牛乳からバターミルクを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:牛乳に酸を加えるヨーグルトやサワークリームで代用する記事のサマリー動画8 出典

バターミルクパンケーキを食べて一日を元気に始めたいと思っても、あいにくバターミルクを切らしていることがあるかもしれません。または、1カップだけ必要なのに、1リットルのパックを買わざるを得ない場合もあるでしょう。実は、牛乳とレモン果汁やホワイトビネガーなどの酸性の材料を使い、バターミルクの代用品を簡単に作ることができます。これで、いつでも美味しいバターミルクパンケーキを楽しめます!

材料

  • 全乳または低脂肪牛乳(2%)240ml
  • レモン果汁またはホワイトビネガー 大さじ1杯
  • クリームオブターター(任意)小さじ1¾杯
  • ヨーグルト、サワークリーム、またはケフィア(ケフィール、ヨーグルトきのこ)(任意)180ml

1
牛乳に酸を加える

  1. 1
    牛乳240mlに大さじ1杯の酸性の液体を加えます。このレシピには、ホワイトビネガーまたはレモン果汁が適しています。牛乳を計量カップで量り、レモン果汁またはホワイトビネガーを加えましょう。[1]
    • 牛乳は、全乳または2%の低脂肪牛乳のどちらでも構いません。スキムミルクは脂肪分が少ないため、このレシピでは適切に凝固しません。
    • 牛乳を凝固させるには一般的にレモン果汁が好まれますが、ホワイトビネガーも同様に効果があります。レモン果汁は濃厚な牛乳にすっきりとした風味を添えるとともに、バターミルク特有の酸味も加えます。
    • 必要な分量に応じて量を調整しましょう。例えば、480mlのバターミルクを作る場合は、牛乳480mlに大さじ2杯の酸を加えます。
  2. 2
    材料を混ぜ合わせて5~10分おきます。計量スプーンで軽く混ぜるだけで十分です。5~10分寝かせている間に牛乳は凝固し始めます。レモン果汁やホワイトビネガーが作用し、小さな塊ができます。[2]
    • 混合液は徐々に濃くなりますが、市販のバターミルクのような濃さにはなりません。しかし、代用品として十分に役割を果たします。
  3. 3
    牛乳240mlにクリームオブターター小さじ1¾杯を加えます。レモン果汁やホワイトビネガーと同様に、混ぜ合わせた液を5~10分おきます。この間に液はわずかに濃くなり凝固し始めます。[3]
  4. 4
    市販のバターミルクの代用として使います。バターミルクを使ったレシピの分量通りにこの代用品を使いましょう。誰も違いは分からないでしょう![4]以下のレシピを試してみましょう。
    • バターミルクパンケーキ
    • バターミルクビスケット
    • バターミルクフライドチキン
    • バターミルクサラダドレッシング
    • バターミルクスコーン
  5. 5
    本物のバターミルク作りに興味があれば試してみましょう。本物のバターミルクは、生クリームからバターを作る過程で乳脂肪分と水分が分離してできる副産物です。生クリームに乳酸菌を加えると、乳脂肪分と水分が分離します。この分離した液体がバターミルクです。[5]
    • 本物のバターミルクの作り方が分かると、純正バターも作れます!

2
ヨーグルトやサワークリームで代用する

  1. 1
    プレーンヨーグルト180mlと水60mlを混ぜ合わせます。よく混ぜ合わせると、濃厚で酸味のあるバターミルクのような味と濃度の液体が出来上がります。[6]
    • 特に無脂肪のヨーグルトを使う場合は、水の代わりに全乳または2%の低脂肪牛乳を使うと、さらに濃厚に仕上がります。
    • ギリシャヨーグルトのような濃厚なヨーグルトを使う場合は、さらに少量の液体を加えて濃さを調整しましょう。
  2. 2
    サワークリームと水を3:1の割合で混ぜ合わせます。プレーンヨーグルトが手元にない場合は、サワークリーム180mlと水60mlを混ぜて使うこともできます。バターミルクの濃さになるまで混ぜ合わせましょう。[7]
    • 特に低脂肪のサワークリームを使う場合、ヨーグルトと同様に、水の代わりに牛乳を使ってさらに濃厚に仕上げてもよいでしょう。
  3. 3
    ケフィアと水を3:1程度の割合で混ぜ合わせます。ケフィアをヨーグルトやサワークリームと同様に使えますが、出来上がりの濃さに違いが生じます。そのため、ケフィア180mlに対して60ml前後の水を加え、バターミルクの濃さになるまで調整しましょう。まずは少量の水を加えて混ぜ、必要に応じて水を足していきます。[8]
    • このレシピでも、水の代わりにお好みで牛乳を使うことができます。
  4. 4
    薄めたヨーグルト、サワークリーム、ケフィアをお好みのレシピに使いましょう。これらの代用品は市販のバターミルクとは多少味が異なったり、多様性はないかもしれませんが、簡単に作れるうえに、十分にバターミルクの代用となります。このレシピも試して、牛乳とレモン果汁またはホワイトビネガーを使った代用品と比べてみましょう。
    • 市販のバターミルク、牛乳とホワイトビネガー、レモン果汁またはクリームオブターター、水とサワークリーム、ヨーグルトまたはケフィアの3種類のバターミルクパンケーキを作って試食会をしましょう。友達を招いて食べ比べてみましょう!

ウィキハウ動画: 牛乳からバターミルクを作る方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

牛乳からバターミルクを作るには、まず牛乳240mLとホワイトビネガーまたはレモン汁大さじ1杯を混ぜ合わせます。次に、混ぜてから5~10分間寝かせるか、凝固するまでそのまま置いておきましょう。牛乳が凝固したら、完成です!バターミルクを使うレシピに加えてみましょう。 ヨーグルトやサワークリームなど、簡単にバターミルクの代わりになるものを知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

ポイント

  • 市販のバターミルクのなかには、乳酸菌入りのスキムミルク、または単に酸味のある牛乳といったものもあります。まだ「本物」のバターミルクを味わったことがなければ、ぜひ試してみましょう!市販のバターミルクより格段に美味しいと驚く人はたくさんいます。

必要なもの

  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 材料を混ぜるためのスプーン(任意)
  • 材料を混ぜるための小さなボウル(任意)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 食・おもてなし | レシピ

他言語版:

English: Make Buttermilk from Milk, Deutsch: Buttermilch aus Milch machen, Italiano: Preparare il Latticello con il Latte, Русский: приготовить пахту из молока, Español: hacer suero de leche con leche, Français: faire du babeurre avec du lait, Bahasa Indonesia: Membuat Buttermilk dari Susu, Nederlands: Karnemelk maken van melk, العربية: صنع الحليب الرائب من الحليب, 中文: 用一般的牛奶制作白脱奶, Tiếng Việt: Làm buttermilk từ sữa, ไทย: ทำบัตเตอร์มิลค์จากนม, 한국어: 우유로 버터밀크 만드는 방법

このページは 872 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?