PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

自動車の燃費性能が落ち始めた、あるいはアクセルを踏み込んだり荒っぽくアイドリングした時にエンジンの反応が鈍るような時は、もしかすると燃料噴射装置を洗浄する時期かも知れません。専門技師に依頼して洗浄することもできですが、自分で行えば費用の節約も可能です。必要になるのは専用の洗浄キットと燃料パイプを外すための工具だけです。なお、車種によっては装置の洗浄ができないものもあり、燃料噴射装置の内部が詰まったら、装置自体を交換する必要があります。また、未承認の洗浄液を使用すると燃料装置の内部を傷付けることがあります。

ステップ

  1. 1
    燃料噴射装置専用の洗浄キットを購入します。こうした洗浄キットは自動車用品店やネットで購入することが出来ます。キットには燃料噴射装置クリーナーのカートリッジと燃料の圧力を測るためのゲージ、燃料噴射装置と燃料レールに連結するためのホースが含まれます。
    • ほとんどの車種で同じ洗浄キットが使えますが、念のためマニュアルで確かめて最適なものを探しましょう。
    • 必要な洗浄液のカートリッジや工具が別売りされていることもあります。
  2. 2
    自動車のエンジン周りのレイアウトを改めて確認しましょう。自動車の取扱説明書を参照してフューエルインジェクターの位置を確認します。燃料ポンプと関連コンポーネントの場所も把握しておきます。
  3. 3
    フューエルインジェクターから燃料ポンプを外します。噴射装置の洗浄中に燃料がタンクに戻るようにU字型チューブを差し込むか、燃料返還用のホースを繋ぎます。燃料ポンプのヒューズやリレーを外す必要がある車種も一部あります。
    • 燃料ポンプの取り外し方や、U字型チューブの差し込み方などに自信がないときは、車の取扱説明書の指示に従いましょう。
  4. 4
    圧力調整器のデリバリーパイプ(吸入通路)を分離します。
  5. 5
    洗浄キットを燃料圧力検査用のポートに接続します。ポートはエンジンの燃料レールに付いています。
    • 燃料ポートへの正しいホース連結方に関する詳細は、入手した洗浄キットの説明書に記載されているでしょう。
    • 洗浄用クリーナーは可燃物です。噴射装置に燃料への露出が全くないことを確認しておきます。
  6. 6
    ガソリンタンクのキャップを外します。クリーナーは、燃料噴射装置内に洗浄溶剤を強烈な圧力で噴射して汚れや破片を落とします。タンクのキャップを外しておくことで、圧力の過度な上昇による発火事故を防ぎましょう。
  7. 7
    イグニッションキーをオンにしてエンジンを回します。エンジンをかける前に燃料ポンプがオフに設定されていることを必ず再確認します。
    • クリーナーの溶剤が噴射装置内全体を循環してなくなるまでには通常5~10分かかります。作業は洗浄キットの取扱書の指示に従って行います。
    • この溶剤を使い切るとエンジンは自動的に停止します。
  8. 8
    洗浄用クリーナーを取り外します。
  9. 9
    燃料ポンプ電源装置と圧力調整器のデリバリーパイプを元通りに取り付けます。[1]
  10. 10
    ガソリンタンクのキャップをはめます。
  11. 11
    エンジンをもう一度かけて燃料噴射装置が作動するかを確かめます。異常な音がしないかを確かめた後、少しだけ車を走らせてスムーズに動くかを確認します。
    • 正しい手順で作業したのにも拘らず、異音が発生する場合は自動車整備士に見てもらいましょう。
    • これでもまだ燃費が改善されない、またはアクセルを踏んだときの反応が悪い、あるいは回転が不安定なときには自動車整備士に検査してもらいましょう。燃料噴射装置そのものの交換が必要であったり、他の問題が原因の場合もあります。
    広告

ポイント

  • 塗装を傷めるのでクリーナーの溶剤は車体に付けないようにします。
  • 燃料噴射装置の詰まりが酷くて一度の洗浄作業で足りない時は、同じ処置を繰り返す必要があります。
  • ガソリン出火に対処可能な消火器を手元に置くように心がけましょう。
広告

注意事項

  • 強力なクリーナーの溶剤は燃料系統のゴムやプラスチック部品を傷つける恐れがあります。
広告

関連記事

車内にインロックした鍵を取り出す
オートマチック車の運転オートマチック車の運転
車の天井内張りを補修する車の天井内張りを補修する
プリウスのハイブリッドシステムのチェックとリセットを行うプリウスのハイブリッドシステムのチェックとリセットを行う - wikiHow専門家からのアドバイス
バッテリー液の量を確認する
カーシートの破れを補修するカーシートの破れを補修する
クロムめっきを剥がすクロムめっきを剥がす - wikiHow専門家からのアドバイス
インロックした車の鍵を開けるインロックした車の鍵を開ける
プラグコードの点検
カーフィルムを剥がすカーフィルムを剥がす
タイミングベルトの交換タイミングベルトの交換
燃料ポンプの点検燃料ポンプの点検
バッテリーの腐食汚れを落とすバッテリーの腐食汚れを落とす
車の直結車の直結
広告

このwikiHow記事について

Jay Safford
共著者 ::
熟練整備士
この記事の共著者 : Jay Safford. ジェイ・サフォードは自動車コンサルタント、そしてプロジェクト管理者です。ASE公認自動車技術士、全米フリート管理者協会(NAFA)、フォード認定技術士、L1(エンジン性能に関する整備・修理を専門的に行う技士)の資格を保有しています。15年以上の自動車整備経験があり、フロリダ州ウエストパームビーチのリンカーン工業高等専門学校で整備指導者として後進の指導にあたっています。 この記事は12,351回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車
記事のサマリーX

フューエルインジェクターを洗浄するには、まずそれを見つけて外す必要があります。車の取扱説明書を参照して、フューエルインジェクターの位置を確認しましょう。ほとんどの車には、フューエルインジェクターが6個取り付けられており、通常は、エンジン上部の吸気バルブの近く、ダッシュボードに最も近い場所にあります。インジェクターが見つかったら、上部にあるコネクタをペンチで抜きましょう。燃料パイプがフューエルレールに接続された部分にソケットレンチを取り付けて、インジェクターの圧力を抜きます。次に2つ目のソケットレンチをフューエルレールに取り付けて外します。こうすると、インジェクターに手が届くようになるので、手で引き抜きます。まず、1つのインジェクターの両端からOリングを抜きます。インジェクターの片端にキャブレタークリーナーかエンジンクリーナーのノズルを差し込み、インジェクターにクリーナーを注入します。60秒間注入してインジェクターの内部に溜まった汚れや油を取り除き、ノズルを外します。さらに、インジェクターの外側に脱脂剤をスプレーし、ワイヤーブラシでこすって表面の汚れを落としましょう。それから、インジェクターの端にクリーナーのノズルを差し込み、つなぎ目に絶縁テープを巻きます。12ボルトのバッテリーのリード線にワニ口クリップを取り付けます。リード線の反対側をインジェクターの側面にある端子に取り付けて、インジェクターを自動的に稼働させます。インジェクターの内部にキャブレタークリーナーかエンジンクリーナーを60秒間注入します。こうするとインジェクターの内部を洗い流すことができ、溜まっていた汚れを取り除くことができます。最後に、インジェクターからワニ口クリップを外して絶縁テープを剥がし、クリーナーのノズルを外しましょう。インジェクターを自然乾燥させ、腐食を防ぐためにOリングにガソリン少量を塗ってから取り付けます。その他のインジェクターも同じように洗浄しましょう。 フューエルインジェクターをきれいに保つ方法については、自動車整備の専門家が共著した記事を参考にしましょう。

このページは 12,351 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告