友達や恋人、配偶者、きょうだい、どんな関係であろうと、誰かに無視されるのは気持ちの良いものではありません。相手が返事をしてくれるまで言葉をかけたくなるかもしれませんが、実際には放っておいたほうが賢明です。相手の気持ちが落ち着くまで、自分の生活を続けましょう。幸い、今は無視されていても、その状態が一生続くわけではありません。状況が落ち着いてから直接会う機会を設けて問題を話し合い、双方が納得する解決策を一緒に見つけましょう。

パート 1 の 2:
そっとしておく

  1. 1
    どうして無視されるのかを考えてみましょう。状況にもよりますが、理由がはっきりしている場合もあります。たとえば、妻と大喧嘩をした場合は、彼女があなたを無視する理由は明らかです。無視する相手と自分との間に思い当たるような問題がない場合は、相手を怒らせるようなことをしていないか考えてみましょう。
    • たとえば、友達のいないところで陰口を言って、その内容が友達にばれたのかもしれません。
    • 電話を折り返さない、メッセージに返信しない、のけ者にするなどの行動で、その人の気持ちを傷つけてしまった可能性もあるでしょう。

    ポイント:場合によっては、無視される筋合いなど全くない可能性もあります。あなたを無視する人が片思いの相手や比較的新しい恋愛の相手なら、その人のことは忘れたほうが良いかもしれません。あなたのことをもっと大切にしてくれる人がきっといるはずです。

  2. 2
    相手の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。無視される理由にかかわらず、一番してはいけないことは、しつこくまとわりつくことです。メッセージを大量に送る、何度も電話をかける、無視する理由を何度も問い詰めるなどの行為は控えましょう。相手に気持ちを整理する時間を与えます。あなたとの関係をどう修復するか、または関係修復を望むのかについて相手が決断するのを待ちましょう。[1]
    • メッセージや電話で1回くらい連絡を取るのは問題ありませんが、「どうして無視するの?」「私が何か悪いことをした?」「お願いだから話をしてよ!」などのメッセージを何度も送りつけるのはやめましょう。このようなメッセージを送ると相手をイライラさせるだけでなく、相手にすがりつくような印象を与えます。
    • 問題をすぐに解決せずに放っておくのは本当に難しいかもしれませんが、他人の気持ちをコントロールすることはできません。今はそっとしておくほうが賢明です。
  3. 3
    仕事や学校の勉強、趣味などで気を紛らわせましょう。無視される理由を探したり、無視されているという事実ばかりを繰り返し考えたりしていると、時間とエネルギーを無駄に費やしてしまいます。そんなふうに過ごしても有意義ではなく、惨めな気持ちになるだけです。いつも通りの生活や活動を続けましょう。問題から気を逸らせて有意義に時間を過ごすために、仕事や学校の勉強に熱中しましょう。[2]
    • 暇があれば、釣りやケーキ作り、サッカー、木工、詩の創作、水泳、編み物、コーディングなど、自分が楽しめることをしましょう。
  4. 4
    あなたを気遣ってくれる人たちと過ごしましょう。あなたにとって大切な人がそばにいないのは本当に悲しいことかもしれませんが、その人だけが一緒に過ごす相手ではないはずです。別の友達や家族と連絡を取り、一緒にでかけましょう。別の人たちと良い関係を築くことに時間を費やし、楽しく過ごします。[3]
    • 特に大切な相手との関係に悩んでいる場合は、自分の感情的欲求を別の人との関係で満たすことがとても大切です。
  5. 5
    過去に同じような経験をしたときに、自分がどのように対応したかを考えてみましょう。相手が過去にもあなたを無視したことがあり、話をしてもらうためにあなたが必死に相手の気を引こうとした経験がある場合は、また同じことをあなたにさせようと相手が考えている可能性もあります。[4]
    • このようなケースもあるので、相手にすがりついたり気を引こうと必死になったりしないほうが良いのです。あなたが必死に気を引こうとする姿を見たくて、無視しているのかもしれません。無視されるたびにそんな態度をとると、相手は無視すればあなたを思い通りに扱えると考えるようになるでしょう。これは、実際は問題に対処する健全な方法ではありません。
    広告

パート 2 の 2:
直接話をする

  1. 1
    会って話をする機会を設けましょう。あなたを無視している人が大切な相手で仲直りをしたいと考えるなら、問題に対処する必要があります。メッセージや電話より、直接会って話をするほうが良いでしょう。表情が見えるので、言葉や行動に偽りがないかをお互いが判断しやすくなります。[5]
    • 電話やメッセージ、手紙などで連絡を取り、会う約束をしましょう。たとえば「あなたが私に腹を立てているのは知っているけど、そのことについてぜひ話をしたいの。土曜日の午前10時に会ってお茶できるかな?」などと聞いてみましょう。
    • どちらかが有利になるような場所ではなく、対等に話ができる場所を選びましょう。

    ポイント:相手から返事がなかったり会うのを断られたりする可能性もあります。その場合、あなたにできることはあまりありません。会って話をする機会を先に延ばせるのならそのように伝え、相手が話をする気になったら連絡をもらうようにしましょう。

  2. 2
    無視する理由を単刀直入に尋ねましょう。会って話をすることに相手が同意したら、会ったときには単刀直入に無視する理由を聞きます。無視する理由が思い当たる場合でも相手に尋ね、その人の思いを聞きましょう。問題に対処するために無視するのが正しいとその人が考えている理由や本当の問題は、思いもよらないことかもしれません。[6]
  3. 3
    相手の言うことを注意深く聞きましょう。相手が話をしているときに自分を正当化したり、反論しようと考えたりするのは控えます。特に、相手があなたを責めたりあなたが悪いと考えたりしている場合、じっと話を聞いているのは辛いかもしれません。しかし、相手の話に耳を傾け、言葉の裏に隠されている本音を感じ取り、相手の側に立って状況を見るように努力しましょう。[7]
    • 視線を合わせる、理解した時や同意した時には頷くなどのボディランゲージを使って、話をきちんと聞いている態度を示しましょう。
    • 確認したいことがあれば、遠慮なく質問しましょう。相手の言ったことをきちんと理解できているかを確認するために、言われたことを繰り返しても良いでしょう。
  4. 4
    自分に非がある場合は謝りましょう自分のせいで相手を怒らせるまたは傷つけた場合は、自分の行動に責任を持ちます。プライドを捨て、自分の間違いを認めて誠実に謝りましょう。相手の正当性を認めることは、二人の関係を修復するうえで非常に役立ちます。[8]
    • たとえば「この間の女子会に誘わなかったのは私が悪かったわ。あなたのことを傷つけてしまってごめんなさい」などと言いましょう。
  5. 5
    自分の気持ちを説明しましょう。相手の不満や気持ちを聞いたら、今度は、この問題に対して自分がどう感じているのかを説明する番です。相手を責めずに、その状況について自分の見方を話しましょう。「私」という言葉を使って自分の感情を表現し、無視された時の気持ちも忘れずに伝えます。[9]
    • たとえば「あなたに無視されて私はとても寂しかったし、不安になった。あなたとの関係は私にとって大切だから、問題を解決したい」と伝えましょう。
  6. 6
    できれば、妥協策や解決策を一緒に見つけましょう。この時点で、相手との人間関係が修復可能なものかどうかの見当はつくでしょう。謝っただけで問題が解決する場合もありますが、時間をかけて人間関係を修復する必要がある場合もあります。この先どうしたら良いのかを一緒に考えましょう。[10]
    • お互いに妥協策や解決策を提案し合って、二人にとって一番良い方法を見つけましょう。
    • 約束をするのは簡単ですが守るのは難しいものです。信頼を取り戻すために何かをすると約束するのなら、その約束をしっかりと守るようにしましょう。
  7. 7
    修復する価値のない関係もあるということを受け入れましょう。誰かがあなたに何かをさせるために(または、何かをさせないために)無視している場合、その人はあなたをコントロールしようとしています。このような人間関係は健全ではありません。特に、無視することについて話し合った後でも、友人や家族が何かにつけてあなたのことを無視するのなら、その人との関係を断ち切ったほうが気持ち良く暮らせるかもしれません。[11]
    • 同様に、それほど深い関係になっていない恋愛相手がそのような態度を取る場合、その相手のことは忘れたほうが自分のためになると判断しても良いでしょう。
    広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

げっぷする

How to

キスが上手になる

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

男性からの好意に気付く

How to

女性をその気にさせる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

泣いている人を慰める

How to

自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,985回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 2,985 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告