バターミルクパンケーキを食べて一日を元気に始めたいと思っても、あいにくバターミルクを切らしていることがあるかもしれません。または、1カップだけ必要なのに、1リットルのパックを買わざるを得ない場合もあるでしょう。実は、牛乳とレモン果汁やホワイトビネガーなどの酸性の材料を使い、バターミルクの代用品を簡単に作ることができます。これで、いつでも美味しいバターミルクパンケーキを楽しめます!

材料

  • 全乳または低脂肪牛乳(2%)240ml
  • レモン果汁またはホワイトビネガー 大さじ1杯
  • クリームオブターター(任意)小さじ1¾杯
  • ヨーグルト、サワークリーム、またはケフィア(ケフィール、ヨーグルトきのこ)(任意)180ml

方法 1 の 2:
牛乳に酸を加える

  1. 1
    牛乳240mlに大さじ1杯の酸性の液体を加えます。このレシピには、ホワイトビネガーまたはレモン果汁が適しています。牛乳を計量カップで量り、レモン果汁またはホワイトビネガーを加えましょう。[1]
    • 牛乳は、全乳または2%の低脂肪牛乳のどちらでも構いません。スキムミルクは脂肪分が少ないため、このレシピでは適切に凝固しません。
    • 牛乳を凝固させるには一般的にレモン果汁が好まれますが、ホワイトビネガーも同様に効果があります。レモン果汁は濃厚な牛乳にすっきりとした風味を添えるとともに、バターミルク特有の酸味も加えます。
    • 必要な分量に応じて量を調整しましょう。例えば、480mlのバターミルクを作る場合は、牛乳480mlに大さじ2杯の酸を加えます。
  2. 2
    材料を混ぜ合わせて5~10分おきます。計量スプーンで軽く混ぜるだけで十分です。5~10分寝かせている間に牛乳は凝固し始めます。レモン果汁やホワイトビネガーが作用し、小さな塊ができます。[2]
    • 混合液は徐々に濃くなりますが、市販のバターミルクのような濃さにはなりません。しかし、代用品として十分に役割を果たします。
  3. 3
    牛乳240mlにクリームオブターター小さじ1¾杯を加えます。レモン果汁やホワイトビネガーと同様に、混ぜ合わせた液を5~10分おきます。この間に液はわずかに濃くなり凝固し始めます。[3]
  4. 4
    市販のバターミルクの代用として使います。バターミルクを使ったレシピの分量通りにこの代用品を使いましょう。誰も違いは分からないでしょう![4] 以下のレシピを試してみましょう。
    • バターミルクパンケーキ
    • バターミルクビスケット
    • バターミルクフライドチキン
    • バターミルクサラダドレッシング
    • バターミルクスコーン
  5. 5
    本物のバターミルク作りに興味があれば試してみましょう。本物のバターミルクは、生クリームからバターを作る過程で乳脂肪分と水分が分離してできる副産物です。生クリームに乳酸菌を加えると、乳脂肪分と水分が分離します。この分離した液体がバターミルクです。[5]
    • 本物のバターミルクの作り方が分かると、純正バターも作れます!
    広告

方法 2 の 2:
ヨーグルトやサワークリームで代用する

  1. 1
    プレーンヨーグルト180mlと水60mlを混ぜ合わせます。よく混ぜ合わせると、濃厚で酸味のあるバターミルクのような味と濃度の液体が出来上がります。[6]
    • 特に無脂肪のヨーグルトを使う場合は、水の代わりに全乳または2%の低脂肪牛乳を使うと、さらに濃厚に仕上がります。
    • ギリシャヨーグルトのような濃厚なヨーグルトを使う場合は、さらに少量の液体を加えて濃さを調整しましょう。
  2. 2
    サワークリームと水を3:1の割合で混ぜ合わせます。プレーンヨーグルトが手元にない場合は、サワークリーム180mlと水60mlを混ぜて使うこともできます。バターミルクの濃さになるまで混ぜ合わせましょう。[7]
    • 特に低脂肪のサワークリームを使う場合、ヨーグルトと同様に、水の代わりに牛乳を使ってさらに濃厚に仕上げてもよいでしょう。
  3. 3
    ケフィアと水を3:1程度の割合で混ぜ合わせます。ケフィアをヨーグルトやサワークリームと同様に使えますが、出来上がりの濃さに違いが生じます。そのため、ケフィア180mlに対して60ml前後の水を加え、バターミルクの濃さになるまで調整しましょう。まずは少量の水を加えて混ぜ、必要に応じて水を足していきます。[8]
    • このレシピでも、水の代わりにお好みで牛乳を使うことができます。
  4. 4
    薄めたヨーグルト、サワークリーム、ケフィアをお好みのレシピに使いましょう。これらの代用品は市販のバターミルクとは多少味が異なったり、多様性はないかもしれませんが、簡単に作れるうえに、十分にバターミルクの代用となります。このレシピも試して、牛乳とレモン果汁またはホワイトビネガーを使った代用品と比べてみましょう。
    • 市販のバターミルク、牛乳とホワイトビネガー、レモン果汁またはクリームオブターター、水とサワークリーム、ヨーグルトまたはケフィアの3種類のバターミルクパンケーキを作って試食会をしましょう。友達を招いて食べ比べてみましょう!
    広告

ポイント

  • 市販のバターミルクのなかには、乳酸菌入りのスキムミルク、または単に酸味のある牛乳といったものもあります。まだ「本物」のバターミルクを味わったことがなければ、ぜひ試してみましょう!市販のバターミルクより格段に美味しいと驚く人はたくさんいます。

広告

必要なもの

  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 材料を混ぜるためのスプーン(任意)
  • 材料を混ぜるための小さなボウル(任意)

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。



関連記事

How to

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する

How to

クリームチーズを柔らかくする

How to

生卵とゆで卵を見分ける

How to

たくさん食べる

How to

ベーキングパウダーの代用品を作る

How to

スパゲティーソースにとろみをつける

How to

シチューにとろみをつける

How to

生アーモンドをローストする

How to

電気圧力鍋でフライドチキンを作る

How to

パパイヤの種を食べる

How to

マカロンを作る

How to

ロックキャンディを作る

How to

キンカンを食べる

How to

ハーブ漬けオリーブオイルを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は5,515回アクセスされました。
記事のサマリーX

牛乳からバターミルクを作るには、まず牛乳240mLとホワイトビネガーまたはレモン汁大さじ1杯を混ぜ合わせます。次に、混ぜてから5~10分間寝かせるか、凝固するまでそのまま置いておきましょう。牛乳が凝固したら、完成です!バターミルクを使うレシピに加えてみましょう。 ヨーグルトやサワークリームなど、簡単にバターミルクの代わりになるものを知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 5,515 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告