父の日を祝う方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:父の日の計画を立てるお父さんと一緒に祝う感謝の気持ちを表す6 出典

父の日は、米国が発祥の地で、100年以上の歴史があります。日本に伝わってきたのは、1950年頃とみられています。世界を見ても、日付は異なれど、様々な国で父の日がお祝いされているようです。日本では、毎年6月の第三日曜日が父の日です。この日を、あなたにとってお父さんがどれほど特別な存在であるかを伝える日にして、最高の父の日にしましょう。

パート 1
父の日の計画を立てる

  1. 1
    父の日の日付を調べる 一番良くないのは、父の日を忘れたり、父の日に向けて色々な計画を立てたにも関わらず、日付を間違っていた場合です。父の日の日付は、国によって異なります。米国と英国では6月の第三日曜日なので、毎年同じ日付とは限りません。[1]
    • 父の日がいつか分からなければ、インターネットで、「父の日」+年+住んでいる国をキーワードに検索すれば、すぐに分かるはずです。
  2. 2
    何がお父さんを喜ばせるか考える 父の日をどうやって祝うか。それは詰まるところ、お父さんは何が好きか、この日を最も楽しく過ごすには何をすればいいか、を考えれば分かるでしょう。大冒険を計画するのも良いし、シンプルに、お父さんにリラックスしてもらえるよう、家仕事の全般を代行してあげるのも良いでしょう。[2]
    • お父さんと一緒にできて楽しめるアクティビティを最低一つは計画しましょう。あなたのお父さんは釣りやキャッチボールが好きかもしれません。または、家族皆でボードゲーム(盤を使ってするゲーム)をするのが好きかもしれません。お父さんが好きなことを選びましょう。
    • お父さんは、家の管理をしたり、子供たちを学校や習い事の場所までお迎えに行ったり、または、あなたが何か問題を抱えている時、ただ傍にいて話を聞いてくれたり等、色んな役割を担っています。お父さんにしてもらったことを思い出して、どんな恩返しができるか考えてみましょう。芝を刈る等の簡単なことでいいのです。
  3. 3
    他の人も巻き込む 兄弟姉妹がいるなら、一緒になって、お父さんにために何か素敵なことを計画するのも良いでしょう。子供全員が集まって、お父さんと一緒に父の日を祝うことができれば、より特別な日になります。兄弟姉妹がいないなら、お母さんやお爺ちゃん、お婆ちゃんに手伝ってくれるように頼んでもいいかもしれません。
    • 例えば、父の日にお父さんに捧げる歌の歌詞を一緒に書いたり、カードを一緒に書いたりするのも一案です。
    • また、父の日にしてあげたいことを、兄弟姉妹の間で役割分担することもできます。例えば、あなたが、お父さんの好きな朝ごはんを作る担当をし、他の兄弟姉妹には、お父さんの好きなスポーツ番組の録画と好物のスナックを準備する役目を、また別の兄弟姉妹には、足をマッサージする役目をしてもらうこともできます。
  4. 4
    パーティや出かける計画を立てる あなたのお父さんが、ものを貰うよりも、家族と一緒に過ごす時間を楽しむ人なら、お父さんが好きなことをできるアクティビティを計画しましょう。 
    • 例えば、お父さんがグリル好きなら、裏庭でバーベキューできるように、材料を全て揃えてあげてはどうでしょうか。また、お父さんの友人も誘って、父の日を一緒に過ごすのも良いかもしれません。
    • 釣り好きのお父さんなら、あなたとお父さんだけで、または家族みんなで、一日釣り旅行に出かける計画を立てるのも良いかもしれません。
    • 大きな計画を立てる時は、お父さんの意向に沿うものか必ず事前に確かめましょう。大々的なパーティを計画したけれど、お父さんは乗り気じゃない、となっては困ります。

パート 2
お父さんと一緒に祝う

  1. 1
    ゆっくり寝かせてあげる 朝寝坊したくても、仕事や子供たちの世話で普段それができないお父さんには、父の日にそれをさせてあげましょう。寝床の傍で騒がしく動き回ってお父さんを起こさないように注意します。好きなだけ寝かせてあげて、お父さんの準備ができた時にお祝いを始めましょう。[3] 
    • 寝床に朝ごはんを持って行く計画をするなら、いつもより何時間か長めに寝かせてあげてからが良いでしょう。
  2. 2
    父の日おめでとうの言葉をかける 当たり前に聞こえるかもしれませんが、この日がお父さんのためにある日だと忘れないようにしましょう。朝、お父さんを見たら、弾んだ大きな声で「お父さん、父の日おめでとう!」と言いましょう。抱きしめてあげるのも忘れないように。
    • 朝一番に行うのが良いでしょう。そうすれば、お父さんには、あなたが父の日を覚えていてくれたことが分かり、お父さんと一緒にお祝いできると興奮しているあなたの気持ちが伝わります。
  3. 3
    何がしたいか尋ねる 父の日をどうやって祝うか、あなたにはアイデアが沢山あるかと思いますが、今日はあなたの日ではなく、お父さんの日です。お父さんがどんな気分か、何をしてこの日を過ごしたいか尋ねましょう。[4]
    • お父さんがしたい事を尊重しましょう。この日のために、沢山のアイデアを用意していたかもしれませんが、お父さんがソファでリラックスしたいと言うのなら、そうさせてあげましょう。
    • 一人きりで、またはあなたのお母さんとだけで父の日を過ごしたいお父さんもいるでしょう。例えば、一人で車庫にこもって車をいじったり、気晴らしに週末出かけたい、ということもあり得ます。その時は、そうしたいと思うお父さんに、不快な気持ちを抱かせないことが大事です。
  4. 4
    楽しい一日にする 父の日で最も大事なことの一つは、あなたがその場に一緒にいて思いやりを示すことです。贈り物も良いですが、お父さんへの愛情を表現し、お父さんがあなたにしてくれた事、そしてお父さんという存在を誇りに思っている、と伝えて安心させましょう。それが、この素晴らしい父の日を祝うにあたっての、一番大事な要素です。
    • 多くの父親にとって一番の見返りは、子供たちや配偶者から愛され感謝されている、と感じることです。
    • お父さんに優しく接したり、抱きしめて、どれほどお父さんのことが好きかを伝えるだけでも、感謝の気持ちを表すことができます。
  5. 5
    お父さんと会話する 単純なことですが、見過ごしてはいけません。日常生活の中で、私達はいとも簡単に、充実した時間を共に過ごす機会を見逃してしまいます。父の日には、あえて、お父さんと会話をする時間を作りましょう。まだ伝えていなかった今学校で起きている事や、あなたの人生に起きている事等を、お父さんに話しましょう。[5]
    • 但し、自分のことばかり話すのではなく、お父さんの最近の調子や、子供の頃の話を聞いたりしましょう。
    • 口論につながるような話題を持ちかけるのは避けましょう。父の日を、喧嘩で終わらせるようなことはしたくないはずです。
  6. 6
    家族のイベントにする 父の日は、家族皆で過ごすには最適の日です。家族のイベントを計画して、全員が一緒になって楽しめる日にしましょう。
    • 但し、お父さんの性格を念頭に置きましょう。あなたのお父さんは、大きな家族の集まりを好むタイプの人ですか?人によっては、大きな集まりは、疲れるだけでリラックスできないと感じられることがあります。
    • あなたのお父さんや旦那さんだけでなく、家族中のお父さん達を集める、という案もあります。例えば、叔父さん、兄弟、お爺ちゃん、お義父さんを集めて大きな食事会等をするのはどうでしょうか。
  7. 7
    写真のスライドショーを作る お父さんの写真を沢山使ってスライドショーを作りましょう。お父さんの若い頃の写真でも良いし、家族の集合写真、あなたとお父さんだけの写真、面白い写真さえも使いましょう。お父さんと一緒に写真を眺めるというのは、楽しい想い出について共に語ることができる、素晴らしい方法です。
    • 写真がアルバムに収まっている場合は、一緒にアルバムを眺めるのも良いでしょう。
    • お父さんと親しい関係が築けていないなら、この方法は尚更役立つはずです。一緒に写真を眺めれば、会話が盛り上がることでしょう。

パート 3
感謝の気持ちを表す

  1. 1
    カードを買う、または手作りする カードは長い間取っておくことができるし、贈り物以上の意味を持つことがあります。
    • 父の日のカードを買う予定なら、ギリギリまで待たないようにします。父の日が近くなるまで待っていると、カードの選択肢が少なくなってしまうからです。お父さんの性格に合ったカードを求めましょう。ジョーク好きなら面白おかしいカードを、お父さんが自分にとってどれほど大切な存在か伝えたいなら、感傷的なカードを選びましょう。
    • カードを手作りすることもできます。手作りすれば、お父さんの性格に合わせた、正にあなただけのオリジナルカードにすることができます。カードには、お父さんの大好きなところを書き並べたり、あなたとのツーショットの絵を描く等すると良いでしょう。
  2. 2
    工夫に富んだ贈り物を考える 父の日は贈り物の日である必要はありませんが、何か買うか手作りしようと考えているなら、工夫を凝らしてみましょう。単にネクタイや靴下を選ぶのは詰まりません。買うつもりなら、お父さんがよく名前を口にしているものや、欲しいけど自分では買いそうにないものがないか、考えてみます。
    • 手作りの贈り物も良案です。例えば、お父さんから教わった様々なこと(バットの振り方、自転車の乗り方、人への接し方等)を思い出してリストにしてみます。そしてそれを一冊の本にするのです。インターネット上で本を作ることもできるし、手軽に自分で作ることもできます。その本に、あなたがお父さんと一緒に撮った写真も張り付けましょう。
  3. 3
    感謝の気持ちを伝える 父親業は大変な仕事です。父の日にパーティをするなら、皆の前で、お父さんへの愛と感謝を表し、乾杯の音頭を取りましょう。パーティをする予定はないなら、お父さんに一対一で伝えましょう。
    • 心のこもった言葉を選びましょう。「良いお父さんでいてくれてありがとう」と言うだけでも構いませんが、時間をとって、どんな心のこもった言葉をかけてあげられるか、考えてみるのも良いでしょう。例えば、お父さんが過去にしてくれた、あなたにとってとても大事なことを思い出して、「この一年、私が健康で幸せでいられたのもお父さんのおかげです。普段あまり言わないけれど、当たり前のことだとは思っていません。お父さんが大好きです。仕事が休みの時、新しいゲームが欲しくてたまらなかった私(僕)をショッピングセンターに連れて行ってくれたのは、特にうれしかったです。感謝しています。」と伝えます。
  4. 4
    日常の仕事を手伝う お父さんが毎日行う一連の仕事(ゴミ出し、寝床の片づけまたはベッドメイキング、洗濯、皿洗い等)があれば、父の日は、これらを全てあなたに任せてゆっくり休むように言いましょう。[6]
    • お父さんが特に嫌いな仕事(庭の芝刈り等)があれば、父の日は、お父さんの代わりにあなたがしたいと伝えましょう。
  5. 5
    食事を作ってあげる お父さんの好物が分かっていれば、父の日にそれを作ってあげるのはどうでしょうか。好きなデザートでも良いでしょう。例えば、チョコチップクッキーが好きなら、お父さんのためだけに作ってあげれば、きっと喜ぶはずです。
    • 料理が大好きなお父さんなら、あなたも一緒に手伝って、アクティビティとして楽しみましょう。
    • お父さんが喜びそうなら、寝床に朝食を運んで、びっくりさせるのはどうでしょう。
  6. 6
    プレッシャーを与えない 父の日を迎えるにあたって、お父さんのために計画してきた事が山ほどあるでしょう。もしお父さんがそれに気づいていたら、あなたをがっかりさせないために、その計画全てに乗ってくれるかもしれません。しかし、この日はお父さんのための日だということを思い出して、お父さんの気分はどうか意識するように努めましょう。疲れていたり、あなたの計画にそれ程乗り気でないように見える時は、何をしたい気分か尋ねましょう。
    • 物事があなたの望む通りに進まなくても、憤ったりイライラしたりしないことです。喧嘩は、この日にお父さんが一番したくないことです。明るく、楽しく、押し付けることなく事を進めましょう。
    • 父の日を、毎分毎秒お父さんと祝う必要はないのです。お父さんの傍を少し離れて、お父さんがしたいと思うことをさせてあげる時間も作ってあげましょう。

ポイント

  • 父の日の写真を撮りましょう。写真があると、この日のことを後で思い返せるし、来年の贈り物として使うこともできます。
  • あなたがどれ程お父さんのことを大切に思っているか、恥ずかしがらずに表現しましょう。西洋社会では、男性は女性よりも感情を表さない傾向がありますが、お父さんにも感情があります。あなたにとってお父さんは大切な人で、感謝していることを伝えれば、きっと喜んでくれるはずです。
  • 盛り沢山のアクティビティを詰め込まなくても良いのです。お父さんに見せるために、1つか2つのアクティビティを盛り込むのは良い案ですが、色んな催しものを詰め込み過ぎると、お父さんはリラックスできないし楽しめないかもしれません。

注意事項

  • お父さんと過ごせる時間には限りがあることを忘れてはいけません。完璧ではないかもしれないけれど、お父さんはあなたの人生で重要な役割を果たしてきたはずです。お父さんとの時間を楽しむチャンスを逃さないようにしましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 祝祭日・年中行事

他言語版:

English: Celebrate Father's Day, Español: celebrar el Día del Padre, 中文: 庆祝父亲节, Italiano: Celebrare la Festa del Papà, Português: Celebrar o Dia dos Pais, Deutsch: Vatertag feiern, Français: célébrer la fête des Pères, ไทย: ฉลองวันพ่อ, العربية: الاحتفال بعيد الأب, Bahasa Indonesia: Merayakan Hari Ayah, 한국어: 아버지의 날 축하하기, Nederlands: Vaderdag vieren, हिन्दी: फादर्स डे सेलिब्रेट करें (Celebrate Father's Day), Tiếng Việt: Mừng ngày của Cha

このページは 269 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?