片方の眉を上げて表情を作ると、たくさんのことは語れませんが、多少のことは通じます。片方の眉を上げるだけで、何も言わなくても自分が何を考えているのかヒントを与えることができます。眉を上げて驚きを表したり、注意を引いたりしましょう。眉を下げると苛立ちや不快感を表現できます。ただし、少し練習が必要です。誰もが自然にできることではありません。顔の片側だけ表情を作るコツを掴むには、ちょっとした練習と顔の体操が必要です。

パート 1 の 2:
手を使って眉を訓練する

  1. 1
    どちらの眉が利き眉か見極めます。訓練を始める前に、どちらの眉の方がより練習しやすいか確認します。通常、それが利き眉です。
    • 鏡の前に立ち、右の眉を上げてみます。そして左の眉だけを上げてみます。どちらの眉の方が動かしやすいと感じましたか?それがあなたの利き眉なので、そちら側に注力しましょう。
    • どちらもうまく動かせないと感じても心配する必要はありません。片側を選ぶことから始めましょう。
    • どちらの眉に注力するかメモに書き留めます。こうすることで、混乱し、同時に両方の眉を訓練して時間を無駄にすることを避けられます。
  2. 2
    手を使って利き眉を上に押し上げます。反対の眉が一緒についてきてしまう場合、反対の手を使って逆の眉を押さえます。こうすると、片方の眉だけを上げた際の感覚を学べます。これを鏡の前で練習し、片方の眉を動かすための筋肉を見つけます。
    • 手を使うよりテープの方が楽な場合、テープで上げた眉を押さえます。この方法では手に頼らず眉を上げるので、より筋肉が制御されます。そして、眉を上に上げるための筋肉が鍛えられます。
    • 眉を上げたまま、眉の骨の上を指でなぞります。ピンと張っているのを感じるはずです。これらが眉を上げる際に意識するべき筋肉です。最初は手を使いながら練習していたとしても、眉の筋肉がどこにあるのか理解するのに良い方法です。
  3. 3
    上げない眉だけそのまま押さえます。眉を上げる感覚が分かったら、上げない方の眉を押さえながら上げたい眉を離します。
    • これを毎日2~5分練習します。
  4. 4
    上の眉だけ押さえます。片方の眉を上げる練習をしたら、反対側を下げる練習をしましょう。これは上げた眉を手で押さえて行います。反対側の眉を下げる練習をしましょう。
    • これも毎日2~5分行いましょう。
    • 手の補助無しでは片方の眉を上げられない人もいます。しかし、その場合でも練習を重ねれば恐らくできるようになります。最終的にできるようになる人でも、通常ある程度訓練が必要なので、しばらく挑戦してみないと結果は分かりません。
    広告

パート 2 の 2:
手の補助無しで練習する

  1. 1
    鏡の前に立ちます。鏡の前に立って練習することが重要です。正しい動きをしているように感じても、鏡で見ると思ったとおりできていないのが分かることがあります。
  2. 2
    両方の眉を上げ下げする練習をします。両方の眉を1分間上げ下げします。こうすると適切な準備ができて、眉の筋肉が温まります。
  3. 3
    片方の眉を上げることに集中します。選んだ眉に集中し、手を使わずに上げることを5分間行いましょう。この時点で反対の眉のことを気にする必要は無いので、できるだけ高く上げることに注力しましょう。
  4. 4
    反対の眉を下げることに集中します。さらに5分間かけて、反対の眉をゆっくり下げることに注力します。このときも、反対側の眉のことはあまり気にしないようにしましょう。
  5. 5
    さらに5分間かけて、片方の眉を上げ、反対の眉を下げる練習をします。恐らくこの時点でコツを掴んでいるはずです。少し時間をかけて片方の眉を上げ、反対の眉を下げるのを同時に行います。
  6. 6
    毎日練習します。何時間も練習する必要はありませんが、毎日練習する必要があります。絶えず練習しないとうまくできるようになりません。
  7. 7
    反対の眉も上げてみます。利き眉をうまく上げられるようになったら、よければ反対の眉も試してみましょう。眉の筋肉を鍛えたおかげでより早く習得できることが期待されますが、(利き眉ではないため)より時間がかかっても諦めないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 忍耐強く行いましょう。習得するのに時間がかかるかもしれませんが、できるととても役立つことがあります。
  • 鏡の前で練習しましょう。最初はバカバカしく、奇妙に感じるかもしれませんが、できるようになるには一番の方法です。
  • 頭を傾けると視覚的効果が高まります。右眉を上げる場合、頭を左に傾けます。こうすると、右眉がより高く上がっているように見えます。
  • 両方の眉で練習しましょう。どちらかの目が小さく見えるほど、片方の筋肉が明らかに発達している人もいます。これを均一にするため、両方の目で練習しましょう。
  • イライラしてはいけません。習得するのに余計に時間がかかってしまいます。
  • 最初は全くできなくても心配しないようにしましょう。誰にでも得意、不得意はあります。
  • 眉をひそめて怒った顔をし、普通の顔に戻すのを繰り返します。筋肉が鍛えられます。

広告

注意事項

  • この表現をいつ使うべきか認識しましょう。状況によっては便利で面白い表現ですが、(上司の前など)不適切な状況もあります。
広告

必要なもの

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

血管を浮き上がらせる

How to

眼鏡を調整する

How to

唇の角質を落とす

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

シュガーリング用ペーストを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

顔の赤みを取る

How to

フォアダイスを除去する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む63人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は8,141回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 8,141 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告