犬が土を食べるのは、様々な原因があります。それは些細なことであったり、または深刻な場合もあります。土を食べるのが、ごく稀なことであれば、心配することはないでしょう。土に埋まっている物を食べようとして、土も一緒に食べてしまう場合があります。しかし、飼い犬が頻繁に土を食べるようであれば、何らかの問題を抱えているかもしれません。犬が土を食べている時の状況をしっかりと観察し、その原因を突き止めましょう。そして、その問題の適切な解決方法を見つけましょう。[1]

パート 1 の 2:
飼い犬の土食の原因を探る

  1. 1
    犬が土を食べる原因を知りましょう。犬の土食は、食物以外の物を継続して摂取してしまう、異食症のひとつです。ミネラル不足のために土を食べたり、寄生虫に侵されている場合もあります。あるいは、単に退屈を紛らわすために食べる場合もあります。特に子犬や若い犬によく見られる傾向です。[2] また、異物の摂取によって起こる腸の不快感を和らげるために、土を食べる場合もあります。
  2. 2
    土食が始まった時期を思い出してみましょう。最近、犬の食事、活動レベル、環境に変化はありましたか?土食の原因になるような、普段とは違う症状や行動は見られますか?複数の犬を飼っている場合は、すべての犬が土を食べていますか?
    • 犬が異常な量の土を食べる場合は、何か問題のある物を食べたことで、中毒症状を起こしていないかを観察しましょう。
    • 複数の飼い犬が土を食べている場合は、食事に栄養素が不足しているかもしれません。
    • すべての飼い犬が同じ場所の土を食べる場合は、そこに何かおいしい物があるのかもしれません。
  3. 3
    犬の歯茎を調べましょう。栄養素の不足や寄生虫によって貧血になり、土を食べる場合もあります。歯茎の色が薄かったり、黄疸(黄色っぽい)の症状があれば、直ちに獣医師の診察と治療を受けましょう。[3]
  4. 4
    犬の食事について考えましょう。大抵の市販のドッグフードには、犬の健康に必要な十分なビタミンとミネラルが含まれていますが、ブランドによっては他のフードよりミネラルの含有量が少ない場合があります。ドッグフードの成分表を調べ、鉄分やカルシウムの含有量を他の製品と比べてみましょう。犬に自家製の生食を与えている場合は、必要な栄養素が不足しているかもしれません。獣医師にミネラルのサプリメントについて問い合わせましょう。[4]
    • 空腹のため土を食べる場合もあります。犬が肥満のために食事量を制限している場合は、量を減らす代わりに低カロリーのドッグフードを与え、満腹感を与える手もあります。
  5. 5
    獣医師の診察を受けましょう。土食の原因を突き止められない場合や、深刻な問題が疑われる場合は、獣医師の診察を受けましょう。検査で獣医師は、犬の全般的な健康状態をチェックし、栄養不足や病気を調べるための臨床検査を依頼し、寄生虫の有無を確認します。
    • 電話でアドバイスを受けられる獣医師もいます。獣医師に電話をして状況を説明し、解決策を得られるかもしれません。
    • 犬の糞をチェックしましょう。下痢の症状があったり、糞に脂肪が含まれている場合、食物が適切に消化されていない可能性もあります。それにより栄養の不均衡を引き起こし、土を食べて栄養を補おうとしているのかもしれません。この場合は、原因の追究と解決策を見つけるために、獣医師の診断が必要です。
    広告

パート 2 の 2:
犬の土食を防止する

  1. 1
    犬と遊びましょう。犬と過ごす時間を増やし、新しいおもちゃや、犬の興味を引きそうなおもちゃを選んで与えましょう。できれば、散歩の回数を増やしましょう。楽しい時間を過ごしたり、疲れている時は、土を食べることに興味をなくすでしょう。[5]
  2. 2
    食事を変えてみましょう。ドッグフードに含まれるミネラルの不足が疑がわれる場合は、違うブランドを試しましょう。たくさんの種類のドッグフードが出回っています。高級ブランドのドッグフードは通常、品質に優れ、消化の良い材料を使っています。できれば、それらのブランドを試してみましょう。飼い犬の状況(年齢、サイズ、活動レベル、健康問題)に合ったフードを探しましょう。確信が持てない場合は、獣医師に相談しましょう。
  3. 3
    寄生虫を駆除しましょう。回虫、鉤虫、鞭虫などの腸内寄生虫は、犬に必要な栄養分を詐取して、貧血や腸障害を引き起こし、犬の土食が誘発される場合があります。犬の糞に虫が見えれば、明らかに寄生虫に侵されているサインですが、他の症状は下痢、食欲不振、活力消失などがあります。寄生虫の疑いがある場合は、ペットショップや動物病院で、駆虫薬を購入できます。
    • 犬種によっては(特にオーストラリアン・シェパードとコリー)、駆虫薬の成分に敏感な種類もあります。薬を使用する前に、獣医師に確認することが賢明です。[6]
  4. 4
    飼い犬が特定の場所に限って土を食べる場合は、その場所から犬を遠ざけましょう。大抵の場合は、土を食べたいのではなく、土の中の何かに興味があると考えられます。その行動が気になる場合は、犬をその個所から遠ざけましょう。
  5. 5
    屋外にいる犬を監視しましょう。散歩の際はリードを付け、庭にいる時は犬から目を離さないようにしましょう。犬が土を食べ始めたら、止めるように指示します。その行動を止めさせたり、注意をそらせて、犬がその場所から離れたら褒めてあげましょう。
    • 庭の特定の場所の土を食べる場合は、防止措置としてカイエンペッパー、ホットソース、ビターアップル(ペットショップで購入可)などをその場所に撒く手もあります。[7]
  6. 6
    鉢植えの植物を、犬の手の届かない場所に置きましょう。飼い犬が室内の鉢植えの土を食べる場合は、できれば鉢を犬から遠ざけましょう。鉢植えに犬が嫌う味の抑止スプレーを吹きかけてもよいでしょう。[8]
    • 犬が鉢植えに近づきそうになったら、毅然と「おすわり」の指示をします。犬が従ったら、小さなトリートを与えて良い行動を褒めてあげましょう。
  7. 7
    スプレーボトルを用いて、土食防止のトレーニングをしましょう。清潔で冷たい水の入ったスプレーボトルを、散歩に出る際に携帯したり、犬が庭にいる時に近くに置いておきましょう。犬が土を食べ始めたら犬に近づき、「ダメ(ノー)!」と言って毅然と𠮟ります。そして、1秒待ってから顔にスプレーで水を吹きかけます。[9]
    • お湯を使ったり、犬の害になる物や目に沁みる物を加えてはいけません。
    • 噛まれる恐れのある犬に、スプレーボトルを使用してはいけません。
  8. 8
    遠くから罰を与えるトレーニング器具を試してみましょう。これらの器具は犬から離れて操作するため、犬は罰と飼い主を結びつけることがありません。エアホーンや、遠隔で操作して犬が嫌う匂いを噴射する首輪(シトロネルカラー)などに人気があります。[10]
    • このような罰に反対する飼い主もたくさんいる一方、犬にとって有害な行動を阻止するためには、正当なことだと考える飼い主もいます。正しい判断を心掛け、飼い主と犬にとって最善な方法を取りましょう。
  9. 9
    犬を室内で過ごさせましょう。犬が屋外にいる際に監視できず、土食を止めることができない場合は、飼い主が外出している間は室内に入れる必要があるかもしれません。すべての植木鉢を犬から遠ざけましょう。室内でも土を食べてしまうかもしれません。
  10. 10
    犬の不安症の薬を考慮しましょう。犬が土食を止めず、不安症の兆候が見られる場合は、できる限り遊びの時間を増やしたり、ストレスの原因を取り除きましょう。不可能な場合や、試しても効果がない場合は、抗不安薬が必要かどうかを獣医師に問い合わせましょう。[11]
  11. 11
    ドッグトレーナーや問題行動の専門家に相談しましょう。獣医師の診察で健康上の問題が見つからない場合や、家庭での上記の対策が功を奏さない場合は、経験豊富なトレーナーや動物行動の専門家が助けになるかもしれません。獣医師の紹介を得るか、近所のペットショップに問い合わせましょう。あるいは、インターネットで「犬の問題行動」または「ドッグトレーニング」と入力し、お近くの専門家を検索する手もあります。
    広告

関連記事

How to

ソファに付いたペットのおしっこ臭を取る

How to

体温計を使わずに犬の体温を測る

How to

犬に吐かせる

How to

犬が妊娠しているか調べる

How to

犬の無駄吠えを止めさせる

How to

犬の軟便を治す

How to

犬の脱水症状を見分ける

How to

犬のイボを除去する

How to

犬の捻挫に対処する

How to

犬に水を飲ませる

How to

犬を眠らせる

How to

犬のうつ病を見分ける

How to

犬の耳の痒みを鎮める

How to

犬の下痢を治す
広告

このwikiHow記事について

Beverly Ulbrich, MBA
共著者
ドッグトレーナー、行動主義心理学者
この記事の共著者 Beverly Ulbrich, MBA. ビバリー・アルブリッチはサンフランシスコ・ベイエリアにて犬のプライベートトレーニングを提供している会社「The Pooch Coach」の設立者です。ドッグトレーナーと犬の行動主義心理学者として17年以上の経験があり、不安症や恐怖症、そして攻撃行動の改善を専門に行っています。犬の行動専門家としてテレビ番組にも取り上げられました。アメリカンケネルクラブよりCanine Good Citizen評価員の認定資格を与えられており、アメリカ動物愛護協会と犬の保護団体「Rocket Dog Rescue」の理事を務めていたこともあります。SF ChronicleとBay Woofから4年連続でサンフランシスコ・ベイエリアにおける最優秀プライベートドックトレーナーに選ばれました。ラトガース大学にて経済学の学士号を、サンタクララ大学にて修士号を取得しました。 この記事は20,695回アクセスされました。
カテゴリ:
このページは 20,695 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告