PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

おしゃべりであること自体に問題はありませんが、積極的に他人の話を聞くことも重要です。 学校や職場の会議などでは、長い間静かにしていなければいけない場合があります。静かに人の話を聞いていれば相手の発言が大事だということを示せるため、人間関係を劇的に改善することができます。物静かな人になるにはまず、振る舞い方や会話への参加の仕方を変えてみましょう。平穏な生活を送れるように生活習慣を変えてみるのも1つの方法でしょう。

パート 1 の 3:
物静かな振る舞い方をする

  1. 1
    行動する前に考える 物静かな人は衝動的に行動しません。行動する前に色々な角度から物事を考えて結論を出します。決意を固めてから実践に移し、無鉄砲に状況に飛び込みません。このような振る舞いは良い結論を出すのに効果的です。状況に応じて適切な判断を下せるため理に叶った物言いができます。行動する前にどんな事態になるかを考えましょう。
    • 言うべきことをきちんと考えてから話すようにすると、人間関係、学校生活、仕事に多くのメリットをもたらすことができるでしょう。[1]
  2. 2
    親しみやすく穏やかな人という印象のボディランゲージを使う 穏やかな人は、おしゃべりな人や積極的な人よりも近づきやすい印象を与えます。穏やかな人は常に控えめな態度を保ち、普通の表情を浮かべています。劇的な出来事などに囚われることがありません。このため、事実かどうかは別にして穏やかな人は、大声を上げたり好戦的な人よりも優しい人だと思われがちです。
    • 心を開き親しみやすさを示すには、顔を上げて周りを見回し周囲の様子を伺いましょう。待合室で座っているときと同じように、型式ばらずに自然な姿勢をとりましょう。隣人とおしゃべりに夢中になると気づけないような物事に気づけるように、一呼吸おいて行動しましょう。
  3. 3
    穏やかで忍耐強くなる 物静かな人がいるとその場が落ち着き、人々も騒がしくするのをやめて明快に考えられるようになります。あなたもそのような人になれます。周りの人が動揺しているときには理性的に行動して、人々を落ち着かせましょう。物静かな人は滅多に発言をしないため、一度「口を開く」と人は自然に耳を傾けます。
    • このような態度は人々に畏怖感を与えるため、物静かで優れたリーダーになることができます。冷静沈着で落ち着いた態度で、簡潔かつ効果的に話せれば、人々はあなたのリーダー的資質に引きつけられるでしょう。
  4. 4
    的を射た発言をし頼り甲斐のある人になって人の信用を得る 常に真実を伝え約束を守りましょう。控え目に話しながらも、一語一語に重きをおきましょう。やがて人はあなたの人柄に感銘を受け敬意を払うようになります。
    広告

パート 2 の 3:
会話ではより静かにする

  1. 1
    発言するときは本質をつく 何も言うことがないならおしゃべりは慎みましょう。その代わり、発言するときにはポイントをつき、言葉に重みを持たせませしょう。やがて、人はあなたの話が重要だと考えるようになり、あなたの発言により真剣に耳を傾けるようになります。[2]
    • 喋ってばかりいると言葉の重みが失われ、話の重要度を下げてしまいます。思慮深く言葉を選べば、言葉に重みを加えることができます。
    専門家情報
    Klare Heston, LCSW

    Klare Heston, LCSW

    医療ソーシャルワーカー
    クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
    Klare Heston, LCSW
    Klare Heston, LCSW
    医療ソーシャルワーカー

    慎重に選んだ言葉には大きな影響力があります。 ソーシャルワーカーのクレア・ヘストンさんは、次のように述べています。「場が白けないようにと単に言葉をたくさん発してするは避け、自分の発言が人のためになるなと思ったら、注意深く言葉を選びましょう。自信ある人でいたいからと常にグループの中心的存在になる必要はありません。時にはそれが逆の場合があります!」

  2. 2
    重要な会話でなければ人に場を仕切らせる 職場の会議など重要な場合を除き、普段の会話で人にリードを取らせてみましょう。すべての会話でそうする必要はないかもしれませんが、必要なときにだけ話す訓練として最適でしょう。
    • 聴く技術を身につけられます。積極的に人の話を聴きその人を会話の中心におくことに焦点を当てると、自分でも驚くほど色々なことが学べます。
    • 初めて人に会うときは物静かな人になりすぎないように注意しましょう。奇妙な人、あるいは話し相手としては価値のない人という印象を与えてしまいます。バランスよく相手の話を聴いたり相手を思いやった質問をしたりしましょう。
    • 不必要に喋るのは避けましょう。話す前に考えましょう。動揺したり興奮したら一呼吸おきましょう。人の話に割り込まないように注意して聴きましょう。
  3. 3
    話し手のボディランゲージを観察する 意見やコメントをすぐに発するのではなく、ゆっくりと相手の言葉の裏にある真意を考えましょう。「この人は一体どんなことを感じているのか?」「どのように反応するだろうか?」などと考えてみましょう。相手を観察することで、これまで気づかなかったことが見えてきたことはありませんか。
    • お喋りな人が周囲を観察をしない、できないということではありません。集中して相手を観察すると、お喋りに夢中になっている時よりも色々なことが簡単に理解できるようになります。
  4. 4
    人の話の邪魔をしない 話の途中で割り込むと相手の考えや気持ちへに敬意を払っていないという印象を与えます。相手が話し終わった後で発言しましょう。相手の話を遮ってしまったかどうか不確かな時には「すいみません。まだ話していましたか?どうぞ続けてください」と確認を入れましょう。相手に重要感を与えられます。
    • 一呼吸おいて自分と相手がどれくらい話しているかを確認しましょう。口を開いてからしばらく経っていたら、話し始めましょう。片方が無言のままでは充実した会話になりません。自分が話したら相手にも話す機会を与えましょう。つまり十分に話をしたら、相手に主導権を渡すことが大切です。話題を変える前に互いが意見を言い終えていることを確かめましょう。
  5. 5
    相手に焦点を当てた質問をする 人は自分のことを話すのが好きです。相手に話す機会を与えれば、あなたへの好感度が上がります。物静かな人とは何も喋らない人ではありません。簡潔に話し、興味深い質問を投げかけ、会話を続けたくなるような本質をついたコメントをします。「黙っていろ!」と自分に言い聞かせるのではなく、良い質問をするように心がましょう。
    • 知人がスカイダイビングに行ったとしたら、 「ああ、私(僕)も一度スカイダイビングに行ったことがあるよ。すごく面白かった!」などと言うのは避け、「すごいね。どうだった?初めて行ったの?」などと尋ねましょう。相手が会話に興味を持ちのってくれば、あなたにもスカイダイビングをしたことがあるかと尋ねてくるでしょう。
  6. 6
    声の音量を下げる 柔らかな口調で静かに話しましょう。ただし相手が聞き取れる音量でなければなりません。物静かな人は交流の場で発言する時も小さな声で話す傾向にあります。物事にイライラすることが少なく、顔の表情や声のトーン(息を飲んだり、嬉しそうに声を上げたりなど)を通して驚きや畏怖を示そうとします。
    • ただし、これは非常に微妙でそう簡単に実践できるものではありません。大きな声で話さない人は迷惑がられることがあります。声が小さく言っていることが聞き取れなければ人はイライラします。声を下げる時は囁き声ではなく、地声を使いましょう。
  7. 7
    言葉数は少なめにして敬意を示す 話す前に言葉を注意深く選ぶ人は、分別のある話し方をする傾向があります。人から敬意を得られ有能な人にも見えます。特定の問題を強調する必要があると感じたら声を上げましょう。ただし、ぎこちない沈黙を破りたい衝動に駆られないように注意しましょう。
    • 本当に言いたいことのために言葉をとっておくと、言葉に重みが出ます。ここぞという時に物静かな態度を維持しながら核心に触れる発言をし、言葉に重要性と意味を持たせましょう。
  8. 8
    気持ちを顔の表情で表す どうしてもコメントしたい、発言を抑えていられない場合には表情で表現しましょう。目をくるりと回したり、自分1人でクスクス笑ったりすると驚くほど効果的です。人は他人の小さな態度に気づきます。物静かな人が口を開かずに「賛成しかねる」といった表情を浮かべているのを見たことはありませんか。そういう人たちの真似をしましょう。何か言いたい時には言葉の代わりに目に物を言わせましょう。
    • もちろん、これは慎重に行わなければなりません。何も言わなくても人を怒らせるのは簡単です。特に敏感な友人に向けて不注意に目をくるりと回せば、相手は取り乱してしまうかもしれません。表情で訴える際は周囲を観察し、適切なタイミングが取れるように判断力を磨きまましょう。
  9. 9
    広い心をもつ 自分とは地位が違う、または異なる意見を持っているからといってその人を間違っている、非常識だ、悪意があるなどと判断してはいけません。なぜそのように信じているのか、何を根拠にそう信じるようになったのかを理解するように努力しましょう。物事の両面が見られ、考え抜かれた意見を持てるようになるでしょう。相手に質問したり、一歩下がって会話の内容を深く考えられるようにもなるでしょう。
    • 物静かな人の方が理解力があるというわけではありません。聴くことに集中すれば、人の論点が理解しやすくなり、相手にも十分に説明する機会を与える余裕が生まれます。
    • 人を怒らせようとして何も言わずにいるのは避けましょう。また、対立を避けるために黙り込んでしまうのは効果的ではありません。それは臆病な態度です。話し合いでは自分の論点を明確にしましょう。ただし、大きな声で怒鳴らずに分別ある態度で伝えましょう。
    • 失礼な態度をとったり不必要に罵倒したりしてはいけません。話しかけられたときにだけ丁寧に話し、簡単な「はい・いいえ」だけではなく思慮深く答えましょう。目標は物静かな態度であって、失礼な態度をとったりお高く止まることではありません。また、簡潔さも目標です。素っ気なくぶっきらぼうな態度は避けましょう。
    広告

パート 3 の 3:
静かな生活を送る

  1. 1
    心を沈めるために毎日少なくとも数分間瞑想する 瞑想は頭をすっきりさせ、思慮深く落ち着いた状態にさせるだけでなく、コレステロール値と血圧を下げるのにも役立ちます。[3] 毎日10〜15分間瞑想するだけで、集中力が増し1日中禅の精神が維持でき穏やかに過ごせるでしょう。
    • 瞑想するのが苦手なら、瞑想と似た効果をもたらす他の方法を実践しましょう。お気に入りの公園を散歩したりベンチに腰掛けて読書したりしましょう。日頃から日記帳を持ち歩き、考えが浮かんだら書き留めてみましょう。「自分の時間」を少し作るだけでも効果的です。
    • 人がふざけてあなたをからかったり、「あっちに行けよ」などと言ったりしますか。そのような時には同じようにふざけて相手をからかってみましょう
    • マインドフルネスや禅の教えを実践して「今この瞬間」に集中しましょう。科学の謎(宇宙、量子論)を熟考することは、思慮深く内省的になるのに優れた方法です。
  2. 2
    日記をつける 焦点を変え、先に説明したように観察力を磨くには、日記をつけると良いかもしれません。毎日忘れずに書くことを自分に誓いましょう。次のようなことを自問すると良いでしょう。
    • どんなことを感じているか。そしてそれはなぜか。
    • 今日は何を学んだか。誰から学んだか。
    • どんな考えを思いついたか。今日は誰のことを、またどんなことを考えたか。
    • 今日は昨日とどのように違うか。先週と比較してどうか。去年と比べてどうか。
    • どんなことに感謝できるか。世界ではどんな人たちが寂しい思いをしていそうか。それはなぜか。
  3. 3
    自立する 人に助けを求めることは全く恥ずかしい行為ではありませんが、静かな自信は自分1人で何でもできるパワーになります。1人で何でもできるようになると、より価値のある人間とみなされます。「実際に」人の助けが必要なったら、思慮深く考えられるあなたは、何が必要かに焦点を合わせ、的確な質問をすることができるでしょう。
  4. 4
    趣味を見つける 静かに色々なことを深く考えながら1人で時間を過ごすことができるなら、大勢の人と一緒にいても簡単にそうできるでしょう。また、簡単にそれが楽しめると分かりあなた自身、驚くかもしれません。忍耐力を養い自分の世界を充実させましょう。また人との交流に備えて会話が弾む話題を考えましょう。 編み物や石庭、その他あまりおしゃべりが必要ではないアクティビティに挑戦しましょう。良い本を読むのも1つの方法です。
    • 社交の達人、スーザン・ローンは自身の著書「What I I Say Next?(次に何を話そう?)」の中で、「静かに流れる川は深いけれども、浅いところもある」と書いています。人は、浅はかな人には黙っていて欲しいと考えます。そんな人にはなりたくありません。おしゃべりでなくても、自分を高め、一緒にいて楽しいと思ってもらいたいものです。
    • 物静かな人でも賑やかな人がすることを楽しめます。歌を歌う、ダンスをする、楽器を演奏するなど挑戦しましょう。終わったら元の物静かな人に戻りましょう。
    • ただし自分の時間を静かに過ごした後では、その余韻が残っているために、交流の場所など積極的に振る舞わなければならない状況で社交的になるのが難しいかもしれません。昼間ずっとお気に入りの本を読み耽りすっかりその世界に没頭した後で、パーティーに行くことを考えてみましょう。まだ本の世界から抜け出せないために、おそらく1人静かに内向的な気持ちになり、人の輪に入るのが難しく感じるでしょう。
  5. 5
    1人の時間を過ごす 作家のスーザン・ケインさんは「新しい考えは静けさの中から生まれる」と言います。[4] 1人で自分の思考に向き合う時間は1日を通して最も充実した生産性の高い時間と言えます。また「あなた自身」がやりたいと思っていることもできます。それは、質の高い時間というだけでなく、自分自身と向き合いことができ、実際楽しい時間だと実感できるでしょう。
    • 1人の時間を趣味の作品を完成させる、 日記を書くペットの犬を散歩に連れて行く、思いついたままスーパーに買い物に行くなどに当てることできるでしょう。重要なのは何をするかではなく実行することに意義があります。人との交流そのものが楽しい時間を作ったり、壊したりするものではないと分かるでしょう。一方で世捨て人になってはいけません。1人の時間は独創性を育むために使いましょう。
  6. 6
    より内向的な友達と時間を過ごす にぎやかで、社交的で、陽気な人々と一緒にいれば、益々賑やかで、社交的で、陽気になるだけです。控え目な人あるいは沈黙の多い人の良さを認識するためにも、より内向的で物静かな人と時間を過ごしましょう。全く新しい別の楽しみが見出せるでしょう。
    • 物静かな人は同じように静かな人と一緒にいる傾向がありますが、必ずしもそうではありません。物静かな人が知り合いにいないなら、中でも控え目な友達に物静かな人を紹介してもらいましょう。友達からのサポートは役に立ちます。特に、その友達が物静かなタイプ(またはそうなろうとしている)なら、大きな力になるでしょう。物静かな人たちが楽しむアクティビティにも参加してみましょう。例えば、読書クラブや料理クラブなどに参加して物静かな人たちとの出会いを求めましょう。
  7. 7
    セラピストに相談してみる セラピストとのセッションは自分自身について考え、話す時間が持てるだけでなく、なぜ物静かな人になりたいと思っているのかを話したり、「自分は人の注意を引きたいと思っているのだろうか」といった疑問も解消できるでしょう。セラピストは精神的な障害を抱えている人だけでなく、自分自身を見つめ直したいと思っている人の手助けもします。
    • 誰かのせいで「自分はうるさい人間だ」と思っているとしたら、それについても相談しましょう。実際あるがままのあなたで問題ないのかもしれません。しかし、それが問題だと「あなた」が感じているなら別です。自然体の自分に満足できることが非常に重要です。
  8. 8
    自分らしくいる 結局のところ、「世の中には普通の人よりも賑やかな人がいる」というだけのことです。静かになる必要はないでしょう。そのままのあなたで全く問題ないはずです。しかし、自分の性格をどうしても変えたいと思うなら、変えても良いと思うところ、純粋に変えたいと思うところだけを変えましょう。発言したい時には発言しましょう。カフェテリアでダンスがしたくなったら、そうしましょう。人間は誰しも色々な面を持ち、時と場所によってある一面が引出されます。あなたにも物静かなところがあるのだけれど頻繁に出てこないだけなのかもしれません。
    • 本心からもっと静かにしなければならないと感じる場合は、そうすることが最も重要だと思うタイミングを選びましょう。家族との夕食の時ですか。授業中ですか。物静かな人になることを目標にしてはいけません。状況に応じて静かになれるようにしましょう。陽気に振る舞うことが必要な場合もあります。
  9. 9
    短時間の「沈黙の誓い」をする おそらく1時間なら完全に沈黙できるでしょう。それができたら、次は3時間の沈黙を試しましょう。一日中沈黙が通せると、これまでは話すことに忙しくて気づかなかった周りに目が向けられるようになるでしょう。
    • 「沈黙の誓い」を実行するのは、歯のブレースの調整や歯根管の治療後、または頭のコブを処置してもらった後などが良いでしょう。もちろん、だからと言って自分を傷つてけはいけませんが、静かな人になるための良い機会を求めましょう。
    広告

関連記事

チャットで会話を盛り上げるチャットで会話を盛り上げる
酔っぱらっても吐かない酔っぱらっても吐かない
相手に嫌われていないかを判断する相手に嫌われていないかを判断する
別人になる別人になる
授業中にお腹が鳴るのを止める授業中にお腹が鳴るのを止める
話題が無い時に会話を始める話題が無い時に会話を始める
口数を減らす口数を減らす
楽しく会話する楽しく会話する
人を良い気分にさせる人を良い気分にさせる
心を鬼にする心を鬼にする
うまい皮肉を言ううまい皮肉を言う
お酒に酔わないお酒に酔わない
挨拶をする挨拶をする
女性と会話を始める女性と会話を始める
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む35人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 社交
このページは 708 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告