特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する方法

5 パート:基本的なトラブルシューティングアンチウイルスソフトをチェックするブラウザの設定をチェックするマルウェアのスキャンを行うDNS設定を変更する

あるウェブサイトを開こうとすると、ページが読み込まれないのに、ほかのウェブサイトは読み込まれるという場合、さまざまな原因が考えられます。サイト自体がダウンしている場合は、復旧を待つ以外、何もできません。ほかのパソコンやデバイスでは正常に読み込まれるという場合は、お使いのパソコンやネットワークに問題があるかもしれません。ほとんどの問題を解決できる簡単な方法がいくつかありますが、少し手を動かす必要があります。特定のウェブサイトへのアクセスを妨げている問題を解決するには、ウイルスやマルウェアのスキャンをしなくてはならない場合もあります。また、スキャンでは問題を改善できなかった場合、ブラウザの設定を確認したり、DNS設定の変更が必要な可能性もあります。

パート 1
基本的なトラブルシューティング

  1. 1
    異なるデバイスやネットワーク、可能であれば、モバイルネットワークでサイトを読み込んでみましょう。スマートフォンか、ほかのパソコンでウェブサイトを読み込みます。ほかのデバイスでウェブサイトが読み込まれた場合は、お使いのパソコンに問題があります。ほかのデバイスでもウェブサイトが読み込まれない場合は、ネットワーク、またはウェブサイト自体に問題があります。
    • 可能であれば、使用しているネットワークに接続された別のデバイスと、使用しているネットワークには接続されていない別のデバイスでウェブサイトを読み込んでみましょう。スマートフォンを使用すると簡単にこのテストを行うことができます。まず、スマートフォンをパソコンと同じネットワークに接続して、ウェブサイトを読み込みます。その後、スマートフォンをワイヤレスネットワークから切断し、携帯電話回線を使用した状態でページを読み込んでみましょう。このテストにより、お使いのネットワークに問題があるのか、ウェブサイト自体に問題があるのか判断しやすくなります。
    • ウェブサイトが、接続しているネットワークとは関係なく、どのデバイスでも読み込まれない場合は、ウェブサイト自体がダウンしている可能性が高いでしょう。「Is It Down Right Now?」(iidrn.com)などのサイト監視サービスで対象のサイトを検索し、ダブルチェックできます。
  2. 2
    パソコンを再起動しましょう。単純な再起動で、起こっている問題を解決できることがよくあります。お使いのパソコンを再起動して、再度ウェブサイトを開いてみましょう。
  3. 3
    異なるブラウザでサイトを読み込んでみましょう。ブラウザに誤った設定がされている可能性があります。別のウェブブラウザで対象のサイトを読み込むことができるか確認しましょう。
    • デフォルトブラウザを使用していて、ほかのブラウザをお持ちでない場合は、FirefoxやChrome、Operaなどの無料ブラウザをダウンロードしてインストールすることができます。
  4. 4
    アンチウイルスソフトを一時的に無効化しましょう。お使いのアンチウイルスソフトが、特定のウェブサイトへのアクセスを妨げている場合があります。ソフトウェアを無効化して、サイトを再び読み込んでみましょう。
    • パソコンのシステムトレイにあるアンチウイルスソフトのアイコンを右クリックして、「無効化」または「停止」を選択します。無効化は安全ではないと警告される可能性があります。
    • サイトを読み込むテストが終わったら、アンチウイルスソフトを再び有効化しましょう。
  5. 5
    モデムとルーターをリセットしましょう。ある特定のウェブサイトからのトラフィック、またはウェブサイトへのトラフィックが、お使いのモデムやルーターによって邪魔されているかもしれません。モデムやルーターをリセットすることで、ウェブサイトへ再びアクセスできるようになる可能性があります。
    • モデムとルーターの電源ケーブル(モデムとルーターが別々の場合)を抜き、1分程度待ちます。
    • モデムの電源を入れて、ランプが完全に点灯するまで待ちます。
    • ルーターの電源を入れて、ランプが完全に点灯するまで待ちます。
    • ウェブサイトを再び開いてみましょう。
  6. 6
    パソコンの日時設定をチェックしましょう。日付と時間が誤って設定されている場合、セキュリティで保護されたウェブサイト(https://)に接続できない可能性があります。パソコンやモバイル端末の時計を確認して、正しい日時が設定されていることを確認しましょう。[1]
  7. 7
    ペアレンタルコントロールが無効になっていることを確認しましょう。ペアレンタルコントロールソフトウェアが有効になっていると、特定のウェブサイトへのアクセスがブロックされている可能性があります。ペアレンタルコントロールソフトウェアにアクセスできる場合は、ソフトウェアを無効化して、ウェブサイトへ再度アクセスしてみましょう。設定方法は、お使いのペアレンタルコントロールソフトウェアによって異なります。

パート 2
アンチウイルスソフトをチェックする

  1. 1
    Norton、またはMcAfeeをアンインストールしましょう。この2つのアンチウイルスソフトは、ウェブサイトの閲覧に関して多くの問題を引き起こすことが知られています。いずれかのアンチウイルスソフトをインストールしている場合は、削除して、動作が軽く、通常の動作にあまり干渉しないソフトと置き替えることを検討しましょう。
  2. 2
    動作の軽いアンチウイルスソフトをインストールしてお使いのソフトと置き替えましょう。古いアンチウイルスソフトを削除したら、新しいソフトをインストールしてお使いのパソコンを保護しましょう。次に挙げる無料のアンチウイルスソフトは、セキュリティの専門家から高評価を得ており、ウェブサイトの読み込みを妨げることがありません。
    • Avast!
    • BitDefender
    • AntiVir
    • Microsoft Windows Defender
  3. 3
    アンチウイルスソフトは1つだけインストールするようにしましょう。同時に複数のアンチウイルスソフトをインストールしていると、問題を引き起こす可能性があります。保護の競合により、読み込まれないウェブサイトがあるかもしれません。アンチウイルスソフトは、一番気に入ったものだけを残しておき、残りのソフトは削除しましょう。
    • WikiHowには、最も一般的なアンチウイルスソフトのアンインストールに関するガイド記事もあります。

パート 3
ブラウザの設定をチェックする

  1. 1
    JavaScriptが有効になっていることを確認しましょう。JavaScriptが無効になっている場合、多くの人気サイトで読み込み中に問題が発生するでしょう。ブラウザの設定をチェックして、JavaScriptが有効になっていることを確認しましょう。
    • Internet Explorer - 「ツール」メニューか歯車ボタン(設定ボタン)をクリックして、「インターネットオプション」を選択します。「セキュリティ」タブをクリックして、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。「スクリプト」のセクションまでスクロールして、「アクティブスクリプト」を「有効にする」に設定します。
    • Chrome - Chromeメニューボタンをクリックして、「設定」を選択します。一番下にある「詳細設定を表示」リンクをクリックして、「プライバシー」セクションにある「コンテンツの設定」ボタンをクリックします。「すべてのサイトで JavaScript の実行を許可する(推奨)」が選択されていることを確認しましょう。
    • Firefox - アドレスバーに「about:config」と入力して、処理を続行する確認をします。検索フィールドに「javascript.enabled」を入力します。「javascript.enabled」の「値」が「ture」になっていることを確認しましょう。
    • Safari - 「Safari」または「編集」メニューをクリックして、「環境設定」を選択します。「セキュリティ」タブをクリックして、「JavaScriptを有効にする」チェックボックスにチェックを入れます。
  2. 2
    認識できない拡張機能を削除しましょう。拡張機能が、ブラウザの問題の原因となっている可能性があります。何かよくわからなかったり、使う必要がなさそうな拡張機能は、無効化するか削除しましょう。拡張機能が無くてもブラウザは機能するので、どの拡張機能も安全に無効化できます。
    • Internet Explorer - 「ツール」メニューか歯車ボタンをクリックして、「アドオンの管理」を選択します。拡張機能をリストの中から選択して、「無効にする」をクリックしましょう。
    • Chrome - Chromeメニューボタンをクリックして、「そのほかのツール」、そして「拡張機能」を選択します。無効化したい拡張機能の「有効」チェックボックスからチェックを外しましょう。
    • Firefox - Firefoxメニューボタンをクリックして、「アドオン」を選択します。左のメニューから「拡張機能」をクリックします。それぞれの拡張機能の隣にある「無効化」ボタンをクリックしましょう。
    • Safari - 「Safari」または「編集」メニューをクリックして、「環境設定」を選択します。「拡張機能」タブをクリックして、無効化したい拡張機能の「有効」チェックボックスからチェックを外しましょう。
  3. 3
    ブラウザの接続設定をチェックしましょう。ブラウザがプロキシを通してインターネットに接続するように設定されている場合、接続の問題が起こっているかもしれません。接続設定をチェックし、プロキシサーバーを無効にして、問題が解決されないか確認してみましょう。[2]
    • Internet Explorer - 「ツール」メニューか歯車ボタンをクリックして、「インターネットオプション」を選択します。「接続」タブをクリックして、「LANの設定」ボタンをクリックします。「設定を自動的に検出する」チェックボックスにチェックを入れて、「LANにプロキシサーバーを使用する」チェックボックスのチェックを外しましょう。
    • Chrome - Chromeメニューボタンをクリックして、「設定」を選択します。リストの一番下にある「詳細設定を表示」リンクをクリックします。下の方へスクロールして、「プロキシ設定の変更」ボタンをクリックします。「LANの設定」ボタンをクリックしましょう。「設定を自動的に検出する」チェックボックスにチェックを入れて、「LANにプロキシサーバーを使用する」チェックボックスのチェックを外します。
    • Firefox - Firefoxメニューボタンをクリックして、「オプション」を選択します。「詳細」メニューを選択して、「ネットワーク」タブをクリックします。「接続設定」ボタンをクリックして、「プロキシを使用しない」または、「システムのプロキシ設定を利用する」をクリックしましょう。
    • Safari - 「Safari」または「編集」メニューをクリックして、「環境設定」を選択します。「詳細」タブをクリックしてから、「設定を変更」ボタンをクリックします。アクティブなプロキシ設定のチェックを全て外します。
  4. 4
    ブラウザをリセットしましょう。上記の手順を行ってもまだ接続できない場合、ブラウザの設定のリセットを試しましょう。リセットにより、ブラウザから全てのデータが削除され、デフォルトの設定に戻ります。[3]
    • Internet Explorer - 「ツール」メニューか歯車ボタンをクリックして、「インターネットオプション」を選択します。「詳細」タブをクリックしてから、「リセット」をクリックします。「個人設定を削除する」チェックボックスにチェックを入れて、「リセット」を再度クリックしましょう。
    • Chrome - Chromeメニューボタンをクリックして、「設定」を選択します。「詳細設定を表示」リンクをクリックします。ページの一番下までスクロールして、「ブラウザの設定をリセットする」をクリックします。「リセット」をクリックして確認しましょう。
    • Firefox - Firefoxメニューボタンをクリックして、メニューの一番下にある「?」を選択します。「トラブルシューティング情報」オプションをクリックします。「Firefoxをリセット」をクリックしてから再度「Firefoxをリセット」をクリックしてリセットを確認しましょう。
    • Safari - Command+ Option+ Esc を押し、一覧からSafariを選択して、Safariを強制終了します。Safariを終了したら、 Shift を押しながら、Dockか、アプリケーションフォルダからSafariを再び起動します。Wi-Fiを切って、ウェブサイトを開きましょう。サイトの読み込みが行われ、インターネットに接続されていないと表示されたら、Wi-Fiを入れましょう。[4]

パート 4
マルウェアのスキャンを行う

  1. 1
    AdwCleanerをダウンロードします。AdwCleanerは、一般的なアドウェアやマルウェアの感染を検出できる無料のアドウェアスキャナーです。toolslib.net/downloads/viewdownload/1-adwcleaner/ から無料でダウンロードできます。
  2. 2
    ダウンロードしたら、AdwCleanerを実行しましょう。プログラムの実行を確認すると、スキャンに必要な追加ファイルのダウンロードが始まります。ダウンロードには数分しかかかりません。
  3. 3
    「スキャン」ボタンをクリックして、スキャンを開始します。AdwCleanerによるパソコンのスキャンが始まり、スキャンには通常15分から20分程度かかります。
  4. 4
    スキャンが完了したら、「クリーン」ボタンをクリックします。スキャンで検出された悪意のあるファイルが全て削除されます。
  5. 5
    無料バージョンのMalwarebytes Anti-Malwareをダウンロードして、インストールします。無料バージョンには、ご家庭での使用には十分な機能のスキャナーとクリーナーが含まれています。malwarebytes.org/ からダウンロード可能です。
    • Anti-Malwareをダウンロードしたら、インストーラーを実行してインストールしましょう。選択画面が表示されたら、無料ライセンスを選択しましょう。
    • Mac向けには、AdwareMedicの最新バージョンがあります。Mac用の強力なマルウェア対策ソフトウェアの1つです。
  6. 6
    Anti-Malwareを起動して、「今すぐ更新」をクリックしましょう。これにより、利用可能なアップデートがダウンロードされ、さらに多くの悪意のあるファイルを検出できるようになります。
  7. 7
    「スキャンの開始」をクリックして、パソコンのスキャンを始めます。Anti-Malwareのスキャンは、通常、AdwCleanerのスキャンよりも長くかかります。
  8. 8
    スキャンが完了したら、「すべて隔離」をクリックします。これにより、スキャン中に検出されたファイルが全て削除されます。
  9. 9
    パソコンを再起動して、ウェブサイトへのアクセスを試しましょう。アドウェアによって、特定のサイトへのアクセスが妨げられていた場合は、サイトにアクセスできるようになっているはずです。

パート 5
DNS設定を変更する

  1. 1
    DNS設定のキャッシュをクリアしましょう。DNS(ドメイン・ネーム・システム)は、ウェブサイトに接続できるように、ウェブドメイン名をIPアドレスに変換するサービスです。お使いのDNSファイルが破壊されてしまうと、特定のウェブサイトが読み込めなくなる可能性があります。DNSキャッシュをクリアすることで、お使いのパソコンに保存されているDNS情報が削除され、新しい情報を読み込むようになります。[5]
    • Windows - Win+R を押し、cmd と入力して、コマンド・プロンプトを開きます。ipconfig /flushdns と入力して、 Enter を押しましょう。DNSキャッシュがクリアされたというメッセージが表示されたら、コマンド・プロンプトを閉じます。
    • Mac - ユーテイリティフォルダからターミナルを開きます。dscacheutil -flushcache と入力して、 Return を押します。そして、sudo killall -HUP mDNSResponder と入力して、 Return を押し、DNSサービスを再起動しましょう。再起動には、管理者パスワードの入力が求められます。
  2. 2
    接続する新しいDNSを見つけましょう。一般的には、お使いのインターネット・サービス・プロバイダーによって提供されているDNSに接続しますが、ほかにも選択肢がたくさんあります。中には、表示速度が早くなるDNSもあるかもしれません。「無料 DNSサーバー」とインターネットで検索して、最新の無料DNSサーバーリストを探してみましょう。同様に、DNSの速度比較も見つけられるでしょう。
    • 一般的に、DNSにはプライマリ(優先)とセカンダリ(代替)という2つのアドレスがあります。どちらも必要になります。
    • 全てのパブリックDNSが同じコンテンツへのアクセスを許可しているわけではないことを頭に入れておきましょう。アクセスのしやすさを考えた場合、Google、またはOpenDNSを使用することが推奨されます。
  3. 3
    新しいDNSに接続しましょう。接続したいDNSサーバーが見つかったら、お使いのパソコンがそのDNSを参照するように設定する必要があります。
    • Windows - Win+R を押して、ncpa.cpl と入力しましょう。これにより、ネットワーク接続ウィンドウが開きます。お使いのネットワークアダプターを右クリックして、「プロパティ」を選択します。リストの中から「インターネット プロトコル バージョン 4」を選択して、「プロパティ」ボタンをクリックします。「次のDNSサーバーのアドレスを使う」を選択して、使用したいアドレスを入力しましょう。
    • Mac - アップルメニューを開き、「システム環境設定」を選択します。「ネットワーク」オプションをクリックして、使用しているネットワークを選択します。「詳細」ボタン、そして「DNS」タブをクリックします。接続したいDNSサーバーを入力しましょう。

記事の情報

カテゴリ: コンピューター

他言語版:

English: Fix if You Can't Access a Particular Website, Español: buscar una solución si no puedes acceder a un sitio web desde tu computadora, Português: Voltar a Conseguir Acessar um Site Específico, Italiano: Risolvere il Problema di non Riuscire ad Accedere a un Determinato Sito Web, Русский: поступить, если вы не можете зайти на определенный сайт, Deutsch: Fehlerbehebung wenn du eine bestimmte Webseite nicht aufrufen kannst, Français: accéder de nouveau à un site web en particulier, Bahasa Indonesia: Memperbaiki Masalah Akses ke Situs Web Tertentu, ไทย: แก้ปัญหาเข้าบางเว็บไม่ได้, Nederlands: Problemen oplossen met het openen van een website, العربية: حل مشكلة عدم التمكن من الوصول إلى موقع إلكتروني محدد, Tiếng Việt: Khắc phục lỗi không thể truy cập vào một trang web

このページは 76 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?