ストレートで輝く髪の毛を手に入れたい一方で、一般的な熱を使った方法で髪の毛にダメージを与えるのは嫌だという人は多いでしょう。幸いなことに、髪の毛にダメージを与えないどころか、より強化しながらストレートにする方法は存在します。まずは、くせ毛シャンプーやヘアケア製品を使うことから始めましょう。週に1度か2度、ストレートヘアマスクを利用し、髪の保湿をすることで、くせを抑えましょう。ロングヘア―の方は、大きいカーラーに髪を巻くことにより、一晩でストレートヘアが手に入ります。くせとは逆方向に巻くことで、髪の毛をストレートにすることができます。

方法 1 の 3:
ヘアケア習慣を変える

  1. 1
    くせ毛シャンプー及びコンディショナーを使用する ストレートヘアを手に入れるためには、まずは日頃使っているヘア製品を見直す必要があります。髪をストレートに、なめらかにするくせ毛シャンプーやコンディショナーを使っていない方は、これらを使用してみましょう。これらの製品は髪の毛に潤いを与え、くせを抑えてストレートにする効果があります。[1]
  2. 2
    超吸水タオルを使用する なるべく髪の毛に熱を与えないよう、タオルで水気を拭き取ることが重要です。普段使用しているタオルではなく、マイクロファイバーなどの超吸水タオルを使用しましょう。髪の毛が縮れにくく、水気を素早く取ることができます。[2]
  3. 3
    タオルで乾かす技術を磨く タオルで髪の毛を荒くこすると、縮れてしまうことがあるため、優しく拭くよう心掛けましょう。まず毛先を超吸水タオルで挟みながら水気を取り、頭にかけてゆっくりとタオルに水分を吸収させていきます。次にタオルで優しく拭き、ロングヘア―の方は毛先をこすらないよう、十分に注意しましょう。
  4. 4
    冷風で乾かし、ブラッシングする 熱風で乾かすと、髪の毛にダメージを与えるだけでなく、縮れ毛を起こし、くせ毛が出やすくなります。熱風で乾かすのではなく、タオルで水気を取った後、パドルブラシでとかしながら、冷風でブロックごとに乾かします。[3]
    • 冷風で乾かすと、熱風よりも時間がかかってしまいます。そのため、急いでいる時や、時間のない朝などには注意しましょう。
  5. 5
    濡れた髪を乾くまでブラッシングする ドライヤーを使用したくない場合は、タオルで優しく拭き、乾くまでブラッシングするとよいでしょう。ブラッシングすることで髪の毛一本一本が分離し、水分を取り除くことができます。またその際、若干髪の毛が引っ張られ、普段くせになっている髪の毛もストレートにすることができます。[4]
    • ブラッシングをし続けたくない場合は、ブロックに分けてブラッシングし、それぞれの合間に5分程度の休憩を挟みながら自然乾燥させましょう。
  6. 6
    髪をなめらかにするヘアケア製品を使用する 髪の毛がほとんど乾いたら、ヘアクリームやヘアムースを利用し、縮れ毛やくせ毛を抑えましょう。ココナッツオイルやホホバオイルなどの自然由来の成分が含まれた製品を利用し、髪の毛をケアするとよいでしょう。[5]
    広告

方法 2 の 3:
ストレートヘアマスクを使用する

  1. 1
    牛乳とハチミツでマスクを作る 牛乳もしくはココナッツミルク1カップ(240 ml) とハチミツ大さじ1(15 ml)を混ぜ、マスクを作ります。手ですくい、髪の毛全体にマスクを塗ります。1時間置いた後、水で洗い流しましょう。[6]
    • ヘアマスクは、週に1、2回使用すると効果的です。
    • マスクが滴り落ちてしまうことがあるので、シンクで使用するとよいでしょう。
  2. 2
    牛乳と卵でマスクを作る 他にも、牛乳と卵でマスクを作ることができます。牛乳もしくはココナッツミルク2カップ(480 ml) と卵1つを大きいボウルで混ぜ、黄身の形が完全になくなるまで泡立てます。シンクの中かテーブルの上にボウルを置き、その前に真っすぐに座ってかがみ、10分間髪をボウルに浸けます。10分経てばボウルから髪の毛をあげ、余った水分は絞らず、ロングヘア―の方は髪の毛をお団子にまとめましょう。頭にラップを巻き、更に30分置いた後、ラップを外して水で洗い流します。[7]
    • ラップで髪の毛を包むことによりマスクの湿度を保つことができ、体温の暖かさによりマスクが浸み込みやすくなります。
  3. 3
    ココナッツミルクとレモンジュースでマスクを作る しっとりココナッツミルクレモンジュースマスクを作るには、ココナッツミルク1カップ(240 ml)とレモンジュース大さじ6(90 ml)、オリーブオイル大さじ2 (30 ml)、コーンスターチ大さじ2 (30 ml)を電子レンジ対応のボウルで混ぜます。それを20秒程電子レンジにかけ、かき混ぜます。なめらかなペースト状になるまで混ぜ続け、マスクを冷ました後、髪の毛全体に指で均等に塗ります。1時間置いた後、水で洗い流します。[8]
    広告

方法 3 の 3:
一晩でロングヘアーをストレートにする

  1. 1
    髪ゴムを使用する シャワーを浴びる、もしくは簡単にシンクですすぐなどし、髪の毛を濡らします。髪を2つに分け、低い位置でツインテールにし、首の付け根辺りで髪ゴムで結びます。その位置から5cm下を、もう一度髪ゴムでゆるく結びます。このように毛先まで5cm程度の間隔で髪を結びましょう。朝起きて髪ゴムを取れば、髪の毛がストレートになっているのがわかるでしょう。[9]
    • きつく結んでしまうと髪の毛に跡が付いたり、髪が縮れたりすることがあるため、ゆるく結ぶよう心掛けましょう。
  2. 2
    大きいカーラーで髪の毛をストレートにする 髪の毛を6つのブロックに分け、それぞれに大きいカーラーを根本に向けて巻き付けます。大きいヘアクリップでカーラーを頭に固定します。翌朝カーラーを取り外し、髪の毛をとかすと、以前よりも目に見えてストレートになっているはずです。[10]
    • マジックカーラーやスポンジカーラーではなく、プラスチックのカーラーを使用しましょう。
  3. 3
    髪の毛をねじってお団子にする ほぼストレートヘア、もしくは少しのうねりしかない方は、濡れた髪の毛をお団子にまとめ、そのまま乾かしましょう。まず髪をタオルで乾かし、ポニーテールを作ります。ポニーテールを髪ゴムの周りに巻き付け、バレリーナのようなお団子の形を作ります。それを髪ゴムで結び、乾くまで待ちます。髪が乾けばお団子をほどき、簡単にブラッシングしましょう。[11]
  4. 4
    濡れた髪を頭に巻き付け、乾くまで待つ 濡れた髪を頭の周りに巻き付け、アメピンで留めるという方法もあります。髪の毛をブラシか櫛でとかし、真ん中で2つに分けます。左側の髪を取り、右側の頭のてっぺんに向かってとかします。毛先まで頭に沿って巻き付け、アメピンで後頭部に留めていきます。右側も同様に左側に巻き付けピンで留めます。[12]
    • 髪をピン留めした後、寝ている間の縮れ毛を防ぐため、シルクのスカーフを頭に巻き、朝に髪の毛を下ろしましょう。
    広告

ポイント

  • ストレートヘアマスクは髪をストレートにするだけでなく、髪を強化し、潤いを与える効果もあります。
  • 簡単に素早くストレートにしたい場合は、髪の毛を少し湿らせ、ブラッシングし、縮れ毛防止のヘアクリームやヘアムースを使用して艶やかな髪を手に入れましょう。

広告

用意するもの

  • くせ毛シャンプー及びコンディショナー
  • 超吸水タオル
  • ドライヤー
  • パドルブラシ
  • ストレートムースやクリーム
  • 大きいヘアカーラー
  • アメピンやヘアクリップ
  • 髪ゴム
  • シルクのスカーフ

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

生理を早める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

タトゥーシールをはがす

How to

お酒の臭いを消す

How to

速くヒゲを生やす

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

布地からマニキュアを落とす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,274回アクセスされました。
このページは 2,274 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告