片思いの相手と親しくなりたいのならメールやLINEがカジュアルでよい方法です。電話ばかりかけると必死になりすぎている感じがしてしまいますし、相手のことを追いかけまわしてばかりいてはストーカー扱いされてしまうかもしれません!メールなら面と向かって話したり、電話で話したりするよりも緊張せずに済みます。さあ、勇気を出してメールを送ってみましょう。

パート 1 の 3:
会話を始める

  1. 1
    相手の電話番号を手に入れる 会話が弾んでいるときにさりげなく聞くのがよいでしょう。
    • 「ねえ、電話番号交換しない?最近iPhone買ったんだよね。君は何の電話使ってる?」などとシンプルな感じで聞くとよいでしょう。
    • 番号を交換したすぐ後は少しぎこちない感じになってしまうかもしれません。そこで会話が止まってしまわないように、自然に会話を続けるようにしましょう。
  2. 2
    計画を立てる! 
    • 最初のメッセージを送る前にまず、何を言うのか、会話から何を得たいのかを決めておきましょう。
  3. 3
    初めてのメッセージを送る 「(○○ちゃん)元気?」や「何してる?」などと聞くのはよい切り出し方でしょう。
    • 「テレビを見ている」、「音楽を聴いている」、「ゲームをしている」という返事がきたら、何のテレビを見ているのか、どんな音楽を聴いているのか、何のゲームをしているのか聞き返してみましょう。会話が続くように、相手の言うことに対してどんな返事をしたらよいか考えておくことが大切です。
    • 「宿題してるんだ」というメッセージが来たら「多すぎだよね?終わらせるのにすごく時間がかかったよ!」などと返信するとよいでしょう。相手が違う学校に通っているのであれば「大変だね!たくさんあるの?」などと聞いてみるとよいでしょう。
    • 相手が何をしているところかを伝えてきたら、「いいね。僕(私)はフェイスブックをチェックしてるところ。」などと返したり、その時に実際に自分がしていることを伝えてみましょう。
  4. 4
    相手の出方を見る 相手があなたとの会話のやり取りを楽しんでいるか、それとももう十分だと感じているのか、相手をデートに誘ってみてもよい段階まできているのか、会話の中でヒントを見つけましょう。
    • もしも相手の返事が短くて不愛想な感じがしたら、「じゃあ、また話そうね。」と言って会話を終わらせるのがよいでしょう。本当に忙しかったり、たまたま機嫌が悪かったという可能性もあるので、あまり考え込む必要はありません。そのような場合には、「必死になりすぎている」と思われないためにも、無理に会話を続けようとしないほうがよいでしょう。
    • 「何してるの?」などと聞かれるということは、相手も会話を続けたいと思っているということなので、自然な会話を続けましょう。ただその場合は、相手に会話を終わらせてもらうようにしましょう。積極的に話すよう心がけましょう。
    • 次の段階に進むチャンスを見つけましょう。会話の内容が真剣になってきたり、個人的な内容を含んでいたり、または相手があなたのことを信用し始めて悩み事などを打ち明けてきたら、「話したいから電話してくれる?今度会えたらいいな。」などと言ってみましょう。
    • 思い切りも必要です。時機を見て相手をデートに誘ってみましょう。断られても別の相手を見つければよいのです!
    広告

パート 2 の 3:
他の会話の切り出し方

  1. 1
    「今日の学校どうだった?」とメッセージしてみる 「まあまあかな。」や「いつもと同じ。」というような返事であれば、宿題についてどう思ったか、科学の実験、地理のプロジェクト、来週までに提出しなければいけないレポート、もうすぐあるテストなどについて話してみるとよいでしょう。
  2. 2
    休みや祝い事を話題にする 
    • クリスマスの時期や、相手の誕生日前にメッセージを送るのであれば、どんな予定があるのか聞いてみましょう。
    • 休日のすぐ後にメッセージを送るなら、「素敵な誕生日を過ごせた?何か特別なものはもらえた?」という内容のメッセージを送ってみましょう。
    • 自分は祝わない祝日について知るのもよいでしょう。例えば、あなたは正月を祝うけれど相手はクリスマスを祝うのであれば、それについて聞いてみましょう。
    • 元旦にメッセージを送って、新年の抱負を決めたか聞いてみましょう。あなたの抱負も話してみるとよいでしょう。
  3. 3
    相手の家族について聞いてみる きょうだいに不満があったり、もうすぐ大学に進学する兄や姉がいるかもしれません。自分にもきょうだいがいる場合は「その気持ちよく分かるよ。僕(私)も姉には本当にイライラするんだ!」などと共感の気持ちを表すとよいでしょう。両親やペットについて聞いてみるのもよいでしょう。
  4. 4
    趣味を聞く 
    • 相手がテニス部に所属しているなら、最近の試合はどうだったか聞いてみましょう。
    • バンドや学内新聞、部活動に参加しているなら、最近の活動内容について聞いてみるのもよいでしょう。
    • 相手は最近何かの試合に出たり、学芸会の役をもらったりしましたか?そんなときは「おめでとう」とメッセージを送りましょう。
  5. 5
    思いやる気持ちを表す テストの点が悪かったり、大事な試合に負けてしまったり、ペットや家族の死など、悲しい出来事があったりしたかもしれません。そういうときは「きっと辛いよね。大丈夫?」などの言葉をかけましょう。
    広告

パート 3 の 3:
覚えておくべきこと

  1. 1
    焦らない テキストメッセージは一度に160文字(半角の場合)も送ることができます。急いで返信する必要はありません。よく考えた後で返信するようにしましょう。
  2. 2
    電話代に気をつける メッセージ送受信無制限のプランを利用するか、もしくは送信するメッセージの数を数えておくなどしておきましょう。請求書を見て驚くこと(または親を驚かせること)のないよう注意しましょう。[1]
  3. 3
    省略文字は避ける 省略文字を使うと品のないイメージを持たれてしまうかもしれません。省略文字を使うのは親友との間のみにして、片思いの相手にメッセージを送るときはしっかりとした文を書きましょう。
  4. 4
    絵文字は注意して使う スマイリーや泣き顔は使っても問題ありませんが、気のあるそぶりを見せるような絵文字を使うのは相手も自分に好意を抱いていることが分かってからにしましょう。少なくともハートを含む絵文字を使うのは、相手もあなたのことが好きであることが99%確かである場合のみにしましょう。
  5. 5
    たまには相手から会話を始めてもらう あまり頻繁に自分からメッセージを送らないようにしましょう。週に1度や2度で十分です。必死になっていると思われないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • ユーモアのセンスがあるのならぜひ使いましょう。自分を笑わせてくれる人を嫌う人なんていません。
  • 初めは気軽な質問をしましょう。個人的な質問をするのは相手と打ち解けてきてからにしましょう。
  • デートに誘いたいのであれば、面と向かって誘いましょう。メッセージよりも緊張するかもしれませんが、相手に好印象を与えるでしょう。
  • 相手からの返信が欲しいのであれば、何か質問するか、受け答えしやすい内容のメッセージを送りましょう。
  • 相手の会話量が少ないと感じたら、それはあなたが必死になりすぎているからかもしれません。落ち着いて、相手の立場になって考えてみましょう。
  • 絵文字には気をつけましょう。時と場合にあった絵文字を使いましょう。
  • 長すぎるメッセージは避けましょう。短めに抑えましょう。
  • 恥ずかしがらずに面と向かって話すことも大切です。
  • 相手の気を引くような内容でメッセージを終わらせるとよいでしょう。できれば始業の数時間前に「続きは学校で話すよ。」などと言えば、相手もあなたと話すのを楽しみにして学校に来るでしょう。
  • 相手がテレビを見ていたり、宿題をしているときに邪魔をするのは避けましょう。相手にうっとおしいと思われてしまうかもしれません。
  • デートの計画を立てましょう。「明日の夜忙しい?」などとメッセージを送ってみましょう。きっかけを作ることが大切です。
  • 相手がメッセージしやすい雰囲気を作りましょう。相手の返事がくるまで2,3分は待ちましょう。あまりしつこくするのも避けましょう。

広告

注意事項

  • お酒を飲んだ後はテキストメッセージを送るのはやめましょう。後で後悔することになるかもしれません。
  • セクスティングはよく考えてからにしましょう。最初から積極的すぎると相手が冷めてしまうかもしれません。また、相手に性的なメッセージや写真を送るよう言われても、自分が嫌だと思ったことは決してしないようにしましょう。
  • しつこくしないようにしましょう。
  • 友達の近くでメッセージを送ったり、電話を見られないようにしましょう。変な空気になってしまうかもしれません。
広告

関連記事

How to

夢精を止める

How to

ずる休みをする

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

勃起を隠す

How to

女の子らしい女の子になる

How to

キスの練習をする

How to

彼があなたのことを好きかどうか知る

How to

誰かを好きになるのをやめる

How to

未来の自分に手紙を書く

How to

背を高くする

How to

こっそりとコンドームを買う

How to

学校を楽しむ

How to

見つからないようにこっそり家を抜け出す

How to

彼女を自分とセックスさせたくする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む110人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,204回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン | 人間関係
このページは 1,204 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告