私たちは毎日必ず何かを決めています。厳密に言えば、私たちの行動は意識的にせよ無意識にせよ何かしらの判断を通して行われています。どんな決断でも、方程式を解くような正しい方法はありません。とにかく、様々な観点から物事を見つめ、理性的でバランスよく物事を選ぶのが最良の方法と言えるでしょう。この記事では物事を決定する際に役立つコツをご紹介します。

パート 1 の 4:
瞬時に決める

  1. 1
    落ち着く
    • それが良い感情でも悪い感情でも、感情に流されると理性的に物事を決められなくなってしまいます。何かを決定しようとする時には、とりあえず落ち着きましょう。その時に落ち着けないのならば、冷静に考えられるまで時間を置きましょう。
  2. 2
    情報を集める
    • 十分な情報が得られれば、正しい決断を下すことが出来ます。重要な件であればあるほど、理性を持たなければなりません。
  3. 3
    損得を比較する
    • 決定するための材料が極端に少ない場合は損得を考えてみるのもひとつの方法です。利益が少なく、損失が非常に大きいようなら、それは良い決定とは言えないでしょう。何が損失に値するかは個人によって違うことにも留意しましょう。
  4. 4
    代替案を用意しておく
    • 予想外の結果が生じた場合の計画もあらかじめ考えておきましょう。決定の善し悪しは、失敗が起きないということで決まるわけではありません。最良の結果を期待するのは構いませんが、最悪の状況に陥る可能性があることも覚悟しておきましょう。
  5. 5
    決める
    • どんなことを決定しても、あらゆる結果が生じる可能性を理解しましょう。成功の可能性が低いことであっても、覚悟を持って決定することは、不注意に進むよりもいいからです。最善を尽くすこと以上に良いことはありません。自分の決定したことに責任を負う覚悟を持ちましょう。
    広告

パート 2 の 4:
決定を評価する

  1. 1
    影響を受けるのは誰か
    • 決定したことは他者にどのような影響を与えるのでしょうか。自分の大切な人たちが傷つくことになりませんか?特に家族や子供がいる場合、家族をまず第一に考えることが絶対に必要です。
  2. 2
    選択肢をリストアップする
    • 一つの選択肢しかないように見えたとしても、実はそうではありません。限られた状況の中で、他にどんな道が考えられますか?それを徹底的にリストアップしてみましょう。ただし、そのリストをいちいち評価する必要はありません。
    • 実際に書き出さなくても、頭の中でリストアップすることもできます。
    • 後で相応しくない選択肢をリストから削除してもかまいませんが、変わった発想から解決法が生まれることがあることもお忘れなく。
  3. 3
    決定がもたらす結果を検討する
    • 選択肢ごとに想定される結果を考慮し、善し悪しの評価をしてみましょう。良い結果の隣に+を、悪い結果の隣に-を書き入れます。特に強く感じるものには++か--を付けましょう。視覚指向の人には、全ての結果を視覚的に示した「決定木(意思決定の樹状図)」を書くことが役に立つかもしれません。
  4. 4
    報酬とリスクのバランスを考える
    • 決断しなければいけない時は、最悪の結果に陥ったとしても、最良の結果を得るための努力には価値があることを必ず確かめましょう。その決定が最悪の結果をもたらす可能性を受け入れられないのなら、その決定を下すべきではありません。あらかじめ考えられる限りの損得を考慮しましょう。
  5. 5
    考えすぎないこと
    • 考えすぎは物事を悪化させるだけです。細かすぎるほどの詳細に足を引っ張られないことが大切です。勘や直感、冒険心にも価値があります。
    広告

パート 3 の 4:
情報を得る

  1. 1
    できる限り徹底的に調べる
    • 立ち向かう問題に対する全ての情報とそれに対応するための全てのオプションを徹底的調べることで、賢明な決定を下すことができるでしょう。多様な観点から物事を考えた方がよいことは言うまでもありません。。
  2. 2
    友人の話を聞く
    • 似たような経験を持つ人や正しい決定を行える人、信用できる人に相談してみましょう。
  3. 3
    第三者の意見を求める
    • 問題に直接に関与していない人ほど冷静に判断ができ、先入観や偏見を持たないからです。
  4. 4
    専門家の意見を聞く
    • 抱えている問題に詳しい人がいれば、自分では思いつかない選択肢や損得について指摘してくれるでしょう。
  5. 5
    自分で調べる
    • インターネットが普及している現在、誰でも容易に物事を調べることができます。信用できる情報源を探しましょう。研究文献や大学などからの情報が役に立ちます。個人のブログなどではなく、.org、.gov、.eduなどが付いたURLを探しましょう。
    • 自分で物事を調べる場合には、専門家に信用できる情報源を教えてもらうこともできます。
    広告

パート 4 の 4:
気持ちを探る

  1. 1
    時間をかける
    • 感情が穏やかになるまで待てば、よい判断ができるでしょう。そうする間に状況について考えることもできます。ただし、待ちすぎると無くなってしまう選択肢があることにも注意して下さい。
  2. 2
    自分の勘にも耳を傾ける。
    • 直感に従うしかない時もあります。無意識下で既に答えが分かっていることもあります。情報が多すぎると、こうした自分の中からの声が聞こえなくなる事もあるので、まずは自分の気持ちについても考えてみましょう。
  3. 3
    素直に考えられない場合のコツ
    • 友達が同じ状況いることをイメージして、自分がどんなアドバイスをしてあげられるかを考えてみましょう。また親戚や友達との会話を想像し、自分と相手の二役を演じてみて下さい。
  4. 4
    ゲームをする
    • 選択肢をあみだくじにしたり、くじを引いたり、ジャンケンをしたり・・・。結果が無作為であるゲームをして、その結果を見た自分がどんな気持ちになるかを考えてみましょう。自分も知らなかった本音が明らかになるかもしれません。
  5. 5
    故意に反対の立場を取る
    • こうすることで自分の本当の気持ちがわかることもあります。自分の思っていたことと反対の立場が意外と道理に適っているかもしれません。
  6. 6
    将来のことを考える。
    • 数年後、この決定をどう思うでしょうか。その時に鏡に映っている自分はどのように見えるでしょうか。これを孫にどう説明しますか。将来を考えた時に良くない結果を想像するのなら、考え直した方がいいかもしれません。心があなたの行くべき道を照らしてくれるでしょう。
    広告

ポイント

  • 完璧な状況は存在しません。決心したら後悔はしないこと。選ばなかった選択肢のことは忘れて、選んだことを最後までやりぬきましょう。
  • 決定する時に知らなかった選択肢や新しい情報を後になって知ることもあるので、そうした時には考え直すことを恐れる必要はありません。
  • 考え中に迷わないこと。早い決断を迫られている時やそれほど重要ではない決定の時には、制限時間を設けましょう。分析ばかりしていると動けなくなることもあります。今週末に見る映画のことだったら、1時間も悩むことはありません。
  • 考えすぎないこと。当たり前なことが見えなくなる恐れがあります。
  • 長く悩んでも決められない場合は全ての状況に価値があるのかもしれません。一つの選択肢が他より優れているのなら、すぐに選べるはずです。
  • 情報が不十分なことがあります。きちんと調査を行って、選択肢の数を減らしましょう。必要な情報が手に入らない時は、自分の納得が行く決定をするしかありません。
  • 選択を保留しないこと。研究によると、最終決定を避けようとする傾向は良くない決定をもたらすそうです。[1]
  • 人間関係に関する決定なら、後で決別することも可能です。

広告

注意

  • あなたに何が必要なのかを知っているふりをする他人は避けましょう。そうした人の意見が正しいこともありますが、あなた自身の気持ちを無視するのなら、それは正しいとは言えません。あなたの考えを否定ばかりする人も避けましょう。
  • ストレスを溜めないようにしましょう。物事を悪化させるだけです。
  • 決断できないことが最も最悪な決定になってしまうこともあります。
  • 経験から学びましょう。重要な決定を下した責任を取ることで、後悔を恐れない心が身に付きます。

関連記事

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

爪が割れたときの対処

How to

自分で身長を測定する

How to

吐き気を止める

How to

お腹まわりの脂肪を取る

How to

勃起を抑える

How to

割れた足の爪を処置する

How to

新型コロナウイルスを予防する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

キスマークを偽造する

How to

一週間でお腹を平らにする

How to

新型コロナウイルスを特定する

How to

声を低くする

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む67人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は7,956回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 7,956 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告