片頭痛を指圧で治す方法

共同執筆者 Sarah Gehrke, RN

この記事には:顔のツボを刺激する手のツボを刺激する他の部位を刺激する指圧療法を理解する頭痛を理解する20 出典

片頭痛は普通に生活が送れない程症状が重いため、非常に辛くこの上なく憂鬱になります。考えることも働くことも難しく、休憩や寛ぐことさえままなりません。そんな時は、指圧療法が役に立つかもしれません。自宅で自分自身に指圧を行ったり、熟練の指圧師の施術を受けてみるのも良いでしょう。薬に頼らずに片頭痛を治したい時には療法を試してみましょう。

1
顔のツボを刺激する

  1. 1
    「第三の目」を刺激する ツボにはそれぞれ色々な名前があります。古来の用途に基づいて付けられたものや、文字と数字の組み合わせによる現代的な名前もあります。「第三の目」と呼ばれるツボは別名を「GV 24.5」とも言いますが、頭痛を和らげる、また頭部の鬱血を正常な状態に戻すのに役立ちます。「第三の目」は鼻筋と額の境目、眉と眉の間にあります。[1]
    • 「第三の目」を優しく深く1分間押しましょう。指を垂直に沈めるか円を描く様に押してみて、どちらが効くか試してみましょう。
  2. 2
    「攅竹」を刺激する 「攅竹」は「晴明」または「B2」とも呼ばれ額で起こる頭痛を緩和するツボです。左右の目頭の少し上にある骨の上に位置します。[2]
    • 両手の人差し指の腹を使い両方のツボを同時に1分間押しましょう。
    • 片方ずつ刺激しても構いません。両方同時でも片方ずつでも1分間押し続けましょう。
  3. 3
    「迎香」を刺激する このツボは「LI20」とも呼ばれ、片頭痛や副鼻腔の痛みを和らげます。ツボの位置は小鼻の膨らみの外側、頬骨の下です。[3]
    • しっかりと垂直に深く、または円を描く様に1分間押しましょう。

2
手のツボを刺激する

  1. 1
    「風池」を刺激する 風池は「GB20」または「意識の玄関 」とも呼ばれ、片頭痛に効果があるツボで、耳の後ろ側にあります。後ろの髪の生え際付近、首筋の両側にあるくぼみを見つけましょう。両方の手の平を広げて頭全体を包み込み、親指で首筋の両側にあるくぼみを押しましょう。[4]
    • 親指で深くしっかり圧をかけマッサージします。4〜5秒間押しましょう。場所がわかったら、人差し指、中指、あるいは指の関節でマッサージしてみましょう。
    • 「GB20」をマッサージする時は、リラックスして深い呼吸を心がけましょう。
    • マッサージや圧をかけるのは最長3分間です。
  2. 2
    こめかみ付近に集中するツボを刺激する こめかみ部分は、複数のツボが耳に沿って連なっているのが特徴的です。耳の輪郭から人差し指の幅ほど外側を耳のカーブに沿って並んでいます。耳の頂点の若干上に位置する「曲鬢」を起点とし、人差し指幅の間隔で耳の周りを降下するように他のツボが連なります。[5]
    • 左右の側頭部に位置するツボをそれぞれ刺激しましょう。1分程度垂直に、または縁を描くように押しましょう。1つずつ上から順番にマッサージすると大変効果的です。
    • ツボは顔に最も近い場所にある「曲鬢」に始まり、後頭部にかけて「率谷」「天沖」「浮白」そして「頭竅陰」という順番で並んでいます。
  3. 3
    「風府」を刺激する 「GV16」とも呼ばれる「風府」は、片頭痛、首のコリ、精神的なストレスの緩和に役立ちます。後頭部の中央線上を下がり背骨に当たったところ、両耳のちょうど真ん中にあるくぼみを探しましょう。くぼみが見つかったらその中央を押します。[6]
    • 少なくとも1分間、強く奥までしっかりと押しましょう。

3
他の部位を刺激する

  1. 1
    「天柱」を刺激する 「天柱」の場所は首です。後ろの髪の生え際(頭蓋骨のへり)から人差し指2本分下がった場所を確認しましょう。頭蓋骨のへりから指1本か2本分、若しくは、首のくぼみにあるツボ(風池)から指1本分くらい手を滑らせてみると、背骨の両脇の2本の筋上に見つかります。[7]
    • ツボに対して垂直に、若しくは円を描くように1分間圧をかけましょう。
  2. 2
    合谷を刺激する 合谷は「LI4」とも呼ばれる手のツボです。親指と人差し指の間の柔らかな部分に位置します。左手で右手の「LI4」を、右手で左手のツボを押しましょう。[8]
    • 少なくとも1分間、深くしっかりと圧をかけましょう。
  3. 3
    「太衝」を刺激する 「太衝」は足の第1指(親指)と第2指の骨の間に位置します。第1指と第2指の間から3cm程足首の方に指を滑らせると、2本の骨の間にあります。そこが圧をかける位置です。[9]
    • 1分間、垂直に押すか円を描くように押しましょう。
    • 両手の親指で押すと、刺激しやすいかもしれません。

4
指圧療法を理解する

  1. 1
    指圧療法とは何かを理解する 伝統中国医学において指圧療法とは、人体内を巡る12本の主要経路に存在する様々な点(ツボ)を使って身体機能を高める方法です。経路とは、中国では生命活動の元になるエネルギーと言われる「気」を運ぶための道筋です。指圧療法の基本概念は、「気」の流れが滞ると病気になるというもので、指圧によって滞った「気」に刺激を与え「気」がスムーズに流れるように改善します。[10][11][12]
    • 多くの臨床研究から、指圧療法が片頭痛に効くことが分かっています。
  2. 2
    適度な力で押す 適度な力で正しく押します。ツボの上から垂直に深くしっかりと押して刺激を与えましょう。押した時に多少の痛みを感じるかもしれませんが、耐えられない程強く押してはいけません。痛気持ち良い程度が理想です。[13]
    • 自身の健康状態に応じて押す力を調節します。
    • ツボを押して強張りを感じる場合がありますが、激しい痛みを感じたら徐々に圧力を弱めて行き、痛気持ち良く感じられる強さを見つけましょう。
    • 痛みを我慢してはいけません。痛みで苦しくなったり、堪えきれなくなったら押すのを止めましょう。[14]
  3. 3
    指圧に相応しい器具を選ぶ 指圧療法はツボを押すことが必須条件なので、圧をかけるのに適した器具を選ぶことが重要です。指圧師や指圧の実践者らは一般的に、指でマッサージし刺激を与えます。一番長く頑丈な中指が刺激を与えるのに最も効果的です。親指でも良いでしょう。大きな指で押しづらいツボは、爪で押すと良いかもしれません。[15]
    • 指の関節、肘、膝、脚、足など他の部位も使うことができます。
    • 正確にツボを刺激するには、滑らかな先端を使って押してみると良いでしょう。ツボによっては指先では大き過ぎる場合があります。小さなツボには、鉛筆の先に付いた消しゴムが便利です。また、アボカドの種やゴルフボールなども効果的でしょう。
  4. 4
    指圧療法を試す場合は医師に相談する 指圧は自分でも出来ますが、指圧師や漢方医などに施術してもらっても良いでしょう。ただし、指圧療法を試そうと決断したら、必ずかかりつけ医に相談して、ツボを刺激することで他の治療法に悪影響が出ないか、また指圧以外に良い方法がないかを確認しましょう。
    • ツボを刺激して痛みが和らいだら、かかりつけ医に報告しましょう。また、効果がなかった場合にもきちんと報告しましょう。

5
頭痛を理解する

  1. 1
    2種類の頭痛を区別する 頭痛は基本的に2種類あります。1つは他の病気に関係なく起こる原発性頭痛(一次性頭痛)、もう1つが他の病気の影響で起こる二次性頭痛です。偏頭痛は一次性頭痛です。一次性頭痛には他に、緊張性頭痛や群発性頭痛などがあります。[16]
    • 二次性頭痛は、脳卒中、極度の高血圧、発熱、または顎関節症によって引き起こされる可能性があります。
  2. 2
    片頭痛の兆候を理解する 片頭痛は通常、頭の片側で起こります。最も一般的なのは額やこめかみで起こり、その症状としては、軽度から重度に至るまでの様々な痛みを伴う、あるいは、発作前に異常な光が見える前兆を伴うものまであります。人によっては吐き気がしたり、光、匂い、音にとても敏感になる場合があります。一般的に動き回ると悪化します。[17]
    • 前兆が現れると、環境情報を一時的に処理できなくなります。前兆の種類には、瞬間的にパッと放たれる光や、点滅する光、ジグザクと走る光を見るなど視覚的なものがあれば、匂いを感じるなど臭覚が刺激されることもあります。他の症状としては、片方の腕全体が麻痺する、喋れなくなる、混乱するなどがあります。片頭痛患者の約25%が前兆を経験します。
    • 片頭痛はあらゆる物事によって引き起こされ、その症状は人によって異なります。考えられる原因には、赤ワイン、食事を抜くまたは断つといった食生活の乱れ、閃光や強い悪臭といった環境的刺激、天気の変化、睡眠不足、ストレス、ホルモンの変化、特に女性に起こる月経、特定の食べ物、更に外傷性脳損傷、首の痛み、顎関節症などを含む頭部外傷などがあります。
  3. 3
    緊急事態を知らせる危険信号に注意する どんな頭痛でも常に医師の診断を仰がなければなりません。場合によっては医療の療緊急事態を示す場合があります。緊急事態を知らせる信号は次の通りです。[18]
    • 発熱や首のコリを伴う激しい頭痛:髄膜炎の兆候かもしれません。
    • 雷鳴頭痛:突然激しい痛みを引き起こす頭痛で、脳と脊髄を覆う組織が出血する病気、いわゆるくも膜下出血の可能性があります。
    • こめかみで血管が鼓動を打つ圧痛:最近体重減少が見られた高齢者に特に多く見られ、巨細胞性動脈炎の症状かもしれません。
    • 目が赤くなる、また光の周りに後光が見える現象:これは緑内障の兆候である可能性があり、治療しなければ失明を招く危険があります。
    • 臓器移植後の患者やHIVウイルスによるエイズ患者のような免疫機能が低下した人々や癌患者に見られる突然の、または激しい頭痛。
  4. 4
    かかりつけ医の診断を仰ぐ 頭痛が危険な病気の兆候である場合があります。単に一次性頭痛なのか、それとも原因が二次的なものなのかを確かめるために、かかりつけ医の診断を仰ぎましょう。次の症状が1つ以上当てはまる場合には、2日以内に医師にかかりましょう。[19]
    • 頭痛の間隔が狭くなり激しい痛みを伴う。
    • 50歳を過ぎて頭痛が始まった。
    • 視界に変化が起きた。
    • 体重が減少した。
  5. 5
    医学的治療で片頭痛を治療する 医学的治療は原因の特定と除去を目的とし、同時にストレスに対処しながら治療を進めます。激しい痛みを伴う頭痛には、片頭痛特効薬のトリプタン系薬剤が処方されるかもしれません。トリプタン系薬剤には、スマトリプタン(イミグランなど)、ゾルミトリプタン(ゾーミックなど)があります。また、トリプタン系以外の薬剤にはジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴットなど)があります。吐き気や嘔吐が見られる場合にはそれらを抑える薬も処方してくれる場合があります。[20]
    • トリプタン系薬剤とジヒドロエルゴタミンは冠動脈疾患の患者やコントロール不良の高血圧症患者には処方できません。高齢者や、肥満、高LDLコレステロール値、血清脂質の一種であるトリグリセリド、糖尿病などの心血管リスク要因を持つ人に処方する場合には注意が必要です。

出典

  1. http://www.acupressure.com/articles/colds_and_flu.htm
  2. http://www.newhealthadvisor.com/Pressure-Points-for-Migraines.html
  3. http://www.acupressure.com/articles/colds_and_flu.htm
  4. http://exploreim.ucla.edu/self-care/acupressure-point-gb20/
  5. http://www.newhealthadvisor.com/Pressure-Points-for-Migraines.html
  6. http://www.acupressure.com/articles/colds_and_flu.htm
  7. http://www.newhealthadvisor.com/Pressure-Points-for-Migraines.html
  8. http://exploreim.ucla.edu/self-care/acupressure-point-li4/
  9. http://www.newhealthadvisor.com/Pressure-Points-for-Migraines.html
続きを 表示する… (11)

記事の情報

この記事はSarah Gehrke, RNが共著しています。 セーラ・ゲールケはテキサス州在住の正看護師です。2013年にフェニックス大学にて看護学の修士号を取得しています。

カテゴリ: 代替医療

他言語版:

English: Use Acupressure Points for Migraine Headaches, Español: usar los puntos de acupresión para la migraña, Italiano: Usare i Punti dell'Agopressione Contro le Emicranie, Русский: использовать аккупунктурные точки для борьбы с мигренью, Português: Usar Pontos de Acupressão para Tratar Enxaquecas, Deutsch: Akupressur gegen Migräne anwenden, Français: utiliser l'acupression pour soulager une migraine, Bahasa Indonesia: Memanfaatkan Titik Akupresur untuk Sakit Kepala Migrain, العربية: استخدام الوخز بالإبر لعلاج الصداع والصداع النصفي, 中文: 按摩穴位缓解偏头痛, Nederlands: Acupressuur gebruiken voor migraine en hoofdpijn, ไทย: กดจุดแก้ปวดหัวไมเกรน, Tiếng Việt: Bấm huyệt trị đau nửa đầu, हिन्दी: माइग्रेन सिरदर्द के इलाज के लिए एक्यूप्रेशर का इस्तेमाल करें

このページは 63 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?