焦げついたオーブンの底をきれいにする方法

共同執筆者 Michelle Driscoll, MPH

料理やお菓子作りをしている際にオーブン内で食べ物がこぼれたりはねたりするのはよくあることですが、すぐに拭きとらなければオーブンの底が焦げてこびりつく場合もあります。幸いにも、オーブンの底で焦げついた食べ物は少し時間をかけて一生懸命掃除すれば楽に落とせるでしょう。

パート 1 の 3:
オーブンの準備をする

  1. 1
    オーブンの中から全てのものを取り出す オーブンラックを取り出し、底に手が届きやすいようにします。オーブン用温度計やピザストーン(ピザを乗せて焼くための台)など、オーブン内に保管している他のものも出しておきましょう。[1]
    • オーブンラックも焦げた食べ物の残りなどで汚れている場合は、同じ洗浄剤で汚れを落とせます。オーブンラックを取り出して洗い、オーブンの掃除が終わったら元に戻しましょう。
    • ぬるま湯に食器用洗剤を入れて混ぜたものにオーブンラックを浸すと手入れしやすいでしょう。オーブンラックを数時間浸してから、研磨パッドでこびりついた汚れを取り除きます。その後、清潔な食器用布巾で拭きましょう。[2]
  2. 2
    大きい食べ物の塊や最近飛び散った汚れなどを拭きとる 焦げついた箇所の掃除をする前に、簡単にとれる汚れを取り除くとよいでしょう。古布やキッチンペーパーで、簡単にとれるオーブンの底の食べ物を拭きとりましょう。
  3. 3
    新聞か古いタオルをオーブン前の床に置く 掃除中に液体洗浄剤がオーブンから垂れる場合があります。洗浄剤の水滴が落ちないように何かを床に敷いておけば台所の床を汚さずにすみ、後片付けが楽になります。[3]
  4. 4
    オーブンにセルフクリーニング機能がついていれば、稼働させる 欧米ではオーブンにセルフクリーニング機能がついている場合があります。この工程によりオーブンが高温になり、食べ物の残りやこぼしたものをカリカリに焼き上げます。その結果、汚れが落ちやすくなるでしょう。オーブンの種類により、セルフクリーニングは1.5~3時間かかります。[4]
    • オーブンの底が焦げついた食べ物で完全に覆われている場合は、この工程を飛ばしたほうがよいかもしれません。焦げついている食べ物の量が多いと大量の煙が出て煙探知器が作動する恐れがあり、化学物質も放出されます。[5]
    • セルフクリーニングを稼働させている最中はオーブンから目を離さないようにします。煙が出てきたらセルフクリーニングを停止し、手で全てを掃除したほうがよいでしょう。
    • セルフクリーニングが終了してオーブンが冷めてから、湿った布で底についている薄い色の焦げた灰を拭きとりましょう。[6]
    広告

パート 2 の 3:
洗浄剤を使用する

  1. 1
    重曹と水をペースト状にして簡単な洗浄液を作る 小さいボウルに重曹260gと水大さじ2~3杯(約30~45mL)を入れて混ぜ合わせます。手袋を着用し、そのペーストを焦げついた箇所に広げます。一晩おき、汚れを浮き上がらせましょう。[7]
    • ペーストを塗り広げる際に、特に焦げつきがひどい箇所をこするようにしましょう。混ぜ合わせたペーストが徐々に茶色くなるはずです。[8]
    • この洗浄用ペーストに酢を加えると、より効果的です。その他の方法としては、ペーストをこすり落とす直前に酢を吹きかけます。酢が重曹に反応し、より強力な洗浄力が発揮されます。
  2. 2
    天然素材を用いて掃除するには、レモンをオーブン内で熱する レモン2個を半分に切り、小さめのオーブン用耐熱ボウルかオーブン皿にレモン汁を絞ります。レモンの皮と十分な水を加え、ボウルまたはオーブン皿の3分の1の量になるようにします。オーブンの中段にラックを入れ、ボウルを置きます。約120度で30分間熱します。レモンの蒸気が焦げついた層に浸透して汚れが落ちやすくなります。[9]
    • この工程でオーブンから煙が出るのは普通です。オーブンの換気をつけて近くの窓を開けて空気が流れるようにしましょう。
    • オーブンを冷まし、汚れを拭きとる前にラックを取り出します。
  3. 3
    刺激の強い化学物質の使用に抵抗がなければ、市販の洗浄剤を使う 市販の洗浄剤は恐らく他のどの方法よりも効果的なため、オーブンの汚れがひどい場合は市販の洗浄剤を試すとよいでしょう。一方で、このような洗浄剤は有毒な場合があるため、次にオーブンで食べ物を調理する前に洗浄剤を完全に取り除く必要があります。焦げついた箇所に洗浄剤を吹きかけ、20~30分染みこませます。[10]
    • 強力な洗浄剤を使用する際は、化学物質が目に飛び散ったり肌に浸透するのを防ぐため、保護メガネをかけて厚手のゴム手袋を着用しましょう。
    • 容器に記載の説明を読み、洗浄剤の使用方法や放置する時間を確認しましょう。
  4. 4
    洗浄剤の種類に関わらず、発熱体につかないようにする 天然の洗浄剤でも化学物質の洗浄剤でも、発熱体から遠ざけるようにしましょう。次にオーブンをつけた時に発熱体についている洗浄剤が燃えて煙が出る恐れがあり、食べ物の味が変わってしまう場合があります。[11]
    • 電気オーブンの場合は、発熱体を形成している太い金属線を持ち上げ、その下に洗浄剤をつけます。ガスオーブンの場合は、ガスバルブや点火装置に洗浄剤をかけないようにしましょう。
    • 誤って発熱体に洗浄剤がついてしまった場合は、清潔な水に浸した布で拭きとりましょう。
    広告

パート 3 の 3:
洗浄剤を取り除く

  1. 1
    湿った布巾で洗浄剤と汚れを拭きとる この工程中には布巾を数回洗って絞ります。あらゆる箇所についている洗浄剤を確実に拭きましょう。[12] 市販の洗浄剤を使用したのであればラベルを読み、説明に従って洗浄剤を拭きとりましょう。
    • 重曹ペーストを使用した場合はホワイトビネガーをスプレーボトルに少量入れ、重曹ペーストに吹きかけてから拭きとりましょう。重曹と酢の混合物が泡立ち、見えやすくなります。[13]
    • レモンでオーブン掃除をした場合は、残ったレモン水で焦げついた箇所をこすりましょう。[14]
    • プラスチック製のヘラを使うと焦げた食べ物が剥がれやすいかもしれません。[15]
  2. 2
    研磨パッドでこびりついているものをこすり落とす 簡単に落ちない汚れは、研磨パッドを少し濡らしてこすります。マイクロファイバースポンジやスチールウールなどを使うと汚れが落ちやすいかもしれません。[16]
  3. 3
    最後に湿った布巾でオーブンを拭いてから乾かす 清潔な布巾でオーブンの底をもう1度拭き、汚れや食べかす、洗浄剤が全て確実に落ちているかを確認します。オーブンは自然乾燥させるか、清潔なタオルで拭きましょう。[17]
    • 強力な洗浄剤を使用した場合は、オーブンの底を少量の食器洗剤でもう1度洗い、有毒な化学物質が残っていないことを確認するとよいでしょう。
    • 少々汚れが残っていれば、酢を吹きかけて湿った布巾で拭きましょう。酢の効果により頑固な汚れが落ちやすくなります。
  4. 4
    周りをきれいにし、ラックを元に戻す オーブンの側面と扉にも洗浄剤がついてしまったのであれば、確実に拭きとります。床に敷いた新聞またはタオルを取り去り、オーブンから出た汚れを全て拭きとりましょう。
    • オーブンを掃除する前に取り出したオーブンラック、温度計、その他の道具の手入れも必要な場合は、オーブンに戻す前にきれいにしておきましょう。
    広告

ポイント

  • オーブンの扉のガラスの手入れには、他の部分の掃除に使用した重曹と水のペーストを使うとよいでしょう。ペーストを20分間そのままにしておき、その後きれいなスポンジで拭きとります。最後に清潔なタオルでガラスを磨きましょう。[18]
  • オーブンを定期的に使用しているのであれば、3ヶ月ごとに掃除する予定を立てましょう。それほど使用していない場合は、年に1~2回の手入れで恐らく十分です。[19]
  • オーブンをきれいにすると、オーブンで作る料理がよりおいしくなります!食べ物の焦げかすは悪臭の煙を発生させるため、料理の味が変わる場合があります[20]
  • 焦げついた箇所が増えるのを防ぐためについた汚れは即座に拭きとるべきですが、火傷をしないように十分注意しましょう。[21]

広告

注意事項

  • オーブンの掃除に漂白剤を使用することも可能ですが、最善策とは言えません。肺や肌にダメージを与える可能性があり、オーブンの油を取り除くにはあまり効果的ではないでしょう。[22]
広告

必要なもの

  • 布巾かキッチンタオル
  • 新聞紙か古いタオル
  • 手袋
  • 保護メガネ
  • 研磨パッドかスチールウール
  • マイクロファイバークロス
  • スプレーボトル
  • プラスチック製のヘラ
  • 小さいボウル
  • オーブン用耐熱ボウルかオーブン皿
  • 重曹と水
  • レモンと水
  • オーブン洗浄剤
  • 食器用洗剤

このwikiHow記事について

Mulberry Maids設立者
この記事はMichelle Driscoll, MPHが共著しています。 ミッシェル・ドリスコルは北コロラドを拠点とするハウスクリーニングとメイドサービスを提供する会社「Mulberry Maids」の社長を務めています。2016年にコロラド州の公衆衛生大学院にて公衆衛生学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 家電製品
このページは 32 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告