これからアボカドを買う予定があったり、既に手元にあるけれど、食べ頃かどうかが分からなくても心配はいりません!ここでご紹介するいくつかのコツや裏技を使い、簡単に熟したアボカドを見分けて、美味しいアボカドサンドイッチ、ワカモレディップ、アボカドのスナックを楽しむことができます。

パート 1 の 4:
外見で判断する

  1. 1
    アボカドの種類を知る アボカドの品種が違うと外見も異なります。品種によって、大きさ、色、形に多少の違いがあります。熟したアボカドの外見は、選ぶ品種によって異なります。[1]
    • アボカドの品種が不確かな場合は、販売店に尋ねましょう。
    • 熟したアボカドの柔らかさは、どの品種でもほぼ同じです。
    • 品種によって外見が異なり、同じ品種でもそれぞれ見かけが違う場合があるため、外見で食べ頃を見分けるのは難しいかもしれません。それでも、通常はまず外見で成熟度を判断することが多いため、以下の特徴を覚えておくと役に立つでしょう。
  2. 2
    アボカドの収穫時期を考慮する それぞれの品種は、異なる時期に収穫されます。例えば、秋にアボカドを購入する際、初秋に収穫された品種と、晩秋に収穫された品種が出回っていれば、初秋に収穫された品種の方が熟していると言えるでしょう。
    • ベーコン種(Bacon)は、通常晩秋から春にかけて出回り、真冬の品種として知られています。
    • フエルテ種(Fuerte)も同様に、晩秋から春にかけて収穫されます。
    • グエン種(Gwen)は、主に秋と冬に収穫されます。
    • ハス種(Hass)とラムハス種(Lamb Hass)は、1年を通して収穫されています。日本国内で流通しているアボカドの大半はハス種です。
    • ピンカートン種(Pinkerton)は、初冬から春にかけて出回ります。
    • リード種(Reed)は、夏から初秋に収穫されます。
    • ズタノ種(Zutano)は、9月初旬から初冬にかけて出回ります。
  3. 3
    大きさと形の違いを知る アボカドを追熟(収穫後に成熟)させる前に、果実が十分に生長している必要があります。品種によって、生長した果実の大きさや形に違いが見られます。
    • ベーコン種はアボカドのなかでは中間的な大きさで、170~340 gほどの重さがあります。この品種は楕円形をしています。
    • フエルテ種は生長すると中型から大型の実になり、140~400 g程度の重さです。ベーコン種より縦長ですが、同じくナシのような形をしています。
    • グエン種は中型から大型の実で、170~425 gほどの重さです。丸々と膨らんだ楕円形をしています。
    • ハス種は中型から大型で、140~340 gほどの重さの楕円形の品種です。
    • ラムハス種は大型の実で、330~530 gほどの重さです。ナシ型で均整の取れた形をしています。
    • ピンカートン種は長いナシのような形です。重さは230~510 gほどです。
    • リード種は中型から大型の実で、230~510 gほどの重さです。アボカドのなかで最も丸い形をしています。
    • ズタノ種は中型から大型で、通常170~400 gほどの重さです。細いナシのような形をしています。
  4. 4
    色を調べる 大抵のアボカドの外皮は、熟すと色が濃くなりますが、色は品種によって多少異なります。
    • ベーコン種とフエルテ種の外皮は、薄く滑らかで緑色です。
    • グエン種の外皮は、熟すと暗い緑色になり、柔らかくゴツゴツとしています。
    • ハス種とラムハス種は、最も特徴的な色に変化します。ハス種が熟すと、外皮は深い緑色から深い紫色に変わります。黒くなったアボカドはおそらく熟しすぎで、鮮やかな緑色の外皮はまだ熟していません。
    • ハス種と同様に、ピンカートン種も熟すと外皮の色が濃くなります。熟したピンカートン種の外皮は、通常深い緑色です。
    • リード種の外皮は、追熟後も鮮やかな緑色は変化しません。通常外皮は厚く、多少ゴツゴツしています。
    • ズタノ種は、熟すと黄色味がかった緑の薄い外皮になります。
  5. 5
    濃い色のシミがある果実は避ける 濃い色のシミは果実が傷んでいたり、熟しすぎの可能性があります。
    • 一般的な目安として、外皮の色と表面が均一であるかを確認しましょう。色がまだらであったり、表面が整っていない果実は、腐っているか、傷んでいます。どちらの場合も、品質が低下している証拠です。
    広告

パート 2 の 4:
柔らかさを確認する

  1. 1
    アボカドを手のひらで持つ 指先でアボカドを掴んではいけません。アボカドを直接手のひらで持ちましょう。
    • 果実を指先や親指で押すと、傷をつけてしまう場合があります。[2]未熟のアボカドは簡単に傷はつきませんが、熟したアボカドはすぐに傷ついてしまいます。手のひらで持つと、アボカドにかかる圧力が分散して最小限になり、果実を傷めるリスクが減少します。
  2. 2
    果実をそっと握る 手のひらと指の付け根を使い、アボカドを均等な力でやさしく握ります。
    • 熟しているアボカドは、ほんの少しの力で柔らかさを確認できます。外皮は少しへこみますが、すぐに元に戻ります。
    • ブヨブヨと柔らかい果肉は、熟しすぎです。
    • アボカドが硬いと感じたら、まだ熟していません
  3. 3
    果実の数箇所を握る 果実を1/4回転させ、再度手のひらと指の付け根でやさしく握ります。
    • 最初に握った箇所が傷んでいて、熟しているまたは熟しすぎていると勘違いしてしまう場合があります。再確認するために、果実の異なる箇所を握って硬さを比べましょう。全体が均等に柔らかい果実が、傷みのない熟したアボカドです。
    広告

パート 3 の 4:
ヘタの下を確認する

  1. 1
    アボカドをやさしく振る アボカドを耳に近づけて数回やさしく振り、果実の中でカタカタと音がしないかを確かめます。
    • 果肉は柔らかいけれど、熟しすぎか食べ頃かが不確かな場合は、アボカドを振ることによって、果実を切らずに確かめることができます。
    • 果実が熟しすぎている場合は、中にある種が果肉から離れます。その結果、果実を振ると音がします。アボカドを振った時にカタカタと音がしたら、既に熟しすぎていると思われます。
  2. 2
    ヘタを取る 人差し指と親指でヘタをつまんで素早くもぎ取ります。
    • アボカドが熟していれば、ヘタは難なく離れるはずです。
    • 未熟なアボカドのヘタは、切り取らない限り取り除けないでしょう。ナイフなどの道具を使って、ヘタを切り取ってはいけません。指でヘタを取れない場合は、アボカドはまだ未熟で、食べ頃ではありません。
  3. 3
    ヘタの下の果肉の色を確認する ヘタをねじり取ることができたら、アボカド特有の緑色の果肉が見えるかを確かめましょう。[3]
    • 果肉が淡い黄色または淡い茶色の場合は、アボカドはまだ熟していません。
    • ヘタの下の果肉が濃い茶色であれば、熟しすぎている可能性があります。
    広告

パート 4 の 4:
カット済みまたは未熟のアボカドの保存

  1. 1
    保存方法を選ぶ 熟していると思い込み未熟のアボカドを切ってしまっても、救う手立てはあります。特にほとんど熟した状態であれば、期待が持てます。
    • ただし、成功しない場合もあります。アボカドを冷蔵保存すると成熟が遅れるため、冷蔵庫に入れておくとなかなか熟しません。とはいえ、一度切ったアボカドは、冷蔵庫に入れて傷みを防ぐ必要があります。
  2. 2
    切り口にレモン汁を塗る 製菓用ブラシを使い、約大さじ1杯(15 ml)のレモン果汁またはライム果汁を、カットした果肉に塗ります。
    • アボカドを切ると、果肉の細胞壁が破壊されて酸化が始まります。果肉に酸性物質を塗るのが、酸化を遅らせる最良の方法です。
  3. 3
    半分に切ったアボカドを合わる ふたつに切ったアボカドを、できるだけ元通りの形に合わせます。
    • 酸化を防ぐもうひとつの方法は、果肉が空気に触れるのを最小限に抑えることです。切った果実を合わせて元に戻すと、両方の果肉の断面が空気に触れません。
  4. 4
    アボカドをラップでしっかりと包む アボカドをラップで数回巻き、空気に触れないように密閉します。
    • 密閉することで、果肉に触れる空気の量を最小限に抑え、酸化の進行を遅らせます。
    • 密閉容器、再使用可能な密閉ポリ袋、真空パックのポリ袋も利用できます。
  5. 5
    熟すまで冷蔵庫で保存する 熟す前にカットされたアボカドは、追熟過程での腐敗を防ぐために、冷蔵庫で保存する必要があります。
    • アボカドは数日で熟すはずです。ただし、熟す前にアボカドが柔らかくなったり、茶色に変色した場合は、廃棄する必要があるかもしれません。
    広告

ポイント

  • 未熟なアボカドを追熟させるには、常温のカウンターの上に数日置きましょう。冷蔵保存すると成熟が遅れるため、カットした場合を除き、未熟のアボカドを冷蔵庫で保存するのは避けましょう。
  • アボカドは収穫後に熟します。アボカドを木から収穫する場合、外皮の色が均等に濃く、硬い果実を選びましょう。収穫後、熟して食べ頃になるまで、果実を2~7日ほどカウンターに置いておく必要があります。
  • アボカドをすぐに食べる予定がない場合は、未熟なアボカドを購入したほうがよいでしょう。熟したアボカドは、冷蔵庫で通常数日間しかもちません。
  • アボカドの成熟を早めるには、茶色の紙袋にアボカドとリンゴまたはバナナを一緒に入れます。リンゴやバナナは、成熟ホルモンのエチレンガスを発生させ、アボカドの成熟を促します。[4]

広告

関連記事

How to

パイナップルを熟成させる

How to

バナナを長持ちさせる

How to

悪くなったスイカを判別する

How to

パパイヤの種を食べる

How to

バナナのスライスの変色を防ぐ

How to

ココナッツを割る

How to

ブドウを種から育てる

How to

バナナを冷凍する

How to

オレンジの皮を剥いてゼストを作る

How to

シンプルなシロップを作る

How to

桃を熟させる

How to

傷んだキノコを見分ける

How to

にんじんを電子レンジで調理する

How to

ビーツを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,203回アクセスされました。
カテゴリ: 野菜と果物
このページは 2,203 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告