ですが、適切なパスワードを設定しなければ、悪意を持った攻撃に対して無防備なままであり、近所の人に無料で勝手に使われてしまいます。パスワードの設定は、簡単かつすぐに行うことができます。パスワードを設定することで、多くの問題を未然に防ぐことができます。この記事にしたがって、時間をかけずに強固なパスワードを設定してWi-Fiを保護しましょう。

ステップ

  1. 1
    無線ルーターにアクセスする ルーターに付属するセットアップディスクを使ってアクセスできるのが理想的ですが、ルーターはインターネット経由でリモートアクセスできるように設計されています。ウェブブラウザからルーターにアクセスするには、アドレスバーにアドレスを入力します。一般的に、ルーターのアドレスは「192.168.1.1」、「192.168.0.1」、「192.168.2.1」などです。
    • 可能であれば、イーサーネットケーブルでルーターに接続されているパソコンからルーターにアクセスしましょう。Wi-Fi経由でルーターにアクセスする場合は、設定を変更する際に、アクセスを遮断されてしまいます。その後、ネットワークに再接続してログインし、多くの調整をする必要があります。
    • ほとんどのルーターで、デフォルトのユーザーネームとパスワードは、共に「admin」です。両方の入力フィールドに「admin」と入力してもうまく行かない場合は、どちらか一方にのみ「admin」と入力し、もう一方を空白にしてみます。それでもうまく行かない場合は、ルーターのメーカーに問い合わせましょう。
    • 以前にアクセスパスワードを変更したきり忘れてしまった場合は、ルーターのリセットボタンを長押しして工場出荷状態に戻しましょう。これにより、全ての設定が初期化されます。
    • ルーターに付属している取扱説明書が手元にない場合は、インターネットでルーターの型式を検索して、IPアドレスとログイン情報を探すとよいでしょう。
  2. 2
    無線LANのセキュリティ設定を確認する セキュリティ設定の項目名はルーターの機種によって異なりますが、一般的に、「無線LAN設定」や「セキュリティ設定」などの項目内にあります。なかなか見つけることができない場合は、ルーターの型式をインターネットで検索して、セキュリティ設定を開く方法を探しましょう。
  3. 3
    暗号化方式を選択する ほとんどのルーターでは、セキュリティに関して、いくつかのオプションを選択することができます。一般的には、WEP、WPA-PSK(パーソナル)、WPA2-PSKの中から選ぶことができます。可能であれば、無線LANネットワークで利用可能な暗号化方式のうち最も安全なWPA2を選択しましょう。古いルーターの場合は、このオプションを利用できない場合があります。
    • 古い機器の中には、WPA2を適用したネットワークに接続できないものがあります。複数の古い機器をネットワークに接続する必要がある場合は、このことを念頭におきましょう。
  4. 4
    WPA2パーソナルにAESアルゴリズムを適用する 可能な場合は、WPA2のセキュリティ用の暗号化アルゴリズムとしてAESを選択しましょう。別のオプションはTKIPですが、これはAESよりも古くて安全性が低いアルゴリズムです。ルーターによっては、AESしか選択できない場合があります。[1]
    • AESは、「Advanced Encryption Standard(次世代暗号化標準)」の略称で、無線通信の暗号化に最適なアルゴリズムです。
  5. 5
    パスワードとSSIDを入力する SSIDはネットワーク名です。このSSIDに機器を接続する場合は、必ずパスワードを入力しなければなりません。
    • 文字、数字、記号を組み合わせたパスワードを設定しましょう。簡単なパスワードほど、他人に推測されやすく、ハッカーが言うところの「ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)」の被害に遭いやすくなります。オンラインには強固なパスワードを作成するためのパスワード生成ツールがあります。必要に応じて、こうしたツールを利用しましょう。
  6. 6
    設定を保存してルーターを再起動する 無線LAN設定画面で[適用]や[保存]などのボタンを押して、新しい無線LANセキュリティ設定を保存しましょう。ほとんどのルーターは自動的に再起動します。また、ネットワークに無線接続している全ての機器は接続が遮断されるため、再起動後に接続しなおす必要があります。
    • ルーターが自動的に再起動しない場合は、手動で再起動する必要があるかもしれません。ルーターを再起動するには、電源を切って10秒間数えます。再度電源を入れて再起動が完了するのを待ちましょう(ルーター本体正面のランプが全て点滅しているのを確認できたら再起動は完了です)。
    • 必ず、日常的に無線LANに接続する機器全てに、新しいログイン情報とパスワードを入力しましょう。Wi-Fiのセキュリティをさらに高めたい場合は、半年に1回程度の頻度でパスワードを変更するとよいでしょう。
    広告

ポイント

  • ネットワーク名やSSIDを変更するのも、Wi-Fiのセキュリティを高めるのに有効な方法です。無線ルーターにはSSIDが初期設定されています。Wi-Fiを無断で使用しようとする人は、初期設定のSSIDを容易く調べて、デフォルトのパスワードで接続を試みたり、ブルートフォースアタックを仕掛けたりする可能性があります。Wi-Fi接続があることを他人に知られないように、SSIDのブロードキャストを完全に停止するとよいでしょう。
  • 必ずルーターのファイアウォールを有効にしましょう。ルーターによっては、初期設定でファイアウォールが無効になっていますが、有効にすることで簡単にセキュリティを向上することができます。
  • 後で必要になった場合に備えて、パスワードをメモして安全なところに保管しておきましょう。
  • ルーターでWPA2を利用できない場合は、WEPではなくWPAを選択しましょう。WPA2は、現在無線LAN接続用の最も安全な暗号化方式です。WEPかWAPしか選択できない場合は、WPAを選択しましょう。WEPはかなり古い方式であり、現在では簡単に回避してネットワークに接続できてしまう方法があります。

広告

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

2台のルーターを接続する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

画像のURLを取得する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

YouTubeでチャンネル登録者を削除する

How to

Youtube チャンネルの動画を全てダウンロードする

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする

How to

携帯電話を使ってノートパソコンをインターネットに接続する

How to

Outlookで投票ボタンを使う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む34人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,037回アクセスされました。
カテゴリ: インターネット
このページは 1,037 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告