爪を鮮やかな色に塗れば、どんな服装にも楽しくポップなアクセントを加える事ができます。しかし、定期的に明るい色、あるいは暗い色のマニキュアを使っていると、除光液でマニキュアを落とした時に色素が残っている事に気付くかもしれません。しかし、幸い、重曹のペーストでこすったり、アセトンにつけておいたり、オイルで爪の表面を軽く磨いたりする事で、色素沈着を薄くできる可能性があります。

方法 1 の 3:
重曹でマニキュアを落とす

  1. 1
    重曹とオリーブオイルをボウルに2対1の割合で混ぜ、レモン汁を少し加えましょう。例えば、重曹大さじ2(40 g)、オリーブオイル大さじ1(15 mL)、レモン汁小さじ1(5mL)を入れます。それから、スプーンで材料を全てよく混ぜます。[1]
    • 重曹はレモン汁を加えると、恐らく泡立ち始めます。それが普通なので心配無用です!
    • 作るペーストの量を調整したい場合は、重曹2に対してオリーブオイル1の、割合だけ守りましょう。大量のペーストを作らない限り、レモン汁は少量加えれば十分です。

    ポイント:これらの材料がすぐに手に入らない場合は、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使ってみましょう。[2]

  2. 2
    ドロっとしたペーストになるまで、重曹かオリーブオイルを少しだけ加えましょう。この材料を混ぜ合わせてみると、硬すぎたりサラサラすぎたりするかもしれません。混ぜた物が硬すぎる場合は、少量のオリーブオイルを加えて混ぜ、柔らかくしましょう。薄すぎる場合は、重曹を少しだけ加えて硬くしましょう。
    • 硬く、でも塗り広げられるペーストになるまで繰り返しましょう。
  3. 3
    混ぜたペーストに歯ブラシかネイルブラシを浸けましょう。ペーストができたら、古い歯ブラシか硬いネイルブラシを用意しましょう。毛をペーストに押しつけ、毛全体にペーストが付くようにしましょう。
    • 新しい歯ブラシでも大丈夫ですが、歯磨きに使う歯ブラシと間違えないように気をつけましょう!ペーストは天然の材料からできていますが、落としたマニキュアを摂取すると有害となる可能性があります。
    • ブラシにペーストが残らない場合は、恐らくペーストがサラサラすぎます。重曹をもう少し加えて硬くしましょう。
  4. 4
    色素沈着が薄くなるまで、ブラシで爪を軽くこすりましょう。ブラシを使ってペーストを爪の表面に乗せ、円を描くようにこすりましょう。必要があれば、うまくいっているかを確認するためにペーストを拭き取っても構いません。色素沈着がまだあれば、もう少しペーストを加えて、続けてこすりましょう。[3]
    • 色が残ってしまった爪が全てきれいになるまで続けましょう。
  5. 5
    ハンドソープとお湯で爪を洗いましょう。ペーストを使ってできるだけ色素沈着が落とせたら、石鹸と水で手をよく洗いましょう。石鹸はペーストの中の油分を落とし、お湯は重曹を溶かしてくれますが、重曹が付いていると乾いた時に少し爪に痕が残ってしまう可能性があります。
    広告

方法 2 の 3:
アセトンに爪をつけておく

  1. 1
    指先を覆える大きさのアルミホイルを10枚切りましょう。アルミホイルを切るか破るかして、10 cm × 7.5 cmくらい(4 インチ × 3 インチ)の短冊を10枚作りましょう。爪にコットンも乗せるので、短冊は爪を完全に覆えて、さらに少し余裕があるくらいの大きさにしましょう。[4]
    • 全ての爪を一気に覆うので、先にアルミホイルを準備しておくと簡単です。この時一緒に綿球も用意しておくと良いでしょう。
    • それぞれの爪に綿球を丸々一個乗せたくなければ、5つの綿球を半分に切っておきましょう。

    ご存知ですか? この作業は、アクリルネイルやジェルネイルを落とす方法にとても似ています。

  2. 2
    金属製かガラス製の小さなボウルにオイル配合のアセトンを入れましょう。アセトンを1⁄4カップ(50mL)程、あるいは、綿球が全て浸せるくらい、ボールに入れましょう。量は正確である必要はありません。間違えてたくさん入れすぎてしまっても、終わった後にボトルに戻せば良いだけです。[5]
    • プラスチック製のボールはアセトンで溶けるので、使用を避けましょう。
    • オイル配合のアセトンは、品揃えの良いドラッグストアで手に入りますが、見つからなければ、通常のアセトンを代わりに使うこともできます。
  3. 3
    綿球をアセトンに浸し、指の爪に乗せましょう。最初の綿球をボールに入れて、完全に浸っているのを確認しましょう。そして、綿球を指の爪の1つの上に乗せましょう。この時、爪の表面全体を覆うように注意しましょう。[6]
    • 利き手の爪に先に付けると良いでしょう。こうすると、アルミホイルで覆った利き手でない方の手で作業をがんばらずに済みます。
  4. 4
    爪をアルミホイルで覆いましょう。綿球の上にアルミホイルの中央を置き、アルミホイルの上を指先を覆うようにして折りましょう。最後に、アルミホイルの両側を指の周りに巻いて固定しましょう。[7]
    • ずれないよう、アルミホイルを指の周りに押しつけ、握るようにして付けましょう。
  5. 5
    この作業を全て爪に繰り返しましょう。アセトンにしばらくつけておく必要があるので、全ての指の爪を一度にすると良いでしょう。爪にアセトンに浸けた綿球を乗せ、それぞれアルミホイルで覆うのを続けましょう。[8]
    • アルミホイルで覆った指でもう一方の手にアルミホイルを巻くのが難しければ、片手ずつ作業しても構いません。
  6. 6
    アセトンが爪に浸透するまで、10分程度待ちましょう。完全に色素沈着を落とすため、アセトンが作用するのに十分な時間を取りましょう。しかし、10分以上アセトンを乗せておくのはやめましょう。アセトンは強い化学薬品で、長くおきすぎると皮膚炎の原因となる可能性があります。[9]
    • 待っている間は、テレビを観たり、ラジオを聞いたり、手を使わずに楽しめる事をすれば、退屈せずに済みます!
  7. 7
    アルミホイルとコットンを取り、よく手を洗いましょう。10分経ったら、指に巻いている物を全て取りましょう。石鹸とお湯で手を洗いましょう。しかし、アセトンで肌が敏感になっているかもしれないので、あまり強くこすらないようにしましょう。
    • アセトンの匂いが完全に消えるまで少し時間がかかる場合があります。
    広告

方法 3 の 3:
色素沈着を磨き取る

  1. 1
    爪にキューティクルオイルを一滴たらしましょう。キューティクルオイルは爪の周りの皮膚を柔らかくするのが目的ですが、暗い色、あるいは明るい色で残ったマニキュアの色素を浮き上がらせるのにも使えます。たくさんは必要ありません。それぞれの爪に一滴づつで十分です。[10]
  2. 2
    バッファー(スポンジでできた爪やすり)で爪を軽く磨き ましょう。バッファーの目の細かい方で、Xの形を描くように軽く爪を磨きましょう。あまり強く押しつけず、約6~8往復に留めましょう。[12]
    • 爪を磨きすぎると、爪が傷つく可能性があります。爪の表面にやすりをかけるのではなく、マニキュアの色素を落とすのが目的です。
  3. 3
    爪を除光液でさっと拭き取り、色素沈着を取りましょう。爪を磨くと、色素が浮き上がってきているはずです。綿球かコットンパッドに除光液をつけ、爪をこすりましょう。明らかに色素沈着が薄くなるのがわかるはずです。全て消えてしまうかもしれません![13]
    • 爪磨きは爪を傷つける可能性があるので、まずこの方法がうまくいかなかった場合は、色素沈着を軽くするために他の方法を試す事を検討しましょう。
    広告

ポイント

  • そもそも色素沈着を防ぐためには、薄い色のマニキュアをつけ、1度に2~3日以上マニキュアをつけ続けるのをやめ、マニキュアを塗る前に必ずベースコートを塗るようにしましょう。

広告

必要なもの

重曹か歯磨き粉でマニキュアを落とす

  • 重曹 大さじ2(40 g)と、追加用に少々
  • オリーブオイルまたはココナッツオイル 大さじ1(15 mL)、必要に応じて追加分
  • レモン汁 小さじ1(5 mL)
  • ボウル
  • スプーン
  • 歯ブラシまたはネイルブラシ
  • 石鹸と水

爪をアセトンにつけておく

  • 10 cm × 7.5 cm(4 インチ × 3 インチ)のアルミホイル 10枚
  • 綿球 10個(または半分に切った綿球 5個)
  • 金属製またはガラス製の小さいボウル

色素沈着を磨き取る

  • キューティクルオイルまたはビタミンEオイル
  • ネイルバッファー

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

自分でロングヘアを切る

How to

割れた足の爪を処置する

How to

アロエベラを髪の毛に使う

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

自分で枝毛を取り除く

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 219 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告