片思いの相手に勇気を持って話しかける方法

好きな子に話しかけたいと思っているのだけれど、拒絶されるのではないか、愚かなことを言ってしまうのではないかと恐れて尻込みしてしまうことはありませんか。でも勇気を出しましょう。実際に行動に移してみれば以外に簡単に行くものです。相手と既に友達同士であれば特に心配することはありません。逆に「何もしなければ何も起こらない」ことを覚えておきましょう。さあ、心の準備をして恋の相手に話しかけましょう。心が折れることなどありません!

パート 1 の 2:
準備をする

  1. 1
    話しかける前に準備をする 準備をすれば良い結果が得られます。数学のテストの前には良い成績が取れるように事前に勉強するものです。運転免許証も教習所に通わなければ取れません。片思いの相手を振り向かせたいなら、アプローチの方法などをじっくりと考えてから実践すれば成功するチャンスが大きくなります。[1]
    • 準備は大切ですが、行き過ぎた準備をする必要はありません。人は誰かに好意を持って見られていると気づくと嬉しくなりますが、三日三晩自分のことが頭から離れなかったのではないかと感じれば、相手から遠ざかりたいと思うものです。実際に恋の相手のことをずっと考えていたとしても、それが分かれば相手にとっては気味が悪いものです。
  2. 2
    話しかける前に力を抜いてリラックスする 深呼吸をして全身の力を抜く練習をしましょう。1人の時に練習すれば簡単にできるでしょう。寝る前や帰宅途中、お風呂などでリラックスする練習をしましょう。
  3. 3
    話しかける前にトピックを考える 少し時間をかけて話す内容やアプローチの仕方を考えれば緊張を和らげることができるでしょう。相手に話しかける前に自宅で練習しましょう。実際の会話で気まずい沈黙を避けることができるでしょう。大切な相手との会話ですから自分の第一印象を良くするためにも時間をかけて準備しましょう。[2]
    • 鏡に向かって練習しましょう。話す内容を事前に確認しておくと良いでしょう。ただしリハーサルしたように感じさせないようにしましょう。相手と話ができるとすればどんな時かを考え、それぞれの状況を頭に入れて鏡の前で話す練習をしましょう。準備すればする程、実際の場面で自信を持って話すことができます。
    • 楽しみましょう。話そうと思っていることを色々な言い方で伝える練習をしましょう。真面目な言い方で、また人が思わず笑ってしまうような茶目っ気たっぷりな言い方でも練習しましょう。自分自身をあまり真面目に捉えなければ実際の場面で本当の自分を自然に出すことができるでしょう。
  4. 4
    相手について知る努力をする 相手のノートにどんな写真が貼られているか、ランチには何を食べるか、どんなスポーツが好きかなどを知るようにしましょう。些細なことでも事前に知っておけば実際の会話で役立つでしょう。次のように話しかけてみると良いかもしれません。
    • 「ノートに映画の写真がたくさんあるね。80年代の映画が多いみたいだけれど、どんな映画が好きなの?」
    • 「友達と放課後バスケットボールをしようと思っているんだけれど、良かったら一緒にやらない?」
  5. 5
    自信を高めるための革新的な方法を見つける 実際に相手を前にしたら打ちひしがれると感じるとしたら、自信のなさが理由の1つに挙げられるでしょう。相手に自信を損なわせてはいけません。たった1人のために自信を失ってしまうなど馬鹿げたことです。自信の源はその大部分が自分で自分をどう感じているかという感覚です。相手を知る前にまず自信を高める方法を見つけましょう。自信がつけば相手にとても魅力的に映ります。加えて、悪い結果になろうとも心が折れることなどありません。[3]
    • 自分のFacebookアカウントのウォールを見ましょう。調査研究によれば、自分のFacebookウォールを3分間見るだけで自信が大幅に高まるのだそうです。[4]やってみる価値はあります!
    • 父親と時間を一緒に過ごしましょう。思春期に父親と過ごす時間が長い子どもは、短い子どもに比べて自信をつけやすいという調査報告があります。[5]ヒント:片思いの相手に話しかける前に父親と数時間一緒に過ごすと良いでしょう。良い結果をもたらすことでしょう。
  6. 6
    結果に左右されない 結果に左右されないということは、片思いの相手があなたのことを好きではないことが分かったとしても気にしないということです。なぜそれが重要なのか、理由は2つあります。1つは拒絶に対処できるようになるからです。その時点では対処できなくてもいずれは失恋を克服しなければなりません。(何度告白をしても拒絶されることがないとしたら、心の底から真剣に恋に取り組んではいないということです。)2つ目は、恋の相手と健康的な関係を保つのに役立つからです。相手を自分の人生の悩みを全て解決してくれるスーパーヒーローに仕立て上げることなく、自分にとっては特別で大切な人だけれども、他の人と変わらない普通の人間として接することができるようになります。[6]
    • 「えっ何故?拒絶に対処する?どうしてそれが重要なの?」と驚くかもしれません。「自分には結果などコントロールできないのに」と思うでしょう。そうかもしれませんが、私たちはしばしば恋の相手に夢中になるあまり、四六時中相手のことで頭がいっぱいになります。一緒にいられたらどんな人生になるだろうかと想像することもあり、それが行き過ぎると相手を完全に偶像化してしまい不健全な関係を築いてしまいます。相手との関係を妄想しだすと、現実が直視できなくなり不健康な精神状態に陥り、相手なしの自分が想像できなくなる恐れがあります。一方相手はあなたの妄想など全く知る由もないのです。
    • 結果に依存しなければ自信が高まります。自信に満ちた人は誰が見ても魅力的です。自信があれば、女の子や男の子1人に拒絶されても大したことはないと考えられ、失恋を忘れて前を見ることができます。拒絶されても落ち込まないのは、あなたの自信が失恋にも負けない大きなものになっているからです。
    広告

パート 2 の 2:
アクションを取る

  1. 1
    1人で相手に近づく 初めて恋の相手と私的な話をする時には周囲にたくさんの人がいると気が散ってしまうため、なるべく人のいない所で気軽に話ができる場所を選びましょう。当然ながらダンス教室などは長い会話をするのに最適な場所ではありません。
    • 昼休みに学食などで相手を見つけ隣に座っても良いか尋ねて会話を始めましょう。実際にはこのくらいシンプルなものです。
    • パーティーで話しかけましょう。友達の誕生会やプールを囲んでのパーティーなどに招待を受けたら出かけて行きましょう。相手も居合わせれば自然に話しかけることができます。
    • 2人の共通の友人を通して話をしましょう。相手の友達がたまたまあなたの友達でもある場合には、チャンスを見てその友達に話しかけ、恋の相手が現れるのを待ちましょう。2人が話しているのを見つけて話しかけてくるかもしれません。
  2. 2
    自己紹介をする 既に自己紹介をしているのであれば、シンプルに「やあ!」「こんにちは」などと挨拶を交わしてはどうでしょうか。挨拶する時には必ず相手の目を見ましょう。自分の足元に目を向けていると無意識に余計なことまで言ってしまうことがあります。[7]
  3. 3
    片思いの相手に色々と尋ねる 自分の現状に関わりのある内容の質問を投げかけましょう。相手が少し考えなくてはならないような質問を考えると良いでしょう。長くおしゃべりを楽しみたいなら、「なぜ」や「どのように」などという聴き方をするのが一番です。そのような質問に相手は色々と考えなければならず、比較的内容の濃い会話ができるでしょう。いわゆる「WH語」を使った質問は恋の相手との会話にはうってつけの方法です。[8]
    • 単純な「はい」または「いいえ」で答えられる質問は避けましょう。「海外の学校に行っていたの?」などと尋ねれば相手は長い答えを返す必要がありません。「海外の学校ってどんな感じだった?」と質問の仕方を変えれば、相手はたくさん話してくれるでしょう。
    • 生い立ちなどについて尋ねましょう。出身地や親の職業を尋ねたり、相手が知っている事柄を取り上げて、それを知るようになった経緯を尋ねてみましょう。人は自分のことを話すのが好きです。あなたの恋の相手も同じです。
  4. 4
    相手の話が続いている間はコメントや質問などをする 質問をすることで、相手は自分の話に意識を向けてくれていると思い嬉しくなります。ただし話したいことが浮かんでも、相手の話が終わるまで話し始めてはいけません。相手の話が終わってから、短く簡潔に言いたことをまとめましょう。自分のことばかり考えている人という印象を与えずに済みます。
  5. 5
    自分のボディーランゲージに意識を向ける ボディーランゲージは本人の意識に関わらず色々なことを相手に伝えます。言いたくないことでも体がそれを伝えている場合があります。しかし、自分のボディーランゲージを意識していれば、思っていることとは異なるメッセージを体が放っていることに気づき修正することができます。次の事柄に注意しましょう。[9]
    • アイコンタクト:相手とのアイコンタクトは相手の話に興味を持っていることを示します。
    • 相手に対する体の向け方:相手に体の前面を向けることで相手の話に興味があること、且つ自分が恥ずかしがり屋ではないことを示します。
    • 笑顔:笑顔は相手を幸せな気分にします。
    • 気のある素ぶり:女子の場合は特に、気のある素振りをすると効果的です。瞬きをしたり髪の毛を触ったり、相手の肩に触れたりしましょう。
    • 相手の冗談に大声で笑う:例え面白い冗談が言えないとしても、笑顔を見せて相手を愉快な気分にさせましょう。
  6. 6
    口説き文句を避ける! 大方何をしても支障はありませんがナンパの口説き文句は避けましょう。非常に軽い感じに見られ全く効果を発揮しません。女の子と会話をする方法について勉強しましょう。
  7. 7
    真剣に考え過ぎない 本当です!一般的に恋の相手が近くに来ると常軌を逸した行動をとりがちです。あなたも正常さを失えば、普段ではしないような愚かなことをしてしまう危険が高まります。「どうってことはない」という気持ちでいましょう。言葉に詰まってしまったら、「わあ。言葉が出てこないよ。可愛い女の子が近くにいるとこうなっちゃうんだ」などと言いましょう。つまずいたのを見た彼が助けに来て「大丈夫?!」と言われたら、 「ありがとう。大丈夫!地面に釘付けになったかと思ったわ!」などと軽く返しましょう。
  8. 8
    デートに誘う 会話が上手く運べていると感じたら、またおしゃべりできるように躊躇なく相手の予定を訊きましょう。お昼休みの数分間のおしゃべりを楽しみにすることもできれば、映画や夕食といった本格的なデートに誘うという大胆な方法もあるでしょう。どのように尋ねるかは、あなたの自信の程度や会話中の相手の態度によって変わるでしょう。
    • 十分に考え相手も自分に興味を持っていることが分かったら、臆することなく「次回はいつ会える?」と尋ねましょう
  9. 9
    状況を見極める 勇気を絞って初めて相手に近づき会話を切り出したとしても、必ずしも優しく接してもらえるとは限りません。相手が心ここにあらずの様子だったり、つまらなそうにしていたら「どしたの?」と尋ねましょう。嫌なことがあったのかもしれませんし、気になることがあるのかもしれません。
    • 恋の相手に何1つ気を散らすものがなさそうなのに、自分に対してイライラしている様子なら、礼儀正しくその場を去りましょう。ダラダラとせずに即相手から離れ、別の日に新たな気持ちで話しかけましょう。
  10. 10
    拒絶されても冷静に受け止める 恋の相手があなたと同じ気持ちを持っているとは限りません。それが真実だと分かったとしても、友達として付き合うことはできます。ただ相手とはロマンチックな関係を築くことはできないと諦めて受け入れましょう。[10]
    • 自分の気持ちに相手が全く気づかない恋ほど報われないものはありません。恋の相手があなたを友達ゾーンに入れたなら、その事実を受け入れて前に進みましょう。
    広告

ポイント

  • この場合、重要なのは会話力です。外見はそれ程重要ではありませんが、もちろん素敵に見えるに越したことはありません。服装やヘアスタイル、衛生面でのケアに少し時間をかけて身だしなみを整えましょう。メイクをする場合にはメイクにも意識を向けましょう。[11]
  • 好きな人と話をする時私たちは無意識に笑ったり赤面したり、そわそわしたり髪や顔に触れたりすることがあります。片思いの相手がこような仕草をするかどうかを観察しましょう。あるとすれば、あなたの前で緊張しているという証です。
  • 言い間違えたり考えずに言葉にしてしまい支離滅裂になってしまったら、はにかんで見せる、または肩をすくめるなどして、その場を取り繕いましょう。
  • 常に冷静に自信を持って行動し、自信過剰な態度は避けましょう。
  • 注意すべきことは礼儀正しく振る舞い、オドオドしないことです。そうすれば、思ったよりも良い結果に通じるでしょう。
  • 何を話せば良いか分からなくなる場合もあるでしょう。会話が行き詰まってもすぐに新しい話題を提供できるように、質問事項や話題などを予めリストにして準備しておきましょう。特に2人が興味のある話題を持ち出せば会話が弾みます。
  • 片思いの相手に話しかけようにもドキドキして実践できそうになければ、まず友人に相手の状況を調べてもらいましょう。誰かと話したそうにしていれば、友人にもそれが分かることでしょう。「今大丈夫だよ」などと伝えてもらえるはずです。そのような状況でなければ、次の機会にチャレンジしましょう。
  • 片思いの相手の行く先々に後をつけて行ってはいけません。失礼な行為に当たり、また張り詰めた怖い人という印象を与えてしまいます。
  • 片思いの相手が曖昧なメッセージを伝えてきても、たじろいではいけません。おそらく自分の気持ちの整理がつかないのかもしれません。ただし、あなた自身の気持ちがはっきりしているなら、その気持ちを示し続けましょう。いつかは相手にも通じることでしょう。
  • 片思いの相手と会うのが最後になる場合には、自分の正直な気持ちを伝えるようにしましょう。面と向かって言うのが恥ずかしいこともあります。そんな時には手紙を書いておくと良いでしょう。手紙を渡し、軽くハグを交わして前に進みましょう。あなたにぴったりの人がきっと近くにいるはずです。
  • 相手と同じ授業を受けているなら、隣に座って一緒に授業を受けてみましょう。

広告

注意事項

  • 何回かトライして上手く行かない時には諦めましょう。「相手と十分に話をすれば相手の気持ちを自分に向けられる」と思って努力を続けたとしても、そのような張り詰めた関係でいればいつかは終わりが来ます。
  • 十分に会話を練習して準備ができていれば心配することなど何もありません。どんな状況になっても、何をすべきかが十分に分かっているはずです。
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告