高速道路の走行中に加速の不調やエンジンに充分なガスが回っていない気配を感じたならば、燃料パイプ、燃料フィルター、ポンプ、インジェクターのいずれかに部分的、あるいは全体的な詰まりがあるせいかもしれません。エンジンが全くかからない場合であっても、幾つかの簡単なテストを行うだけで問題点を探り当てることができます。

方法 1 の 2:
電気的検査を実施する

  1. 1
    燃料ポンプのヒューズを調べます。ポンプが正常に作動しない原因が電気供給側にあり、ポンプ本体の故障ではない場合もしばしばあります。取扱説明書を参照してヒューズボックスの場所を確認し、燃料ポンプ用のフューズを見つけましょう。フューズを引き抜いて問題点を点検します。茶色に変色していれば、壊れるか焼き付を起こすでしょう。変色していなければ、燃料システムの他のヒューズも点検して、必要があれば交換します。変色したヒューズが全くない場合は、誰かにエンジンをかけてもらいながら、燃料ポンプのリレーが「カチッ」と鳴るかを確認します。
    • ヒューズ交換が必要なときは必ず正しいアンペアのものを使用しましょう。要求値より高いアンペアのものは絶対に装着しません。
    • 茶色に変色したヒューズを見つけたならば、高電流(アンペア)が流れた可能性があり、回路を個別に点検する必要が生じます。変色した燃料ヒューズを交換してからエンジンの始動を試みます。再びヒューズがとんだらショートが起こっており、完全な原因究明が必要になります。修理工場で車を点検してもらいましょう。
  2. 2
    ポンプ本体に於ける電圧を調べます。回路から電気が出ていてもポンプ本体に電気が供給されるとは限らず、ポンプ側での電圧検査も重要となります。取扱説明書を参照して、どの場所をどのような手順で検査すれば正しく調べられるかを確認しましょう。
    • マルチメーターを使用して、ヒューズから出る適切な電流がポンプ側に到達したかを確かめます。ポンプに電流が来ていない場合は燃料ポンプのリレー回路を点検しましょう。リレーの故障が考えられます。
  3. 3
    電圧計で電圧降下を調べます。電源コードが全電圧を示しているか、またアース線の接地が適切に行われているかを確認します。この電気的な検査で何も明らかにならない場合は、不調の原因はおそらく燃料ポンプにあり、ポンプを交換する必要が生じます。しかし、圧力検査を完遂することでさらに詳しい原因究明ができるでしょう。
    • 異なる電圧差が確認された場合は、コードの破損または正負(+-)いずれかの回路に問題があります。車を整備士に検査してもらい助言を求めましょう。
    広告

方法 2 の 2:
燃圧検査を実施する

  1. 1
    フィルターが問題の原因である可能性を消去します。フィルターが沈殿物で詰まっても加速時に問題が生じ、燃料ポンプの故障を疑いたくなります。これを調べるには、先ず車からフィルターを外して残存燃料を排出します。短いゴムホースをフィルターの吸入口に差し込み、ホースに息を吹き込みます。わずかに反発があるので注意しましょう。次にフィルターの排出口から息を吹き込み、白い布やタオルの上にエレメント(濾紙)の付着物を吐き出して確認します。必要に応じてフィルターを交換しましょう。[1]
  2. 2
    燃圧計を準備します。燃圧計は一般的な自動車用品店で手頃な価格で入手できます。ほとんどの車種や年式で利用できるので妥当な投資と言えるでしょう。購入する気がない方は修理工場や専門店のレンタルサービスを検討してみましょう。検査はほんの数分で完了します。
  3. 3
    燃圧計を燃料ポンプの検査用接続部分に取付けます。たいてい燃料噴射装置の近くに設置されている燃料ポンプ検査ポイントを探してから、ポンプが燃料噴射装置レイルに連結されている取付部分を確認します。燃圧計を取付ける位置には、セパレーション(分離)ジョイントか検査用ポートがあるはずです。
    • 準備した燃圧計により使用方法は若干異なります。また燃料ポンプの位置も車種により様々です。作業方法についての詳細は個々の取扱説明書の指示に従いましょう。[2]
  4. 4
    誰かにエンジンをふかしてもらって燃圧計を確認します。エンジンを少し温めた後、アイドリング時の速度とポンプの仕様リストに記載された査定速度の両方で圧力検査を実施します。査定速度が不明な場合はエンジンの回転数を変化させ、圧力がどのように変わるかをチェックします。深刻な問題があれば針は動かないか、仕様書の規定値を下回ります。これは燃料ポンプの交換が必要であることを示す結果です。
    • 燃圧は修理説明書の仕様リストと合致して、エンジンの回転数が上がると伴に増加するのが適切です。これと異なるときは燃料ポンプとフィルターの交換が必要です。
    広告

ポイント

  • 燃料ポンプの交換が必要ならば、再生品の中には新品同様に質がよく、極めて割安なものもあります。再生品を供給するメーカーも一部あり、冒険する気があるならば考慮してみましょう。ポンプはキットの指示に従いながら、自分でネジ回しを使い分解して組立てることも可能です。そのような気持ちがない方は、再生燃料ポンプの入手と取り付けを修理工場に依頼すれば、最低でも3ヶ月の保証が得られるでしょう。
  • 安全な検査と診断を行うために適切な予防策を講じましょう。燃料システムの作業や検査時には身近な場所に消火器を備えておきます。

広告

関連記事

How to

オートマチック車の運転

How to

バッテリー液の量を確認する

How to

クロムめっきを剥がす

How to

車内にインロックした鍵を取り出す

How to

バッテリーの腐食汚れを落とす

How to

カーフィルムを剥がす

How to

プラグコードの点検

How to

車の直結

How to

タイミングベルトの交換

How to

インロックした車の鍵を開ける

How to

車体についた虫、樹液、タールを取り除く

How to

車のウォーターポンプの交換が必要かを知る

How to

ホイールナットを緩める

How to

ハイドロプレーニング現象の対策
広告

このwikiHow記事について

Jay Safford
共著者
熟練整備士
この記事の共著者 Jay Safford. ジェイ・サフォードは自動車コンサルタント、そしてプロジェクト管理者です。ASE公認自動車技術士、全米フリート管理者協会(NAFA)、フォード認定技術士、L1(エンジン性能に関する整備・修理を専門的に行う技士)の資格を保有しています。15年以上の自動車整備経験があり、フロリダ州ウエストパームビーチのリンカーン工業高等専門学校で整備指導者として後進の指導にあたっています。 この記事は30,191回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車
このページは 30,191 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告