清潔感のある美しい外見を維持するには、きれいで健康的な爪を保つことが必要不可欠です。一方で、質の悪いマニキュアを塗ったり日常生活で爪を使うだけでも、爪はダメージを受けやすいものです。簡単な習慣をいくつか実践するだけで、どれほど生活が忙しくても、きれいに整った強い爪を維持することが可能です!

方法 1 の 2:
爪の手入れをする

  1. 1
    爪をまっすぐに切って整える こうすると、陥入爪になるのを防ぐことができます。また、シャワーや入浴直後の爪が柔らかくなっている時に爪を切るようにします。爪の角や端を柔らかくなめらかにする場合は、爪やすりやエメリーボードを使用しましょう。[1]
    • 爪が弱くならないように、一定方向に爪を磨きます。前後に爪にやすりをかけると、時間の経過とともに爪に深刻なダメージを与えてしまいます。
    • ネイルケア用品は、毎月70%以上のイソプロピルアルコールで消毒しましょう。
    • 爪を整えた後は保湿をして爪の柔軟性を維持し、爪が割れるの防ぎましょう。 
  2. 2
    刺激の強いマニキュアの使用は避ける ホルムアルデヒドやフタル酸ジブチルなどの成分を含む製品を使用すると、爪が弱くなります。さらに、派手な色のマニキュアを繰り返し使用すると、爪が黄ばんだり弱くなる恐れがあります。[2]
    • 派手な色を好む場合は、天然成分100%のマニキュアを時折使用して爪を休めるようにしましょう。
  3. 3
    低刺激性の除光液、ベースコート、トップコートを使用する アセトンが含まれていない除光液は低刺激で、爪の乾燥を防ぎます。マニキュアを塗る際、ベースコートを使用すると爪にシミがつきにくくなります。また、トップコートを使用するとマニキュアが欠けにくくなるため、マニキュアを除光液で落とす頻度が減るでしょう。[3]
  4. 4
    爪をオイルで保湿し、丈夫でしなやかで状態を維持する 体の他の部分と同様に、爪は保湿をすることで良好な状態を維持できます。就寝前にアーモンドオイルやアボカドオイルを爪床や甘皮(キューティクル)に塗り、爪が乾燥して弱くなったり、うろこ状になるのを防ぎましょう。[4]
    • アーモンドオイルやアボカドオイルがない場合は、リップクリームを使いましょう。
    • 薬局や美容用品店などで、甘皮用保湿オイルの購入も可能です。[5]
  5. 5
    タンパク質とオメガ3脂肪酸を食事に摂り入れる 魚、ナッツ、豆などの食品を多く摂取すると、爪を構成するタンパク質であるケラチンが生成されやすくなります。また、地元のスーパーや健康食品店などで購入可能なビオチンや魚油などのサプリメントを毎日摂取してもよいでしょう。[6]
    • ビタミンBは爪の強化に役立ち、亜鉛は爪の白い斑点を消し、鉄分は爪の隆起を防止します。
    • ビタミンAとCの摂取は爪の保湿に役立ち、ツヤのある爪になります。
    • 推奨されている1日のタンパク質量は、体重1kgあたり0.8グラムです。[7]
    • オメガ3脂肪酸に関しては、1日あたりの摂取量の制限は特にありません(容器に記載の説明を確認しましょう)。[8]
    広告

方法 2 の 2:
爪へのダメージを防ぐ

  1. 1
    湿っている場所や不衛生な環境に爪をさらさない このような環境では爪の下で細菌の増殖が促され、除去が困難かもしれません。さらに、繰り返し長時間、爪を湿気にさらすと爪が割れやすくなる可能性があります。[9]
    • 皿洗いや庭掃除を頻繁に行う場合や刺激の強い化学薬品などを用いて掃除をする際は、ゴム手袋かビニール手袋を着用し、皮膚や爪への負担を軽減しましょう。
  2. 2
    爪を噛む癖がある場合は、やめる努力をする このような癖をやめるのは難しいものの、重要なことです。口には病原菌や細菌が存在するため、爪を歯で噛んで傷ができると体内に細菌などが侵入しやすくなる恐れがあります。 [10]
    • 透明なジェルなどを塗って爪を保護すると、爪を噛むのを防げる場合があります。
    • また、苦みのあるマニキュアなどを使用すると、その不快な味を味わいたくないために爪を噛みたい気持ちがおさまるかもしれません。[11]
  3. 3
    甘皮を切ったり触ったりしない 甘皮があると見た目には美しくないかもしれませんが、実際には爪床を保護する役目があります。甘皮を切って整える度に小さい傷ができる可能性があり、そこから細菌や真菌などの汚染物質が体内に侵入する恐れがあります。その結果、感染症を引き起こす可能性があります。[12]
    • どうしても爪を長く見せたい場合は、甘皮プッシャー(ウッドスティックなど)の平らな端で爪先から慎重に押し上げましょう。[13]
    • 定期的に甘皮を切っている場合、切るのをやめた時に早く伸びるというのは迷信です。
  4. 4
    ネイルサロンなどでマニキュアやペディキュアのケアをしてもらう際は注意する ネイリストにケアしてもらう場合は甘皮の処理はしないように伝え、使用する道具が消毒されていることを確認します。また、足の手入れを依頼する場合は、客が入れ替わるごとにフットバスが漂白剤溶液などで消毒されているかどうかを確認し、足の病気の感染を防ぎましょう。[14]
    • アクリルおよびジェルのマニキュアは硬く、さらにジェルマニキュアを固める際に使用される紫外線は肌に悪影響を及ぼし、癌のリスクが高まる可能性さえあります。[15]
    • ジェルマニキュアを塗った場合は手で剥がしてはいけません。剥がす際に爪の層も剥がれてしまいます。
  5. 5
    爪の周りで定期的に痛みが生じる場合は医師に相談する 健康的な爪には斑点や変色部分がなく、全体的に色が均一で柔軟性があり、へこみやくぼみもないでしょう。また、健康な状態では甘皮があり、爪床は白っぽいピンク色をしているはずです。爪の辺りに痛み、腫れ、出血などがみられる場合は問題が潜んでいるかもしれません。[16]
    • また、爪が伸びなくなったり巻き爪の状態で生えてきた場合も、医師の診察を受ける必要があります。
    • 一方で、爪が生えている方向に見える垂直の隆起は正常です。
    広告

ポイント

  • 爪強化剤(ネイルストレンスナー)を塗布すると爪が保護され、輝きとツヤも生まれます!
  • 楽器を演奏する際は爪が長すぎると演奏しにくいため、短めに整えておきましょう。
広告

関連記事

爪が割れたときの対処
手についたヘアカラーを落とす
アロエベラを髪の毛に使うアロエベラを髪の毛に使う
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
髪に付いたガムを取る
自分で枝毛を取り除く
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ネイルグルーを落とす
肌に付着したヘアカラー剤を落とす
(男性向け)自分で髪を切る(男性向け)自分で髪を切る
ブリーチなしで髪を明るくするブリーチなしで髪を明るくする
広告

このwikiHow記事について

Mia Rubie
共著者 ::
ネイルアーティスト
この記事の共著者 : Mia Rubie. ミア・ルビーはカリフォルニア州サンフランシスコにて ネイルサロン「Sparkle San Francisco」を経営しています。ネイリストと経営管理者として8年以上の経験があり、限界に挑んだネイルデザインの施術と芸術的な色彩感覚を持つネイルアーティストとして知られています。 Sephora、Target、そしてVogueと契約しており、その業績はSan Francisco ChronicleとStyleCasterに取り上げられました。サンフランシスコ州立大学にて起業学と中小企業経営学の学士号を取得。Instagramに@superflynailsのアカウント名で作品を投稿しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 105 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告